タグ:アリ ( 9 ) タグの人気記事

2017年 08月 10日
オーストラリアの蟻・3(マナコオオアリ、アシナガミツアリ、他)
e0134713_19513058.jpg
オーストラリアで見かけた、その他の蟻たち。

正直、アリって地味な見た目だと同定の仕方がよくわからなかったので、以下、テキサスの生物学社Alex Wild氏の写真サイト(http://www.alexanderwild.com/)を元に、「多分これだろ」と思ったものだけメモ。ミツツボ蟻の、膨らんだ姿を見てこなかったのが悔やまれる!!



(1) マナコオオアリ: Opisthopsis

多勢の黒っぽい蟻が行き交っている枝に、一匹だけ黄色くて目玉の大きいアリが混じっていた。

その枝にはカイガラムシがびっしりついていて、黒っぽい蟻たちはそれらを守るために巡回してるように見える。黄色いアリも甘露に与かろうと突進はするんだけど、そのたびに牧場主らしい蟻たちに追い払われていた。でも、諦めずにチョロチョロ歩き回っては、隙を見て突進する黄色いヤツ。
e0134713_19512939.jpg
この黄色いアリは、多分、マナコオオアリ(Opisthopsis)だと思う。
Alex Wild氏のサイトによれば、独特の大きな目を持つインドオーストラリアのヤマアリ亜科の蟻で、熱狂的な動きのために一般に「ストロボ・アリ」と呼ばれているとのこと。

顔が特徴的なので、たぶん黄色いアリの方はそれで間違いないと思うんだけど、牧場主の黒っぽいアリの方は何てアリかな。ちょっとわからず。
e0134713_19512813.jpg



(2) アシナガミツアリ: Leptomyrmex 

ケアンズの西方をドライブ中、バリーン湖の巨大松の上で見つけたアリ。まるで蜘蛛みたいな変な姿にびっくりしたんだけど、動くスピードが速くて、良い写真を撮り損ねた。

ちなみに、このアリだけじゃなく、松の巨大さにもびっくりした。松がこんなに巨大になるなんて、熱帯って怖い。
e0134713_19512497.jpg
こちらもAlex Wild氏のサイトから探してみたところ、アシナガミツアリ(Leptomyrmex)で間違いなさそうに思う。

大きくて脚のひょろ長いアリで、その見た目と動きから蜘蛛蟻(スパイダーアント)と呼ばれたりするらしい。分布はオーストラリア東部、ニューギニア、ニューカレドニアに限られるようだ。このアリの巣には、不毛の時期を乗り切る為、膨らませた腹部に蜜をためて保存することに特化したアリがぶら下がっているとある。

あっ、それって、変わった姿で有名なミツツボアリ(蜜壺蟻)のことじゃないか!?

蜜で丸々膨らんで、アボリジニが甘いオヤツとして食べちゃったりする蟻だ。うわー、知ってた、この蟻、知ってた!!あーあ、追っかけて巣を見れば良かった。残念だ!すごい残念!!

……蜜壺役をしている蟻のユニーク姿が見たかっただけで、別に食べたかったからという訳ではない。念のため。(とか言っても、グリーン・アントも聖堂シロアリも食べちゃった後だと、家族からは疑惑の眼差し)




(3) その他: 同定できなかったもの

道端のオケラの死骸に集っていたアリ。日本にも普通にいそう。
e0134713_19511955.jpg
* * * * * * * * * * * * * *

ジャングルで、カイガラムシを舐めてたアリ。これも日本にもいそうなオーソドックスな見た目。
e0134713_1951168.jpg
* * * * * * * * * * * * * *

ジャングルで、樹の上を忙しそうに行ったり来たりしていた蟻。うちの庭にもいそうな懐かしい見た目。
e0134713_19511382.jpg
* * * * * * * * * * * * * *

宿付近の農場の土を掘っていたアリたち。
これは見た目にちょっと特徴があるので調べられるかなとも思ったけど、写真の写りが悪いこともあって、よくわからなかった。
e0134713_19511135.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-08-10 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2017年 08月 09日
オーストラリアの蟻・2(聖堂シロアリ)
e0134713_1735721.jpg
オーストラリアの道路をドライブしていると、色んな場所にボコボコと盛り上がった土の塊が見える。蟻塚だ。

大きさは小さいものから大きいものまで様々で、場所も高速道路の脇から人家の納屋の裏まで、至るところで見かける。土を蟻の唾液や排泄物などで固めたものなので、赤土なら真っ赤な塚、白っぽい土なら白っぽい仕上がりになるようだ。触ってみたら、とても固くて頑丈だった。

↓ 宿の敷地内にも蟻塚。後ろには通りがかりのカンガルーも。
e0134713_1735751.jpg

中にいるのは、こんな感じの蟻。
これって蟻か!?形がおかしい……と思うだろうが、蟻塚を作るのはアリとは言ってもシロアリの仲間なのだった。聖堂シロアリ(Cathedral termites)と呼ばれるシロアリで、こんな風に尖ったツノを持つのは兵隊アリ、働きアリはもう少しアリに似た雰囲気の頭部を持っている。
e0134713_1735490.jpg

そういえば日本の西表島のタカサゴシロアリの頭もこんな形で、大きい巣を作るところとか、似ているようだ。あちらは樹上に巣を作るが、どちらもテングシロアリの仲間ということで、多分似たところがあるのかもしれない。『シロアリの事典』(青海社)によれば、テングシロアリの兵隊アリは働きアリよりも小さくて顎も弱いが、この尖った角のようなところからベタベタした液を吹き出して、他のアリやクモを動けなくするという戦い方をするようだ。

←Amazonの「なか見!検索」をクリックすると、記載されている色んな画像が見られて面白い。

ちなみに、前の記事のグリーン・アントと同様、このシロアリも、アボリジニには貴重な栄養源とされるらしい。グリーンアントが酸味とビタミン源で、こちらのシロアリはタンパク源。試しにパクッといってみたが、シロアリはそんなにこれといった味はしなかった。強いて言えば、少し野菜風味かな?

その様子を見て、あっ、また蟻食べてる、人間としての尊厳はどうしたんだ!なんて呆れられてしまったので、「大丈夫です、生物の尊厳とは、食性なんかによって失われるものではないのです……」なんて、厳かに言ってみる。シロアリの聖堂の前で。


[PR]

by macchi73 | 2017-08-09 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2017年 08月 07日
オーストラリアの蟻・1(グリーン・アント)
e0134713_152459.jpg
空港を出るなり、「お母さん!いいもの見つけた!ちょっとおいで!」と娘に腕を引っ張られて、透き通った緑色の蟻を見せられた。綺麗!

この蟻は、現地ではgreen tree ant とか単に green ant と呼ばれて親しまれ、ちょっと煩がられてもいるようだった。とにかくどこにでもいて、今回のオーストラリア旅行で一番よく見かけた生き物だったかも。

和名だとツムギアリ。名前の由来は、樹上に葉っぱを糸で綴った巣を作るから。
e0134713_1524335.jpg
よくお尻を振り上げたポーズをとっていて、娘と一緒に覗き込んでは、ダンスみたいで可愛いねーとか言っていたんだけど……。なんか、足元にお仲間の死体っぽいのが結構転がってないか?
e0134713_1524183.jpg
e0134713_1524143.jpg
別のアリのお尻の噛み付いて、汁を吸っているヤツもいる。もしかして襲ってたりしてるのか?それとも、たまたま死んでしまった仲間の栄養分も無駄にすまいとしてるだけ?
e0134713_1523788.jpg
e0134713_152352.jpg
ズームアウト。

うーん……やっぱり襲ってるみたいに見えるかな……。
e0134713_1523312.jpg
e0134713_1523121.jpg
出会い頭には触覚でササっとお互いに撫で合ったりしてるから、多分、そうやって匂いを嗅いでみて、巣が違うと小競り合いしたりするのではないかと思う。ちなみに、体が大きいのと小さいのが混じっている時があるが、体の大小は、仲間か敵かの判定には関係ないようだった。
e0134713_1523098.jpg
また、カイガラムシが付いている枝の上に集まっているのもよく見かけた。この辺の習性は、日本でもオーストラリアでも同じっぽい。アリはカイガラムシの甘露が大好き。
e0134713_152263.jpg
旅行前に蟻の本を読んで、ツムギアリを見てみたいなーと思っていたとこだったから、しょっぱなからラッキーだった。嬉しい。持つべきものは、目の良い子供(虫好きの)。

そういえば、以前ツムギアリに特に興味がなかった時に東南アジア辺りでも見かけたりはしていたんだけど、その時は「ツムギアリって金色だ」と思って眺めていたのだった。体が緑色なのは、オーストラリアのツムギアリだけの特徴っぽい。

e0134713_152255.jpgケアンズ滞在中の宿のご近所のパブ、GREEN ANT CANTINA。お店のモチーフがグリーンアント(だが可愛くない)。

緑色の腹部には、ビタミンたっぷりの酸味のある液が入っていて、アボリジニがレモン代わりに食べると聞いた。

そういえば、東南アジアに行った時にもツムギアリをレモンティーに使うとかなんとか言われていたし、試しにちょっと試してみたら、本当に酸っぱかった。レモンのようなフルーティーな香り高い酸味でなく、ビタミンC剤のような酸味。特に美味しくはない。




[PR]

by macchi73 | 2017-08-07 20:50 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2017年 04月 29日
シリアゲアリと、モミジニタイケアブラムシ(尻上蟻と、紅葉二態毛油虫)
e0134713_00593819.jpg
朝、リビングの床にごろんと芋虫みたいに転がっていた。仕事行きたくねー。
そしたら足元から「学校行きたくなーい」と声が聞こえて、見たら娘も転がっていた。

なんとなくため息をついて、そのまま棒のように転がり続けていたら、「でも庭が綺麗だね」と娘が言う。転がっているので、頭上にリビングの掃き出し窓があり、緑色の光が差し込んでいる。黙っていたら、娘がまた、特にお日様に透ける緑って綺麗で好きだなー、ともう一度つぶやく。

それで、アオーン!と狼の遠吠えの真似をしたら、クロックロックロックロッ!と蛙の声で応える娘。幼稚園の頃から続く暗号の一つだ。ふふ。

日に透ける緑を見に、庭のモミジの樹の下に立つ。
そして異変に気付いた。カエデの上、生きたアブラムシが壊滅状態だ。
e0134713_01023802.jpg

たまーに葉の裏に一匹二匹ぽつりぽつりと褐色のアブラムシがいるが、それ以外は白金色に光るまんまるのマミーばかりが死屍累々と……。どうやらこのモミジ界隈では、アブラムシより寄生蜂であるアブラバチの方が優勢のようだ。


緑のアブラムシとはだいぶ見た目が違うこのアブラムシは、モミジニタイケアブラムシっていう奴だと思う。翅のあるのと無いのがいて、翅のある方はコバエみたいな雰囲気だ。モミジの上で見られる二つの形態を持つアブラムシだから、紅葉二態毛油虫ということらしい。
e0134713_20322229.jpg
ちなみに、二つの形態というのは翅の有無ではない(それなら他のアブラムシもみんな二態ってことになるし)。

ニタイケアブラムシは、夏には越夏型という平べったい形の幼虫で夏眠状態になり、また秋から活動を始めるらしい。暑いのが苦手なのか?と思ったが、まだ展開しきっていない葉の上で生まれると通常の姿になり、展開しきった葉だと越夏型になるという記事があったので、葉の成分で形態の変化が起こされているのかもしれない。

そしたらもうそろそろ、越夏型の幼虫も見られるのかな?

気になって開いたモミジの葉の上をしばらく探してみたが、見つけられず。そろそろ出勤なので時間切れか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

カエデの樹上では、アブラムシは(マミー以外)あまり見かけなかったが、小さな蟻がせわしなく行き交っているのを沢山見かけた。大きさは2mmくらいかな。かなり小さい。これまで庭で見てきた蟻たちとはちょっと見た目が違う。

ツヤツヤした尖ったハート型のお尻が目立つので、シリアゲアリではないかと疑う。でも、つついてみたが全然お尻を上げなかったから違うかもしれない。

e0134713_01032259.jpg
それで気になったのは、餌のようなものを運んでいる個体が多いんだけど……運んでいるそれ、ニタイケアブラムシのマミーを解体したものじゃないか?

アリってアブラムシを保護するもんだと思ってたんだけど、マミーになってしまったアブラムシはバラして食料にするんだろうか。中のアブラバチの幼虫を殺すことで、アブラムシ保護になるっていう意図もあるのかな?
e0134713_01041916.jpg
e0134713_01043580.jpg
e0134713_01045365.jpg
もしこれがシリアゲアリだとすると、蝶の幼虫やツノゼミとも共生してたりするみたいなんだよな。とても巣を探したく思ったけど、出勤時間ももうすっかり過ぎてるので(いつの間に!)、それはまた今度とした。

その身の上で色々楽しいものたちを養っていそうなモミジの木を振り返りつつ、後ろ髪引かれる思いで出勤。

小枝の上では、今まさに孵化したところっぽいテントウムシの幼虫たちも見かけた。
ただでさえ寄生蜂にやられて続々とマミー化されているアブラムシたち、大食漢のテントウムシたちまでやってきて、これから受難が続きそう。
e0134713_01064401.jpg
e0134713_01065292.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

よーし、この連休はモミジの上を探検だあ!とワクワクしながら仕事をざくざく片付けてたら、緊急ヘルプ!と別部署の同僚が飛び込んできて、週末が吹っ飛ぶ。

あれ、でももうこれ締切だよね、ダメじゃない?と指摘したら、ううん、これは提出先がヨーロッパだから大丈夫なの、あと一日あるの!と言う姿に、不屈の紳士フォッグ卿を見る。おお。ジュール・ヴェルヌ、大好きさ。お伴するさ。

という訳で、今年のゴールデンウィークは、しょっぱなから、なにか世界一周的な。


小さい頃、一番最初に読んだ時は、日付変更線ってのがよく分からなくて、なにそれ、この地上でそんなタイムマシンみたいなことが!?と、ぼんやりした不思議な気持ちが残ったのだった。

その後少ししてから読み返して、「なるほど!」と、やっと納得。

でも、よくわかってなかった時でさえも、とても楽しく読んだ記憶あり。章タイトル面白すぎ。フォッグ卿格好良すぎ。冒険感満々すぎ。

[PR]

by macchi73 | 2017-04-29 22:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2016年 12月 22日
ツムギアリ……じゃなくて蛾の巣網
e0134713_21185828.jpg

散歩してたら、椿の並木に、葉っぱを糸で綴った何かの虫の巣のようなものがあった。
サイズは小5の握りこぶしくらいかな。けっこう大きくて、ずっしりしてる。

糸が密に張られていて中はよく見えないが、覗き込むとみっちり、ごしゃごしゃと何かが詰まっている。手に持っていた小枝でちょっとだけ表面を裂いて中身を見てみようとしたが、糸で編まれた表面は弾力があって、枝でグイグイ突いたくらいでは傷つけることはできなかった。

春にオビカレハの幼虫(天幕毛虫)が作った巣の残骸なのかな?とも思ったけど、その割にがっしりしてて状態が綺麗な気がする。それに、オビカレハがつくのはバラ科の枝の又部分が多いっぽいけど、これは椿の葉っぱ部分だし。違う虫の巣なのかも……?

気になって、指で裂いて中身を見ようとしたら、一緒にいた夫が、嫌そうに「やめた方がいいよ」と言う。かわいそうって意味かな?と思って、ほんのちょっと裂いて覗くだけだから大丈夫だよ、すぐ戻すし、と言い訳したが、「もう……いいよ、行こう!早く!」と、物凄く嫌そう。なんで?と聞いたが、いいから!と、取り付く島もない。

それで追っかけながら、「なんでよう」「いいから!」のやりとりが繰り返される、あー、これは子どもたちと夫がよくやってる問答だ……。妻、子供ポジションに堕ちたり。がーん。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

で、家に帰って、謎の巣のことは忘れて、蟻関係の本をいろいろと読んでた。

そしたら本に出てきたアリの話を読んで、「えっ!あれってツムギアリの巣じゃないの!?」と胸がワクつく。

が、もっと調べたら、ツムギアリの分布は主に東南アジアで、日本だと琉球諸島に仲間がいるくらいらしい。うーん、じゃあやっぱりなんかの蛾なのかなー。ううーん、開いてもっとゆっくり見てくれば良かったなあ!
e0134713_21185438.jpg


→ 結局、気になりすぎて、もう一回見に行った。それで、おそらく幼虫で越冬する蛾の巣網らしいのはわかったが、詳しいことは調べ中。マエジロマダラメイガかなあ? アリじゃなくて、ちょい残念。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

なんでそんなにムリヤリ蟻の巣にしたい気分なのか?

それは、先日読んだ『裏山の奇人』(小松貴)が面白かったので、それ関係で、好蟻性生物の調査をしてる人の本などいろいろ読んでるところだから。

『昆虫はすごい』(丸山宗利)

昆虫についてのアレコレを、網羅的に順を追って説明してくれてる感のある一冊。読み終われば、色んな切り口で、昆虫というものをざっと見渡した気分になれる。

「あー、これ知ってる!読んだ or 自分でも見たことある!」って話と、全然知らない面白い虫の話が良い感じに入り混じってて、そんなに詳しくはないけど虫に興味ある人(=私)や子どもたちが、飽きずに読める内容だった。

一つ一つの項目は短くあっさりしてるので、よく知らなくて面白そうな部分については別途もっと詳しく調べたい感じが残った。



……で、せっかくだから好蟻性生物についてもっと知りたいと思い、続けて同著者の『アリの巣をめぐる冒険』も読んでみる。

『アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に』(丸山宗利)

こっちは著者の専門の好蟻性生物にフォーカスをあてつつ、学者としての歩みも分かる本。『昆虫はすごい』は虫自体の話だったが、こちらの本は、虫と、虫をめぐる昆虫学者の話という感じ。

昆虫の研究に関わる色んな人や場所が登場するが、その中に出てくる人の名になにか見覚えがあり、よくよく思い出したら、前にこのブログで変な虫を見つけたときに種名を教えてくれた当時大学院生の方だった。びっくりした。すごい!
本の趣旨とはちょっと離れるが、遠い憧れに思っていた昆虫研究話が少し身近に感じられて、なんだか嬉しく。


[PR]

by macchi73 | 2016-12-22 22:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2014年 07月 29日
晴れのち、蟻大移動のち、雷雨
e0134713_17182090.jpg

末っ子とサイクリング&プールに出かける夏休み。
本屋と喫茶店を休憩地点にしつつ、街に点在する緑地や水場を巡ってみたりしている。

アスファルトの道やビルばかりの地区は暑くてジリジリするけど、緑や水に囲まれた場所は暑くても結構気持ち良い。というか、気温にしても1、2度くらいは低いのでは?という感じがする。

そうしてサイクリング中、移動するアリの群れを発見。天の川みたい。
写真だと分からないが、フィルムを早送りしてるみたいに物凄くチョロチョロと素早く動き回ってる。
個別に見るとごちゃごちゃに進んで混乱しているように見えるのに、全体で見るとちゃんと群れでかたまって、かなりの速さで手前の排水溝のところから奥の石垣の方へと移動している。面白い。

向かっている先に美味しいものでもあるのかなと思ったけど、別にそういう訳ではないようだ。特に何かを運んでもいないし、何やってるんだろう?
e0134713_17211164.jpg

で、帰宅したら、急に大変な雷雨となった。
もしかしてアリって雨を事前に察知して移動できるのかな?なんて家族と話す。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

プールでは、娘が「泳ぎが下手だから、家で練習しておいて学校の検定で受かりたいんだよ〜」とハの字眉で言う。むむ!その特訓マインドや良し!!じゃあ足が届かない大きいプールで泳いでみよう!

深くてちょっと怖いなーと怯む娘に、隣にいるから大丈夫!!どんどん行くよ!と、ちょいスパルタ式の私。
一緒に泳ぎながら、お日様が揺れる水中で、娘が息を吐くたび水を掻くたび、銀色の泡がキラキラ光ってるのを見て綺麗だなーと思う。
そうしているうちに、どんどん動きが滑らかに・泳げるようになって行く。
息継ぎできたー!楽しーい!と、私から離れて水中でくるくる動くようになっていく。

自転車練習の時も思ったけど、子供の上達って早い。
そうして水泳検定の日、帰宅してドアを開けるなりの第一声は「クロール受かったよ〜!!」という得意気な叫び声で、そのまま友達と遊びに出かけて行った。

こんな風に色んな学びが濃縮されてるから、人は子供時代を長く感じるのかも。



使い捨てコンタクトが無くなったので、度付きゴーグルをつけて泳いでみたら、すっごく快適!!

多分、水中って物が大きく見えるせいで、度付きでも物が小さくならず、地上で眼鏡をかけた時よりも裸眼感覚が強くて自由な感じがするんだと思う。

水中の光や泡がくっきり見えると、なんだか凄くわくわくする。娘と水中で顔を見合わせて、笑ったりもできる。私は0.1に届かないくらいの近視(あーあ……)で、-5.0が快適。


[PR]

by macchi73 | 2014-07-29 14:57 | 【その他】日記 | Comments(2)
2010年 05月 13日
蟻の牧場
e0134713_21334314.jpg

蟻がリンゴ木を沢山歩き回ってるのは前から気付いていたが、そんなに気にしてなかった。
蟻ってどこでもいるし、ありふれてて面白味が無い。

が、今日、ベルナール・ウエルベルの『蟻』を夢中で読み終わって、俄然アリに興味が湧く。
蟻ってそんなに賢いのか!

さっそく庭の蟻を見に出てみた。
動きをよくよく見てみたら、なんだか、縮れた葉っぱの陰に出入りしている蟻が多い。

葉っぱをひっくり返してみた。
そしたら、白いフワフワした虫と、緑色のアブラムシがいた。

e0134713_21355581.jpg

突然、小説中に出て来るアリの都市の一つ、ベル・オ・カンについての記述があったのを思い出す。
年間生産高
  アリマキの甘い蜜 五十リットル
  カイガラムシの甘露 十リットル
  ハラダケ 四キログラム
アリマキってのは、アブラムシの別名だし。
ってことは、もしかして、このフワフワの虫は「カイガラムシ」なのか!?

で、画像検索をかけたらビンゴ!!
カイガラムシの幼虫だった。
やったー!これは蟻の牧場だ!!すごい!なんかドキドキした。

多分、ここの牧場主は、ケアリ(毛蟻って意味かな?)の仲間。
アブラムシ、カイガラムシと強い共生関係を持つものが多いらしい。

e0134713_21361940.jpg
蟻の出入りする葉っぱの殆どに、カイガラムシかアブラムシ。

小説を読んだ後では、その立ち姿、ただの虫とは思えない……


* * * * * * *

蟻(ベルナール・ウエルベル)

これ、すっごい面白い!

おじさんから遺産として相続した屋敷の地下には得体の知れない深い深い穴があった。次々と穴に消えて行く人間。一体この穴は何だ!?という話。
分野としてはSFなのかな。最初は何だか怖い雰囲気で、ラヴクラフトのクトゥルー系の話かと思ってしまった。

でも違った。
途中に、蟻の目線で、蟻の生態、蟻の冒険が語られる。それが非常に面白い。

人間の物語と、蟻の物語、一体どこで交わるのか?と思っていたら、ウハー!面白い!!
読み終わって、すっごい満足。
重苦しいとこも全然ないエンターテインメントで、休日の愉しみにピッタリだった。

気になるのは、この中に書かれている蟻の生態は、どこまで本当なのかということだ。
多分、「魁!男塾」の民明書房みたいに、途中までは本当の情報でも、途中からは架空の話になってんだとは思うけど、どこからがそうなのかが分からない……


[PR]

by macchi73 | 2010-05-13 21:44 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 08月 05日
ツムギアリ
e0134713_2365495.jpg

カンボジア郊外の木立にて。
飴色の蟻の群れが、樹上で何かを運んでいる。
蟻にはあまり興味は無かったが、日本では見かけない感じの体色だなーと思って撮影。

この蟻は、多分ツムギアリ。食べると酸っぱく、レモンティーの代用にもなるとのこと。
蟻茶!飲んでみたい。

さらにwebで検索していたら、女王アリを運ぶツムギアリという記事を見つけた。
ラオスから(3)

女王アリと働き蟻の大きさが全然違って面白い。ってか女王蟻、綺麗だなあ。
まさか自分が見たのも蟻の引越ではなかっただろうが、何を運んでるのか、もっと詳しく見れば良かった。悔やまれる。
[PR]

by macchi73 | 2009-08-05 23:05 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2006年 06月 06日
アリとアブラムシとテントウムシ
秋グミの木にアブラムシがいっぱい。

うへえ!と思ったが、同じ葉に天敵であるテントウムシの蛹(写真のオレンジの物体)もいるのを発見。
んじゃ孵化(っていうかな?)した後の御馳走にどうぞ、とアブラムシ駆除はテントウムシ頼みにして、そのまま放置することにした。

アブラムシの甘露を求めて、アリの姿もチラホラ見える。
そう言えば小学生の時、アリとアブラムシの共生って習ったなあ。
アブラムシの密度が高くなり過ぎたら、他の餌場に運んであげるらしい。アリのアブラムシ牧場ってヤツね。そう思って見ると、アリが羊飼いならぬアブラムシ飼いの職務を果たしているようにも見えて可笑しい。

もしかしてアブラムシ保護のために、アリがテントウムシ蛹を攻撃したりするんじゃないか?とも心配になってしばらく見ていたが、そういう気配は無さそうだ。

e0134713_2324742.jpg
[PR]

by macchi73 | 2006-06-06 23:01 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)