タグ:アザミ ( 4 ) タグの人気記事

2011年 11月 02日
荒廃の庭、伽藍とバザール
e0134713_22352340.jpg

また夜遅い帰宅が続いてる。
庭のダメダメさ具合が凄い。まるで放置された裏山のよう……恥ずかしい。
知人には、こんな状態、絶対に見せたくないね。

と思っていたら、夫のお父さんお母さんがやって来ることになった。赤面。

それで私はつくづく骨身に沁みた。
庭は、今月中にはちゃんとやる!絶対!!

ちなみにお父さんたちは末っ子にランドセルを持ってきてくれたのだった。
濃いローズピンクで隅から隅までハートモチーフのデザインで、なんか装飾的。
夫や私だと絶対に買わないタイプのものだが、濃紺のワンピースの末っ子が背負っているのを見たら、すっごく似合ってて驚いた。ふーん、こういうのもアリだなあ。喜ぶ末っ子。良かったねー。

で、夜、久しぶりに「伽藍とバザール」なんか読みながら思う。
仕事でも子どもでも、自分のコントロール下で全てやろうと思わず、人の助けを受けて行くのは大事なことだ。

どうしても私は、育児も仕事も庭も、自分好みの秩序の支配する閉じた伽藍の中で、コントロールして執り行って行きたく思いがちだが。
いつでも・ずっと・自分が関わり続けることって不可能なんだし、自分の思いつくことなんて限りがあるし。本当にソレの幸先良いことを願ったら、できるだけ沢山の人に任せていく方が良いんだろうな。

(だから庭仕事も一緒にやろうよ!と言いたいかもしれない今日この頃)

e0134713_22381445.jpg荒廃の中にも秋は来る。

茂みの中にはアザミ。
e0134713_22381750.jpg庭の一角を占めているこの草は、ボックセージだったっけな。

植えた当初はスラッと垂直に伸びた一握りの草だったのに、今では一面がモッサリした薮になって青い花。

e0134713_22383484.jpgぷっくり美味しそうなフェイジョア。

今年は豊作のはずだったのになー。
夫に乱暴に剪定されて、殆ど果実が残ってない。ちょっと泣ける。

e0134713_22383916.jpg今日もまた、絡み合う蔓の中からアケビを2つほど収穫。

大きかったので、割れる前にもぎ取ってみた。肉詰めでも作ってみよう。



深夜の気晴らしテキスト。
何でも開拓期って、能天気な浮かれっぷりが感じられて良いんだよな。

職場では、新しいことをみんなやりたくない雰囲気が優勢な中、下っ端の旗振り役になってしまって、なんか疲れるこの頃。
現場は誰もやりたくないよねーという雰囲気の中で、上手く行く仕事ってあるんだろうか……と気が滅入ることもあるが、その案件が周りの関心を得て、これは自分たちの仕事でもあると思ってもらえるようにもって行くのが自分にできることなのかもしれない。

これがベストの選択だ!と言い切れないのは辛いとこだけど。
まあ自分程度のやってる仕事についていえば、選択肢自体でベスト/ワーストが決定するってのはそれほど無くて、何でも持って行きようだという気もする。
正直、うまくやれば、みんなが思ってるよりずっと良い結果になるんじゃないかとも思っている。
自分でやる気で進めてた部分がベンダーに流れてしまうのは、ちょっとつまらない気がするが。でも色々と変えるきっかけには悪くないのかも。
進めながら、触りながら、うまい方向に持って行けると良いなあとか考える。
楽しみが能率をあげる。・・・自分の仕事のプロセスにびくびくゲロゲロ状態で関わり合う(それがつきはなした皮肉なやりかただったとしても)というのは、それ自体が、そのプロセスの 失敗を告げるものととらえるべきだ。楽しさ、ユーモア、遊び心は、まさに財産だ。・・・オープンソースの成功のいちばんだいじな影響の一つというのは、いちばん頭のいい仕事の仕方は遊ぶことだということを教えてくれることかもしれない。
私も楽しくやって、これが終わった暁には、家に早く帰りたいかな。
もう何年も新規事業の担当ばかりで、「コレが終わったら……」って思うのもちょっと疲れてきた。
とか言いつつ、色々あってもそれなりに仕事にはいつも熱中してて、どっかゲーム気分な感じもするので、それが更に家族には後ろめたかったり。

まあ、ホントのホントは、自分はワークライフバランスとか、あまり興味が無いというかどうでも良いんだよなと自覚している。
「アナタがやらないからワタシが働くしかないんだネ!私だって大変なんだネ!」とか言うのは言い訳で、家好きな夫で良かったのかもしれない。二人ワークライフバランス。


[PR]

by macchi73 | 2011-11-02 23:34 | 面白かった本など | Comments(4)
2010年 09月 20日
秋の気配
e0134713_1832239.jpg

昨夜の草刈りをビニール袋に詰めたりしていた本日。
突然お向かいさんがやって来て、要らなくなったというバードテーブルをくれた。
うへえ!嬉しい。庭仕事、するもんだなー。

にやにやしながら久しぶりに荒れた庭を歩き回ってみる。
いつの間にか、なんとなく秋の気配漂う植物たちの時期になっていた。

e0134713_18272016.jpg
数珠珊瑚。
赤い実をつけ始めている。

奥に見える小菊は、着物の柄にありそうだから友禅菊かな?(適当過ぎ)

e0134713_1828897.jpg
彼岸花。
年々ちょっとずつ数が増えている。

しかし通路の傍に咲いたものは無惨に踏み倒されていた。がーん。
多分、昨夜の草刈りの時に踏んづけたんだな……。

e0134713_18275644.jpg
女郎花。
秋の七草のうちの一つ。

背が高い小花は涼し気。

e0134713_18274336.jpg
香りあざみ。
背が高くなるタイプ。
よくその辺に生えてくるアザミとちがって、トゲトゲしてない。

末っ子は、甘い匂いがすると言う。
私にはよく分からない。(鼻が悪いのか?)

e0134713_1828191.jpg
もらったバードテーブルは、金木犀の株元、ススキとエノコログサの後ろに配置した。
うちの庭にも似合うかな?

ちなみにこのエノコログサは、花穂が長くて全体的に赤褐色をした園芸種。雑草を放置しているように見えるが、草刈りを手抜きした訳ではない。

地面が枯葉(何年もの?)に覆われているのは、庭仕事の手抜き。
枯葉を掃いたためしなし。

[PR]

by macchi73 | 2010-09-20 18:50 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 08月 27日
ルリタマアザミ(エキノプス)
ルリタマアザミの育て方:
●種まきは5,6月。アルカリ土壌を好む。
●花期は夏。
●夏の高温多湿には弱いが、かといって日陰では花をつけない。
●寒さには強い。
●春に株分けで増やせる。植えっぱなしだと枯れるので、隔年で株分けを兼ねて植え替えをすること!
●背丈1m程だが、葉っぱにボリュームがあり横幅をとる。狭いところだと育てにくそう。


2008/6
苗を植付け。
シルバーかかった葉に、青紫の花をボール状に咲かせるアザミらしい。
夏の暑さにかなり弱いようなので、夏に日陰になるヤナギイチゴの下に植え付けた。

2009/10
去年咲かなかったので、よく調べたところ、種まきの翌年の夏からしか咲かないらしい。

で、今年は咲くなと思っていたのに、株だけは大きくなっているが、やはり花はつけなかった。
日陰だと花が咲かないとあったので、もっと日当りの良いところでないとダメなのかな。

2010/8/27
2年目にして、やっと花が咲いた!
大株の割に花数が少ないのは、やはり日陰で育てているせいだろうか。

e0134713_1946722.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-08-27 23:30 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2008年 10月 07日
あざみ
e0134713_1931033.jpg

奥多摩で山歩き中に咲いていた。
どこでもよく見掛ける雑草だが、山の中で見ると綺麗だなと思う。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-07 20:30 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)