「ほっ」と。キャンペーン
タグ:アゲラタム ( 4 ) タグの人気記事

2012年 09月 08日
冷やし甘酒とウェズレーの国と夏の終わり
e0134713_12595495.jpg

スーパーで乾燥の米麹というのが売られているのを見つけた。
ご飯3杯とよく混ぜて熱湯と一緒に魔法瓶に5〜6時間入れておけば、甘酒の出来上がりと書いてある。
すごい簡単じゃん!面白そうなので早速試す。

5時間後、魔法瓶を開けてちょっと味見してみたら、砂糖も入れてないのに甘い!麹って凄い。
以前食べた甘酒ゼリーが美味しかったので、生姜と砂糖と塩をほんの少しずつ加え、ゼラチンで固めてお昼のおやつにした。

e0134713_1302631.jpg
ヒンヤリして美味しい。

冷やすと甘さが足りなくなるかなと思って砂糖を足したんだけど、甘酒そのものの甘さだけで充分だったっぽい。


図書館に出かけたら、息子に似ている主人公(行動も見た目も)の絵本を見つけたので、借りて来る。
アハハ、すごい、似てる似てる〜と、笑う双子たち。
主人公のウェズレー同様、自分で文字を作っては架空の地図を書いたりするのが大好きな息子は、やはりウェズレーと同様、かなりの変わり者で通っている。
こりゃちょっと生きにくいかもなーと親としてはたまに危惧される時もあり、『ウェズレーの国』は、そんな超マイペース変人のハッピーエンドなので借りて来たのだが……

変人ウェズレー。

彼の良いところは、人と違っていても恥じていないところ、自分で楽しんでいるところ。


「これはピノコの理想の国だ!」と(何故か)いきりたつ、変人予備軍がここにもいた!
えええ〜。君もソレ系?違うんじゃない?むしろ目指すは利発系じゃない?(って、息子に失礼か)と思ったが、『ピノズレーの国』を熱心に描き出す娘。
やはり兄と妹、似てる部分があるのか?

e0134713_1325054.jpg

『ウェズレーの国』に出て来る、隣家のおじさん(ウェズレーが気になって、ページの端でウロチョロしてる)が気に入った娘は、「お母さん、ピノコの作った絵本にも、ウロチョロしてる人描いてよ」と言う。
で、娘と散歩の時によくふざけて話すブーブー猿の小話をページの端で進行させておく。
ふ。作り話って、結構やると楽しいもんだね。ちょっと息子の気持ちも分かったような。

そんな休日。
庭では彼岸花が一輪、ポカッと咲いていた。
9月といってもまだまだ蒸し暑いけど、庭の花は明らかに秋のものに移りつつある。

夏休みの名残も日に日に消えかけてるしなあ。
庭隅では萩の花も咲いては風に揺れ始めてて、これはうかうかしてると、パタパタっと秋になっちゃうのかもなーとか思ったりして。
ホント、一年って飛ぶ様に過ぎる。
e0134713_1332033.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-09-08 14:30 | 書籍・CD | Comments(4)
2010年 09月 27日
秋の七草:藤袴(フジバカマ)
フジバカマの育て方:
●花期は秋。
●1.5mまで草丈が伸びる。丈を低く抑えるには、6月ころに一度地上15cmで刈り込む。
●明るい日陰で、風通しの良い場所を好む。
●水切れを嫌う。ハダニ防止のためにも、水は草全体にかけること。
●6月に株分、挿木で増やせる。
●冬に花が枯れたら、地上部を刈り取っておけば、来春にまた伸びてくる。


e0134713_194189.jpg

秋の七草の一つ。
西洋フジバカマ、フジバカマ、アゲラタムの分類で混乱したので、改めて草姿など確認しておく。

西洋フジバカマより、茎が硬くて、全体的に直線的な草姿。
背も高くなり、開花期もずっと遅い。

葉っぱに桜餅の香りがあると言われているが、そう感じたことは無い。

2011/1/8
庭土の天地返しをしていたら、なんだか甘い香りがする。
この時期、何の花も咲いていないのに……と思って探したら、フジバカマの枯れ葉の香りだった。
甘くて良い匂いだ。
どうやら、生葉じゃなくて、乾燥した葉っぱがよく香るようだ。
[PR]

by macchi73 | 2010-09-27 19:43 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2010年 09月 27日
西洋フジバカマ(コノクリニウム、ユーパトリウム、宿根アゲラタム)
西洋フジバカマの育て方:
●花期は7〜10月。種まきは3月。
●日当りを好むらしい。が、我が家では半日以上日陰になってしまうような場所でもよく繁り、かなりの勢いで年々勝手に面積を広げている。
●暑さにも寒さにも強く、地下茎でどんどん広がる。過湿にはやや弱いらしい。
●施肥は不要。
●3月に株分けで増やせる。または春遅くに挿し芽でも増やせる。


e0134713_2055130.jpg夏越しで荒れた庭の、あまり日当りの良くない場所を覆うように白い花が沢山咲いている。

私はずっと、この花をアゲラタムの白花種だと思っていた。

が、先日、「西洋フジバカマ」の名前で庭の白花アゲラタムが売られているのを発見。

そういえば、この花の広がる一角には、昔「西洋フジバカマ」の種を蒔いたことがあるような……。

あれ、ということは、まさか白花アゲラタム=西洋フジバカマと呼ばれているのか?
それともアゲラタムとフジバカマって、そもそも同じ花なの?


何だか混乱して、更に調べたところ、西洋フジバカマについて以下のことが分かった。

▶西洋フジバカマの別名が、「宿根アゲラタム」。
▶花はアゲラタムそっくりだが、アゲラタムとは別種。
▶現在では「コノクリニウム」属に入れられているが、以前はフジバカマと同じ「ユーパトリウム」属に分類されていた。そのため、今でも「ユーパトリウム」「フジバカマ」として流通している場合もある。

e0134713_19275142.jpg
西洋フジバカマには、青花種もあったので、比較のためについつい購入。

本当にアゲラタムそっくり。
(なら買わなくても良かったか……アゲラタムは増殖中なので)

[PR]

by macchi73 | 2010-09-27 19:34 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2007年 12月 18日
アゲラタム
アゲラタムの育て方:
●乾燥を嫌うので、湿った場所に植えるか水やりをする。我が家ではモミジの下でよく咲いている。
●施肥すると葉ばかり繁って花が目立たない。肥料は控えめor無くても良い。
●花後、半分に切り詰めるとすぐに新しい枝を伸ばしてもう一回咲く。


2006/8
近所の方から苗をもらう。
2006/9
どんどん立派に育っている。夜、薄紫の花が光っているようで綺麗。花を摘むと、また咲く。

2007/1
すっかり枯れたので、根元から剪定。根は残し、剪定した部分も零れ種を期待して土に埋めておく。来年も咲きますように。
2007/7
去年あった場所はもとより、少し離れた場所にも今年は咲いている。嬉しい。

e0134713_13144665.jpg

2007/12
今年もまた枯れた株を地面に鋤き込んでおいた。また来年。

2008/7
今年も同じような一角で繁っていた。
もう、我が家の定番となった感がある。

青花の株以外にも、白花の株が増えたようだ。白花は背が少し高くて、もっと野性的な雰囲気。
→アゲラタムの白花種だと思っていたのは、「西洋フジバカマ」だった。
全然フジバカマに似ていないので、てっきりアゲラタムかと……。
[PR]

by macchi73 | 2007-12-18 23:21 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)