「ほっ」と。キャンペーン
タグ:アゲハチョウ ( 15 ) タグの人気記事

2015年 12月 08日
ナガサキアゲハっぽい、茶色のサナギ
e0134713_2257468.jpg

ブロック塀の上に、大きなサナギを発見。この大きさだと、アゲハチョウか。

よく見かけるナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハのどれかだろうな……と思って蛹図鑑で調べたら、ななななんとナガサキアゲハの気がするんだけど!?南方系だったのが北上してるとは聞くけど、この辺で、まだ全然見たことないんだけど!?ドキドキ。

蝶の蛹図鑑:http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/shubetsu/sanagi.html
e0134713_2257030.jpg
正面から見ると、バルタン星人に似ている。

頭部の突起が、横から見ると猫の耳みたいに上に反っていて、正面から見たときにU字型をしてる。この特徴は、ナガサキアゲハっぽく見えるんだけど、どうだろう?
(願望はあるが、自信はない……)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに、下の写真は夏に見かけて羽化させたキアゲハのサナギ
この辺で見かけるのは、だいたいこれ。
e0134713_14335897.jpg
今回みかけた茶色のサナギとは、背中の曲がり具合も、耳の感じ(耳じゃなくて頭部突起だけど)も、ちょっと違うよな……。


「そもそも色が緑と茶色で違うじゃん!見るからに別種じゃん!」とか思ってしまう人は、多分あまりいないとは思うが、でもいるかもしれないので(←うちの長女とか)、念のために説明しておく。

アゲハチョウのサナギは、同じ種類でも緑だったり茶色だったりする。
緑あふれる夏のサナギは緑色で、秋のサナギならシックに茶色という訳でもない。

前に何かで読んだところでは、意外に周囲の色にはそんなに影響されないらしい。
蛹化の一時期の周りの色だけで決めちゃうと、その時だけは保護色になったとしても、途中で周りの色が変わって目立っちゃうかもしれないからかな?

傾向としては、「湿度・温度が高いと緑、乾いて寒いと茶色」「足場の表面がなめらかだと緑、ザラザラだと茶色」「屈曲した場所だと緑、平らな場所だと茶色」などになるのではと言われている。ただ、あくまでも傾向があるっぽいというだけで、はっきりしたことは分かっていないようだ。
こんな記事もあった。
→ぷてろんワールド:蛹のからだ

たぶん、しばらく動けない時期を無事に乗り切るために、五感を総動員してココがどんな場所かを判定して、将来も見据えて一番目立ちにくい色のサナギになるような仕組みになっているんだろうと思う。……その割に、子供たちがいっぱい通る、こんな開けたコンクリ塀でサナギになっちゃって平気か?とも思うけど。
e0134713_22565112.jpg
とか言ってる間にも、興味を示した小学生(←うちの末っ子だけど)が接近中。危険!



[PR]

by macchi73 | 2015-12-08 23:16 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(5)
2015年 01月 04日
オキクムシ(阿菊虫)
e0134713_2314679.jpg

年末年始に夫の実家で過ごしていたら、外壁地上2.5mほどのところに、変てこなシルエットの蛹があった。「むむ、あれはもしかして……」と、背伸びして腕を伸ばして一生懸命カメラを近づけ、なんとか写真を撮る。

おおー!やっぱりこれはお菊虫!初めてちゃんと見た!

お菊虫とは、ジャコウアゲハの蛹。
他のアゲハチョウとは似つかない凝った色と形をしており、特に背中の朱色の二つの突起が目立つ。
その変わった姿が縄で縛られ吊るされた女性のようだと江戸時代に噂になり、播州皿屋敷のお菊の怨念の表れではないかと「お菊虫」と呼ばれるようになった。

e0134713_2314937.jpg
後ろ姿と、クローズアップ写真。女性の姿に見えるかな?

ジャコウアゲハは雨のあたらない建物の軒下に蛹をつくることが多いので、食草ウマノスズクサが生えるような里山にある納屋の軒下なんかでよく見つけることができる。

夫実家でもたまに蔵の軒下でそれらしき蛹を見つけていたが、いかんせん、場所が高すぎてこれまで近くで見たことがなかったのであった。


そういえば、前回の帰省時にもこの付近で交尾するジャコウアゲハを見かけたので、これは彼らの子供かもしれない。
赤と黒の腹部を持つ毒蝶・ジャコウアゲハは成虫もちょっと毒々しい見た目だけど、その蛹もかなりグロテスクな感じだよなー。
ジャコウアゲハは食草付近にしか発生しない蝶なので、この近くにウマノスズクサ(←これもまた毒々しい形)があるのだと思われる。冬には地上部が枯れてしまうので、来年の夏はウマノスズクサを探してみよう。

ちなみに、本当ならばお菊虫は黒い縄で縛られているような姿なんだけど、今回の蛹は糸が外れて逆さ吊りになってしまっており、ただの緊縛よりさらに辛そうな姿になっている(外れてしまった糸が写真の上の方に見える)。で、ちょっと心配になって調べてみたが、アゲハは脚力が強いので逆さまでも羽化はできるようで一安心。頑張れよ。
[PR]

by macchi73 | 2015-01-04 23:13 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2014年 09月 05日
ジャコウアゲハ(麝香揚羽)
e0134713_21142952.jpg

クロアゲハにそっくりな蝶を見かけた。

でも、なんとなく、ちょっとだけ雰囲気が違う……。
で、近くに寄ってよくよく見たら、お腹が赤と黒のマダラ模様だった。

これは図鑑で見たことがある、ジャコウアゲハだ!!

毒のあるウマノスズクサを食草として育ち、食草が無いと共食いなんかもしちゃう怖いヤツ。
体に蓄積された強烈な毒のため外敵も少なく、そのため、アゲハチョウの仲間なのに飛び方がゆっくりらしい。
今回は交尾中で飛ぶ姿は見られなかったが、確かに近寄っても逃げずに堂々としたもんだった。

e0134713_21143781.jpg
オスのお腹から麝香のような芳香がすることからジャコウアゲハと呼ばれる。香りの元はフェニルアセトアルデヒド、シナモンの香り成分と同じものらしい。

クロアゲハに似てはいるが、なんとなく色味が違う。白い部分が淡くオレンジがかっている感じ。

特別に珍しい蝶という訳ではないらしいが、食草のウマノスズグサの付近にしかいないため、分布は局地的。私は初めて見た。


これで、そっくりと言われる黒いアゲハチョウのうち、けっこうな種類は実際にこの目で見たことになるな。なんだか嬉しい。

ちなみに、どこでもよく見かけるクロアゲハはこんな姿。

クロアゲハには毒は無いけど、見た目そっくりだ。毒のあるジャコウアゲハにベイツ擬態しているんだと思われる。

[PR]

by macchi73 | 2014-09-05 21:12 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2014年 08月 04日
式根島のアゲハチョウ: モンキアゲハ、カラスアゲハ、アオスジアゲハ、ナミアゲハ
e0134713_19154296.jpg

式根島サイクリング中、色々な蝶を見かけてワクワクする。
特に、人家周辺から離れた広くて明るい車道の両脇が鬱蒼とした森林になっている三叉路で何度も何度も大型の蝶が道路を横切っているところを見かけ、これが話に聞く「蝶道」というものではないかと思う。

それで、「ここにいれば良いもの見られると思う」と自転車を止めて夫と娘とジッと待っていたら、よく知っているアオスジアゲハアゲハチョウの他に、黒地に白い斑のある見かけない蝶が何度も通る!

クロアゲハに似ているが、これまで見たことがないアゲハ蝶だ。
が、サイズがかなり大きいせいか、飛翔力も強いようで、普通の蝶より高い場所を飛んでいて、なかなか近くで見られない。

先日クロアゲハの記事をアップした時に、遠目では同じように見える黒いアゲハにも、ナガサキアゲハ等々、色んな種類がいるということをコメント欄にて知ったので、何としても近くで見てみたいところなんだけど。
……なんて物欲しそうにしていたら、夫が「ちょっと待ってて」と凛々しい顔ですっくと立ち上がったかと思うと、何匹か目、ちょうど低空飛行でやってきた一頭を捕まえてくれた(が、捕まえる際に傷つけたのか、片方の尾状突起が取れてしまっている。ごめん)。
e0134713_19288.jpg

図鑑で確認すると、これはモンキアゲハ。
日本に分布するチョウとしてはオオゴマダラやナガサキアゲハと並ぶ最大級の種類で、関東ではあまり見かけない南方系の蝶。幼虫の食草はカラスザンショウ。

e0134713_13495867.jpg
翅の裏もクロアゲハにかなり似ているが、クロアゲハにはない白い斑がついている。

珍しい蝶見て嬉しい!!と感動していたら、島のおじさんには、その辺にたくさんいる蝶だけどなあ、と言われた。

確かに、3日間で10回くらいは見かけた。島では普通種なんだな。


そんなこんなで、初めて見た蝶にすっかり満足して日向で休憩していたら、娘の周りをクルクルと回る黒い蝶がいる。

おー、また来たかーとジュースを飲みながらボンヤリ見ていたら、今度は違う蝶だ!!
遠目では黒っぽかったが、近くで見たら、ハッキリと青と緑に妖しく輝いている。
ウワー! また初めてのアゲハだよー!!しかも美麗だー!!と急いでカメラを構えたけど、慌て過ぎて上手く撮影できず。
e0134713_13494127.png

すっごいピンボケだけど、この輝き、ミヤマカラスアゲハかカラスアゲハに違いない。
輝きが線状ではなく面状だから、多分カラスアゲハの方かなー。

大物を撮影できずにガッカリだったが、モンキアゲハも何回も遭遇してるし、この蝶も滞在中にまた何度か見られるチャンスはあるだろう……と思っていたら、その後、全く見かけることはなかったのであった。残念。

まあでも、珍しい蝶ではなくても、島の青空と花々を背景に、色んな蝶がひらひらしているのを見るのはとっても綺麗だった。
うちの庭でおなじみのアゲハチョウだって、ハイビスカスの上だと何だか南国風。

e0134713_1346575.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-08-04 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2014年 07月 24日
クロアゲハ(黒揚羽)
e0134713_21122375.jpg

子どもとプールに通う夏休み。
アスファルトの路上で弱った黒い大きな蝶を拾った。
何かに轢かれてしまったらしくお腹の先が潰れてしまっている。片翅が動きにくいようだ。
e0134713_21122688.jpg

もうダメだと思うけど、娘がそっと拾い上げて、道路沿いの大学の林の中に逃がした。
そしたら偶然か、同じ蝶がまっすぐこちらに向かって飛んで来たので、「仲間が来た!!」と娘が叫ぶ。
(クロアゲハの飛ぶルートは「蝶道」って呼ばれ、日向と日陰の境目を選んで飛ぶって決まってるらしいから、明るい道路と暗い林の境目にいた私たちに向かって来ただけかなと思うけど……)

ずいぶん大きい蝶だね、カラスアゲハだっけ?と呟く夫に、「クロアゲハかなー。模様がちょっと違うんだよ」と娘が言うので驚いた。そんな蝶の名前、知ってるんだね。

クロアゲハもカラスアゲハも大型の黒っぽい蝶で似ているが、翅の模様が少し違うらしい。
クロアゲハは、名前の通り、翅の表が真っ黒で模様がない(裏にはある)。
カラスアゲハはもっと華やかで、オスは青っぽく光る翅を持ち、メスは後翅に赤っぽい斑点がある。
[PR]

by macchi73 | 2014-07-24 23:11 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2013年 08月 18日
キアゲハ羽化と、カナヘビ孵化
e0134713_18332020.jpg

一泊二日で夫実家に帰省しようとしていた朝。
家のコルクボードに止められていたキアゲハの蛹が羽化した。
ゆっくりと伸ばして乾かし中の新品の翅がうっとりするほど綺麗……。
しばし家族で眺める。ほー。

あ、でもそろそろ出かけないとだよ!遅くなっちゃうよ〜!と、蝶をそっと庭に見送って車を発車したら、なんと今度は、ツルン!と卵からチビカナヘビが飛び出した(そろそろ生まれそうなので、心配で車に乗せてた)。
なんてタイミング!

どうする?どうする?出先には餌が無いよ!?まずくない?と慌てて車をUターン。家に戻る。
e0134713_18331812.jpg

で、web検索などして「カナヘビベビーは一日目は卵の栄養でOK、二日目からよく食べ出すらしい」「餌になるのは微小な虫!あ、テラリウムで繁殖しているコオロギの赤ちゃんがちょうど良さそう!」などと調べ、ベビーをテラリウムに放って家を出た。

そして翌日、飛ぶように帰宅。
部屋に入るなり、テラリウムに直行すると、元気にウロチョロしてるチビカナヘビを見つけた。

e0134713_18331658.jpg
ええ〜可愛い〜!!と、虫嫌いの長女までがうっとりして「ちょっと触らせて」とか言う(ってカナヘビは虫じゃないけど)。

なんでも赤ちゃんって可愛くできてんだな〜。赤ちゃんパワー凄い。


親カナヘビたちは親コオロギを食べ、子カナヘビは子コオロギを食べている模様。
たった一日見なかっただけで、ずいぶんとしっかりした姿になったことよ。子どもの成長は早いねえ!

e0134713_18331098.jpg
つぶらな瞳がいかにも純真そうで、子どもらしい顔立ち。

末っ子の観察によれば、「カナヘビの子どもはオスだった。大人より柔らかい体をしている」とのこと。

名前は「チビッチョ」となった。

e0134713_1833686.jpg
チビッチョを見てから大人たち(デブッチョとヤセッチョ)を見ると、でかい!そして大人っぽい!と思う。

表情も、なんかこう、純真というより企みがありそうな……。


[PR]

by macchi73 | 2013-08-18 18:30 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)
2013年 08月 10日
胃之頭町の夜散歩(栞と紙魚子)
e0134713_05023100.jpg

夏休みなので、子供たち(自分の子もそうでない子も)を家で見かけることが多い。
子どもが沢山ウロチョロしているなーと思うと夜には花火したり泊まって行ったりして、家の中が賑やかだ。ハンモックを一つ、キャンプ用の簡易ベッドを二つ出して、お泊り用に提供する。

お泊りの常だが、いつまでも寝ないで騒ぐ子供たちにうんざりする。
で、一緒に夜中の庭に出て虫の観察をしたりする。
夜はうるさくしてはダメだ。ほら、揚羽蝶も寝ている。羽化した蝉は翅を乾かしている。静かによく探して観察すること。えー見たい見たい……と、ひそひそ声になる子らや良し。

が、それも一時だけで、またベッドに戻るとやがてキャーキャー言い出すのであった。
ウルサイ!それ以上起きてると怖い話するよ!と怒ると、怖い話はイヤだ〜と隠れる。
良かった。ホントは手持ちの怖い話はもう無いので、話して〜とか言われたら困る。

そうして翌日。
ワタシ2時間しか寝てな〜い!ワタシは1時間!ワタシなんか30分だよ〜!とか、よく分からない自慢をエスカレートさせてるのを見て、子どもって馬鹿だなーと思う。
私が見た時はぐーぐー寝てたけどなあ。

朝ご飯にパンケーキを焼いたら、うわー嬉しい!という子たちと、こんなのイヤだ〜!という子たち。ムカ。
悲鳴と笑い声がするので見たら、カナヘビの尻尾を持ってぶら下げている。うわ。
疲れる。けど面白い。かも。
e0134713_0502179.jpg
e0134713_0501981.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

怖い話でも仕入れるか〜と思って、諸星大二郎を開く。
ホラーコメディのはずだが、全く怖くないノホホンとした『栞と紙魚子シリーズ』。
むしろ読むと、何かが補給されていつも元気回復する。



うちの近所が舞台になってて、漫画の中によく知った景色や地図が出てくるので不思議な気分だ。
私も歩き回っているうちにこんな変な世界に迷い込んで、それで平気で戻って来たいなあ!

[PR]

by macchi73 | 2013-08-10 00:49 | 書籍・CD | Comments(0)
2013年 08月 09日
ナミアゲハとキアゲハ(並揚羽と黄揚羽)
e0134713_14335897.jpg

帰宅したらキアゲハの幼虫がテーブルの真ん中に置いてあった。
これって、このまま置いとけば羽化するのかな?
休みの日に子どもと調べてみよう。

テーブルの上のカメラを見れば、虫の写真がいっぱい。
あーこれはキアゲハ、これはナミアゲハか……とか、面白く見させてもらう。
毎日帰宅して寝顔だけを見る状態が続くけど、写真や部屋の中に色んな夏休み風のものが増えて行くのを見ながら、昼間の子供たちの様子をなんとなく想像する。

e0134713_14335570.jpg
これがキアゲハ。

黄色っぽいから……というだけでなく(黄色っぽいナミアゲハもいる)、翅の付け根に縞模様がないところで見分けるのが良いようだ。

e0134713_14335357.pngこっちがナミアゲハ。

肩の付け根のところに縞模様がある。

波模様があるからナミアゲハなのか?と思ったが、漢字で書くと並揚羽だった。


上で見たように、蝶になってからだととても似ている両者だが、幼虫の時は全然違う姿だ。
(黄色の斑点があるのがキアゲハ、緑一色なのがナミアゲハ)
e0134713_14334866.png

しかしカメラを見ると、まいにち色んな虫を捕まえているみたいだけど、なんで背景が家の中ばかり?
「だって外暑いからな〜」とか言っちゃって、インドアっ娘なのかアウトドアっ娘なのか……。

(下の写真はアオスジアゲハ。なんかきょとんとした顔してる……)
e0134713_14334238.jpg
e0134713_14333867.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-08-09 23:59 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2013年 05月 26日
身近な虫のデザイン
e0134713_1846120.jpg

庭がボサボサ気味。
何とかしとこうって思う一方で、ちょっと歩くと色んな虫が見られるのは嬉しい。
虫サイズで考えてみたら、この庭だって、すごく広大な神秘の大宇宙(大げさ?)だと思うんだ。特にこんなにボサボサであれば。

ただの無粋な薮に見えるところにも、実は色んな小さな生き物が憩っていると思って眺めると、なんだかミクロのようなマクロのような不思議な感慨を覚える。

身近なところに普通にいる虫でも、よくよく見るとデザインが面白くって楽しい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ギンメッキゴミグモは、名前の通り、銀メッキされたようなお腹をしている。

e0134713_18455164.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

アゲハチョウの幼虫の柄。よく見ると幾何学的。

e0134713_18454641.jpg

e0134713_18454327.jpg
しかも食事中の姿を見ると、大きな頭に見える部分はただの背中で、案外可愛い小顔をしているのが分かる。

末っ子は、この虫の背中を撫でて、黄色い角を出させるのが得意。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ムシヒキアブの目はサングラスみたい。
こういう干渉縞っぽい不思議な艶は、小さな単眼が沢山集まってできている複眼の特徴。

e0134713_1845494.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ハエトリグモの目はピカピカで、複眼とは違う質感をしている。
調べてみたら、クモの眼は「カメラ眼」という構造で、人間の瞳に近いような作りらしい。

e0134713_18453728.jpg

e0134713_18454029.jpg
しかもよく見ると、それぞれ眼の色が違う。

真ん中の二つは青緑、その両隣は赤っぽい色をしていた。

そして、前方の四つの目の他に、後ろにも目が四つ(ただし一対は凄く小さい)。そちらは黒い。
「近づくほどに美しい、ハエトリグモの鮮やかなマクロ写真 - GIGAZINE」っていう記事で紹介されているサイトで、ハエトリグモのピカピカの眼が色々見られる。

 ▶ Jumping Spiders of Oklahoma

すごく綺麗!!感動した!!!
英語だと、ハエトリグモはJumping Spidersっていうんだな。ピョンピョン跳ねるからね。

[PR]

by macchi73 | 2013-05-26 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2012年 09月 02日
アオスジアゲハ(青条揚羽)
e0134713_0164391.jpg

夏休み最後の今日は、早朝から、すっごい土砂降り。
ザバーッと降っては上がり、しばらく止んではまた降る、の繰り返し。
空は一面灰色に薄暗く光り、今が何時頃だかよく分からない感覚に陥ってしまう。一日中が夕方みたいな気分。
外に出ると、空気がヒンヤリして、いきなり秋の気配が漂い始めている。

今日は涼しいね〜と庭に出た娘の足元、歩く先から小さな薄青いシジミチョウが次々飛び立ってヒラヒラする。モンシロチョウもいる。「ほほー」と娘。
そして一頭、黒地に青の大きな美麗な蝶がいるのを見つけると、「お母さん!ちょっと来て!見て!」と小声で呼んで目をピカピカさせる。

黒地に青筋の蝶というとルリタテハとアオスジアゲハがいるが、このように翅の裏側まで青いのはアオスジアゲハだ。
アオスジアゲハの翅の青い部分は鱗粉の模様ではなく、青く透き通っている。
珍しい蝶ではないが、とっても綺麗。

e0134713_0243727.png逆光で見ると、アオスジアゲハの模様が透き通っているのがよく分かる。

ちなみに、アオスジアゲハとルリタテハの名前をごっちゃにしたような「ルリアゲハ」という蝶も存在はするが、日本では見る事ができない。


e0134713_0171631.jpgアオスジアゲハはヤブカラシの花が好きみたいで、娘の指先を逃れては、またすぐ同じような場所に舞い戻る。

捕まりそうで捕まらない、絶妙の動線。

最初は「捕まえる!」と喜び勇んでいたのが、だんだん機嫌が悪くなる娘。はは。短気。


こういう変な天気の時の散歩もまた楽しい。
お昼のおやつを作ってから、二人で家を出て夜までおでかけした。
囲碁クラブ、古道具屋、漫画喫茶、古本屋、雑貨屋、食材屋と、雨の止んだ合間を見ては移動して回り……見事、傘無しで濡れずに過ごし切った達成感!
お店の入口で滝のような豪雨をあんぐり口を開けて見てたり、窓から手をだして飛沫に触ったり、雨足が弱まった時を狙って「軒先を利用して次のビルまで走れ!」なんてやるのは楽しかった。

真っ暗になってから、家族みんなと落ち合って晩ご飯を食べて帰宅。
明日から子供たちはまた学校、そして私は弁当作りの再開だ。
気が張るような、気怠いような。

* * * * * * * * * * * * *

漫画喫茶で1時間の休憩中、全十巻の漫画を読み始めるという暴挙に出るが、当然、最後まで読み切れない結果となる。そしてその足で一揃い大人買い……。こういう時、つくづく大人で良かった、働いていて良かったと思う。我ながらなんか小さい。

『エマ』(森 薫)

19世紀終わり頃のイギリスの話。
作者がメイドやその時代が好きらしく、小道具や生活の細かいとこが描き込まれていて面白い。
座席に一番近い本棚にあったから読んだだけで、最初「地味な本だなー。他の読めば良かったかな」と思ったけど、気付いたらとても面白く読んでいた。これはなかなかのヒット!
個人的には、微かに手塚治虫風味も感じた。

上の子たちにも好評だったし、これは大人買い(エマ 全10巻 完結セット)も正解だったと思うな。うん。古本で半額だったし(……と、なんとなく夫に向かって主張する)。


[PR]

by macchi73 | 2012-09-02 23:53 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(6)