タグ:アケビ ( 7 ) タグの人気記事

2011年 10月 23日
アケビ、初収穫
e0134713_11174020.jpg

早朝。
たったいま割けた、という状態のアケビを収穫できた。
2006年に苗を植えてから、はや5年。待ちに待った初収穫だ!!

e0134713_11195699.jpgメリッと割ってみたら、こんな感じ。

切り口も最初は真っ白でもっと綺麗だったんだけど、果実を洗ってから放置してたら(カメラ充電してた)、ちょっと茶色くなっちゃった。残念。


ずっと憧れていたアケビの実。
よ〜し、食べるぞ!!と思ったけど、なぜかスプーンが震える……。
脇から見ていた夫が、一声。

「イモムシにそっくりじゃない?」

(参考画像)

うん。やっぱそうだよなー。私もそう思う。
でも、思ってたけど、言わなかった。

e0134713_1126356.jpg
見れば見るほど、イモムシそっくりのアケビの中身。
家族誰も食べようとしない。

しかし5年も待ってたんだ、食べない訳にいかない。

私が食べずして、誰が食べる!!


意を決して、パクッと食べた。

甘い味がした。

砂糖水みたいな、あっさりした味。
バナナみたいな濃厚な味を期待してたんだけどなー。ちょっと期待外れかな。

……とモグモグしていたら、苦い!!種が苦い!

どうやら、果物みたいに食べるなら、種は出さないといけないみたいだ。
って言っても、種が多いんだよな。面倒くさいかも。

なんとなくがっかりと悲しい気分になってしまい、気分転換に風呂に入った。
目を閉じると、過ぎ去ったアケビとの5年間が走馬灯のように思い浮かぶ(嘘)。
「そう言えば、皮も料理に使えるって話だったよな……」と思い出し、風呂上がりに味噌炒めを作る。
胡麻油で生姜みじん切りを熱して、アケビの皮の薄切りを加えて炒め、酒と砂糖と味噌で更に炒めたら、最後に庭のチャービルを刻む、っと。

そしたら、これは美味しかった。
ちょっとほろ苦くて、お酒によく合う。

結論。
あけびは、果実より皮が美味しい。

でもなー。庭を蔓だらけにしてまで収穫するほどの珍味かと言うと、どうかなあ。
それに、酒肴には良いけど、毎日おかずとしてモリモリ食べるもんでもないしなあ。

更に結論。
あけびは、山に行った時に一つ二つ採ってくるだけで充分だと思う。

e0134713_1140232.jpg
朝寝朝酒朝湯のコンボは良い気分。

アケビ幻想が破れたのは、ちょっと悲しい。


[PR]

by macchi73 | 2011-10-23 11:51 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2011年 04月 24日
アケビ・2011年
2011/4/24
末っ子のトンネルの天井が、アケビの花で埋め尽くされている!
今年はこれまでと違う勢いを感じる。
植えてから何年目かも忘れてしまったが、やっとアケビの初収穫ができるかもしれない。
e0134713_1101239.jpg


2011/6/18
お、青い実が出来てる。
まあでも、これまでも実はできてたのに落果しちゃってたんだよな……。
糠喜びにならないよう、油断禁物。

e0134713_1144263.jpg

2011/10/9
実が色付いて来たと思ったら、ぱっくり割けてた。
発見が遅れたので、これだと割れ過ぎ状態かな?
まだまだ、もっと大きい実が樹上には残っているから、これは観察するだけにしとく。

いよいよ初収穫は近いな〜。
これから毎日、出勤前にはアケビチェックしてから家を出よう。
e0134713_117487.jpg

2011/10/23
初収穫!!
嬉しいような、悲しいような結果……。味がねー。
[PR]

by macchi73 | 2011-04-24 22:12 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2010年 05月 29日
アケビの実
e0134713_20444131.jpg

アケビを植え付けて数年。
やっと初めての結実があり、そして順調に太ってきている。

やはり今年、五葉アケビと三葉アケビの両方の花が咲いたのが結実によく働いたようだ。
三葉アケビの実は紫色だから、これは五葉アケビの実だ。
五葉アケビは雌花が多くて、三葉アケビは雄花ばっかりだったからなー。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 20:48 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 04月 18日
五葉アケビ
2010/4/18
気付いたら、アケビの花が満開だ。
今年は白花と紫花の二種類さいている。

「やった!ついに雌花が咲いたな!」とウキウキして調べたところ、去年から咲いていた白い花は五葉アケビの雄花で、紫花はミツバアケビの雄花だった。
なんだー、雄同士か。じゃ、結実はしないなあ。

が、落ち着いてよくよく調べると、白い花には二種類ある。
五葉アケビの方は、今年は雄雌そろったようだ。

e0134713_1791936.jpg
たわわに咲いている殆どの花が雄花。

e0134713_1795655.jpg
時々、雄花より大きくて、パカッと割れたような花があるが、こちらは雌花。



ということで、今咲き揃っている花は以下の通り。
  • 五葉アケビのメス。
  • 五葉アケビのメス。
  • 三葉アケビのオス。

アケビは自家結実性がないので、五葉と三葉の間にしか実はできないから…今年は三葉オスと五葉メスの間に、もしかしたら実ができるかもしれない。期待!
[PR]

by macchi73 | 2010-04-18 17:11 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)
2010年 04月 18日
三葉アケビ
2010/4/18
2006年に植えた三葉アケビに始めて花が咲いた!
葡萄色で房咲きの花は、五葉アケビの白い花と全然違う見た目だ。
そっかー、こんな花だったんだ。

e0134713_1772758.jpg

探してみたけど、雌花はなかった。

去年五葉アケビの花が最初に付いた時も、雄花ばっかりだったもんな。
もしかしたら株が若いうちは、雄花より雌花は付きにくいのかもしれない。
[PR]

by macchi73 | 2010-04-18 17:08 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 10月 04日
野生のアケビ
e0134713_22315428.jpg

秋の山散策に行ったら、アケビがあちこちに落ちている。
季節がちょっと遅かったらしく、樹上になっているものは見つけられなかった。残念。
でも、我家のアケビ(植えて3年目。未収穫)も、その内こんな実をつけるようになるんだなーと想像すると楽しい。

e0134713_22335216.jpg
が、アケビが落ちている辺りを見回し、なんとも太い蔓を発見して、ちょっと動揺。

まさか、ここまで蔓が太くならないと実をつけないってことは無いよね!?

e0134713_22393499.jpg
山中には、栗もいっぱい落ちていた。
昔話の「猿カニ合戦」が好きな末っ子は、栗を見るたびに「あ、ちょっと勝ち気な栗どん!」と言う。可笑しい。
[PR]

by macchi73 | 2009-10-04 22:38 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2009年 04月 26日
アケビ
アケビの育て方:
★結実までの年数:未収穫。検索結果によると3〜4年。のんびり待たねば。→2011年に収穫。結実まで5年かかった。
●一種類では結実しないため、2種類以上を混植する。我が家では三葉アケビと五葉アケビを隣り合わせて植えた。
●剪定は特に必要無いっぽい。


2006/9/17
イングで購入した苗を植える。ヒョロヒョロに見えるけど、ちゃんと育つか。

2007/1
冬になり、どうも枯れてしまった気が・・・。
2007/9
花は付かないけど、蔓は伸びて葉も付いてきた。
2007/10
蔓がニョキニョキ伸びて生垣に絡まりまくりなので、整理しようとしたら折れた。がーん!

2008/2
蔓をちゃんと伸ばすべく、蔓棚を作った。少し蔓を短くして植え替えて蔓を誘引。
ま、世話は余り要らないらしいので、あとは放っておいて数年後に花&実がつけば良いや。
切った蔓をジャスミンを誘引する柵の工作に利用したら、なんか良い感じ。

2009/4/4
柔らかくて瑞々しい新しい蔓をあっちこっちに伸ばしている。
ちょっと誘引しといた方が良いのかなーと見たら、蔓の先端になんかツブツブしたものが!!
これは今年は収穫できる兆し!?

e0134713_2112370.jpg

2009/4/12
蔓を誘引しているトンネルの天井、あけびの花が沢山ぶら下がっている。
可愛くって面白い形の花だ。あれー、でも雄花ばっかりで雌花がないや。雌雄異株ではないはずなんだけど。

e0134713_188212.jpg

2009/4/26
あちらでもこちらでも、花が終わった後に綿っぽいものが出来ている。
これは何だろう・・・調べてみたがよく分らなかった。虫害?

e0134713_2338755.jpg

2010/5/16
結局、去年は実はならなかったが、今年は三葉アケビ・五葉アケビの両方の花が揃って咲いて、小さな実らしきものが出来ている。
このまま順調に大きくなるか?期待して見守る。

e0134713_19165971.jpg

2010/12
結局、今年も全ての実が落果してしまったようだ。
なかなか難しいなあ……。山じゃないから、ダメなのかな。

2011年に続く(収穫できた!)
[PR]

by macchi73 | 2009-04-26 23:41 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)