2006年 10月 20日
ジャスミン
ジャスミンの育て方:
●花期は3〜5月。花は強く香る。
●花芽がついてから乾燥させると咲かなくなるため、水切れに注意する。
●花後には強めに切り戻しても姿が整う。


●ホワイトプリンセス●
e0134713_15295182.jpg2006/10
千草園芸にて購入。四季咲きの品種らしい。

2007/1
四季咲きとは言いつつ、まだ株に動きはみられない。春には咲くかな。

2007/4
お、花が咲き始めた。

2007/11
ちょっと日陰に植えたせいか今年はそんなに花を付けなかった。花としては地味目。
だけど、近くのもみじの木に蔓を這わして斑入りの葉っぱは綺麗に繁っている。
これはこれで綺麗。

2008/2
蔓を這わせる棚を作り、もっと日当りの良い場所に移植した。


●羽衣ジャスミン●
2007/11
深大寺の花屋さんで羽衣ジャスミンの鉢植えを購入。こちらは蕾みを沢山つけているから、花を見られるのは確実。鉢植えのまま春に花を楽しんでから庭の蔓棚に移すことにする。
2009/5/1
一昨年、去年と順調に育ち、今年は末娘のトンネルに木陰を作っている。
蔓が細く葉が小さいので、風が吹くたびに木漏れ日がチラチラするのが良い感じ。
満開時も香りが素晴らしいけど、開花前の蕾がいっぱいな様子も綺麗だと思う。
花は白いのに蕾は鮮やかなピンクなんだよなー。

e0134713_1920461.jpg
[PR]

# by macchi73 | 2006-10-20 01:22 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2006年 10月 19日
ガーデンシクラメン
ガーデンシクラメンの育て方:
●花期は11〜4月。
●枯れた花や葉は根元から引き抜く。
●5月に葉が全て枯れたら、それは休眠に入ったサイン。その後は一切水を与えないこと!
●夏も地上部が枯れなかった場合は、涼しい場所で月一で液肥を与えて育てる。


2006/10
駅前花屋で3株購入。白、赤紫、ピンク。
庭に植えたら、近所の年配の方数人に「シクラメン庭に植えたらダメよ」と注意される。これはシクラメンじゃなくてガーデンシクラメンだから良いみたいですよ、と言っても「勿体ない・・・」と残念そう。もしかしたらガーデンじゃない方のシクラメンは室内高級花ってイメージがあるのかな?

e0134713_1553231.jpg2006/12
ピンクの株だけ、溶けてしまった。他2株はすごく元気。
2007/2
植えてからずーっと非常に綺麗に咲いていて、奥庭に植えたのに前庭からでも目立つ。
しかも良い匂い。この時期はすごく苗が安いし来年はもっと数を増やしてみようかな。


2008/2
今年も一株追加。雨が当たりにくいよう、ヤナギイチゴの下に植える。
一昨年植えた株たちも、去年の夏には枯れてヒメツル草に埋もれて姿を消したと思っていたのに、また今年も花芽が顔を出している。
[PR]

# by macchi73 | 2006-10-19 00:47 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2006年 10月 17日
シロタエギク
白妙菊の育て方:
●花期は6〜7月だが、花よりも主に葉を鑑賞する。
●日当りに植える。
●摘心をして枝数を増やすように育てる。
●とても丈夫で害虫にも病気にも暑さ寒さにも強いので、特に手をかける必要はない。
●巨大化しやすいが、どんどん刈り込んでも大丈夫。挿木で簡単に増える。


2006/10
近所の花屋さんの苗を地植え。白くて柔らかい葉が可愛い。

e0134713_166286.jpg
2007/1
朝、ちぎれるように葉が地面に散らばっていることがある。虫にやられてるのか?でも株は綺麗で元気も良い。
2007/6
黄色い花が意外なことに鮮やかで綺麗!葉っぱを鑑賞するもんだと思ってたから驚き。
2007/10
夏の間成長を続けてすごく大きくなった。根元が木のようになって葉も白っぽさが減り、全体的に雑草化というか、野生っぽくなってきた。
2007/11
後ろに植えたチェリーセージと共に巨大化し、絡まり合って怖ろしい姿なので、地表から刈り取っておく。菊の仲間は強いからたぶん大丈夫だろう。

2009/3/21
伸びては挿木して増えた株が、あちこちで更に大きく育っている。
白妙菊って、挿木すればほぼ確実に成功するから……。

しかし大きくなるにつれ、あまり白くなくなってしまったんですが。
どうすれば、あのフワフワの可愛い白い産毛が復活してくれるのか?
人間と同じく、株の若返りというのは無理なのか?

e0134713_2320241.jpg

2009/5/16
あれ、今年は紫の花が咲いている一角がある。
これって白妙菊の仲間ではあるけど、ピンクダスティミラーって言われるものらしい。

んんー、どっかで何かを白妙菊と勘違いして挿し芽して増やしてたってことか。
それで最初の年ほど葉っぱが白くないのかな。

e0134713_11375318.jpg

2009/9/14
梅雨前に切り込んだのが良かったのか、また全体が真っ白になった白妙菊。
しかし、切り込み前の3倍も大きく繁っている。ちょっと太り過ぎ。

e0134713_202893.jpg
(←これで一株。こんなのが数株・・・)

あまりに通行の邪魔なので、少し整理しようと思って株元をかき分けて見たら、がっしりとした太い幹になっていた。直径3cm超。これは樹木だなあ・・・。
もう一回コンパクトにするには、下手に刈り込むより、枝先を挿木した方が良さそうだ。

e0134713_20214119.jpg

2009/12
9月に親株をバッサリ根元から切ってしまい、白くてフワフワな枝先を庭隅に4,5ヶ所挿しておいたところ、冬になってもピンピンしている。
よし、ちゃんと根付いたっぽい。

e0134713_1840194.jpg


2012/11/6
今年も大株化して木化してしまったので、親株は抜いて挿し芽で更新する。
切っては挿し切っては挿しで、一体今が何代目の白妙菊か、もう分からない……。

今年はもう一品種、シルバーレースという白妙菊も植え足してみた。
白妙菊やピンクダスティミラーより、葉の切れ込みが細かくて、レースか羽みたいで可愛い。
e0134713_155460.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2006-10-17 00:34 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)