2017年 08月 21日
テングチョウ(天狗蝶)
e0134713_1135442.jpg
今年の8月は雨続き。降水連続日数21日っていうのは、1977年の8月以来の40年ぶりのことらしい。

毎日毎日、窓の外がずっと雨で、家の中までなんだか妙に静かだ……。

とか思ったが、よく考えたらこの静けさは、長女が末っ子を連れて夏休み旅行に出かけてしまってるせいなのであった。仕事中も時々、姉妹二人でカヤックをしたり夏を満喫している写真が送られてくる。ふーん、そっちは賑やかそうだな。そして長男も、合宿だか試合だかで他県に行ってしまってしばらく不在。

そうやって子どもがいない日が続くと、連日気が向くまま深夜まで仕事してみたり、食事は大人だけで飲み屋で済ませたり、生活がどんどん不規則になって行く。子供たちみんな巣立ったらこんな感じかね、静かだね……なんて夫とボソボソ話したりして。

子供たちがいないって、快適だけど、静か過ぎて少し寂しいね。
e0134713_1135234.jpg
雨上がりの地面で、吸水するテングチョウを見つけた。

長く前方に突き出した下唇髭が天狗の鼻みたいな、変わった顔の蝶だ。末っ子がいたら面白がるだろうになあ。なんかいつもよりちょっとつまんないなあ。

虫を見てもひとり、

……なんてつい詠じちゃうくらいしんみりしてたら、子供たちがぼちぼち戻って来た。
e0134713_1135195.jpg
そしたら急に、今度は賑やか。

夏休みで暇なお友達なんかも遊びに来始めて、ごちゃごちゃ集まって映画をみたりゲームをしたり夜更かししたり結局そのまま泊まっていったり。一時のカサコソした静けさが懐かしい。

……子供たちみんな巣立ってしまったら、静かで少し寂しいかもしれないけど、やっぱり、それはそれで快適か(常に、ないものねだり)。


[PR]

# by macchi73 | 2017-08-21 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2017年 08月 15日
夏休みオーストラリア旅行: ウォレス線を体感しよう!
e0134713_20342870.jpg
夏休み、オーストラリア家族旅行メモ。
【旅の目的】
日本とは全然違うであろう、南半球かつウォレス線、ウェーバー線以東の自然を体感したい!
(ウェーバー線は生物分布境界線の一つで、その線から東はオーストラリア区、西は東洋区)


【それぞれの目標】
1) 可愛いモフモフの有袋類を見たい。あわよくば触りたい!(by ピノコ小6)
2) 南半球でしか見られない星を見たい(by 夫)
3) ほぼ9割が固有種だというオーストラリア独自の動物相を体感したい。ただし休みはぐうたらしたいので、ホントその辺の雑草とか虫の観察だけでOK(by 私)

【達成度】
★★★★
→全員の希望が叶ったので◎!カモノハシが見られなかったのだけちょっと残念。

1) 少し郊外に行けば家畜や野生の有袋類がその辺でうろついているのを普通に見られる状況に、子ども大はしゃぎ。毎日何度でも隙あらば外をうろつき、動物に接近を試みていた。
e0134713_20385237.jpg宿付近でよく見かける個体たちには勝手に名前をつけて日々親交を深め、数日後には膝に乗って日向ぼっこする仲になっていた。もしかしたら自分たちが観光資源という自覚があるのかもしれない。

2) 夜や早朝に無人かつ無灯の草原に繰り出すと、物凄い星空!!
星座レクチャーで夫の株が上がりまくり。娘に尊敬されまくり。一方、カメラの設定ミスで星空タイムラプス撮影を失敗したり、闇夜の一人行動で娘を心配させたりで、私の株は下がりまくり。北の空に昇る太陽や月を見て、赤道の反対側に立っていることを実感。

3) 街中で普通に見られる生き物たちのメンツが見慣れたものと全然違うので、「これがウェーバー線の威力か!!」と実感。その辺をぶらぶら歩いて虫や鳥を見るのが凄く楽しかった。公園や駐車場やお店の前でしゃがみこんで生き物を撮影してると、それってすごい普通種だよと地元の人に教えられたりする。バット、ナット・コモン・フォー・ミー、フロム・東洋区!
e0134713_2034127.jpg


→→→ 旅程などの記録はこちらをクリック ←←←
[PR]

# by macchi73 | 2017-08-15 23:55 | 【その他】日記 | Comments(5)
2017年 08月 14日
海鳥いろいろ@ミコマスケイ(卵・雛・幼鳥・成鳥)
e0134713_1404847.jpg
グレートバリアリーフの中にある小さな砂の島、ミコマスケイ(Michaelmas cay)に行った。海鳥の特別保護地区なので、地上も空も鳥でいっぱいだ。

正確には、島というより、大きなサンゴ礁に囲まれた浅瀬に貝殻の欠片などが堆積しただけの場所らしい。海上にいきなりポカッと砂地があるだけなので他の生物は生息できず、海鳥にとっては外敵のいない楽園となっているようだ。多い時は頭数にして3万羽、40種類近くの海鳥が集まって繁殖・抱卵なども行うため、卵、雛、幼鳥、成鳥など、色んな状態の鳥の姿が見られて楽しかった。


カツオドリ: 鰹鳥

島には色んな鳥がいたが、そのなかで一番大きくて目立っていたのはカツオドリ。嘴や肢の色が青のような緑のような、綺麗な色をしている。翼開張が1.5m弱なので、空を飛んでいる姿を見ると、軽く小学生くらいはあって、迫力。

一度に卵を1−2個産むが、孵化した雛が数日で別の雛を殺すため親鳥は1羽しか育てない事が多いらしい。
e0134713_1404694.jpg


クロアジサシ: 黒鯵刺

体長は40-45cm、翼開長は75-86cmほどのアジサシ。全身黒褐色だが、目の周りと額から頭頂部にかけてが白い。白黒のアジサシが多かったので、全身が黒っぽいクロアジサシはちょっと珍しくて目立っていた。

アジサシはいろいろな種類が入り混じった集団で過ごすことが多いが、繁殖は種類ごとに固まったコロニーを作るらしい。
e0134713_1404373.jpg


セグロアジサシ: 背黒鯵刺

クロアジサシとだいたい同じくらいの大きさだが、体が白黒で体型も細長い。
時期柄なのか、島にいる鳥の中で一番数が多いように見えた。ちょうど子育ての時期らしく、卵や雛や幼鳥の姿も数多く見られた。

雛は、お腹は真っ白でそれ以外は褐色の丸っこいヒヨコみたい。よちよち丸っこいお尻を振りながら、強い風を避けるように、親鳥や転がった流木の下に穴を掘って、半分埋まるようにしていることが多いようだった。
e0134713_1404286.jpg
幼鳥は、幼鳥だけで群れていた。丸っこくて小柄で可愛い。人を警戒しないようで、人の足元をのんびりウロついたり、半分砂に埋まってゴロゴロしたりしていた。
e0134713_1404055.jpg
セグロアジサシは飛翔能力に優れた鳥で、ほとんどの時間を空中で過ごし(飛びながら眠ったりもする)、巣立ってから繁殖するようになるまでの約3年間はほぼずっと飛び続けて過ごすとのこと。エッ!どういうこと!?と思ったが、泳ぐのをやめると死ぬ魚もいるし、空中にずっといる鳥もいるということだろう。想像しにくいけど……。

砂の上を暢気に歩き回っている、よちよち、ふわふわの雛鳥や幼鳥たちの様子からは想像できないが、「おい、君ら大きくなったらずっと空中らしいぞ、大変そうだけど頑張れよ……」とか思ったりして。
e0134713_1403868.jpg
卵はうずらの卵と鶏卵の中間くらいの大きさ。手のひらに3つくらい載せられそうなサイズ。
e0134713_1403768.jpg


ギンカモメ: 銀鴎

日本で見かけるカモメより全体的に白っぽく、嘴や足が赤いカモメたち。たぶん、オーストラリアに分布するギンカモメっていう種だと思う。
e0134713_1403632.jpg
e0134713_1403450.jpg


おまけの魚たち: サメ、エイ、ウミガメ等

さすがグレートバリアリーフ。鳥だけではなく、海中の珊瑚礁には綺麗な魚もいっぱいいた(というより、みんな寧ろ魚を見に来てるのか……)。

あっ、サメだ!!
すごく小さいけど。
e0134713_1403269.jpg
あっ、エイだ!!
これもそんなに大きくないけど。
e0134713_1402943.jpg
あっ、ウミガメだ!!
写真を撮り忘れたけど。

……そんな感じでした。
(現地の本屋さんで鳥類図鑑を買ったので、旅行中、野鳥は毎晩楽しく調べてたけど、いい感じの魚類図鑑は入手できなかったせいで適当な扱い)



[PR]

# by macchi73 | 2017-08-14 23:55 | 【生物】野鳥 | Comments(5)