「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 22日
ツムギアリ……じゃなくて蛾の巣網
e0134713_21185828.jpg

散歩してたら、椿の並木に、葉っぱを糸で綴った何かの虫の巣のようなものがあった。
サイズは小5の握りこぶしくらいかな。けっこう大きくて、ずっしりしてる。

糸が密に張られていて中はよく見えないが、覗き込むとみっちり、ごしゃごしゃと何かが詰まっている。手に持っていた小枝でちょっとだけ表面を裂いて中身を見てみようとしたが、糸で編まれた表面は弾力があって、枝でグイグイ突いたくらいでは傷つけることはできなかった。

春にオビカレハの幼虫(天幕毛虫)が作った巣の残骸なのかな?とも思ったけど、その割にがっしりしてて状態が綺麗な気がする。それに、オビカレハがつくのはバラ科の枝の又部分が多いっぽいけど、これは椿の葉っぱ部分だし。違う虫の巣なのかも……?

気になって、指で裂いて中身を見ようとしたら、一緒にいた夫が、嫌そうに「やめた方がいいよ」と言う。かわいそうって意味かな?と思って、ほんのちょっと裂いて覗くだけだから大丈夫だよ、すぐ戻すし、と言い訳したが、「もう……いいよ、行こう!早く!」と、物凄く嫌そう。なんで?と聞いたが、いいから!と、取り付く島もない。

それで追っかけながら、「なんでよう」「いいから!」のやりとりが繰り返される、あー、これは子どもたちと夫がよくやってる問答だ……。妻、子供ポジションに堕ちたり。がーん。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

で、家に帰って、謎の巣のことは忘れて、蟻関係の本をいろいろと読んでた。

そしたら本に出てきたアリの話を読んで、「えっ!あれってツムギアリの巣じゃないの!?」と胸がワクつく。

が、もっと調べたら、ツムギアリの分布は主に東南アジアで、日本だと琉球諸島に仲間がいるくらいらしい。うーん、じゃあやっぱりなんかの蛾なのかなー。ううーん、開いてもっとゆっくり見てくれば良かったなあ!
e0134713_21185438.jpg


→ 結局、気になりすぎて、もう一回見に行った。それで、おそらく幼虫で越冬する蛾の巣網らしいのはわかったが、詳しいことは調べ中。マエジロマダラメイガかなあ? アリじゃなくて、ちょい残念。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

なんでそんなにムリヤリ蟻の巣にしたい気分なのか?

それは、先日読んだ『裏山の奇人』(小松貴)が面白かったので、それ関係で、好蟻性生物の調査をしてる人の本などいろいろ読んでるところだから。

『昆虫はすごい』(丸山宗利)

昆虫についてのアレコレを、網羅的に順を追って説明してくれてる感のある一冊。読み終われば、色んな切り口で、昆虫というものをざっと見渡した気分になれる。

「あー、これ知ってる!読んだ or 自分でも見たことある!」って話と、全然知らない面白い虫の話が良い感じに入り混じってて、そんなに詳しくはないけど虫に興味ある人(=私)や子どもたちが、飽きずに読める内容だった。

一つ一つの項目は短くあっさりしてるので、よく知らなくて面白そうな部分については別途もっと詳しく調べたい感じが残った。



……で、せっかくだから好蟻性生物についてもっと知りたいと思い、続けて同著者の『アリの巣をめぐる冒険』も読んでみる。

『アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に』(丸山宗利)

こっちは著者の専門の好蟻性生物にフォーカスをあてつつ、学者としての歩みも分かる本。『昆虫はすごい』は虫自体の話だったが、こちらの本は、虫と、虫をめぐる昆虫学者の話という感じ。

昆虫の研究に関わる色んな人や場所が登場するが、その中に出てくる人の名になにか見覚えがあり、よくよく思い出したら、前にこのブログで変な虫を見つけたときに種名を教えてくれた当時大学院生の方だった。びっくりした。すごい!
本の趣旨とはちょっと離れるが、遠い憧れに思っていた昆虫研究話が少し身近に感じられて、なんだか嬉しく。


[PR]

# by macchi73 | 2016-12-22 22:00 | 書籍・CD | Comments(2)
2016年 12月 21日
キマダラカメムシ(黄斑亀虫)
e0134713_133676.jpg

公園で、うちの庭では見かけないカメムシを見た。

黒い体に黄色のラインとドットが入って、ちょっとお洒落な感じ。なんだか派手な印象だなと思ったら、国内に生息するカメムシ最大種っぽい。大きい虫にはスター性を感じる。

この虫はキマダラカメムシ。東南アジア原産の帰化種で、近年急速に分布を広げているらしい。
東京都で観察されたのは2010年とのこと。

さらに画像を調べてみたら、幼虫は「琵琶かリュートみたいだね」と子供と話し、ギター虫とか適当に呼んでいたカメムシだった。あー、これだったら、けっこうその辺でちょくちょく見かけてるな。

e0134713_133393.jpg手持ちには、あまり良い写真が無かったので、ギターっぽさが伝わらないのが残念だ……。

「キマダラカメムシ 幼虫」というキーワードで画像検索をかけると、リュートやマンドリンそっくりな姿がいっぱい出てくる。



* * * * * * * * * * * * * * * * * *

リュート。
近所の街角でもたまに演奏している人を見かけるが、典雅でとても良い音色だと思う。


[PR]

# by macchi73 | 2016-12-21 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2016年 12月 18日
冬のオオキノメイガ(大黄野螟蛾)
e0134713_1831572.jpg

黄色の綺麗な蛾がいた。
これもフユシャクの仲間かなーと思って図鑑を見たけど、全然似てるヤツがいない。

おっ、こんなに派手なのに図鑑に載ってないよ!珍しいのだったらどうする?と末っ子に言ったら、「もし新種だったら命名は『キバネマダラフユシャク』がいいな」と笑う。へえ、自分の名前入れたりしなくていいんだ?と聞いたら、少し考えてから「キバネマダラピノコ」と言った。黄色の羽を生やして、水玉模様になった娘が想像された。

それから落ち着いて、フユシャクのページだけでなく蛾全体を対象にして調べたら、オオキノメイガ(大黄野螟蛾)という蛾のようだった。このように腹部末端に毛束があるのはオスで、メスはもっと腹部が太くて尻尾に毛が生えていないらしい。

しかし図鑑やインターネットの記事では、オオキノメイガの出現時期は6−9月というのが多く、長くても6−11月という記述ばかり。冬の蝶ではないようだ。

すごいサバイバルしてここまで生き残ちゃったのか?それとも特殊な場所にいたせいで羽化の時期がみんなとずれちゃったのか?それとも、成虫で越冬できたりもするのかな。

e0134713_1831294.jpg
e0134713_1831054.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2016-12-18 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)