2017年 03月 10日
いろいろ毟り日
e0134713_2332966.jpg
毎年1回、冬の1日にまとめてバラの誘引・剪定・寒肥をすることにしている。
……っていうか、寧ろ1年にその1日しかバラの世話ってしないんだけど。今年の薔薇は冬じゅう花を付けてたんで、いつ剪定・誘引したら良いかもわからない状態で冬が終わってしまった。よって、年に一度の世話もまだしてない。

茎からぶら下がって、生きてるような死んでるような花を見る。
いつもは白っぽく咲くバラも、冬季だと赤くなる不思議。これはバラだけじゃなく白菊なんかもそう。寒さの中で萎れてくると赤くなる白い花って多い。寒くなって植物が末端を徐々に切りはなそうとするとき、花にも紅葉と似た仕組みが働いたりするのだと思う。
e0134713_2332666.jpg
本格的な春が始まる前に、残っている葉と花は手で毟ってしまうことにする。
萎れているように見える花でも無理やり毟れば中心部にはバラの香りが残っているのが分かり、なんとなく無体を働いている気分になる。辛うじてくっついてるだけだった古い葉たちは、柄を引っ張れば簡単に茎から離れて、その下にはもう次の新しい芽が伸びている。

無体ついでに、庭を覆う枯れた蔓草たちもガッシとつかんで毟りとる。
しかし蔓草ってしぶとくて、枯れていてもそう簡単には引きちぎれない。むきになって全プライドと全体重(重い)をかけてぐいぐい引っ張ると、絡みつかれた木の方が先に折れちゃいそうなくらい強くしなって、頭の上にいろんなものが降ってくる。

格闘してたら、庭で遊んでた子が一人やってきて、じっと見ている。
なんだろなと思ってたら、ねえ何やってんの?と落ち着いた声で聞いてくる。えー、庭整理とか、とまだドタバタしながら答えたら、ふーんと言ってまだ立ってる。
e0134713_2332387.jpg
地面に四つん這いになって、地面の枯れ草も毟る。
力いっぱいブッシュを引っ張って地面ごとゴソッと毟ったら、えぐれた地面の穴の中に小さなカナヘビが数頭いたのでちょっと驚いた。それぞれ四方に散らばって、土の隙間にチョロチョロっと入っていく。へえ、カナヘビの冬眠ってこんな感じなのか!

子供たちが寄ってきて、一匹捕まえた。
うわーかわいー!と娘。うへー!と一人、無言の一人。それからそっと穴に戻す。
e0134713_2332137.jpg
穴を埋め戻そうとしたら、底で何か動いているものがある。
つまみ上げてみたらどれか一匹が残して逃げた尻尾だった。尻尾まで毟っちゃった。悪いことしたな。

なんで動くの?と子供たちに聞かれたので、たぶん脳みその子分みたいな神経の塊が尻尾にもあって、残ったエネルギーを振り絞ってしばらく動くように命令を出してんだよと話す。古代の巨大恐竜とかもそうだったらしいよ、頭の脳みそは小さくてそんなに複雑な命令だせないけど、その代わり体の何箇所かに分室があって、そっからそれぞれ体を制御してたらしい。昆虫とかも頭部がなくなってからも動くじゃない、あれも同じ仕組みだと思う……とか話してたら、なにそれ気色わるい、とまたクールなお答え。そう?面白いと思うけどな、と私。

背も伸び、様子も大人びてきて、大人に対してそんなに笑わない。なのに外で子供らしく遊び、なにか唐突な感じで話しかけてはくる。基本的にセリフは単語か短文。社交的な会話はまだしない。小学高学年たち、なかなか謎めいたお年頃だ。

e0134713_2331856.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-03-10 19:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2017年 03月 08日
福寿草 2017
e0134713_141823.jpg
どうしよう、早いとこ冬の庭仕事しとかないと春になってしまう……なんてずるずる思ってたら、気付いたらすでに春になっていた。

地面には点々とオオイヌノフグリの青い花。
サイズが小さくてなかなか写真映えしないが、肉眼で見ると、地面を春らしく覆って綺麗な花だ。

先月前半に咲いた福寿草は、もうすっかり花より葉が目立つ姿になってしまっている。
この福寿草は2007年に植えてからもう10年目。うちの庭の冬を破る一番花なのでだいたい1年の最初の花の記事になるんだけど、今年は慌しく過ごしてるうちにタイミングを逃しちゃったな。
e0134713_141742.jpg
でも毎年だいたい、この福寿草とクロッカスを見かけると庭仕事のやる気が出てくるのだった。今年もその効果は覿面。年度末と始めは仕事もバタバタするけど、楽しいことを考えて、てきぱきやろう。
e0134713_1485395.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

全部の窓開けて、レコードがんがんかけて、箒振りながら掃除&ダンス。

今日のアルバムはSupergrass

コーラスとかサビとか変拍子とか、ここぞという時はいつも、夫や末っ子と目が合って、合えば即一緒にコーラスしたり踊ったり。おおー、心通じてるね、とニヤッとする。

しかし大学生たちはサッと目を伏せ、つきあってくれない。これも心読まれてる気がする。



[PR]

# by macchi73 | 2017-03-08 23:55 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2017年 03月 07日
クリスマスローズ不調の理由
e0134713_0352442.jpg
なんとなく今年はクリスマスローズの花数が少ない気がする。実生でどんどん面積を広げ、葉っぱはもっさりと庭のぐるりに茂っているんだけど、例年に比べて花付きがよくないような。一輪一輪は元気そうなんだけど。

金木犀が巨木になりすぎて、一帯が日陰になってしまってるのがいけないのかもしれない。夏に日陰なのはクリスマスローズに適した環境なんだけど、金木犀は常緑樹だから、あまり濃く茂らせていると冬も日光を遮ってしまうのはいただけない。それで、何年かぶりに金木犀をガッツリ剪定した。金木犀を住処にしている、メジロ&シジュウカラ、ごめん。
e0134713_0352116.jpg
それとも、ずっと植えっぱなしなのがよくないのかもとも思う。クリスマスローズはあまり大株になると花を咲かせにくい性質があるので、そろそろ株分けするのが良いのかもしれない。今年の花が終わったら株分けするか。

そもそも、今年は完全放置で、古い葉を取り除いて日当たり良くしてあげてもいなかったしな。今からでも少し日当たり良くするか……。そんなことを考えながらクリスマスローズの藪のまわりをウロウロしてたら、夫と娘もやってきた。
e0134713_0352659.jpg
夫:その花、綺麗だよね。
娘:クリスマスローズだよ。友達にも評価高い、綺麗で強くて良い花だねって。

へえ!確かにクリスマスローズって病気も害虫もなくて性質剛健だけど、友達って園芸家なのか?普通、小学生が花の強さとか気にしないと思うけど。

そしたら、娘が「草相撲で強いんだよ」と言う。「こんなに綺麗な花なのに抜いていいのって友達みんな遠慮してたけど、うちのお母さんは庭のもの摘んでも全然平気だよって言ったら、クリスマスローズ、超人気!」

全て了解した。

あらぬ疑いをかけて金木犀を無駄に剪定してしまった気もするが、庭が久々に明るくなったから良し。
e0134713_0352944.jpg
e0134713_0352762.jpg
でもクリスマスローズって、ちょっと毒草でもあるんだよね。
その辺、子ども達には重々注意を促しておく(決して花が勿体ないからではなく)。

[PR]

# by macchi73 | 2017-03-07 22:25 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(4)