2017年 11月 17日
森のカモシカ
e0134713_23453397.jpg

登山中、前方にみんなが固まってて、こっちを見て口をパクパクしながら森の中を指しているのが見えた。大きな身振りで声は無く、「可及的速やかに、しかし音を立てずに見においで!」ってメッセージがありあり。そこに何か素敵なものがいるんだということが分かる。

急いでそっと近づいたら、大きな黒っぽい獣がいた。しばらく見つめ合ってわくわくする。

それから獣ふいっと去り、場の空気が急に緩んでみんなが喋り出す。「この間、TVでも瓜坊見たよ、チョー可愛いね」「ああいう野生種を飼いならして家畜にしたんだろうね」「豚の祖先かあ」……そこでワタクシふと疑問に思うが、どうしてみんなイノシシの話をしてるのか?

で、聞いてみた。

−−あのさ、今みたのって鹿的なものってことなかった?

え、鹿じゃないよね、ということで満場一致。そっか、私は目が悪いしなあ。そう言や前に鹿を見た時はもっとスリムだった。全然違うのに、なんで鹿と思い込んだろう?

そして帰り道。いやあ今日は良いもの見た、やっぱり植物より動物の方がドキドキして嬉しいね、野生のイノシシとか見た事なかったね、なんて素人連中で盛り上がって話していたところ、熟練の引率者が忽然と仰られた。

あれはイノシシじゃなくカモシカだけど。

なんと!やはりシカ的なものだったか!そうだよ、変だと思ったんだよ、ぱっと見てシカって言葉が浮かんだんだよー!と悔しがるに、ベテラン重ねて曰く、

カモシカは鹿ではないよ。むしろウシの仲間。

がーん。
e0134713_084830.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-11-17 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(1)
2017年 11月 15日
秋の山野草:釣舟草、竜胆、秋海棠、現の証拠、天南星、黄花秋桐、薬師草、野紺菊、山芹、野原薊、森薊
山歩きすると、気づけばいつも皆からずっと遅れて一人歩きになってる。別に体力が無いからじゃなくて、すぐに道端のものに興味を惹かれて立ち止まってばかりだからだと思う(多少負け惜しみ)。

目の端に動くものや色付いたものがあると、すぐそっちに目がいっちゃう。木漏れ日なんかも光と色がチラチラ揺れるから、ついついずっと眺めちゃう。ちょっと馬鹿なのか、または蛙の仲間なんじゃないかと思う。でも一緒に行ってる人たちも、どんどん一人だけ先に行っちゃう人、ずっと喋ってる人、一言も喋らない人、落語家、スピリチュアル、サイコパス、みんなバラバラなので、まあいっかと思う。そう思って一人でゆっくり見て歩く。

そういう訳で、今回もいろいろ野の花を見た。見るとだいたい名前が頭に浮かんで、いつの間にか植物の名前が自分の中に溜まったもんだなと可笑しい。よく忘れもするけれど。

* * * * * * * * * * * * * * * *

ツリフネソウ(釣舟草)。

e0134713_2251416.jpg

リンドウ(竜胆)。

e0134713_22513931.jpg

シュウカイドウ(秋海棠)。

e0134713_22513770.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠)かな。前に見たのとちょっと花弁の感じ違うけど。

e0134713_22513517.jpg

テンナンショウ(天南星)の実。見るからに猛毒。

e0134713_22513369.jpg

キバナアキギリ(黄花秋桐)。秋の山に咲く、薄黄色の和風サルビア。

e0134713_22513064.jpg

庭のオニタビラコ(鬼田平子)に似てる。
茎が分岐する感じ、葉が茎を抱く感じから、ヤクシソウ(薬師草)ではと思う。

e0134713_2251287.jpg

野菊って、株の個体差もあるし、そっくりなものが多すぎてあまり見分ける自信がないが、たぶんノコンギク(野紺菊)の白花種か。

e0134713_22512518.jpg

セリ科も花だけだとよく分からないな。たぶんヤマゼリ(山芹)。

e0134713_22512219.jpg

アザミが色んなところに咲いてた。全部同じ種類だと思ってたけど、よく見ると葉っぱの感じが違うものがある。最後の写真は森アザミ、他のは野原アザミかな。

e0134713_2251446.jpg
e0134713_22511034.jpg
e0134713_22511392.jpg

多分これだけ種類が違うモリアザミ。
森アザミは葉っぱが特徴的で、根っこは「山ゴボウ」という名前でよく漬物にされて売られている。

e0134713_22512071.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-11-15 22:00 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2017年 11月 12日
山のご馳走(栗茸クリタケ、冬苺フユイチゴ)
e0134713_00251042.jpg
友人知人10人ちょっとで、山歩きに行った。

山には美味しいものがいっぱい。

引率のキノコ名人がクリタケを見つけた。甘酸っぱくてジューシーな冬苺を摘みながら歩いた。フユイチゴ、香りも良くて、すごく美味しい!
e0134713_00250765.jpg
e0134713_00250222.jpg
12, 3才たちは子供同士でつるんで、大人とちょっと離れて歩く。山登りとかだるいわーと文句が多い。前思春期か。

木霊ポイントでみんなでヤッホー。私は狼の遠吠えをしたら、向こうから娘が別の鳴き声で返して来た。あれこれって?と思って別の声をもう一回。然すれば別の鳴き声が返る。ずっと昔、4、5歳の時に決めた遠吠え暗号だ。我らにしか通じないメッセージ。思わず顔がニヤっとして、まあ、好きなだけ思春期風を吹かせば良い。

山頂で、熱々のキノコ汁つくってソーセージ焼いてコーヒー入れて、みんなで持ち寄ったご馳走をいっぱいに広げてランチする。食事と陽光で体が暖まる。風の感触もちょうど良い。お日様が良く当たる斜面に寝そべって、少し食後の昼寝もする。
e0134713_00245875.jpg
下山になり、私はしんがりを務めたら、子ども達はふんわり積もった落葉に埋もれてみたり高いところによじ登ってみたり。今日楽しかったねーまた遊ぼうねと言い交わしている。

じゃあ連れてきてくれたり世話してくれた大人たちにも楽しかったありがとって言って来なよと言ったら、えーそれはヤだーと、やはり思春期風、生意気。なのにみんなにほんのり可愛がられて、まあ幸せな子供たちだよなと思う。
e0134713_00245225.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


『子どもといっしょに遊べる山−東京発日帰り36コース』(二木久夫)

JRだけで行ける東京近郊の山いろいろ。

やたら「トカゲ」を推奨していて「トカゲ?なんだろ?」と思ったが、どうも日の当たる斜面や岩の上で体を伸ばして日光浴することを、登山用語で「トカゲ」って呼ぶらしい。

トカゲ気持ち良いね。


[PR]

# by macchi73 | 2017-11-12 23:55 | 【自然】きのこ、菌類 | Comments(2)