<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 30日
青ばら、白菊
e0134713_22582355.jpg

秋の青バラが本格的に咲き出して綺麗だ。朝、家を出る時に眺めるのが楽しい。
青バラはレモン菓子のような強い芳香があるんだけど、その隣に本物のレモンが実っているので、なんだかおかしな感じがする。
e0134713_2331036.jpg
e0134713_2332167.jpg

−−なんて毎朝、花と香りにうっとりしていたら、いきなりの雪。

せっかくの秋バラが根本から倒れて雪の下敷きになってしまった。ショック。11月の積雪ってありか。なんと54年ぶりか。
e0134713_2341665.jpg

がっくりして項垂れて門を出たら、門柱の周りに白菊が咲いているのに気づいた。白い雪の中に白い菊が流れる雲のような形に咲いていて、眼球が冷んやりする。冷たく湿った冬の朝の感覚。

途端に日本画のような白菊の一場面が思い浮かんで、あれ、こういうの詠んだ和歌があったな……と思ったが、伊勢物語の白玉の歌ばかりが頭の中でぐるぐる回って、白菊の歌が思い出せない。最近、記憶力が壊れ始めてるのを感じる。加齢現象、つらい。

で、職場に着いてしばらくして、花のことなんて忘れてコーヒー飲んでたら、いきなり思い出してスッキリする。置き惑わせる。

e0134713_2284918.jpg別日の白菊。

雪の日は、写真を撮るのも思いつかずに見とれていたが。

心あてに 折らばや折らむ 初霜の
おきまどはせる 白菊の花


古今集だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

むかし男、面白すぎ。白玉の女は鬼に喰われて消えてしまう。

ばらばらの短編が連なって一人の男の姿を浮かばせる構成も面白く、古代の人たちも娯楽小説読んで楽しんでたんだろうなーと想像できて、昔と今って、装置は変わっても地続きなんだよなあ……と感慨深い。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-30 23:55 | 面白かった本など | Comments(0)
2016年 11月 21日
女郎蜘蛛の産卵
e0134713_22143673.jpg

窓の外にいつも見えていた大きな女郎蜘蛛が、ある日急にいなくなってしまった。

と思ったら、一週間ほどして、またいきなり以前のように巣の真ん中に陣取っているのを発見。一体どこに出かけてたんだ……と不思議に思ったが、女郎蜘蛛は壁面や木の幹に産卵する習性があるので、どこか良い場所を探して産卵して、産後の余生を過ごすために古巣に戻って来たのかもしれない。

そんなことを思いながら、ここ数日、何となく蜘蛛の卵がありそうな場所など気にして見ていたら、別のジョロウグモが卵嚢の上で死んでいるのを見つけた。あー、君は生きて戻れなかった組か……と思う。いつも窓の外にいる馴染みの蜘蛛と比べるとだいぶ小柄な個体なので、体力が持たなかったのかもしれない。母蜘蛛は卵を守って死ぬという説があるらしいが、多分こんな場面を見た人がそう考えたんだろうな。

しかし実際には、卵の傍で息絶える母グモもいれば、生き延びて立ち去る母グモもいる。

インターネットで検索したところ、「ジョロウグモの産卵行動に及ぼす気温の影響」(西野真由子)というレポート(←とっても面白い!!!)が色々なところで引用されており、その観察結果は下のグラフのようになっていた。行方不明の中には死亡の個体も多そうだけど、思っていたより網に戻る母蜘蛛が多いんだなという印象。とは言え女郎蜘蛛は短命な蜘蛛で、冬にはほぼ皆死んでしまう訳だけど。でも、本能に従う虫だって、やること終わったら余生過ごそうとするんだなと思うと、生き物みんな同じだなと思う。
e0134713_23521940.jpg

死んだ小さな母蜘蛛が卵を産みつけたのは、ふかふかの分厚い苔の絨毯に覆われた大きな木の幹の窪みで、いかにも居心地良さそうな場所だった。前出のレポートによれば、蜘蛛が産卵までの日数が長かったのは大半が場所決めに日数がかかったためで、移動距離も予想以上に長かったというから、この蜘蛛も良さそうな場所を探して歩いたんだろうな。

きっとここから来春は、新しい子蜘蛛たちがたくさん巣立って行き、強運な数匹が、また次に世代を繋ぐんだと思う。

e0134713_22142866.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-21 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 11月 18日
晩秋の庭(放置の結果)
e0134713_148731.jpg

ずっと自分の家の庭は放置でいたので、久々に庭を巡回してみて、反省を心に刻むための晩秋の庭のメモ。

剪定もせずに放置していた紫陽花が、面白い色になってあちこちでドライフラワー化している。

同じく放置していてひょろひょろと伸び放題のバラの枝には、秋の花が咲き始めている。

金魚とメダカが、いつの間にか大きくなって、まるまる太ってる。亀はそろそろ冬眠準備かな。

金柑や柿やニラなど色んな作物に果実や種ができているが、放置に任せて地面へ零れるままになってたり。

いつもこの時期いきなり花盛りになって存在を思い出させるパイナップルセージは、今年も元気で名前通りパイナップルみたいな良い匂いを放っている。すっかり存在を忘れていたが、クリスマスのご馳走のためにドライにでもしておくか……。
e0134713_14844.jpg

植物一つ一つをみれば、それなりに細々と一年の活動を行っているんだけど、全体的にはどうみても荒れたボサボサの庭。ちゃんと人住んでるのかよ!?廃墟かよ!?という感じ。やばい。来月は段々と時間ができそうだから、今年中には一度綺麗にしたいとこ。ホント、ずっと放置でごめんよ……と樹木の幹を撫でてみると、少し温かくて、いいよ、と言われている気もする。娘なら、木は生きてるからって言いそうだが、樹木が金属や石の壁に比べて暖かい気がするのは、単に熱伝導率が低いから。

全休日が何かで埋まっているカレンダーを見るとかなりうんざり&ぞっともするが、仕事や家族や地域のことでスケジュールが埋まるっていうのが、つまり、子育てして働く40代ってことなんだよなあ、と思ったり。それとも、違う在り方も、やろうと思えばできるのか?

秋の夜長は綺麗な庭の写真の載った本とか読んで、庭整備の計画たてよう。
e0134713_148276.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-18 07:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(3)
2016年 11月 17日
栗の渋皮煮、渋皮染め、クリシギゾウムシ
e0134713_052722.jpg

残業で疲れた夜に同僚と、友達のやってる料理屋さんに行ったら、コレ庭にまくと良いよと炭火焼の灰を袋に入れてもらってウキウキで帰る。植物灰は、家庭菜園の土壌改良材になるんだよな。

その後日。
灰汁を使って栗の渋皮煮というものが作れることを知る。灰の上澄み液に、鬼皮を剥いた栗を浸してアク抜きするという方法。せっかく灰がいっぱいある今、やるしかない!と思って、作ってみた。
レシピはインターネット上に色々あったが、主にこちらを参考にした。
 →栗の渋皮煮:ほっこり日記

渋皮煮って初めて食べたけど、栗の味がすごくして、見た目も秋らしくて美味しいものだなあ!
夜、夫が入れてくれたお茶と一緒にパクパク食べる。食べながら得意になって夫にレシピを話したら、ピタッと夫の手が止まった。

そして、「今すぐ友達に連絡して料理に灰を使って大丈夫か確認して」と不安そうな顔で言う。えー、炭火焼の灰だよ、大丈夫だよ、と言ったら、庭用にって貰ったんだろ!タバコとか入ってないって言い切れるのか?macchiは適当すぎる!あっ、微かに口内に違和感がある気がしないでもない……と、声まで震わす(さらさらでタバコなんて入ってなかったよ、ソレきっと渋成分だよ、食べすぎ)。確認するまで残りの栗は食べるな令が出て、栗が封じられてしまった。で、その場で友達に連絡したら大丈夫だよと言われて一安心。改めて、残りの栗も食べて良い令が発布される。

結局、渋皮煮は子ども達にも大好評で、30個以上作って瓶にも漬け込んだのが3日で全部なくなってしまった。またそのうち、栗(と灰)が手に入ったときはやってみようっと。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ついでの草木染め:栗の渋皮染(赤)

栗を渋皮ごとしばらく灰汁につけ、鍋で茹でると深紅の煮汁が出てくる。

あんまり綺麗な赤色だったんで、煮汁で白布巾を草木染めしてみたら、予想通り綺麗に染まった。アクの強い植物の煮汁って、良い染料になるんだよなあ。栗の渋皮染め、いい感じ!

色味の感じや、灰汁(アルカリ性)で赤が濃くなり酢(酸性)で色が薄くなる振る舞いを見ると、たぶん、枇杷の葉で綺麗な赤の草木染めができるのと同じ原理だと思う。どちらも色素はタンニンなのかな?
e0134713_052569.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ついでの虫観察:クリシギゾウムシ(栗鴫象虫)

たくさんの栗をまずはそのまま水につけてみて、沈んだ実だけ渋皮煮には使う。

浮いた実は虫食いの可能性が高いが、実が縮んで鬼皮との間に空気が入ってしまっているだけというケースも多い。なので、渋皮も剥いて中を割ってみて、空気が入っているだけだったら甘露煮にすれば良いかなと思う。

小さい穴があいてる栗の場合は、クリシギゾウムシが実を食べて、すでに脱出してしまっている可能性が高い。試しに見てみたら、やはり、中には卵のようにみえる糞がつまっていて、幼虫自体はもういなかった。ちょい残念。
e0134713_052321.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-17 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2016年 11月 15日
夜散歩@野沢温泉村
e0134713_036738.jpg

夜、子供おすすめの村の宿はすぐに取れそうになかったので、近所の野沢温泉村に泊まった。素泊まりになったけど、村には食べるところは色々あるので、全然OK。温泉街だけに、イタリアンのお店なんかも浴衣のまま入れて、なんだかちょっと面白かった。

野沢温泉村には6カ所の源泉があり、それぞれお湯の特徴が違うっぽい。それで、それらの源泉を楽しめる「外湯」と呼ばれる小さな銭湯チックな建物が村に十数カ所も点在していて、早朝から夜遅くまで、何度でも自由にお風呂を楽しめるようになっていた。外湯、扉をあけるとすぐにお風呂と荷物置き場という超シンプルな作りだったりして、不思議な感じで楽しい。

外は寒いが、村中に温泉が流れているので、道端の格子蓋の上に立つだけでも、ほんのり温泉の温かさを感じたりできる。散策で冷え切ったらその辺の外湯に入ると、また体がポカポカする。高温の湯が多くて、熱風呂好きの私はとっても満足!
e0134713_036525.jpg

それと、なんといっても、夜には真っ暗なのが良かった。

村の観光スポット的なところにスタンプ台が色々と設置してあって、地図をたよりに何個か集めると景品がもらえたりするんだけど、夜に回ったら、本当に真っ暗な道が多く、携帯を懐中電灯代わりにジリジリ進んだりする。鼻をつままれてもわからないような真っ暗闇もあり、娘が、え、本当にここ前に進むの?真っ暗の中に入っちゃうの?こわいよお母さん、とぴったりくっ付いてくるのが面白かった。それで一番真っ暗な高台に着いたら夫が立っていて、足下には温泉街のポツポツした暗い灯、空には一面の物凄い星屑!!しばらく夫のガイドでプラネタリウムを楽しむ。いつも思うが、星見物は夫を尊敬する稀な機会だ(ひどい)。とても楽しかった。

翌朝は、冷たい小雨。
しとしと静かで冬っぽくていい気分。温泉街を散策する。温泉だけでなく、足湯や温泉卵作り場(?)、飲泉スポット、お土産屋さん、食事処、居心地良いカフェなど、色々あって面白かった。水が豊かな村らしく、寺社やら道やらどこ歩いても、水路が目につく。
e0134713_036249.jpg

そして帰り道。
途中でぐんぐん快晴になってきて、景色の彩度がどんどん上がって行く。で、彩り綺麗な千曲川や妙義山を見物しながら帰った。とっても楽しいとこだった。今度は冬にスキーしに来ても楽しいだろうな。
e0134713_0355998.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ドライブ中のBGM、ものすごく久々に聴いたRay Wonderが楽しくて良かった。
アルバムだと、ファーストの "Hurray"が一番好き。




[PR]

by macchi73 | 2016-11-15 07:00 | 【その他】日記 | Comments(2)
2016年 11月 14日
ランダムウォーカー
e0134713_2032316.jpg

子供と森をふらふら歩き。
子供の歩き方ってリズミカルで、かつ予測がつかない。いきなりしゃがんで木の実を拾う。小径の脇の熊笹の藪に飛び込んで葉をむしる。枯葉を蹴ってヒラヒラ降らせる。そしていろんなものを拾ってポッケに入れる。

おーい、ポッケの中、洗濯の時に大変なことになるから気をつけなよ、と声をかけたら、ちがう、使うもの集めてるんだと言う。いやあ、使わないだろ、いっつもポッケの中のガラクタ大変だよ……という小言を飲み込んで口笛吹いたら、赤い実を乗せた笹舟をつくって、湖に放った。

e0134713_2032158.jpg

湖は流れが無いので、川に流した時のように舟も軽快には走らない。風まかせで行きつ戻りつしながら、こちらもランダムなゆっくりした動きで、それでもじわじわ岸を離れて行く。

舟に合わせて岸をゆっくり歩いてたら、魚が足音に驚いてサッと岸から離れて行くのに気づいた。うわ、魚いるじゃん!と目を凝らすと、あちらこちらに魚影が見える。そうして湖全体を注意深く眺めてみれば、ニジマスかな、けっこう大きな魚が水面に波紋を作るのも見える。と同時に、カゲロウたちの繁殖ダンスも目につき、『岸辺のヤーベ』で魚たちが飛び跳ねてカゲロウたちを捕食するシーンが急に生き生きと思い出されてきた。

そしたら、そういえばこの間、釣堀に行った時にカゲロウを模したルアーも売ってたなー、きっとこういう時に使ったら釣れるんだろうなあ……なんてことも思い出し、うわあ、こんな時こそポッケに自作ルアーを入れてくるべきだった!絶好のチャンスだったのに!!と残念に思う。今度はもっとゆっくり、ルアーもって遊びに来よう。
e0134713_20315533.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

口笛BGM。
ランダムウォーク→乱歩→月と手袋、ってな連想で。


『月とテブクロ』

筋少だと、『SISTER STRAWBERRY』に収録の『夜歩く』も良いと思う。あ、これは乱歩じゃなく横溝正史か。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-14 07:00 | 【その他】日記 | Comments(2)
2016年 11月 13日
アカミヤドリギ(赤実宿木)
e0134713_1381778.jpg

落ち葉や樹皮を見ながらブナの木探しをして、「やった、ブナの木あったー!」と見上げたら、枝に丸い鳥の巣みたいなものがいっぱい。ヤドリギだ。

それで見回してみると、いくらなんでも、宿り過ぎじゃない?ってくらい、宿られまくっている木もあった。ヤドリギという語感からは悪い寄生植物の趣も感じられ、こんなに宿られてしまっては、宿主のブナの木が枯れちゃうんでは?と心配になる。大丈夫なのか?

e0134713_135357.jpg

で、wikipediaでちょっと調べてみたら、大部分のヤドリギは「半寄生」で、常緑の葉を持ち自身で光合成を行うが、地面からの養分は宿主に依存するという生態をとっており、樹木の生長の邪魔になることはあるが、それほど酷い影響になるものは少ないようだ。

鳥の巣みたいに見えるが、実際、ヤドリギに巣を作る鳥は多く、また、ヤドリギの芽や実を好んで食べる動物も多いようで、森の生物多様性の要を担うという記事もけっこう見られた。

e0134713_135627.jpg

それで、鳥の巣ないかなーとジロジロ観察してたら、橙色の実をつけているヤドリギがある。

西洋のヤドリギの果実は白だが、日本で見られる普通のヤドリギの実は薄い黄色のものが多いらしく、このように赤っぽい実をつけるのは、アカミヤドリギと呼ばれて、ちょっと珍しいみたいだ。



[PR]

by macchi73 | 2016-11-13 07:00 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2016年 11月 12日
ブナの葉、ブナの実
e0134713_1305682.jpg

この夏、学校でブナについて学んだという娘に引率されて森を歩き、ブナレクチャーを受ける。

−−雑木林ですね。先生、この中からブナの木ってどうやって見つけるんでしょう?

ピノコ先生:まずは落ち葉に注目してみて。こういう風に、葉脈のところで縁が丸く波打ってるのがブナの葉っぱだよ。ブナの葉が落ちてるところを探せば、そこにブナの木がある。

e0134713_1305366.jpg

−−なるほど、ブナ発見!特徴ある可愛い葉っぱですね。他にブナの木の特徴ってありますか?

ピノコ先生:ブナは水が多いところに生える、水が好きな木だよ。幹に聴診器をあてて聞くと、木の中を流れる水の音が聞こえるんだって。聞いてみよう。

e0134713_1305182.jpg−−はい……確かに幹に耳をつけてみると、音が聞こえますね。でもこれは自分の体内の音の気が……。

ピノコ先生:うーん、聴診器じゃないとダメかあ。残念。

−−でもさ、樹木は人間みたいに大きく呼吸したり鼓動がある訳じゃなし、水を吸い上げるのは浸透圧を使った仕組みだし、聴診器で聞こえるのは水の音じゃなくて、木の枝や葉の振動なんじゃないかなあ。

ピノコ先生(?):でも水の音って、本にもそう書いてた……

−−そっか。それは人間の血管から連想した、ポエム系の話の気がするけどなー。

ピノコ(先生):……

振り向いたら、唇を突き出して、無言の娘がそこに。じっと地面を見ている。そして、

「これってブナの実かな?」

見ると、ブナの木の下に大量の木の実の殻が落ちてた。
ブナの木の実ってアクがなく、人間がそのまま食べても美味しくて、森の動物たちの大好物だと言う。ザクザク探してみたが、殻ばかりで果実は残ってなかった。きっと動物たちが食べたんだね、リスだったら良いよなー、なんて樹上をキョロキョロ探しながら歩いた。

e0134713_1304843.jpg

少し先を歩いている夫が、こっちに動物のフンがあるよー、と呼ぶ。

行ってみたら、小さなコロコロした糞があった。サイズからして小動物っぽいけど、何だろう。未消化の木の実がいっぱいのとこを見ると、美味しくっていっぱい食べすぎたのかもね、とか話す。

e0134713_1304522.jpg

−−今日はブナについていっぱい知れて、勉強になりました。とっても楽しかったです。

いーや、お母さんはロマンがない、ブナに謝れ!(なんで?)と、ちょっと娘をプリプリさせるのも、悪かったような、楽しかったような。



[PR]

by macchi73 | 2016-11-12 07:00 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(4)
2016年 11月 08日
陽炎みたいなカゲロウの群飛
e0134713_191922100.jpg
湖の周辺で、たくさんの羽虫がキラキラと光りながら不思議な上下運動をしているのを何度か見かけた。カゲロウの群飛だ。

羽ばたきながら上昇した後、羽ばたきを止めて下降するという動きを繰り返すので、なにか波形を描く群舞のように見える。これはスウォーミングと呼ばれる繁殖期のオスの動きで、この群の中にメスが飛び込んで来ると、オスはそのメスを伴侶として捉えて、スーッと群から離れていく。

e0134713_19545278.jpg

カゲロウの幼虫は水中で育つが、羽化して成虫になったとたん、このように空中で繁殖ダンスをした後に水辺で産卵し、その短い成虫期間を終える。

成虫期間は本当に繁殖のためだけの一瞬なので、カゲロウの成虫は摂食機能も持たない。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-08 20:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2016年 11月 05日
マインドフルネス散策@上ノ平高原
e0134713_058263.jpg

長引く風邪でグズグズしていたら、夫が、ならマインドフルネスが良いよ、マインドフルネスで免疫力アップしなよ、マインドフルネス〜、え〜マインドフルネス〜と聞きなれない単語を連呼してくる。なんとなくバナナの叩き売り的な趣。なにそのマインドフルネスって?と聞くと、ふふん、いま最新の流行だよ、あとmacchiのイントネーションはおかしい、「マインド・フルネス」じゃなくて「マインドフル・ネス」だから、と笑われる。

聞くと、どうも頭を空っぽにして呼吸などに集中し、今その瞬間に対して五感をフルに働かせる瞑想法みたいなものらしい。ふーん、そんなの流行る前から私だって普通にやってた、自然散策とかの時に気分がシーンとして音や匂いがクリアになってくるアレでしょ?アレいいよね、マインドフルだよね。あーあ、自然散策したいなー。久々にマインドフりたいなー。(←知ったかぶり)

−−とか言ってたら、子供が「お母さん好きそうな場所知ってるよ、今度一緒に行こうよ」と、自然教室で行ったという飯山のブナの森の話を色々と教えてくれた。む、確かに面白そう。でも風邪っぴきだからなー。だけど今週末逃すとまたしばらく自由な週末無いしなー。行こうかなー、今回は止めとくかなー、迷う。

で、その辺の天気をSiriに聞いたら「−3℃、晴れでしょう」とか言う。マイナス3度!北国育ちの血が騒ぐ。東京の(というか、我家の)この隙間風のスースー肌寒い貧相な寒さでなく、キュッと冷たい空気を浴びたいかも。その方が調子も上がるかも!風邪もスパッと治るかも!……と、鼻をズルズルさせながら、なにか変に閃いてしまう(微熱のせいかも)。

で、マスクしてセーター着て、分厚い靴下はいて出かけた。
e0134713_23342787.jpg

ドライブしながらスマートフォンで検索して、上ノ平高原というところを目的地にしてみる。
着いた山にはもう雪もあったが、秋晴れのせいか厚着して日光浴をすればまだ暖かく、顔に冷たい風があたるのを感じるのはむしろ気持ち良い。明るい黄色の紅葉が多くてなんだか気分も晴れ晴れする。看板によれば、あと1, 2日で冬季閉鎖する山道らしく、そのせいか他の人の姿はどこにもなく、非常に静かだった。

一応、適当な場所で、みんなで並んでマインドフルネスもした。
やり方、よくわからないけど、瞑想っぽい形で。(形から入る人たち)
e0134713_23342474.jpg

それで十分マインドフルネス(嘘)を堪能して山から麓に降りると、透明な金色だった日の光が段々とオレンジレッドの西日になってきた。

辺り一面が赤く染まって、隣に立ってる夫の横顔もオレンジ色。

自分もすっぽり赤い光に包まれて、体の中まで赤くポカポカ暖かくなっていく気がする。
e0134713_2334226.jpg
e0134713_23341935.jpg
e0134713_23341734.jpg

ちょうど夕日が山際に沈みそう。
左側、白く光って大きく蛇行するのが、千曲川。
e0134713_23341519.jpg

夕日が山に隠れる瞬間を見物する。
光りながらてんでばらばらに四方に進んで行く飛行機雲が点在して、水面を泳ぐメダカみたいに見えた。
e0134713_233413100.jpg

そして、夜は温泉で一泊。
電気が消えた真っ暗な貸切露天風呂に浮かんで空を見たら、星屑まで見えて、またマインドフル状態。何かが開いて色々と発散して、風邪もぐんぐん治って行くのを感じる気がした。

それで良い気分で帰宅したら、体調はまあまあ落ち着いてるが、声が変。
正直、家で寝てても風邪の治り的には同じくらいだったかもしれないが、でもプラシーボも薬効のうち。マインドフルネス、ありだなと思った。

(そもそも、どこがどうマインドフルネスかはよくわからないけど。全然違うかも)
[PR]

by macchi73 | 2016-11-05 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)