「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2015年 04月 30日
猫みたいな芋虫(ヒメジャノメ)
e0134713_20571644.jpg

近ごろ庭のあちこちで白いフワフワの花をつけているイネ科の雑草がよく目につく。けっこう綺麗。
最初、遠目で見たときにはスズメノテッポウかな?と思ったんだけど、近くでみたら違うみたいなので、後で図鑑でよく調べよう……と思って写真だけ撮っておいた。

で、夜になって特徴を探すために写真を隅々まで見たら……あれ、マメみたいな果実がついてる? どうみてもイネ科なのに変だな。

で、拡大してみた。
e0134713_20573533.jpg

えっ、これは小さい猫?……じゃなくて、ヒメジャノメの幼虫か!

うわー、これは本物を見たら娘が喜ぶだろうなあ!と思って、ダメモトで懐中電灯を持って庭に飛び出して、写真のあたりを探してみた。そしたらまだいた!!葉っぱの裏にビローンと細長くなってへばりついて眠っている。それで家の中につれてきた。
e0134713_205802.jpg

そしたら、予想通り、「うわー、猫みたい!このムシ知ってる〜、とりぱんで見た〜」と喜ぶ娘。なんだ、知ってたのか。

それから手の上に乗せたり、頬擦りのつもりなのか、ホッペにくっつけたりして、「カワイー!」の連発……。うわあ。連れてきたくせになんだけど、ちょっと顔が引きつってしまう。スキンシップしすぎ。お母さんは、虫の観察は好きだけど、触るのは怖いんだよなー。

だけど、娘と戯れる(?)芋虫を見ているうちに、不思議にだんだんと可愛く見えてきた。
なんだか、「ニャオ〜ン」とか擬音をつけたくなるような身のこなし。
e0134713_20581696.jpg

あれ、本当に猫みたいで、意外とかわいいかも……。
なんて、微笑ましくなって近くで見ていたら、摘んできた草の穂が手に触っただけで、思わず「ヒエッ!」と飛び上がってしまう。

やっぱり、娘のように虫とは親しくなれない母であった。見るのは楽しいんだけどなあ。

(そして、当初の目的であるイネ科の雑草が何なのかを調べるのはすっかり忘れてた)



[PR]

by macchi73 | 2015-04-30 21:03 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2015年 04月 29日
お手軽おうちでネットメロン「ころたん」
e0134713_1216173.jpg

ころたんの育て方:
⚫︎本葉5枚で親づるを摘芯する。
⚫︎摘芯後10日くらいしたら、元気な子づるを3本だけ残して他の子づるは取り除く。
⚫︎子づるの8枚までの葉のつけねから出た孫づるは全て取り除く。あとは伸ばしっぱなしでOK!
⚫︎伸びた孫づるは、路地なら這わせても、支柱に巻きつけて上に伸ばすなのでも良い。
⚫︎確実に実を収穫するためには、人工授粉を行うこと!受粉後1ヶ月半くらいで収穫。
⚫︎果実が卵大になったら追肥する。
⚫︎詳しくは「ころたん」公式サイトで:http://www.sakataseed.co.jp/special/korotan/


暖かい祝日。世間ではGWが始まったりしている。
気温も充分に上がってきた感じなので、朝早くから衣替えをして家中のタンスの中身をペラペラの夏物に入れ替えた。それから続いて、夏のための家庭菜園の準備に入る。せっせと動いていると半袖でも汗をかいたりして、なんかもう、気分はすっかり夏だ!

今年の菜園の目玉はメロン。
品種は「ころたん」と言って、宣伝文句を信じるならば、簡単に栽培できる家庭菜園向きのメロンだという。サイズは片手にすっぽり入るくらいの小粒なミニメロンで、一株に10個くらい作ることができるらしい。これまでメロン・スイカ系は全て失敗しているが、今年こそは!と期待しつつ……。

「露地栽培・行灯仕立て」「露地栽培・地面を這わせる」「プランタ栽培で垂れさせる」の3パターンを試してみることにする。
e0134713_12162366.jpg

一応、目安としては、次のようになるかなーと予想。世話、忘れないようにしよう。

⚫︎4月29日:苗の植え付け。まだ朝夕に低温がくるかもしれないから、温室ドームは被せておこう。
⚫︎5月 6日:親づる摘芯
⚫︎5月半ば:子づるの整枝(プランタでは2本、路地では3本に)
⚫︎5月中に必要そうなら追肥(葉の色が薄くなったりしたら)
⚫︎6月上旬:孫づる整理。行灯仕立ての誘引。
⚫︎6月:花が咲いたら人工授粉。受粉は朝イチに行うのが良いらしい。
⚫︎7月:果実が卵大に膨らんだら追肥。拳大になったらお絵描きしてみる。
⚫︎8月:収穫。室内で1週間くらい追熟すると美味しいらしい。


ちなみに、菜園の準備をしていたら、少し離れた場所にブロッコリーが生えているのを発見。去年のブロッコリーの零れ種か、収穫し忘れたのが今頃大きくなったのか……。ありがたく収穫して、ランチに食べたら甘くて美味しい!!
e0134713_1218060.jpg

今年もいろいろな収穫の楽しみがありますよう。
[PR]

by macchi73 | 2015-04-29 12:24 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2015年 04月 28日
桐の花
e0134713_23121280.jpg

川沿いの藪の中に、見た事がない花が咲いてる。
っていうか、身近な野の花によくある目に馴染んだ唇形花(シンケイカ)なんだけど、サイズが馬鹿デカイ!

これによく似た雰囲気の花って、うちの庭にもいっぱいあるが、トキワハゼサギゴケマツバウンランヒメオドリコソウなど、どれもとっても小さい草花が多い。

それで変な感じがして近くでよくみたら、草ではなくて木だった。
なんかちょっと驚いた。

e0134713_23121525.jpg

それで家に戻ってから調べたら、どうもこれは桐の花のようだ。
桐はゴマノハグサ科に属する樹木だが、ゴマノハグサ科の殆どは草であり、高木となるのはキリだけらしい。道理で、庭でよく見かける雑草たちとサイズは違えども花の印象が似ている訳だ。

それで思い出したのは、やはり庭でみかけるオジギソウとネムノキの相似形。
あれも、オジギソウは草でネムノキは樹木だけど、どっちもマメ科ネムノキ亜科に属するんだよな。
見た目そっくりなのに一方は小さい草で、一方は大きな木になるのって、なんだか面白い気がする。
(それともよくあることなのかな?)
[PR]

by macchi73 | 2015-04-28 19:59 | 雑草、野草 | Comments(2)
2015年 04月 27日
てんとう虫、マツバウンラン
e0134713_2123983.jpg

娘と散歩中、一面が薄い青紫の花に覆われている場所を発見した。マツバウンランだ!

北米原産の帰化植物で、日本では1941年に京都で初めて発見された。
その後も南〜西日本の方でしか見られなかったのが、だんだんと関東の方でも見られるようになり、ここ最近は東京でもいろんな場所でよく見かける。まだ東北方面には進出していないようだ。
日当たりの良い芝生や野原のようなところに群生するので、「うわー、お花畑!」って感じの風景を作っていることも多い。

細い葉が松葉に、花が海蘭に似ていることが名前の由来。
でも、しなやかに直立する茎に咲いた小さい花が一斉に風に揺れる様子は海原みたいで、そういう意味でも似合った名前に思える。かなり好き。

で、綺麗だなーといい気分で眺めていたが、娘が全然やってこない。
それで土手を降りたら、コンクリの階段のところにしゃがみこんで何か見ているのを発見。

オーイ、綺麗な花があるから一緒に見ようよ、と声をかけても全然聞いておらず、「ねえ、これ見てごらん」とか言う。母と子、どっちも自分が見つけたものを相手に見せたい。
んー、では、チビファーストで、子供からどうぞ。

−−黄色いテントウムシ見つけたと思ったんだけど、これ多分脱皮したところだよ。右と左に抜け殻が二つあるでしょ、それでその間に、小さい黄色のテントウムシと大きい赤いテントウムシがいるでしょ。たぶん、抜け殻から出てすぐが黄色で、だんだん赤くなるんだね……

娘の解説を聞きながら、一緒にしゃがんでテントウムシをしばらく見てた。ははー、なるほどねえ。黒い斑点もだんだん濃くなるっぽいね。フィルムの現像みたいだね。

で、その後、私の方もマツバウンランについての薀蓄を披露して、二人して満足して散歩続行。
e0134713_21282443.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-04-27 22:04 | 雑草、野草 | Comments(4)
2015年 04月 26日
夏のガーゼのスカート
e0134713_19145530.jpg

朝から暑い。
これじゃあもう初夏だなー衣替えしないとなーと夫と話していたら、じゃあ夏のスカート作ってそれ着てお散歩行かない?と末っ子に誘われた。

それで、直線でガーッと縫ってゴムを通すだけのスカートを一緒に作る。布の裁断もハサミなんか使わず、ビーッと手で引き裂くだけという適当っぷり。3, 40分くらいで完成したが、裾だけ別布をはぎ合わせたら結構可愛い感じにできた。娘ご満悦。

早速庭に出て行って、くるくる回ったりする。
それから庭の花を髪に挿して戻ってきて、「金曜日に観たラプンツェルみたいな髪にしたいなー。短いと無理かなー」と言う。聞くと、ラプンツェルは髪にお花を編み込んでいたらしい。うーん、短くても多分できるよと答えたら、いそいそと庭で花を摘んで来て「これつけて」と差し出してきた。

それで髪を飾ったら、めちゃくちゃ嬉しそう。
末っ子ってあんまり女の子っぽくないなーと思っていたので、なんだか意外な感じで面白かった。娘の知らない一面を発見。
e0134713_19131848.jpg

よーし、可愛子ちゃんだ、じゃあ散歩に行くかー!と言ったら、ちょっと待ったー!と二階に駆け上り、長女に買ってもらったという真珠のブレスレットと可愛いバッグを身につけて走って来た。あれー、可愛い。長女はこんな感じでファンシーな女の子だったので、この感覚は久しぶりだなーと、なんとなくホクホクする。

が、散歩に出たら、虫は捕まえるわ、高いところを見かけるとよじ登るわ、地面に転がるわ、公園では裸足で駆け回るわで、いつも通りの末っ子なのであった。やっぱり次はパンツ作ろう……。
e0134713_19131684.jpg
それもまた良し。か?

[PR]

by macchi73 | 2015-04-26 19:21 | 出来事・その他 | Comments(0)
2015年 04月 25日
ガマガエルの寝床
e0134713_17515915.jpg

休日の朝、パジャマのままで娘とベッドで一緒にゴロゴロしてたら、「そうだ、いいもの見せてあげよっか?」と思いついたように言う。で、ついていったら、納屋の裏の資材置き場をそっと開けて、「ここがガマガエルとヤモリの家」と教えてくれた。

見たら、ふかふかの土に半分埋まるようにして眠っているガマガエル。
そっかー、いつも春になるとどっかからガマガエルがノソノソやってくると思ってたけど、こんなところにいたんだな。

それから更に少し板をめくると、今度はヤモリの卵の殻と、それと数匹のヤモリが壁面にいた。
サッと逃げ出そうとしたヤモリたちの一匹を捕まえて、可愛いよね〜とパジャマの上を這い回らせた後で、「たぶん家族だから戻しておくね」とリリースする娘。

微笑ましい……とか思いつつ、娘のパジャマ、何がついているか分からないから、もっとこまめに洗おう……とか思ったり。
庭の移動も当然のように裸足だし。
e0134713_1752189.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-04-25 10:00 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)
2015年 04月 23日
新学期
e0134713_1185853.jpg
新学期も始まって一段落して、子供たちみんなの身辺がメキメキと変わり始めている。

で、それに合わせて、家を大々的に模様替えした。

長女がもう大きな勉強机は要らないというので貰い受け、図書室だった部屋に私の作業スペースを作る。これまでギュウギュウに詰め込んでいた本(←ほとんど私のせい)を片付けてみれば、窓の外いっぱいに白薔薇が広がるなかなか良い場所なのだった。なんだか体が軽くなったような気がする。

ナイスタイミングで、クラブ用の道具袋を作ってくれと末っ子に頼まれる。「OK!ホイ来た!!」とばかりに、さっそく新しい作業スペースにミシンを広げる。ふふ。実は故障していたミシンも新調しちゃったんだよね。今度のミシンは、なんとコンピュータミシンなんだ。末っ子が「しぜんかがくクラブに入ったから、こういう模様にしてね」とくれた下描きを、ミシンで刺繍してみることにする。家庭内IT革命だ。刮目せよ!!

が、やってみたら制御がとても難しい……なんだか額に汗が滲んで来た。
結局、手でサクサク刺繍するよりもずっと時間がかかり、しかも「あれ?いつもの方が上手いね!?」という末っ子のコメントにガックリの結果となった。まあ、お母さんもコンピュータミシン新入生だからこれから上達するんだ、子供たちみんなと一緒だよ……とか話す。
e0134713_11915.jpg

出来上がった少し不恰好な袋をみて、それでもニヤッとして「クラブ楽しみだなー」と、期待に満ち満ちている末っ子。

長男は大学のクラブ活動や、塾や母校での講師バイトも始めて、スーツなんか着て忙しそうにしている。格好から入るタイプなせいもあって異様に得意気なので、つい「凄腕ビジネスマンかよ」とか茶化してしまう。
かと思えば、いつもダラダラしていてあまり読書家でもなかったはずの長女が「これ面白いから読んでみて」と数学の本を私に勧めてくるのには驚くし、数学ソフトの質問などしてきて、授業がけっこう面白いとか言っている。

そういえば、上の子たち、良い子ちゃんだがぐうたら甘ちゃんだよな……とずっと思っていたが、卒業式ではどちらも表彰されてたり、先生方から私の知らなかった活動など色々と教えられ、正直、びっくり&見直したんだった。後で子供たちに、そんなことをしていたとは驚いたと伝えたら、もー、相談したり話したりしてたじゃん!と言われたが、実は「ふふ、子供って一々大げさで可愛いものだねえ……」とか過小評価して聞いていたのだった。もう私の把握してるチビっ子たちじゃなかったんだな。家不在が長くて、私の認識が子供の成長に追いついていなかった面がありそうだ。

最近は、子供達の知識や見識の方が、いろんな面で自分より上回っていることにしばしば気づく。
負けず嫌いなのでそのたびにグッと詰まって、キーッ!悔しい!と歯噛みしたりもするが、でもやっぱり本当は心の底は少し嬉しい。

e0134713_17181522.jpg
それぞれの子供部屋に机を入れた頃は、みんなこんなに小さかったのになあ……。

子供が育つのは早い。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

娘おすすめの本。

『数学ガール』(結城 浩)

息子と末っ子はわりと主張が強くて、これまでも「これ面白いから読んでよ」とグイグイお勧めしてくることが多かったが、長女から積極的に勧められることってちょっと珍しい。

それだけに、絶対ちゃんと読もうと思っているのに、娘がどんどん読んでは返却して続編を借りてくるのでまだちゃんと読めてない……。よって感想も書けず。でも、たぶんかなり期待して良いはず。

参考文献に『ゲーデル、エッシャー、バッハ』が入っていたそうで、本棚から取り出して読んでいた。むむ、前にお勧めした時には読まなかったのに……。やはりしかるべきタイミングで、自分で興味を持つことが大事なんだな。


[PR]

by macchi73 | 2015-04-23 23:55 | 書籍・CD | Comments(0)
2015年 04月 19日
誕生日(本人不在……)
e0134713_1594888.jpg

金曜日が夫の誕生日なのを、週に入ったくらいで気づく。
ちょうど私は仕事で都心の超ピカピカスポットに行ってる日だったので、みんなで遊びに来て誕生日ディナーはどうかな?と誘ったら、あー誕生日はもう知り合いと南の島の予定入ってるんだ、旅行をおごってくれるんだよと夫に嬉しそうに言われた。むむ。

そう言えば、これまでずっと毎年誕生日はリクエスト通りの結構ちゃんとしたお祝いをしてきたのに、去年は半ば意図して止めたんだよな……そして今年は失念……そうか、こうやって段々とアニバーサリー的なことが消えて行くのか……と感じる。イベントの準備ってたまに面倒にも思うけど、なくなればなくなったで寂しいものだ。「えー誕生日にお父さんいないの〜!じゃあ前の日にお祝いしないと!」と、プレゼント作りを慌ててスピードアップした末っ子など見て、ちょっと決まり悪く思ったりもして。

で、たまに夫から送られてくる素敵なリゾート写真を眺めつつ、庭仕事したり家を片付けたりする週末となった。

庭では雑草たちが見るからに勢い盛んになってきている。
ここで抜いとかないと夏に大変なんだよな、面倒だけど雑草抜きするかなーと呟いたら、茂みの虫やカナヘビを見て遊んでいた末っ子が「草いっぱい生えてる方がいいよー、庭仕事じゃなく一緒に遊ぼう!」とか言う。そっか、じゃあ止めとくかなんて、すぐに楽な方・やらなくて良い方に流れる私。これもまた、あとで後悔するかもなー。
e0134713_20822.jpg

植えっぱなしのチューリップが、今年もあちこちで咲いていて嬉しい。
チューリップの球根は1回咲いたら抜いて毎年新しい球根に変えるのがオススメとはよく読むけど、花後も葉っぱを日に当てて栄養を作れるようにしておけば、意外と何年ももつものだ。でも植えっぱなしだと、原種チューリップ以外はやっぱり年々小柄にはなっちゃうな。ちなみに、植えた場所が日当たりが良ければ良いほど、何年も元気に咲くことが明らかに多い。
e0134713_202822.jpg

そんな数日。
何故か夫不在の時に限って、ものすごく久しぶりの友人知人たちがいきなり遊びに来たり連絡があったりが続いて、ちょっと嬉しい驚き。夫もいればよかったのになあと残念に思う。
そして、経験豊富な先達たちと話して分かったのは……忙しくていっぱいいっぱいな時ほど、ゆめゆめアニバーサリーを無下に扱うべからず。がーん。



[PR]

by macchi73 | 2015-04-19 23:55 | 出来事・その他 | Comments(3)
2015年 04月 14日
石楠花(シャクナゲ)
e0134713_1751315.jpg

久々に夕方早い時間に帰宅した。
ちょっと霧みたいな雨で、ロードレーサーを飛ばすと細かい雨粒で顔が湿る。視界全体が薄青い。

むかし小さい頃に両親と海に行ったら生憎の天気で、テントから雨の海を見てたのを思い出す。あの時も視界が薄青くって面白い感じがしたんだった。テントのビニール地が青かったからかもしれない。

いきなり記憶の海を見に行きたくなって、でも無理なので川に行くことにした。末っ子と二人して膝までの長靴を履いていく。長靴で気が大きくなって、途中で見かける水という水の中をざぶざぶ行く。

途中、怪しい行商人(失礼、若い娘さんだった)に呼び止められてカステラ菓子を買った。
雨がだんだんと勢いを増してきたところで、東屋を見つけて雨宿り。ぼたぼた落ちる大きな雨の滴を見ながら、子供と二人でカステラを食べた。
これで波の音が聞こえれば完璧なんだけどなあ。連休は海に行きたいなあ。

外は青を通り越して、もう暗い藍色になっている。
藍色の中に、ショッキングピンクの石楠花の花が浮かび上がっていて綺麗。今までシャクナゲって変な形であんまり好きじゃないと思っていたけど、似合う景色はあるもんだ。

カステラ美味しいね、雨って綺麗だよね、今度の担任の先生はおじいさんっぽいんだよねと、モグモグ食べながら喋る末っ子。
さてはこの子も、いまの景色を大人になってからいきなり思い出したりすることってあるのか……?とか思って、顔をじっと眺めたり。
e0134713_17521930.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

久しぶりにテレビの画面を見たら、なんかCMにまでホロッとしたりしてやばい。
オフィスでの独り踊り歩き、そこに疲れても楽しく働き続けるヒントがある!!とか変な啓示を受けて真似したりすんのは、ちょっと疲れで狂ってるのかもしれない。


なんか聞き覚えあるとおもったら、元歌は日本の曲らしい。声はCMで歌ってるヒュー・ジャックマンの方が良いな。 → 『キセキ(Greeeen)』
[PR]

by macchi73 | 2015-04-14 23:55 | 出来事・その他 | Comments(0)
2015年 04月 12日
メスアカケバエ(雌赤毛蠅)
e0134713_13125125.jpg

庭の芝生のふちに変わった虫が何匹もいるよー!と、末っ子が教えに来た。

黒い翅・赤い背中・オレンジ色の腹部のこの虫は、メスアカケバエ。
メスが赤い体を持ち、オスは黒い体を持つケバエの仲間だ。

e0134713_13133567.png
複眼が小さくて小顔。

ぱっと見はハエっぽくない外見だと思う。


交尾が数日間と長いのが特徴で、英語ではLove BugとかHoney Moon Flyとか呼ばれるという。
(→ あおもり昆虫記:メスアカケバエ

幼虫は朽葉などを、成虫は花の蜜を主食にする。
花の蕾を食べちゃうこともあるので、害虫扱いされたりもするようだ。

e0134713_1314462.jpg
e0134713_13141035.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-04-12 13:29 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)