<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 31日
バードウォッチカム自作(2)動体検知で自動撮影
e0134713_126434.jpg

今日は末っ子の作品が出展されている展覧会を家族全員で見に行った。
実は先月も書道展の招待状をもらっていたのにうっかり出勤してしまい、「せっかく選ばれたのに……見て欲しかったよ……」としょんぼり言われ、平謝りしたばかりなんだった。

展覧会はなかなかポップで面白く、上の子たちも一緒に楽しんだ。
帰り道、長女の好きな雑貨屋と、夫が前から目をつけていたというレストランに寄る。タルタルステーキなるものを生まれて初めて食す。美味。
満腹で眠い食後、末っ子がポケットからチラリとU字磁石とビニール袋を見せて「今日はこれに付き合ってもらいたい」と言う。そのチラリズムに屈して、善福寺公園まで砂鉄集めに行く。

冬の公園は、ピリッと寒くて澄み切った冬の空気が気持ち良かった。
公園の砂場で砂鉄を集めながら、顔を上げたら色の薄い月がくっきり見えてた。
池に水鳥がいろいろと集まっているのを家族と並んで眺めつつ、今晩はゆっくり庭の動体検知カメラの画像をチェックをしよう……とか一人考えて、顔がにやり。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本日は家族サービス(←悪い言葉)で時間がなかったので、動体検知できるところまででOKとする。できれば撮影した画像をPCに自動送信する仕組みまでやりたかったんだけどなー。それはまたそのうち。

そして、本日の成果はこちの動画。(動画って初めて作った……)
狙ってたツグミ、GETだぜ!



強風のせいで木や影の揺れが大きく、無駄な画像も多く撮れてたけど、なかなかの成功と言えるでしょう。ひとまず満足。

【動体検知カメラの作り方】

使っていないiPhoneに、「Cambush」というアプリをインストールして、野鳥の餌場に固定しておく。

→ Cambush(100円)
http://samulife.com/iPhone/cambush-motion-movie-app
動きを検出したときに自動的に動画を録画するアプリ。画像はiPhone内に保存される。

あまり感度を上げ過ぎると、風が吹いただけで撮影してしまったりするので注意。

オススメの設定値は次の通り:
⚫︎Resolution: 640*480(画像サイズ)
⚫︎Sensitivity: 7% (動体検知感度)
⚫︎Idle Time: 30s (検知してから、何秒間連続撮影するか)
⚫︎Power Save: ON (省エネのため、作動中のモニタを切っておく)
⚫︎Auto Focus: ON (場合によってはOFFにして固定焦点でもOK)
⚫︎その他は全てOFFにし、Wifiは切っておく(消費電力節約のため)


【カメラ設置について】

⚫︎iPhoneは水に弱いので、雨飛沫等がかかりそうな場所では防水ケースが必要。
⚫︎鳥をいい感じに撮影するには、自在アームのついた固定用クリップが便利。
⚫︎電池の持ちが悪い古いスマフォの場合は、バッテリー付ケースがあると電池切れを防げる。

私は雨のかかりにくそうな軒下・縁の下にセットすることにして、防水ケースは使わず、固定アームだけ利用した。バッテリーケースはとても便利そうだが、ちょっと高いので自作で対応(ガーデンライト用の屋外電源からコードを這わせて電源をとり、DIYで簡易的に雨除け作成)。2万5千円ちょっとのBirdWatchCamを我慢して、アプリと固定アームで1500円程度で自作できたから、まあまあのコストパフォーマンスかな。

MOTION MotionTech 防水フィルム iPhone4対応

iPhone4用の防水フィルム(500円)。各自のスマフォに対応したものが必要。

500円〜3000円くらいの価格帯だが、基本的に雨天時の撮影はやめておくのなら、水中撮影したい訳ではないので安価なもので十分そうに思う。


BESTEK クリップ式 フレキシブルアーム ホルダー

スマフォを好きな場所に固定できるクリップ(1380円)。BESTEKのこれは大抵の機種に共通で使える作りだし、BirdWatchCamの用途以外にも色々使えそうで、買っても損はない感じ。

今回使ってみたが、カメラ角度や位置を自由自在に変えられて便利だった。


iPhone4S/4専用バッテリーケース i616

iPhone4用バッテリー付きケース(2390円)。各自のスマフォ機種に対応したものを選ぶ必要がある。もしも本物のBirdWatchCamと同等に、単体で常設する野鳥監視カメラにしたいなら、是非欲しいところ。

iPhone5以降になると、防水+電池付きのibattz aquaというものがあって、機能的には理想っぽい。ちょい高いけどね。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


e0134713_1495763.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-31 23:55 | 【生物】野鳥 | Comments(7)
2015年 01月 30日
降雪観察カメラ(のはずじゃなかったのに!)
e0134713_0222727.jpg

珍しく、早朝にパチッと目が覚めた。
それですぐにベッドから飛び出して、動体検知の野鳥観察カメラをセットしようと庭に出たら……

雪じゃん!

ううーん。何世代か前のiphoneをバードウォッチカムに利用するにあたって一番ネックになるのは、貧弱なバッテリーの持ちなんだよなあ……。なので、電源確保できるような場所を前夜にセットしておいたんだけど。
特に防水でもなく突貫すぎる電源セットだし、あんまり激しい風雨で初日からショートさせちゃうのも嫌なので、今日は電源を引くのは止めておいた。

で、とりあえず動体検知ってどんな感じなのかだけでも見るために、雨のあたらない縁の下にカメラ単体(電源なし)を固定して、カメラをテスト作動させて出勤する。

昼。窓の外はすごい雪。
そして私は、とても苦手な法務関係のツッコミで緊張&ヨレヨレ……のはずなのに。
あれ? なんだろう、心の片隅がなにか楽しく暖かい……家の縁の下で、今この瞬間もカメラが何か素敵なものを撮影していると思えば。

そして夜。
「テスト作動とは言っても、意外といきなりツグミとか映っちゃってたりしてね。ウヒヒ」と、ポジティブ妄想で浮かれた足取りで家に帰り、そそくさとカメラをチェックしたら、おおー、動体検知してる、してる!
が、ひっきりなしに検知されているのは……風でゆれる枝葉と、激しく降る雪の粒だった。
そして電池切れ。あはは。

e0134713_0215822.gif

動体検知っていうのは、つまり撮影された画像の差分を比較して、何パーセント以上違っていたら「動きアリ!!」と判定して作動する仕組みなんだけど。
降雪に反応しちゃうってことは、もっと大きな差分があった時にしか反応しないように設定しないとダメってことだろうな。まあ、それが分かっただけでも良し。

あとは週末のお楽しみ。

e0134713_0222924.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-30 23:55 | 【その他】日記 | Comments(0)
2015年 01月 29日
バードフィーダー自作
e0134713_2058377.jpg

夜に子供とバードフィーダーを作った。
材料はペットボトルと割箸と紐だけ。簡単だ。
ペットボトルでのバードフィーダーの作り方:
 → 手作りのバードフィーダー(餌置)で野鳥を呼ぶ

こうしておけば餌が雨に濡れないので、美味しさ長持ち。また、ある程度小さな鳥しか餌を食べられない仕組みなので、餌場争いに負けがちな小鳥も観察しやすくなりそうに思う。

さっそく懐中電灯を持って夜の金木犀によじ登り、高いところにセットした。さらに、それとは別に観察カメラ設置の前準備もしておく。

夫に見つかると、なにやってんのー、自動撮影にする必要ないでしょ、やめなよもう……なんてしかめっ面されるので、ついコソコソしてしまう。意味なくても、とりあえず出来るかどうかちょっと試してみたいっていうこと、あるんだよね。そう呆れないで温かい目で見てくれると嬉しい。

子供と二人で庭隅の暗闇でガサガサやって、頭よせてクスクス笑う。
「夜ってスーッとして涼しいね」「いや寒いでしょ」「楽しいね」「そっちライト当てて」とか、意味ないことする楽しさよ。
狙うはツグミ。うまく撮影できますように。

e0134713_2120786.jpg
「えっ、ワタシ!?」

そうそう、まだ遠くから数度だけしか見たことがないその姿、ばっちし拝ませてもらいたいぜ!


[PR]

by macchi73 | 2015-01-29 22:30 | 【生物】野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 28日
バードウォッチカム自作(1)リモートカメラ設置テスト
e0134713_23501488.jpg

BrinnoのBirdWatchCam(自動野鳥撮影カメラ)が面白そうなので、自作を試す。

最初、安価な動体検知用の電気パーツを使って手持ちのデジカメを何とかBirdWatchCamにできないか……と考えたけど、防犯ガーデンライトくらいならできても、デジカメ操作となると手ごわそう。なので、昔使っていた古いスマートフォンをデジカメ替わりに利用してみることにした。これならアプリや自作プログラムの利用も可能なので、色々と複雑なことも試せそうだ。

まずは手始めに、画質の確認も兼ねて、シンプルな遠隔カメラとして設定してみる。
バードバスの隣に使わなくなったスマートフォンを設置して、リビングにあるモニタに無線で画像を送る仕組み。

まだ自動撮影の機能はつけていないので、「リビングのモニタに鳥が映ったら画面のボタン押してくれよー、頼むよう、お願いだよう」と夫にお願いしまくって、私は仕事に行ってきます!これでいい感じの写真が撮れるようだったら、次は動体検知で自動撮影できる仕組みにするつもり。

【遠隔カメラの作り方】

新旧両方のiphoneに「カメラペア」というアプリをインストールして、一緒に起動してペア設定するだけ。すごく簡単。所要時間5分。

カメラペア(無料)
http://ubikappproject.tumblr.com/post/76698284985/camerapair

⚫︎リモートカメラとして利用したい方(今回は古いiPhone)を「Camera」として選択。
⚫︎モニタとして利用したい方を「Remote」として選択(今回は大きいモニタのiPadタブレットを使ったが、現役のスマフォを利用してもOK)。
⚫︎リモートカメラからモニタに画像が送られるようになる。動作としては、遠隔監視カメラのイメージ。
⚫︎写真をとりたいタイミングでモニタの撮影ボタンをクリックすると、モニタ側に画像ファイルが保存される。

そして夜、ウキウキして帰宅。そして画像を確認。

おー、けっこういい感じ。

古いスマフォなので画質はそれほど良くないが、人間が撮影するよりずっと近い距離で撮影できるのが面白い。休日に、部屋でぬくぬく野鳥観察したいだけなら、この仕組みでも充分っぽい。
(カメラ側に使うスマートフォンのカメラ機能がもっと良ければ、さらに綺麗な撮影ができると思う)

明日からは、いよいよ動体検知して自動撮影する仕組みを作ってみようっと。
e0134713_23504295.jpg

心なしかカメラ目線が多いメジロ氏。
カメラを気にしているのか?
e0134713_2354852.jpg

e0134713_23545573.jpg
e0134713_23545940.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-28 00:03 | 【生物】野鳥 | Comments(4)
2015年 01月 25日
冬の野鳥たち
e0134713_23301737.jpg

今日は庭の枯葉の片付けをした。
落ち葉の下って庭の害虫の越冬場所になったり、園芸植物の芽出しの邪魔になったりすると読んだので。
ただし馴染みの虫や爬虫類たちがいそうな場所は、そのままちょっとフンワリさせておく。
枯葉って良い匂いだし綺麗だよなーと気に入っていたが、掃き清めてみたら、まあ、やはりこれはこれでスッキリして良いものだ。
掃き掃除に加えて、地面とコンポスターの往復で腰が痛いが、片付いた庭を見るのは気持ち良い!
e0134713_23304168.jpg

枯葉を除けてみたら、アジュガやユキノシタがランナーを伸ばして一面に殖えているのがわかった。クリスマスローズや色んな球根の小さな芽出しもたくさん……なんだか今年は暖かいよな。

枯葉の下の地面は真っ黒で柔らかく、枯れた草花から落ちた無数の細かい金色の種や実が一面に散らばっていて、まるで星空のようだった(春にはそのコスモから雑草の森が誕生する予感に……戦慄!)。レーキを動かすと、葉っぱと一緒に柔らかい地表も一緒に剥ぎ取られて、寒さで動きの遅いミミズや幼虫が掘り返されたりする。

それら地表に露わにされた獲物に惹かれたのか、掃除中は色んな野鳥がやってきて楽しかった。
挨拶代わりに、庭木の枝にみかんを数粒刺しておく。
庭はこれから野鳥の季節だ。
e0134713_2331780.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

もっと近くで野鳥見たいなーと思って検索したら、モーション検知で自動撮影してくれるバードウォッチカムというもので撮影された野鳥動画がネット上に幾つかあった。何だこれは! むむむ。欲しい……。



BirdWatchCam(バードウォッチカム)

「130万画素のCMOSカメラにモーションセンサーを搭載しており、センサーが反応すると20枚の連続撮影を自動で行います。これまで撮影が困難であった、警戒心の強い野鳥の撮影が可能になります」ってホントか!もし日中撮影しておいて、帰宅して夜に見られたら、すっごい楽しいよなあ……なんて夢膨らんでしまう。

でも、自分用のオモチャとしてはちょっと高価かなあ。
これから双子たちが大学生という未知の生活を迎えるにあたっては、少し我慢というものの練習をしておかねばなるまいな、とか思う。

来週あたり、自作できないか試してみよう……。


[PR]

by macchi73 | 2015-01-25 23:33 | 【生物】野鳥 | Comments(2)
2015年 01月 19日
冬の庭仕事
e0134713_20382045.jpg

本日は休み。朝からテキパキと色んなことを片付けるぞー!と思っていたのに。

子供たちを学校に送り出してから、午前中丸々、夫とごろごろ無為に過ごしてしまう。
君いつもこんなにぐうたらしてんのか……と妬ましそうに問えば、いやいやmacchiが休みの時だけだよ、一緒にのんびり休もうよとの答え。私はのんびりしてるからどうぞ普段通り過ごしてみて欲しいと言うが、「まあまあ、まあまあ」と言って将棋なんかする。主夫の午前は何の時間だ。私は知りたい。

昼、高校にセンター試験報告を終えた上の子たちが帰って来たのでランチ。
結果は同点なのに、ちょっと聞いてよーと熱く延々と語る者一名、今時点ではまだ何も言えないと黙して語らぬ者一名。はは。双子なのに全然違う。

昼食後、私は庭仕事。
クリスマスにプレゼントされたガーデングローブをはめて、庭木とバラの剪定・誘引をした。
おおお!棘が全然気にならない!作業しやすい!これは良いプレゼント。ちょい感動。
梅の枝には太った花芽がみっしり並んでて、今年の開花が楽しみだ。菜園いっぱいに芽吹いた二十日大根を間引きしながら庭木の上の偽物の鳥の巣(末っ子のオブジェ)を見たりしてたら、本物の小鳥が寄ってきた。
e0134713_2040326.jpg
庭仕事の周りをウロチョロするのは、オレンジ色の可愛い小鳥、ジョウビタキだ。
毎年この時期、庭いじりしてると寄ってくるんだよなー。
人間が掘り返した地面をつついて、土中の虫などを食べるのが目的らしい。
e0134713_20401825.jpg

そうやって庭に熱中していたら、あ、オカーサン!という楽しそうな声と共に、学校帰りの末っ子が飛びついて来た。私もつられて少々デレつく。が、そのまますぐに「今日は縄跳びと木登りの約束があるんだー!」とランドセルを置いて飛び出して行ってしまう。あらま、親離れだな……とか思う。

その後、園芸好きなご近所さんたちが通りかかって、ガーデンデッキでお茶&お喋りしていたら、なぜか庭ヨガ&ダンス披露会など始まり、あっと言う間に夕方になった。

夕暮れ時、自販機でジュースを買ってきて、一人になって庭で体を伸ばす。

だんだん暗くなっていく庭を見まわしていると、あそこもここも、やりたいことが次々浮かんでくる。
今週早く帰れる日があれば、庭に散在しているイチゴをベリーポットにまとめよう。ブルーベリーの土替えもしよう。庭土の天地返しは、もっと寒くなって2月に入ってからかな。ちょっと迷い中なのは、庭の落ち葉をどうするか……。落ち葉に覆われた地面、風景としてとても気に入っているんだけど、やっぱりかき集めた方が良いのかなあ。
e0134713_20404114.jpg
夜。
やや溜め込んでいた家事を片付けてスッキリし、帰ってきた子供と音楽をかけてうろ覚えカーヴィーダンスを踊りながら、今日の出来事など聞く。
5年生が登っている高い木に登れるようになったが、まだまだ飛び降りができずに「もどかしいんだ……あ、『もどかしい』って言い方、あってる?」とか娘が言う。
うん合ってると思う、とスイングしながら答えつつ、高木に登る小学生たちの図を想像したら少々心配になり、チャレンジは良いがあまり危ないことはしないで欲しいと話したら、心配性と呼ばれた。むむ、親離れか(違うか)。

休みの日って、1日にいろんなことが起こって楽しいと思う。
e0134713_20405665.jpg
(↑ 脳内のイメージ図)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

日々の運動として勧められて。



樫木先生、たのし過ぎ。

くねくね踊る私の足元で、なぜかブレイクダンスを踊る末っ子。

変な風景だ……と、高校生は引いていた。


[PR]

by macchi73 | 2015-01-19 23:45 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2015年 01月 18日
キカラスウリとカラスウリ(黄烏瓜と烏瓜)
e0134713_23233641.jpg

黄色くて丸っこいウリが駐車場のブロック塀にたくさんなっているのを見つけた。
カラスウリに似ているけど、もっと果実が大きくて丸く、色も黄色〜オレンジ色をしている。

これは多分、キカラスウリ。
カラスウリの仲間で、ウリ科カラスウリ属の瓜だ。
花は夏の夜によく見かけるので珍しい植物ではないはずだけど、果実を近くで見たのは初めてかもしれない。雌雄異株だから、花のある場所で必ずしも果実も見られる訳じゃないってことかな?

で、ちょっとワクワクして果実の中を覗いたら、なんの特徴もない種が見えた。なーんだ。
カラスウリとキカラスウリって実も花も似てるから、カラスウリと同じく、何か変てこな形の種なんじゃないかと期待したんだけどなー。拍子抜け。

e0134713_23235737.jpgスイカやゴーヤの種にも似た、いかにも普通のウリっぽい種。

果実の感じは前に庭で育てていたパッションフルーツにも似ているが、パッションフルーツはトケイソウ科だから別に近縁という訳ではないらしい。

でも、キカラスウリもパッションフルーツみたいに美味しく食べられると書かれているサイトも多かった。今度、秋頃にもっと瑞々しい状態で見つけたら、ちょっと、一口だけ、試してみようかな……。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そして別の日。
今度は、川沿いの藪に赤いカラスウリを見つけた。
キカラスウリより小さくて長細く、真っ赤な色をしている。
触ってみたら、今の時期だともう乾燥してスカスカで皮ばかりといった状態だ。

e0134713_23331732.jpg
(↑ これは以前、12月頃に見かけたまだ瑞々しいカラスウリ。
残念ながら、黄カラスウリと違って不味くて食べられないらしい)

で、「ねえ、知ってる?カラスウリの種って形が面白いんだよ。打出の小槌に似てるからって、お財布に入れてお守りにする人もいるんだって……」なんて娘に話しながら果実を開くと、中には干涸びたオレンジ色の果肉繊維につつまれた種が、コロンと一粒だけ入っていた。
e0134713_23343166.jpg

さっそく付近の喫茶店に入り、種を洗って、形を顕にしてみる。
ホラこれが打出の小槌、と娘に見せたが、「うーん、面白い形だけど、打出の小槌かなあ?小槌ってハンマーでしょ?」と、イマイチ賛同は得られず。
どっちかって言うと、神社に結ぶおみくじか、お正月の昆布巻みたいに見える……と言う。

そっかー。でもまあ、奇しくもソレぜんぶ縁起物だし。
とにかくめでたい感じの種だってことだよ、なんて結論付けて、お財布に入れてあげる。
イワシの頭も信心から。良いことあるかもよ。
e0134713_23344576.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-18 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(6)
2015年 01月 04日
オキクムシ(阿菊虫)
e0134713_2314679.jpg

年末年始に夫の実家で過ごしていたら、外壁地上2.5mほどのところに、変てこなシルエットの蛹があった。「むむ、あれはもしかして……」と、背伸びして腕を伸ばして一生懸命カメラを近づけ、なんとか写真を撮る。

おおー!やっぱりこれはお菊虫!初めてちゃんと見た!

お菊虫とは、ジャコウアゲハの蛹。
他のアゲハチョウとは似つかない凝った色と形をしており、特に背中の朱色の二つの突起が目立つ。
その変わった姿が縄で縛られ吊るされた女性のようだと江戸時代に噂になり、播州皿屋敷のお菊の怨念の表れではないかと「お菊虫」と呼ばれるようになった。

e0134713_2314937.jpg
後ろ姿と、クローズアップ写真。女性の姿に見えるかな?

ジャコウアゲハは雨のあたらない建物の軒下に蛹をつくることが多いので、食草ウマノスズクサが生えるような里山にある納屋の軒下なんかでよく見つけることができる。

夫実家でもたまに蔵の軒下でそれらしき蛹を見つけていたが、いかんせん、場所が高すぎてこれまで近くで見たことがなかったのであった。


そういえば、前回の帰省時にもこの付近で交尾するジャコウアゲハを見かけたので、これは彼らの子供かもしれない。
赤と黒の腹部を持つ毒蝶・ジャコウアゲハは成虫もちょっと毒々しい見た目だけど、その蛹もかなりグロテスクな感じだよなー。
ジャコウアゲハは食草付近にしか発生しない蝶なので、この近くにウマノスズクサ(←これもまた毒々しい形)があるのだと思われる。冬には地上部が枯れてしまうので、来年の夏はウマノスズクサを探してみよう。

ちなみに、本当ならばお菊虫は黒い縄で縛られているような姿なんだけど、今回の蛹は糸が外れて逆さ吊りになってしまっており、ただの緊縛よりさらに辛そうな姿になっている(外れてしまった糸が写真の上の方に見える)。で、ちょっと心配になって調べてみたが、アゲハは脚力が強いので逆さまでも羽化はできるようで一安心。頑張れよ。
[PR]

by macchi73 | 2015-01-04 23:13 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2015年 01月 01日
C'est mon palais idéal.
e0134713_01874.jpg

2015年元旦、我が家の高校生たちと早起きして、初日の出を見に高台に出かけた。
御来光に手を合わせ、何やらナムナム言ってる双子たち。オレンジ色のビームを浴びて横顔が輝いている。

今年は揃って大学受験だ。ほっといてたら、いつの間にか大きくなったもんだなあ。
今年が二人にとって良い年でありますよう。

戻ってから二度寝して(あ、一年の計なのに怠け者になっちゃった)、それから末っ子に初日の出の話をしたら「なにをー!」と言う。起こした時には、まだねむいよう……って、布団の奥に潜っちゃったのになあ。
末っ子にも良い年でありますよう。
e0134713_0181748.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


初日の出への道すがら、なんとなく鼻歌してた L'affaire Louis Trioの "Le Palais Idéal”
20年近く前からよく聴いてたアルバムなのに、その頃 澁澤龍彦もよく読んでたはずなのに、「あ、これってシュバルの理想宮のことか!」と何故かいきなり気づく。遅い。

シュバルが理想宮を作り始めたのが確か今の自分と同じ年くらいだったな……なんて、何となく胸がざわつく、2015年元旦。


[PR]

by macchi73 | 2015-01-01 01:01 | 【その他】日記 | Comments(0)