「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014年 12月 25日
クリスマス休暇
e0134713_1415545.jpg

クリスマスを終えて、朝早くから家族みんなで冬休みの旅に出た。
久しぶりに受験生たちも一緒の家族旅行で、嬉しいような、心配なような。
が、末っ子の顔がイマイチ冴えない。いつもだったら一番嬉しそうにはしゃいでいるはずなのに。

どうしたの?と聞いたら、ううん、と首を振る。
えー、どうしたんだよう、何なんだよう、と気になってしつこく聞いたら、モジモジと、なんか今年のクリスマスプレゼントがね……と呟く。欲しかったものだけど(オモチャの補給パーツ)、でも普通のものだった……いつもだったら本物のすごい驚きがあるのに……と言う。「なんていうか、いつもの華とか品が無かったんだ……」とか評論家のようなセリフを言う。むむ。ションボリ言ってるけど、けっこう酷い。それってきっとサンタさん傷つくぜ。

で、旅行から帰って来てクリスマスの片付けでツリーを子供達がどけたら、その陰に転がった小さな小さな包みが……。
それを開けて、飛び上がって喜ぶ末っ子。すごーい、コレだよ、コレがサンタさんなんだよー!普通の人じゃないものなんだよー(←?)と叫ぶ。

そして親であるわたくし厳しく曰く、誰かからあなたへのプレゼントに決して文句を言ってはいけません。何事も確認が雑ではいけません。箒はきちんと部屋の隅からかけなくてはいけません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

サンタのプレゼントは、小さな鉱物標本とプレパラートだった。
早速手持ちの顕微鏡であれこれ調べ始める娘。
家にあるUVランプを当てると、透明だった鉱物がピンクや水色に蛍光することも確認された。面白い。

最近、末っ子専用展示BOXには娘があちこちで拾って来た色んな石がズラリと並べられているので、そこに一緒に並ぶことになるだろう。

e0134713_1425910.jpgとても小さい試験管たち。鉱物に混じって、「妖精ノ鱗粉」など、何だか怪しい標本も幾つか見られる……。

試しにそれらも顕微鏡で見たら、キラキラといろんな色に発光して綺麗!と、娘、興奮。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

娘の影響により最近知ったが、光らせたり砕いたり、なんか鉱物にもいろんな楽しみ方があるらしい。これは楽しいかもね。



[PR]

by macchi73 | 2014-12-25 23:41 | 書籍・CD | Comments(0)
2014年 12月 24日
クリスマス前夜
e0134713_0351564.jpg
クリスマスイヴ&クリスマスは家族のなかで私だけが休日。
家族がいない家って、ちょっと珍しい。新鮮。

お昼は家の大掃除をした。
一気に全部やってやろう!と意気込んでいたのに、半分くらい終わったところでいきなりだるくなって変な場所で眠ってしまう。がーん。
が、途中で子供たちが次々帰ってきて「あれ!お母さんがいる!」と驚いて(←自分の休日を家族に言わない悪い癖)、窓拭きなどの大仕事をこなしてくれて捗った。

夜、前夜祭のちょっとしたご馳走を食べて、それから恒例のプレゼント交換。
ちょっと前からコソコソと裁縫箱を開いては「見せたいな〜。あーでもまだダメか〜。ウヒヒヒ……」とクネクネしていた末っ子からのプレゼントは、兄姉にはお手製の合格お守り、私にはいつでも何回でも使えるマッサージ・パスポート、夫にはレコード型のコースターだった。 
みんなに、すごーい!ありがとー!と言われて、嬉しそう。上の子たちのプレゼントも、それぞれ工夫とらしさに溢れていて笑っちゃう。それから遠いとこに住む人たちからのクリスマスカードなんか読んで、みんな地球の色んな場所で元気でやってんだなーと思う。

クリスマスって、楽しいもんだな。
極東の異教徒にまで、こういう機会を与えてくれる西の神様に感謝 & お誕生日おめでとうございます(って明日か)。
強大なものって大抵怖いが、宗教でも何でも、こんな楽しい面ばかりだったら良いのになあ。
e0134713_0144010.png

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

夫からはバラ手入れ用の長手袋をもらった。嬉しい。



まだちょっと固いけど、使い込むに従って柔らかく使いやすくなりそうな手触り。

いつも傷だらけになる前腕部まで覆ってくれるので頼りになりそう。これからのバラの冬剪定に活用しよう。

毎回トゲで痛い目にあうレモンやラズベリーの収穫にも役立つと見た。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-24 23:55 | 出来事・その他 | Comments(2)
2014年 12月 22日
アラゲキクラゲ(荒毛木耳)@冬の海
e0134713_2151466.jpg
e0134713_2151273.jpg
年末恒例、友達と冬の海散歩。
ぽかぽかした日差しがとても暖かい。こういう日を小春日和っていうのかな。
歩きながら、どんどん脱いで裸足になってズボンもまくって、冬の海にざぶざぶ入っていく末っ子。ちょっと浮かれすぎ。
e0134713_21515122.png

そして青空ランチの準備中、同行メンバーが海岸沿いの藪でキクラゲの宝庫を発見!
収穫して、海水でジャブジャブ洗う。
うわー、見たこともないデカいキクラゲだな〜大丈夫かな〜(?)なんて怪しんだら、日本に自生するアラゲキクラゲっていう種類だと言う。
中華食材でよく見るキクラゲより大きくて赤っぽく、茹でて食べたら、肉厚でプリップリで美味しい!

e0134713_21521231.jpg
海でキノコを洗う様子は子猿のよう。

それから当然、貝拾いもする。
貝殻が山盛りになっている波打ち際にダイブして、ここはワシの宝の山じゃ〜!ウヒヒ〜!!とゴロゴロする娘。
そうして這い回っているうちに、シャツのなかに貝殻が入って痒がっている。ますます猿っぽい。

e0134713_2153675.jpg
ちょうど良い感じのインスタントコーヒーの瓶も落ちていたので、選り抜きの貝だけ詰めて持ち帰った。

そうこうしているうちに、浮かれすぎて水際でジャブジャブやりすぎて、今度は長靴のなかに海水が入った模様。濡れないための長靴が、かえって足をふやかす水槽になる悲しさよ……。

e0134713_21533325.jpg
足がフヤフヤになって気持ち悪いよう!と、以降は裸足で過ごす。

さらに子猿っぽい。


そんなこんなで、海岸沿いの藪に絡まる蔓でリースを作ったりして、子猿を連れて1日楽しく過ごした。
冬の海って、なんだかガランと空っぽで、広々してる。
いかにもヒマな休みって感じで楽しかったなー。

私はこれからクリスマス休暇突入。
普段は家族が休みなのに私だけ仕事ということが多いけど、冬のこの時期だけは私一人が先行して冬休みなんだよね。
例年は旅行やらパーティーやら夜遊び三昧なんだけど、今年は体調も本調子でないので、ちょっと休憩の年とする。
夫と二人で、お昼は大掃除したり料理したりクリスマス準備して過ごそう。たまに静かに、お母さんらしい感じやってみよう。
[PR]

by macchi73 | 2014-12-22 22:00 | きのこ、菌類 | Comments(2)
2014年 12月 20日
けいとの帽子
e0134713_0293858.jpg

明日は休みだ〜!と張り切って、一気に末っ子の帽子完成! 気づけば4時。

帽子を傍らに放置して、そのままグウグウ眠ってしまったら、朝、とことこ階段を降りてくる足音がして、「アー!ボウシ、カァワァイーイー!カァワァイーイー!」と、変なイントネーションでリピートしながら抱きついてくる人あり。頭にチューチューされるが、眠くて目が開けない。

それからだいぶして、寝坊してリビングに行ったら、ソファーで帽子をかぶって寛いでいる人がいた。

ふ。気に入ったようで嬉しい。

e0134713_029439.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

しかしその後すぐ、今日は長女と二人で個人面談に出かけてくるねと言ったら、上機嫌が一転。「ナニヲー!フタリデオイシイモノタベタリ・タノシイコトスルキダナー!ピノモツレテイケー!」と怒って躍りかかって来る人になった。コワイ。

←参考にしたのはコレなんだけど、このあいだ編んだ手袋の残りの毛糸を使ったら、見本よりかなりくすんだ感じになってしまった。
e0134713_0403369.jpg

そして、最初の2列の編目がガタガタだ……(3列目でやっと編み方を把握したから)。

なんでも最初ってやり方が分からないから失敗するし、でもとにかく始めないと上手くならないし、難しいよなあ!なんて。失敗した2列をほどいて綺麗にやり直せば良かっただけなんだけど。その労を惜しんだせいで、例のごとく手作り感、満載だ。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-20 23:55 | 出来事・その他 | Comments(3)
2014年 12月 14日
ミドリガメの冬眠
e0134713_1343931.jpg

夜。アオを冬眠させるため、近所の遊歩道まで高校生とイチョウの葉を集めに行く。

冬眠ベッドは庭の枯葉でも良いんだけど、なんか毎春、全身に渋みたいな汚れがこびりつくんだよなー。
それでこの間読んだ『トンプソン博士の英国流ガーデニング』のことを思い出し、もしかしてあの汚れって枯葉のタンニンのせいかもな……なんて、ふと思い。今年は、タンニンやアントシアニンの含まれていないと思われる真黄色のイチョウの葉のベッドにしてみることにした。そう言えば、理由は分からないが星野 一三雄氏の記事でも、ミドリガメの冬眠にはイチョウの葉が良いとか書かれていたし。

で、みんなでビニール手袋をして、夜道でザクザク落ち葉をかき集めて袋に入れる。
帽子やコートで身を包み、ちょっと盗賊団っぽい。
うー寒い。冬の夜は寒い。こんな時期まで冬眠させてなくて、アオには悪いことしたか。

大きくなったミドリガメは寒さにもけっこう強くて今の時期でもお日様があたれば昼間はまだ活動しているが、寒い中であまり活動させておくと秋までに蓄えた栄養をじわじわと使い尽くしてしまうから、本当は10〜15度くらいで冬眠させちゃうのが良いらしい。

ちなみにあんまり寒い時にはミドリガメは勝手に土に潜って眠ってしまう。
が、地中での冬眠だと春までに干からびたり凍ったりすることもあるらしいので、念のため、うちでは毎年枯葉ベッドで冬眠させている。日差しで水が温まると途中で何回も起きてしまうので、ベッドは寒暖差が少ない納屋の隅に置く。

今年のベッドは、カロチンいっぱいの黄色いベッド。
ではではまた来春。元気でね。

e0134713_1343192.jpg
夫が昼間、すでに眠そうなアオを投入。写真は撮り忘れ。

「ちょっと!最近全然フィーチャーされてないんだけど!一年の最後くらい写真撮ってよね!」と水中で怒っていそう。ふふ。

来春はシブで汚れてない顔で冬眠明けできますよう。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

霜が降りだした庭の方でも、苗ドームをかけて冬支度。

e0134713_1343441.jpgラディッシュ畑にドームを被せて翌朝みてみたら、ドームの外の土が霜で盛り上がっているのに内側はほとんど平気だった。

これなら真冬の収穫もできそうかな。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-14 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2014年 12月 12日
霜柱、冬支度
e0134713_1185150.jpg

通勤に、手袋がないと辛くなってきた。
娘の菜園を見たら、霜柱が立ってる。

むむ。ラディッシュって、霜には耐えるんだっけな?
というか、アオの冬眠を今年はまださせてないけど大丈夫か……!?

気になって夫に確認したら、まだ昼間の日のあるうちは活動したりもしてるとのこと。
でも今週末寒波って言うしなー。急がないとまずいな。

★週末やること:
菜園の霜除、アオの冬寝床準備、家族の冬着。

e0134713_120233.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

気づけば師走も中旬。
忘年会で夫も不在、私もクリスマス休暇前の仕事ラッシュでバタバタで、ごごごめん、今日遅くなりそう!と息子に電話したら、いいよ俺がこれからカレーでも作るから、との頼もしい返答にホッとする。
で、お礼に息子リクエストのケーキを買って帰ると、家の中からいい匂い。

そしたら息子は未だ本格カレーの調理中で、娘二人はお腹すいたよーの大合唱だった。
ええっ、あれから2時間くらい経ってないか!? なんでだ!?

やや決まり悪そうに、でも一抹の得意さも滲ませ、キッチンに置かれた本を指差して「これを作るために玉ねぎを1時間ほど炒めていた」とは息子の弁。張り切り過ぎです。

インドスパイス料理(レヌ・アロラ)

美味しい凝った料理が上手なのに調理時間が異常に長いのが、あまりにも夫そっくりで笑う。似たもの父子か。

ありがとう、でも平日の料理は第一優先は時間だと嬉しいかな、小学生もいるしね、でもありがと……なんて、夫に言うよりはちょっと気を使いつつ。

でも凄く美味しかった。
本が良いのか、腕が良いのか、父が良いのか。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-12 23:55 | 書籍・CD | Comments(0)
2014年 12月 10日
冬の銀木犀
e0134713_183220.jpg

出かけようとしたら、庭の門のあたりで微かに甘い匂いを嗅ぐ。
え、幻臭?って思ってあたりをよく見たら、柊の生垣の中で一部分だけ白い花が咲いていた。

以前、ヒイラギモクセイかな?ギンモクセイかな?と記事に書いところ、コメント欄で銀木犀だと教えてもらった花だ。今回伸びてきた枝は前より鋸葉のギザギザが小さくて、なるほどこの特徴なら銀木犀で決まりかなーと思う。

でもなんでこんなに寒い時期に咲いてるんだろう?
通常の花の時期は、金木犀(9月)→銀木犀(10月)→柊木犀(11月)って感じらしい。

金木犀は嗅いだとたんに鼻の奥がくすぐったくて「金木犀だ!」ってなるが、銀木犀の香りはもう少し癖がなくてスーッと甘く、アレこの空気は何だろう?となる。
末っ子流に言うと「冷えた月の匂いがする」。
[PR]

by macchi73 | 2014-12-10 23:55 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2014年 12月 07日
子どものミトン(産む前に案じろ)
e0134713_2144336.jpg

2週間ぶりの休日!
昼頃起きて、編み物しようと思い立つ。
子供用ミトンつくってみよう。聞くところによると2時間くらいで作れるという。

かぎ針編みならクラブでやったことがあるからやり方しってるよ〜!と娘。
最初に鎖をつくって、あとはその鎖目をすくいあげながら、どんどん編み目を重ねて行けば良いだけらしい。幅を広げたい場合は一つの鎖目の上に複数の目を作る。狭めたい場合は、複数の目をすくって一つの目にまとめる。

なんと。すっごい単純じゃん。
もう何も言うな、全て了解した!

e0134713_21442974.jpg
編み物は、割箸でマフラーを編んだことと、編みぐるみキットを買って来て放置した経験しかない。

が、小学生でもできるなら中年である私にできないはずはないと思う。


それで、近所の書店で編物本をざっと立ち読みして来て、適当にザクザクと右手を作った。
もし一般的な編み方と違ったとしても、同じ動作パターンを繰り返せば、何らかの規則的な模様は出来上がるはずなんだから大丈夫、大丈夫……とタカを括っていたのに、なぜか同じ動作を繰り返せない。意図していないのに目が増えたり減ったりする。

それで反省して、動画を見た。とても解りやすい。
自分がやっていたのは全然違っていたのがわかった。
簡単なKIDSミトンの編み方

動画の通り左手を作ってみたら、さっきより柔らかくて手触りも良いみたい……!
が、完成してから並べてみたら、右手と編目のパターンが全然違うではないか!がーん。

e0134713_21442584.jpgパターンも違うし、サイズも違う……(右手の方が1cmくらい手首のとこが短い。とほほ)。

右手のがコマ編み(←ただし間違ったやり方だった)っていう編み方で、左手のが長編みっていう編み方らしい。

コマ編みだとチマチマしか進まないが、長編みだとすっごく早く進むのも嬉しい。


仕方ない、右手はもう一回作るか……と、もう一つ新しく編み始めたところ、娘が「いいよ、いいよ、もったいない!右と左がちがうのも手作りっぽいよ。もう使って良いでしょ?」と言う。なので、どうせなら左右全然違うようにしようと思い、ニードルフェルトで適当に別々の模様を描いてみた。月と雪だるま。

しかし、模様をつけたとたん、手袋の中に広がる荒涼とした雪原。なんだか寂しくなる風景だ……。これはいけない。
それで、近所の手芸屋さんに行ってみることにした。なにか飾りになるようなもの探して来よう。できたばかりの手袋装着して行こう。
e0134713_21442081.png

娘とお店を物色して、金色の糸とキラキラ光る透明なビーズを買って帰った。
金糸で冬の木を刺繍して夜空にビーズの星を散らしたら、ウサギも出てきて賑やかになった。

まだまだ下手くそだけど、次はちゃんと作れそうな気がする。
編み物たのしいなー。他にも何か作りたい。簡単そうなものないかな。
e0134713_2144121.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

手芸屋さんでは、「ダルマ手編糸」で出してるミニ冊子 ¥300 も買ってきた。
これいいかも。簡単に作れる(ような気がする)可愛いアイテムが色々載ってる。
次は帽子にトライするか。

ダルマ手編糸 編み物キット カラフルニットの帽子 B-1 こども Knit ミニBOOK付き
[PR]

by macchi73 | 2014-12-07 21:56 | 出来事・その他 | Comments(6)
2014年 12月 06日
田舎散歩
e0134713_2241154.jpg

幼稚園から小学1年まで暮らしていた場所に行ってきた。すごい遠い場所。
35年も前のことなのに、実際に行ってみると予想外に道をよく覚えていて驚く。

いやにはっきり覚えている通学路を辿って小学校まで行ってみたら、校庭の隅の日陰の感覚や、背広の校長先生に廊下で「転校しても頑張るんだよ」とか話しかけられたことなど思い出す。が、先生の顔までは思い出せない。

また、少し離れた住宅地を通る水路(どぶ?)に籠網が仕掛けられていたのをある日発見して不思議に思い、それから時々遠出して見に行っては「今日は仕掛けられてる」「今日はない」「魚が入ってる」なんて観察してたのも思い出した。結局、誰が何のためにやってるのかは分からなかったんだ。
で、見に行ってみたら、割と綺麗だったはずのその水路は今では干上がって泥っぽく臭っており、鉄格子がかけられていた。まあ、35年前の話だからな。

また別の方角に行くと大きな団地が見え、妹のサヨがコカンセツの手術するんだ……とか、ビニールの人形で遊びながら話していた友達の様子を急に思い出したりする。あまり重要でないことばかり覚えているもんだな。

そうしてどんどん行くと、ここから向こうはちょっと行けないなと感じていた境界線のような大きな十字路があり、小学生にはなんだかその辺りに透明な壁がある感じに思え、この先は多分ずっと田んぼだけが広がっている……なんて感じていた地点に再び立った。記憶の通りの景色。
e0134713_2241484.jpg

そこからぶらぶら戻ってみると、当時の古い家はアパートなどになってしまってもう跡形もなく、住んでいた人たちも随分前に亡くなってしまったが、じーっと眺めて立っていたら(←怪しい……)今はない家屋の暗くて細いクネクネした廊下の途中にいきなり出現するヒンヤリした土間や、青灰色の縞の着物を着た祖母がエプロンの下に手を入れて家庭菜園の畑に立っている様子などが、急に、立体でくっきり見えた気がした。

当時の自分が外側からどう見えたかなんてこれまで全然考えたこともなかったが、何枚かある写真からして、たぶん私の娘たちにかなり似てたんだろうとか考えたら、さっきの道をテクテク歩く小さい自分の姿まで見えた気がして笑う。

でも、出来事や風景や感触は意外なほど覚えているのに、その時自分がどういう気持ちだったかとかは覚えていないもんなんだなーというのが不思議な発見だった。
たぶん、五感ってのは本能に近くて記憶の底まで染み込みやすくても、感情っていうのはもっと表層的で揮発性のものなのかもしれない。

私がこの田舎の風景で五感が刺激されるのを感じるように、子供たちも東京の風景でそう感じることもあるのかなあ。不思議。
[PR]

by macchi73 | 2014-12-06 23:55 | 出来事・その他 | Comments(0)
2014年 12月 02日
あらゆるものが変化する
e0134713_0371792.jpg

日付が変わる頃まで仕事して土日もNO休日で2週目、しかもトラブルの報告続きで焦る。常に気重。
そんな状況なのに新設部門立ち上げ兼任になったとのお知らせを受けた時、あー来年も……と一瞬鼻の奥がツンとして焦った。ニヤッとしてごまかすが、職場で泣きたくなるとは、すごい心が弱ってる人ではないか。やばい。

私が職場で気に入っているのは環境。
散策に来る外来者も多い、ちょっと珍しいくらい綺麗なとこだと思うんだ。今の時期だと紅葉が綺麗だ。

学校が休みの日、紅葉見物をかねて末っ子が初めて一人で職場に遊びにやってきた。
公共交通機関に一人で乗るのは初めてだから緊張したよーという。
いつもお世話になってるセキュリティの方とかに、お子さんですか!と話しかけられて、紹介しつつも何か気恥ずかしい。

広場で遊び飽きたら書店やカフェとかで過ごしてて良いよと伝えてゲストカードを渡し、その日は超特急で仕事を終わらせる。来客があって約束の時間より少し遅くなってしまい、慌てて構内のめぼしい場所を走って探したら、夜の広場に橙色の灯が見えて、ガラス張りのラウンジで娘がお菓子を食べながら電子書籍に熱中しているのが見えた。ちょこんと座ったその姿に笑いがこみ上げて来て、しばらく外から眺めてる。

そう言えば、上の子たちも小学生の頃はたまに職場にやってきて一緒に食事したりしたもんだった。そもそもは双子たちが小学に上がる時、夏休み保育のことなども考えて、バカンスのあるとこに転職したんだよな……。

仕事や生活で改善したいところは山積みだけど、その時その時の解決策で色々と変えて来て、けっこう要望が叶っているところも多いのだから、まだまだ頑張ろうと思ったり。もう少ししたらまた家族の形態なども大きく変わって、そしたらまた次の新しい形があるんだろう。

新設部門も、他メンバーはやる気と理想に満ちた若々しい顔ぶれなんだから、ヨレヨレの私は後方実務に徹してサポートしようと決める。くたびれモードで汚染せずに楽しい仕事にしないとなー。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

トンプソン博士曰く、あらゆるものが変化するーーとくにガーデニングでは。

『自然から学ぶトンプソン博士の英国流ガーデニング』(ケン・トンプソン)

ガーデニングに関する話というよりは、ガーデンで起こっている自然の作用の話。いつも見ている現象の仕組みが説明されていて、「あーなるほど」って腑に落ちる。

● トンプソン博士の教えによると、紅葉ではカロチノイドとアントシアニンが重要な働きをしている。

カロチノイドはあらゆる葉に存在し、秋になって葉緑素の緑が消えると姿を現してくる美しい黄色の素。
アントシアニンは紅〜紫の紅系バリエーションの素で、葉内に糖濃度の高まる秋にだけ大量に生産される。褐色の葉にはタンニンが多い。

今の時期、そういうことを思って葉っぱの変化を見るとなんだか面白い。

そして、何気に私の長年の混乱に答えてくれた一節は次の通り。『軽井沢誘拐案内』の頃から、リトマス紙と反対だなーと、ずっと心にひっかかっていたんだよ〜!
疑い深い性格の人は、そろそろアジサイのことが気になり初めていることでしょう。誰でも知っているように、アジサイの花は土壌のpHに応じて色が変わります。ただしアジサイの花は酸性土壌では青、アルカリ土壌ではピンクになり、先に説明したpHに対する反応とは正反対です。これは、ここで働いているアントシアニンが基本的にはピンク色なのですが、アルミニウムと結合すると青い色素を形成するためです。したがって青い紫陽花にするにはアルミニウムが必要ですが、アルミニウム化合物は酸性土壌でのみ可溶性になります。

● 博士によれば、施肥なんてものは畑以外では必要ない。

よし、博士!来年は全く施肥しないぜ!!と決心した。(←楽なことを決めるのだけ早い)
ちなみに博士は、天然の緑肥としてコンフリーを推しているが、途中までコーンフラワー(矢車菊)と勘違いして「おおっ!うちの庭にもいっぱい生えてんじゃん!」とか思って読んでいた……。
植物が人工肥料なしで何百万年もの間生き延びてきたことを考えると、普通の庭に実際どれくらいの量の肥料が必要なのかという疑問はとても興味深いものです。一言で答えるなら、庭に肥料はまったく必要ないということになるでしょう。
(中略。チッソやリンの話など)
必要ならば、肥料の使用を控えたほうがよい理由をもう1つ挙げましょう。成長が非常に速いとあなたがすでに感じている植物は、今後さらに成長が速まってしまうでしょう。一方、あなたがもう少し速く成長して欲しいと思っている植物には、肥料はほとんど効かないでしょう。

● 博士によれば、芝生だって簡単。

定期的に刈り込むってところを除けば、うちの芝生の方式もまったく一緒。ふふん。
芝の種子を売る業者をはじめ、あまり認める人は少ないでしょうが、管理さえきちんとしていればどんなものでも芝生と呼んで構いません。
(中略)
理由は簡単。たび重なる刈り込みに耐えながら元気に育つことのできる植物はとても少なく、そのほとんどがどこにでもあるイネ科植物だからです。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-02 23:55 | 書籍・CD | Comments(3)