<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 24日
読み聞かせ、寝て過ごす
e0134713_024099.jpg

久しぶりに休みをとった。すっごい天気の良い金曜日。

朝一番で、「今日は読み聞かせの日だね!」と末っ子に言われる。
で、「おはようございます。今日読み聞かせをするピノコの母です」と深々とお辞儀で返す。
それから「また高校生マリオとレイクの母でもあります」「というか、チチオの妻でもあります」「更に言えば祖母ヒロコの娘とも言えます」などなど調子良く自己紹介を続けてたら、最初フフフと笑ってた末っ子が、最後はまじめな顔になって、お母さん、学校であんまりふざけないでね……と言った。

それで学校。
学校で見る子どもって家で見るのとちょっと違って面白い。末っ子はやや内弁慶の気がある。
これ私のお母さんだよー、って妙にピッタリくっついて立つ。アラブ人並みのパーソナルスペースの近さだ。 で、読み聞かせ中はというと、他の子たちは笑ったり色々反応してんのに、娘は心なしか固い笑顔で真剣な眼差しだ。手に汗握る風。

終わったら、やっとニッコリした。心配かけるお母さんでごめん。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それから家に戻って、これは庭仕事日和だなー、やろうかなーどうしようかなーとグズグズしているうちに、もうお昼過ぎ。やっと起き出して着替えた夫と一緒に遅いランチに出た。
繁華街から少しだけ外れた通りにある変わった自然食レストランと、新設の本格珈琲屋に行く。
あー、いかにも夫が好きそうな店だ、と何となくしみじみ。よく色々見つけるよなあ。

やあ、休みだと冬の空気さえ暖かく感じるよ……なんて話していたら、単に本当に気温が高いだけらしい。そして明日はもっと暖かいらしい。
なので今日は平日昼間の雰囲気を楽しむことに徹して、庭仕事は土日に延期!

e0134713_035011.jpg散策から帰宅後は、息子にしつこく勧められていた本を読んだ。で、また少し夫と昼寝。

すごい長閑だ。恐ろしい程のんびりした一日だ。
職場と時間の進み方が全く違う。学生時代と全く変わっていない。

これじゃあたぶん夫は長生きして私は早死にするかもなーと言ったら、夫が嬉しそうに笑った(気がした)。む。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最近、宮本輝にはまったらしい息子に勧められていた本をやっと読めた。

毎日「あれ読んだ?まだ?すぐ読み終わるから読んでみてよ。トカゲの話だから」って聞かれる肩の荷を下ろした……と思ったら「次はこれも面白いよ」と更に一冊手渡された。むー。宮本輝って、かなりいっぱい書いてるんじゃなかったっけ。以前、浅田次郎を勧められてた時期を思い出す。

『春の夢』(宮本輝)

息子お勧めの一冊。宮本輝の中でもコレが好きらしい。

食わず嫌いしてたが、有名な作家だけあって、読んだら面白く一気に読了。これが多分情感あふれるってヤツだな。ロマンチック&ペダンチックな息子が好むのが凄くよく分かる。

でも私にはやっぱりちょっと湿度が高い&くすぐった過ぎるかなあ……。

息子に本を薦められるたび、我と彼の好みの違いが大きいことが明らかになり、親子なのに全然違うんだなーと面白い。ちょっと寂しい気分と、息子のいかにも正統な好みに安心&感心したりもする。

あと1,2冊はオススメを読んでみよう。息子プレッシャーにより。


[PR]

by macchi73 | 2014-01-24 22:02 | 面白かった本など | Comments(0)
2014年 01月 19日
弓矢を作る
e0134713_18243215.jpg

1. 庭の剪定後、しなやかな枝が庭に転がってる。
2. 野生のおじさんから、リースでも作ればと長ーい蔓をお土産にもらった。
3. 子どもが綺麗な鳥の羽を拾って、リビングのコルクボードに刺してた。
4. 大掃除したら長い革紐が出て来た。

上記の条件が揃ったらどうなるか。
もちろん、弓矢が作られる。蔓で編んだ矢筒付き。

最初は子どもが作って遊んでたが、年長者も加わって段々本格的になったら、これがなかなかよく飛ぶ。
上手くやると、ピュッ!とまっすぐ飛んでくからね。素晴らしい。

e0134713_1824301.jpg

庭に干した布団に向けて、弓矢を射る。
すごーい。気持ち良い。夫が一番上手。まあ、山育ちだからな。
庭で練習してたら、もっと広くてがらんとしたところでやりたくなって、公園まで遠征した。
e0134713_18242823.png

カバンで持って行こうよ、と言ったのに、いいの背負って行くの!という娘。
矢筒を背負って街路を練り歩き、にやにやと得意そうだ(危険人物?)。
途中で知らないおじさんたちに挨拶されて、「ねえ、なんでピノコに挨拶したと思う?」なんてワクワクした感じで言う。
うーん、決して弓の達人ぽいからではないと思う。

e0134713_18242773.jpg
玄関に弓矢がかかる我が家。

狩人の棲家っぽい。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

武道つながりで。
弓を背負って歩く少女……ではなくて、刀をさして歩く少年の話。どっちも変人風。

『道士郎でござる(全8巻)』(西森 博之)

こないだ息子と散歩で古本屋を回ってた時、全巻セットが安かったので買ったら、なかなか良い漫画だった。これはアタリ。
上の子もウケてたが、下の子が読んでも安心。
単純だけど、修行・友情・向上心とか、やっぱりつい感動しちゃうな。王道。


[PR]

by macchi73 | 2014-01-19 18:32 | 【その他】日記 | Comments(3)
2014年 01月 17日
厚氷
e0134713_1744828.jpg

すっごい寒い。朝が辛い。ベッドから毛布を巻き付けて抜け出して、芋虫ライクな格好で台所仕事をしている。

イッテキマース!と出て行った娘が、またドアを開けて舞い戻って来た。
私の作った蚊取り線香立て(庭に放置)を手に掲げて、こちらに見せつけている。何事。

ホラ! 氷! 氷! と嬉しそうにパクパク言う。
そうして、帰るまでに溶けると嫌だから玄関に隠しておこう〜と、妙にいそいそとタイルばりのホールの隅に置くや、また風のように去って行った。子どもって元気。

e0134713_1731197.jpg
一人になってからしげしげと眺めるに、表に氷が張っているだけじゃなく、がっちり中まで凍っている。横にしてもビクともしない。

これは凄い。もう冬本番だな。

この仕事の繁忙期が終わったら、そろそろ庭土の天地返しやバラの手入れをしなくっちゃ。

[PR]

by macchi73 | 2014-01-17 17:03 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2014年 01月 11日
西洋サクラソウ(プリムラ・ポリアンサ)
e0134713_2318653.jpg

プリムラの育て方:
●花期は12〜4月。開花期はよく日に当て、花殻摘みをすれば次々と花が咲く。
●寒さには強いが、高温多湿に弱い。夏には半日陰で涼しく管理すること。
●植え付け時に元肥を施し、開花中は10日に一度、液肥を与えること。
●種まきは5月、株分けは9月。でもサクラソウの夏越しって難しい……あまり成功したことなし。


今年は大株化した色々を刈り込んだ年なので、庭の彩りが少ない。灰色だ。

休日の散歩をしても、街も灰色。街路樹が骨格標本みたいだ。
ほっぺが冷たい。が、毛糸の帽子・靴下・ミトンという完全防備のおかげで手足や耳はぬくぬくしている。
末端が暖かいのは冬の勝ち組。密かなウィナーとして街を闊歩。
財布の中で花屋さんのポイントカードがいっぱいになっているのを見つけたので、ポイント交換でポリアンサ3株とミニバラ、ウィンタークローバーを手に入れて帰宅した。

普段だったら絶対買わないタイプの色鮮やかなオモチャみたいな花だけど。
灰色の庭に並べてみたら、そこだけちょっと暖かそう。なかなか良しです。
e0134713_2318227.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに真ん中のレンガの下は、猫トイレ埋め立て地です。
レンガ後はされなくなったので安堵しつつ、でも、誰の仕業か知りたい。
我が庭を時々通り過ぎる猫は3匹。茶トラと、太った黒猫と、スマートな斑猫。どれもクールで連れない。
現場を見つけたら、シャーッ!といきなり脅かして飛び上がらせたい。ふふふ。(ごめん)

e0134713_2318417.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-01-11 23:28 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(4)
2014年 01月 07日
春の七草
e0134713_23521977.jpg今年の健康を祈り、朝食は七草粥にした。

って、本当は、年末からずっと末っ子が呪文のように七草の名を唱え続けているから、作るしかなかった。一体、彼女と七草の間に何が。

春の七草が、小学校の教科書に出て来たらしい。
で、秋にも七草があると発表したら、よく知ってるねと先生に褒められたらしい。
なんだか嬉しそうに植物図鑑を図書館から借りて来て、写真を参照しながら呪文を唱え続けている。

秋の七草!ハギ・オバナ、クズ・ナデシコ・オミナエシ。フジバカマ・アサガオ……オバナはイネ科のススキのことで、アサガオはキキョウ。ハギとクズはマメ科で似てる……」「春の七草!セリ・ナズナ、ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ、スズナ・スズシロ! ゴギョウは母子草で、スズナはカブ、スズシロは大根なんだ……」 ぶつぶつ。ぶつぶつ。

たまにコッチ見て、七草を早口言葉で全部言えたらなんか格好良くない?とか言う。そう言われれば、格好良い気もする。

子どもって、先生とかに褒められるのって大事なんだなと思った。

[PR]

by macchi73 | 2014-01-07 23:51 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2014年 01月 05日
庭のレモンとローズヒップのケーキ
e0134713_1511914.jpg

冬休み最終日で動揺している。
この日が来ることは前から分かっていたはずなのに。心の準備ができていない。
天気が悪くて出かける感じの日でもないし。家の中をウロウロしてしまう。

で、「落ち着け、落ち着け……」と唱えながら、とりあえず、庭の収穫物でケーキを焼いて心を鎮めた。
去年の秋に収穫して、サワーに漬け込んでいたレモンとローズヒップを入れたバターケーキだ。
ローズヒップってそのままだと固いけど、焼くとちょうど良い食感になるね。漬け込んだレモンはジャムっぽくて◎。
お菓子のお伴には、お正月に叔母さんからいただいた抹茶を子供たちが立てた。おいしーい。
e0134713_1511570.png
いや、でも、こんな食ってばかりの休みではダメだ!!
もっと何か、何か意味のあることをしないと……。
また家の中を無意味にウロウロする。時間がどんどん過ぎて行く。体重ばかりが増えて行く。もうお昼過ぎ。

追いつめられて、今年の抱負など立ててみる。
一、早起きして必ず毎朝子どもたちに温かい飲み物を入れること。
二、庭仕事は、東の通路庭(細い&どこからも見えない)を綺麗にすること。
三、明日できる仕事は今日しないで積んどく胆力を身につけること。


一は、本当は「バランスの良い朝食と弁当を作る」にしようかと思ったが、挫折が目に見えているのでレベルダウンしてみた。わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。手抜き朝食でもいい、せめて温かい飲み物を入れて欲しい。そういうことで。
二も小さな面積で、まずは小さな達成感を目指す。器、小さいぜ。
三も然り。レベルアップ目標というより、ダウン目標か?

でもそうやって手抜きしてでも時間を作って、その替わり、新しい方法のトライ&エラーを行ってみよう。気分転換して、少し違う風に暮らしてみよう。

明日から仕事始め。今年も(今年は?)頑張ろう。
e0134713_1512633.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この冬休みは、だいぶ前に友だちから勧められていた漫画を読んだ。
うちの庭でも良くみる小鳥たちや、見たことのない鳥たちの観察に笑った。
だらだらした作者に親近感。楽しそうに暮らしてんなあ。



[PR]

by macchi73 | 2014-01-05 15:37 | 【庭】収穫、料理 | Comments(8)
2014年 01月 01日
冬の硬質菌観察(サガリハリタケ、クロコブタケ 他)
e0134713_128386.jpg

あけましておめでとう!散歩にいこう!と、元旦から夫実家の裏山に繰り出す。
明るくって冷たい空気の中、林を歩き回っていたら、すぐに面白いものを見つけた。

倒木の上に点々と白い水玉模様を描く菌。
多分これは硬質菌の一種の、コウヤクタケ(膏薬茸)の仲間だと思う。
硬質菌とはサルノコシカケの仲間などに代表される硬いキノコだが、他のキノコと違って分解されにくいので、冬でも観察することができるのだ。

e0134713_128517.jpgパッと見た感じでは、白い膏薬状の粘液が枝の断面から湧き出して枝の下側に流れているように見える。

が、触ってみると硬い。


枝の裏側を見ると、流れたように広がる白い菌が、沢山の小さいツララみたいにぶら下がっている。
ってことは、これがサガリハリタケ(懸垂針茸)ってやつかなあ?
図鑑でみると、もっと針が長いものが多いようだけど、もしかしたら個体差があるのかもしれない。

e0134713_128731.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらは黒い硬質菌、クロコブタケ(黒瘤茸)。
煤のような胞子で自分の周りまで黒く染めるため、寄生された木は焼け焦げたように見える。

植物でいうパイオニア植物に似て、まだ乾燥しきっていない枯れ木に最初に浸食してくるキノコ。
椎茸栽培のホダ木などにも発生しやすく、害菌扱いされている。

e0134713_128855.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

大きな扇形のものも発見。
サルノコシカケ(猿の腰掛け)の仲間なのは間違いなさそうだけど、サルノコシカケには意外と種類が多くて、どのサルノコシカケかはよく分からない。

e0134713_1281145.jpg真っ白でマットな質感の表面がいかにも綺麗なので、まだ若い菌だと推測する。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

カワラタケ(瓦茸)も発見。
瓦に似てるからカワラタケ。

姿はサルノコシカケに似ているが、サイズは小さくて、鱗状に群生していることが多い。
一つ一つは1〜5cm程度で、ねずみ用の腰掛けくらいの大きさ。

e0134713_128135.jpg山歩きしていれば、どこでも見かけるキノコだ。

ありふれ過ぎの感があって、これまで名前も調べたことがなかったが、新年なので(?)、気分一新、調べてみた次第。


[PR]

by macchi73 | 2014-01-01 10:10 | 【自然】きのこ、菌類 | Comments(3)