<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 31日
スズメウリ(雀瓜)
e0134713_0115472.jpg

夫実家へ年末帰省。
裏山から、家族みんなで今年最後の落日を見送った。
お日さま、この一年もお疲れさまでした。また来年もよろしくお願いします。

……とか記念撮影しながらも、さっき薮の向こうに見えた小さなウリっぽい果実が気にかかって仕方がない。
あれは何だったろう? よく見るカラスウリ、キカラスウリよりずっと小さくて球形だった。

で、家族の隙を見て、そっと離脱してダッシュ!
薮を漕いで確認しに行ったら、白くて可愛いウリだった。
おおー!これってスズメウリだ!良いものみっけ!
ウリおじさんのところでリュウキュウスズメウリは見せてもらったことがあったけど、野生では初めて見たよ。

雀瓜。
夏にハヤトウリにも似た白い小さな花を咲かせ、1cmほどの果実は、熟すと緑色から白色になる。
名前の由来は、カラスウリより小さいウリだからスズメウリという説と、雀の卵に似た果実だからという説がある(おそらくどっちも正しそう)。
e0134713_013756.png

もうー!お母さん、また居なくなったー!もう行くよー!!と家族たちの叫ぶ声を遠く聞きながら、今年最後の初体験をして満足だ。
新たな一年も楽しい年になりますよう。
e0134713_0121666.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-31 23:11 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2013年 12月 30日
雪山散歩(バッコヤナギ、ナナカマド、ニセアカシア)
e0134713_1254397.jpg
クリスマスからしばらく末っ子と二人で冬休みの旅行に行って来た。
このあいだ海に行ったばかりだから今回は雪山にしようと、行き先には北海道を選択。

毎日、夜はリゾート地っぽい施設やらイルミネーションやらでチャラチャラしつつ、昼にはスキーやかんじきを履いて娘と二人で雪山を堪能する。まだ年末休みで賑わう時期には早かったせいか、山の中はいつもシーンとしていて、なんだか静かな気分になった。命の洗濯だー。やっぱ自然って気持ち良いなあ。

山の中で動物に会えるかなーという期待は叶わなかったが、ま、動物は動物でもあの恐ろしいヒグマに遭わなかっただけ良しとしよう。
e0134713_12535652.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

樹木の表面にはコケ類がフリーズドライみたいになって張り付いていた。
遠くから見ると、樹皮に大小の雪の結晶マークが描かれているみたいでちょっと綺麗だ。

ほとんどの植物が育たない南極ですら、乾燥に強いコケ類は、こんな風にミイラ化しながら越冬して春にはまた息を吹き返すらしい。
e0134713_12534373.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

また、道中、ネコヤナギの緑銀色の花穂を見つけたんで、雪をかき分けて近寄ってみた。
そしたら、このネコヤナギはでかい!!樹高10m以上ありそうだ。
落葉低木であるネコヤナギって、こんなに大きくならないと思ってたけど、雪山だと大きくなるのか?

それともまさか、植物にもベルクマンの法則が!?
(……と旭山動物園で知ったばかりの言葉を使う。同じ種で比較すると、寒い地方の個体ほど保温目的で体が大きくなる法則。)


と思って調べたが、どうもこれはバッコヤナギ(跋扈柳)という落葉高木で、15mくらいまで育つらしい。
ネコヤナギに似ていて山の中で育つので、別名、ヤマネコヤナギ(山猫柳)とも言う。
e0134713_12535372.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それから真っ赤な実が目立つ木を発見。ナナカマドかな。
前に草津白根山に行った時にも自生したナナカマドが綺麗だったのを思い出すに、庭にも使われるナナカマドだけど、もともとは寒さに強い高山植物なんだろう。

一面の銀世界の中での赤い実は目立つから冬の小鳥たちが惹き付けられそうだな……と思って眺めていたら、子供が引き寄せられていた。
雪玉をぶつけたりしてなんとか赤い実をゲットしようとピョコピョコしている。子猿みたいだ。
e0134713_12535099.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

雪の上には、時々マメのサヤが落ちているのを見かけた。
一つ掘り出してみたら、10個ほどの種子が並んでいる。
その場では、ハギかな?と見当をつけてみたが、ハギの場合はサヤがトゲトゲしているらしいから、別の何かかもしれない。
→ ご指摘により、ニセアカシヤと判明。ありがとうございました。
e0134713_12534895.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなこんなで、末っ子と二人の冬休みを満喫。
ずーっと娘の笑い声を聞いてる、のんびりした楽しい4日間だった。

あーあ、まだまだ帰りたくないなあ、北海道楽しいなあ、また来たいなあ、という末っ子に私も同感。
高校生たちの忙しい時期が終わったら、今度は家族みんなでまた来よう。
e0134713_1253411.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-30 13:26 | 【その他】日記 | Comments(3)
2013年 12月 22日
子供と貝殻調べ
バフンウニ(馬糞海胆): Hemicentrotus pulcherrimus

黒柳徹子さんに似てる貝だ〜!と、嬉しそうに娘が言っていた。
あ、これは貝じゃなくてバフンウニだよ、と教えたら「バフン〜!」と更に喜んでケタケタ笑う娘。

娘は有名人を「さん」付けで呼ぶ癖がある。
知り合いかよ!と、ちょっと可笑しくて気に入っている。

e0134713_21463370.jpg


ウミギク(海菊): Spondylus barbatus

淡い桃色で突起がある綺麗な貝。
カキ目ウミギク科ウミギクだと思う。
たぶん、突起が菊の花びらみたいだから「海菊」ってとこかな。

e0134713_21243716.jpg

キクノハナガイ(菊の花貝): Siphonaria sirius

もう一個、菊つながりで。
ピカッとしたお星様みたいな貝だ〜という娘の言葉から、夜空でピカピカしているシリウスから学名のついたキクノハナガイかな?と目星をつけた。シリウス!?カッコイイ!と喜ぶ娘。

でも、もう少し調べたら、もしかしたら「ウノアシ」の方かな?って思ったけど……。
そちらは水鳥の足の水かきに似てるから「鵜の足」らしい。ちょっと格好良さダウンか。

e0134713_21334649.jpg


アカフジツボ(赤富士壺): Megabalanus rosa

綺麗なバラ色の筒状の貝。
娘が口に当てて吹くと、ピューピュー鳴る。これはきっと名のある貝だろう。

調べたら、フジツボだった。
えええ。フジツボって気色悪いイメージがあったのに。

e0134713_21511362.jpg


オオヘビガイ(大蛇貝): Serpulorbis imbricatus

面白い形の貝だ!と子供は喜んで拾っていたが、ぐねぐねした気持ち悪い形に私は引く。

それ、貝じゃないかもしれないよ……。
鳥のウンチとか、何かの内蔵だったらどうする?あんまり触らない方が良いよ……。

でも、調べたら貝だった。しかも結構美味しいらしい。
でも、どういう仕組みでこんなぐねぐねした形なのか。貝なのに、自由にくねることができるのか?

e0134713_21571841.jpg


ムラサキイガイ(紫貽貝): Mytilus galloprovincialis

これはパエリアでよく食べるムール貝だな。
和名の「イガイ」は、普通の二枚貝とはちょっと違う姿ってことで「異貝」の意味があるそうだ。

私はずっとこれをカラスガイって呼んでたけど、カラスガイは淡水貝らしい。知らなかった。

e0134713_2211040.jpg


アマオブネガイ(蜑小舟貝): Nerita albicilla

貝殻がとても厚くて、ちょっと変わった形の巻貝。
分厚い殻のせいか、割れた貝殻が多い浜辺でも、この貝だけはどれも完全な形で残っていた。
世界各地の海岸域から淡水域まで生息しているらしい。

e0134713_2292787.jpg


マツバガイ(松葉貝): Cellana nigrolineata

お侍さんの笠にそっくりだねと話していたら、本当に「カサガイ(笠貝)」という仲間だった。
カサガイ目ヨメガサガイ科マツバガイ。

ずらっと並べてみると、なんか小さいお侍がいっぱい出そうで可笑しい。

e0134713_2343686.jpg


サザエ(栄螺): Turbo cornutus

浜辺に落ちてる中では一際大きい巻貝であるサザエは、「立派な貝みっけ!」と子供に人気だった。
それとは別に、サザエの蓋も「化石みたいなのみっけ!(←アンモナイト?)」と子供に人気だった。

それってサザエの蓋なんだよと浜辺で教えたが、ふーん、とあまり興味がなさそうな様子だったが……。
今日になって、貝図鑑で生きているサザエの画像を見て「あ!!これ、この貝の蓋だ!!」といきなり叫ぶ娘。えーそう教えたじゃん……と思ったが、たぶん、自分で見ないとピンと来ないもんなんだな。百聞は一見に如かず。

e0134713_22191766.jpg


アワビとトコブシ(鮑と常節): 見分け方

アワビって、貝殻の裏側が虹色に光って綺麗。
これは実際に七色に色がついている訳ではなく、昆虫の輝きと同じ光の魔法、構造色だ。

貝殻を拾いながら、大きいのはお母さんで小さいのは子供かなあ?なんて話していたが、実はこれらは種類が違い、大きいのがアワビで小さいのはトコブシという貝らしい。

大きさの他に、貝の穴の形状でも見分けることができる。
穴が平らなのがトコブシで、穴が火山の噴火口のように盛り上がっているのがアワビ。

この穴は排泄孔で、殻の成長に従って順次形成された穴は古いものからふさがっていくため、常に一定の範囲の穴の数になるそうだ(wikipediaより)。アワビの穴は4〜5個、トコブシの穴は6〜8個。

e0134713_22393667.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-22 22:52 | 【生物】魚・貝など | Comments(7)
2013年 12月 22日
ジオラマ風・海の立体図鑑作り
e0134713_16301093.jpg

先週、海で拾ったジャラジャラがリビングにまだある……捨てない限りずっとある。
たまに踏ん付けて「イテッ!」となる。
子供との思い出の始末には、いつも頭を悩ませる。
もう使わないくせに、捨てるって言うと嫌がるんだよなー。

で、一緒に整理することにした。

まずは大量のジャラジャラをテーブルにぶちまけ、同類をグループにまとめていく。
ビニール袋にゴチャゴチャに入っていた時はゴミっぽかったが、分類・整理して行くと、なんとなく標本っぽい趣が漂って来る。
e0134713_15595389.jpg

せっかくだから、分類ついでに名前を調べてみることにする。
さあ図鑑を調べる練習だよ!と言いたいところだが、貝類に特化した図鑑が手持ちに無かったので、iPadで貝類図鑑ページを見ながら探して行くことにした。
参考ページ:『材木座海産貝類』
… よく知っているつもりだった「タカラガイ」の中にも色々種類があったりして面白い!
e0134713_1559517.jpg

それで名前が分かったものについては、グループから 2,3個、特に綺麗な個体をピックアップしてみる。
おおー。段々と綺麗に見えて来た。これらに名前をつけて標本にしてみよう。
e0134713_15595058.jpg

標本のタイプは色々あるけど、今回は紙粘土が手元にあったので、浜辺のジオラマっぽくすることにする。
紙粘土を台座にして、その上に貝などを適当に配置して行く。
紙粘土の下は、段ボールなどを土台にしておくこと。
e0134713_15594856.jpg

配置が終わったら、海岸に落ちてたガラスをネームタグにして置いて行く。
貝の名前については、「うーん、それちょっと違うんじゃ」と私と子供の見解が違うものもあったが、まあ子供本人が調べるのが大事ということで、細かいことは言わないように我慢、我慢(これが辛い)。

最後に、接着剤代わりに私のジオラマ用モデリングウォーターを流し込んで完成!
でも、紙粘土だけでちゃんと固定できるので、別にモデリングウォーターは無くてもOKだったみたい。
e0134713_15594630.jpg

ここまでやると、ジャラジャラも十分に活用した感が出て来る。満足そうな子供。
そのタイミングを逃さず「あとの残りは、庭に回そうか(←決して捨てると言わない)。貝は酸性土を中和するよい材料になるよ」とか言って、踏むと痛い思い出整理も完了!
[PR]

by macchi73 | 2013-12-22 16:14 | 【こども】自然学習、自由研究 | Comments(3)
2013年 12月 18日
シッタカ貝(尻高貝)
e0134713_2321511.jpg

潮溜まりで、子どもと海の生き物探しをした。

一番たくさんいたのは、写真の巻貝。
シッタカ(尻高貝)と呼ばれる貝だと聞いた。でも、図鑑で見るとイシダダミ(石畳)って貝にも似てる。
調べてみたら、シッタカとは、バテイラ(馬蹄螺)やクボガイ(久保貝)など食用にする小型の巻貝をまとめてそう呼んだりするらしい。
e0134713_2321751.png

海のおじさんに、シッタカは美味しいよと言われたとたん、俄然張り切ってそればかり集め出す娘。
どうやって食べれば良いの?とかレシピを聞いたりしている。食いしん坊か。

そうやって岩場を走り回って紙コップいっぱい集めたが、シッタカたちは、ちょっと目を離すと壁をペコペコ上っては逃げ出そうとしていた。貝って動かないイメージがあるけど結構フットワーク軽いんだなー。面白い。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

e0134713_2321918.jpg

それからヤドカリもいた。
こちらもイキが良く、手の上でも平気でチクチク歩くので、くすぐったーい!可愛いー!と大喜びの娘だった。

ふふふ。ヤドカリって貝を被ってる時は可愛いけど、貝から出ると腹部の形状が気持ち悪いという事実をまだ知らない時代。子ども時代。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

冬の海でも意外といっぱい生き物がいるもんだなあ。
……なんて話してたら、同行の友だちから、貝なんか、昔はもっと沢山いたんだけど乱獲で減っちゃったんだよと聞く。むむむ。

それで結局、集めたシッタカは海に返して帰る。
生めよ、増えよ、地に満ちよ、の精神で。

大きくなれば5cm超えにもなるらしいシッタカだが、捕まえたのはみんな2, 3cmだったんで、子どもかもしれないしね。
e0134713_2321369.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-18 08:07 | 【生物】魚・貝など | Comments(5)
2013年 12月 15日
海散歩(三浦海岸)
e0134713_21554565.jpg

今日は海に出かけて散歩した。
娘が前にお店で見た貝飾りを作りたいと言うので、貝殻拾いしてる様子を見つつ、私は浜辺に寝そべって専ら日向ぼっこして過ごす。海の音と匂いって心安らぐなー。なんか疲れが溶けていく。
e0134713_2243463.jpg

寒波が来てるって話だったんで厚着して出かけたけど、とっても暖かな穏やかな日で楽しかった。
色々未来を考えると不穏な感じがすることもあるけど、今の子供たちが大人になってもこういう日々がありますよう。
e0134713_2156035.png

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

昨日のコムラードに続いて、こっちは日本のパスカルズ。
でもCDよりライブの方がガチャガチャしてて面白いバンドかも。

 amazon.co.jpで調べる
[PR]

by macchi73 | 2013-12-15 22:09 | 【その他】日記 | Comments(5)
2013年 12月 14日
クリスマス間近
e0134713_0583095.jpg

休みに寝坊したら、縁側で夫と末っ子が自転車修理してた。平和だなー。

庭でチラチラ動くものがあるんで寄って見たら、金木犀から吊り下げた手作りブランコだった。
平日に末っ子が一人でやったという。随分高いとこから吊ったもんだなあ!
夫から、ピノコは最近いつも木の上にいるんだよ、我がもの顔で……と聞く。

それで娘に付きまとわれつつ庭を巡回したら、リースがふわふわの綿をまとってバージョンアップしていた。
「庭で採れた綿だよ」と教えてくれた。そういえば、夏に綿の木を庭隅に植えたんだった。無事に収穫できたんだ。

庭のあちこちに娘の活動の痕跡があって可笑しい。毎日遊んで暮らしてんだな。
e0134713_0583748.jpg

それから先々週に漬け込んだハーブチンキを瓶に詰めた。
種類によってカラフルになるかと思ったら、全部似たような色になってしまったのは残念だ。
左から、ラベンダー、ローズマリー、ローズヒップなんだけどなー。

でもラベンダーは物凄く良い匂いに出来上がったので、朝風呂を焚いてラベンダー風呂にした。
朝風呂って水滴がキラキラして気持ち良い。いいにおい。
いいにおいをさせた子供たちとランチに出て、福引き当てて帰る。ラッキ。
e0134713_0582791.png

部屋で音楽をかけて子どもと踊る。
いつも子どもと踊る時、抱っこしてくるくるっと回すと、腕を首にまわしてきて目を閉じてウットリした顔になる。
それが絵に描いたような漫画みたいな表情で、凄い可笑しい。上の子たちもそうだった。

今週は夫と二人で久しぶりにライブに行ったりして楽しかったな。
だんだんと冬休みが近づいて来てて、なんとなく皆の気分がふわふわして来てんのを感じる。
上の子たちが浮いた話をしてるのを聞いて、チャラチャラしちゃってどうかと思うよ……と、夫がしかめつらしてる。
親っぽくて可笑しい。
e0134713_0583350.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


パスカルズのライブに行った後に、パスカル・コムラードで子どもと踊る。
悲しい曲も楽しい曲も、なんかちょっと懐かしい感じがする。


 amazon.co.jpで調べる

[PR]

by macchi73 | 2013-12-14 23:50 | 【その他】日記 | Comments(0)
2013年 12月 08日
リース作り
e0134713_1832232.jpg

朝に目が覚めたら、子供たちが既に庭で賑やかに木登りしたりボール遊びしたりしてて賑やかだ。
私はぐーぐー寝てたが、近所迷惑になってたんじゃとヒヤヒヤする。
コラ!と叱ったら、4時半から起きてたとか自慢そう。

慌てて、朝のうちは静かに!それより庭で材料を探してリース作ってよと頼んでみた。
すると静かに工作に打ち込み出す子供たち。作戦成功。
e0134713_18324310.jpg

でも冬の庭のものだけじゃどうしても地味になっちゃうな……。
で、奥の部屋に吊るしっぱなしでドライフラワーになってた花束や、末っ子が拾い集めていた各種木の実などを材料に加えることにした。

材料を縁側に運んでいたら、「え、それ使うの!?」と鋭い視線を投げてくる夫。
そう言や、一番大きい花束は今年の40才の誕生日に夫から貰った40本の花束なんだった。
それならちゃんと作っておくかなあと私もリース作りに参加して、最後にできあがったものを子どもたちに庭の納屋の扉に吊るしてもらった。
e0134713_1833858.jpg

一番上が私のリース。
せっかくのドライフラワーを全種類使おうとしたせいで、ややゴテゴテしている。
子供たち、オカン・アートを見る時の若者の目だ……。

「なんかmacchiのだけ力入っててずるくない?」「私はスッキリした感じを狙ったんだー」とか言われ、微かに凹む。
あのさ、私はデザイン性っていうより、コンテンツとしてうちの庭の春夏秋冬を入れ込んだんだよ、ここが春で、夏秋冬でしょ、で、家族に関係ある記念の植物も入れてさ……とか説明したら、「まあ、macchiはここの庭の管理人だからねえ。いいと思うよ」と言われてしまった。あはは。

e0134713_18331095.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-12-08 18:42 | 【その他】日記 | Comments(3)
2013年 12月 07日
ばらの松ぼっくり(ヒマラヤ杉)
e0134713_18271213.jpg

土曜日に仕事をしていたら、昼休みに家族が近所まで遊びに来た。
で、ランチしようと一緒に外をのんびり歩いてみたら、なんだか半分休日みたいな気分になった。
気分転換になって楽しいなー。いつの間にか、外が綺麗な冬の日になっている。

それで散策がてら、同僚が教えてくれたバラの形の松ぼっくりが拾えるポイントに行ってみた。
シダーローズとか呼ばれて、花材屋さんで売られたりもしている松ぼっくりらしい。

「これはヒマラヤ杉の実だから、本当は松ぼっくりじゃなくて杉ぼっくりなんだよ」と、娘の友人が言う(週末なので泊まりがけで遊びに来てる)。おおー、正解!いつも物知りだな。

が、もう一歩踏み込んでいうと、ヒマラヤスギは杉という名前だけど、マツ科なんだよね。多分、見た目がスギっぽいので、松の仲間なのに杉と呼ばれているのだと想像する。

そういう訳で(?)、日曜日はゆっくり休んで、みんなでリースでも作って遊ぼう。
[PR]

by macchi73 | 2013-12-07 22:25 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2013年 12月 04日
ポインセチア
e0134713_23432344.jpg

ポインセチアの育て方:
●短日植物なので、冬になってからしか咲かない。なのに寒さに弱い。難しいヤツ!
●寒さにとても弱いので、晩秋〜春は室内管理する。が、乾燥にも弱いので、水切れさせないこと。
●綺麗に葉を色づかせたかったら、夏に植え付け、秋口からは短日処理(夕方から朝まで遮光する)を行う。
●春暖かくなったら地表15cmくらいまで切り戻し、外に出す。初夏に新芽を挿し木して増やせる。


月2回だけ遅い時間帯の娘の華道教室につきあう約束を交わしたのに、約束破りになってしまった本日。
あーあ、月2回くらい何とでもできそうなもんなのに。我ながら無能すぎる。
毎回けっこう前から調整してても難しいもんだなあ。

でもいつもよりは早く帰れたので、教室前で家族みんなで待ち合わせて外食にした。
待ち合わせ場所に向かったら、鉢植えのポインセチアを抱えた娘を発見。
キラキラのイルミネーション & 赤いホッペの子ども with 巨大ポインセチア。うわあ、クリスマスっぽい。やばい。

で、電飾だらけの街で食事したのち帰宅して、本日のうんちくを拝聴する。
ポインセチアは傷つけると白い液が出るんだよ〜と見せてくれた。
茎を切ったら、この液を洗い流してちょっと切口を焼くことで水揚げが良くなるとか。
切花にしてしまうと2日くらいしか保たないため、鉢植えで貰って来たそうだ。

鉢植えだから世話すればずっと元気だから良いね〜と言うので、そんならいっそ地植えにしちゃおうかと調べたら、なんと!寒さにチョー弱い!クリスマスのシンボルじゃあなかったのかよー。
これから春まで、鉢植えで枯らさないようにメンテするのって結構大変そう。
e0134713_23432134.png

しかし最近、上の子たちに進路の相談などされても、こんなヨレヨレ大人が何か言えることがあるのかと自問する。全然手本になってない。どうすんのか。

一応、お母さんバリバリだぜーって身振りで暮らすことはできるだろうけどなあ。
そうやって、子どもに夢や希望を持たせるべきなのか。
それとも、あれこれ大変ですよサラリーマンってのは……ってな迷いまで見せて、子供たちが進路を選択する時の他山の石としてもらう方が有効なのか。
本当は、ホントに楽しく生き生き働いてる手本になりたいけどなあ。
e0134713_2343191.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * ** * * ** * * *


今の気持ちってこんな感じ。
こっちは無能じゃなくて異能だけど。


HEART (by group_inou)

関係ないと思うが、小学生時代の行きつけの病院に『異能戦士』っていう小林よしのりの漫画が置いてあったなあとか思い出す。


[PR]

by macchi73 | 2013-12-04 23:55 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(4)