「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 29日
役満庭
久しぶりに一日中雨。空気が洗われているようで気分が良い。
娘たちと一緒にあちこちで雨宿りしながら、傘もささずに街をぶらぶらして過ごした。

途中、ジブリ美術館に入る。
夏らしく、美術館の内外にはこんもりと植物が繁っている。
が、可愛く植え込まれた庭園風の場所も、自然な感じにうらびれた廃屋風の場所も、我が家と違ってなんだか清々しい。

e0134713_2001330.jpg

あれー、ウチとどこが違うんだろう……なんて思ってすぐ「全部だよ!!」と内心で叫んでしまったが。
でも余りにも違い過ぎる。これには理由があるはず。

e0134713_20103021.jpgで、夕方、帰宅して庭をしげしげ見てみる。
草ボウボウで、直視したくない部分をガッツリ見る。

それで思ったんだけど、うちの庭は草が緑一色なんだよな。
麻雀なら緑一色は大歓迎なところだが、庭だとメリハリがなくてただの草むらになってしまう。
ここに色や形の異なるグラス類を混植するだけで、だいぶ鬱蒼感は減るのでは?というところまでは、なんとなく分かりつつ……。

具体的には何をどう足したら良いのか、全然ひらめかないのであった。

なんでも組み合わせにはセンスが要るもんなあ。
とりあえず、この夏休みは緑の組み合わせに注目しながら暮らそう。と決意。
[PR]

by macchi73 | 2010-07-29 21:07 | 庭仕事・収穫 | Comments(4)
2010年 07月 28日
猛暑の庭
e0134713_17272852.jpg

朝から末っ子と映画に出かけた今日。館内のクーラーがキツくて震える。

午後。
家でぼやーっと本を読んでたら、何もしてないのにページに汗がポトッと落ちた。
なんか暑いな……。クーラーが無い我が家。これはこれでキツいものがあるかも。

そして家族全員が夏休みのはずなのに、ふと気付くと人気が全く無い。
さっきまで水遊びをして騒ぐ子供たちの声が五月蝿かったはずなのに。
不審に思って家中を巡回する。

で、見つけた。
各部屋の日陰部分、ひんやりした床に点々と伸びて午睡している夫と子供たち。
水深たっぷりのプールで手足をデローンと伸ばして漂っている無言の亀。

水回りに幾つか飾っている白百合の周りは甘い香りが濃厚。ムワッとする。
テーブルの上のアジサイは、形は全く崩れないで色だけ褪せている。ずっと昔から飾っているみたいな佇まい。

……「幽霊船」なんて不吉な言葉が脳裏に浮かぶ。やばいやばい。

そのままフラッと草ぼうぼうの庭に出る。日陰が濃い。
ルコウソウや朝顔、クレマチスの蔓がぐんぐん伸びて、面積を広げている。
よくこんなジリジリ焼け付く直射日光の下で、こんなに繁れるもんだ。
蝉の声が全然しないのは、ちょっと不思議。まだ時期じゃないんだっけ?
平日昼の住宅街って……静かなんだなあ。

なんだか、時間が止ってるみたいだ。

昔読んだSFで、自分以外の時間が非常にゆっくりになってしまった世界の話があったのを思い出す。
そこでは時間は止ってるようにしか見えなくて、水すら硬い(分子の動きも遅くなるからだっけな?)。
それでもゆっくり動いているものを見つけて嬉々として駆け寄ったら、それは高速回転してるはずのエンジンのタービンだったんだっけなー。うろ覚え。

e0134713_17593597.jpg
そんなことを考えながら、床に伸びている娘をつついてみる。
汗で湿った皮膚は冷んやり柔らか。ほっ。

[PR]

by macchi73 | 2010-07-28 18:41 | 出来事・その他 | Comments(2)
2010年 07月 27日
夏休み、カメ徘徊。自分も徘徊。
e0134713_1641836.jpg

仕事も夏休みに入らんとしている今日この頃。浮かれて遊び回っている。

モッサリした庭を直視しないで、あちこちウロウロ with 子ども。
うーん。もう一雨降ったらもう一回草刈りしよう…きっとしよう…。
ホントに今年は雨が少ないな。

しかし徘徊して思うに、東京って緑が濃い。
コンクリートジャングルなんて呼ばれはするが、あちこちにモコモコ盛り上がる緑を見ると、本当のジャングルっぽいよなと思ってみたりもする。
子どもの時、日本は温帯って習ったけど。今はもう熱帯に入ってる気がする。
熱帯じゃあなー、うちの庭の雑草がこんなに繁っちゃうのも仕方無いな。なんて。

e0134713_1617896.jpg
勿論コンクリジャングルの名に恥じず、ヘンテコな建造物もモコモコ林立している。
仕事後に寄ったアサヒのビルの上には変なオブジェ。向こうに見えるのが、新東京タワーってヤツかな?違うかな?


しかしこうジャングル気候だと、気になるのは屋外の亀は大丈夫だろうかということだ。
まあ、ミシシッピアカミミガメっていうくらいだから熱帯原産なんだろうとは思うが……でも、庭飼いだと、どうしてもミシシッピほどの水量は確保できないからなあ……ヘタすると茹だるよなあ……大丈夫かなあ……。

なんて、なんたらかんたら理由を付けて「自然飼育派」からアッサリ転向、アオを室内放牧しているこの頃。楽しい。

e0134713_16354828.jpg

e0134713_16401671.jpge0134713_1640099.jpg

e0134713_16492426.jpgタイルの上の水場で食事したり、出てきて活発に家中を歩き回ったり。
気付くと暗い更衣室の、使っていない子どもの椅子の下で寝ていたり。

自由きままで羨ましい。
ちなみに鶏肉が好物。

[PR]

by macchi73 | 2010-07-27 17:13 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(0)
2010年 07月 19日
ナス(カプリス→謎の品種→赤ナス)
ナスの育て方:
●収穫は7月。
●植え付けは4~5月。遅霜を避け、十分に暖かくなってから植え付ける。
●収穫量を上げるためには、施肥が不可欠。実がついている期間中は、1,2週間ごとに多めに追肥。
●深植え厳禁。高畝にして植える。
●脇芽掻きをして、3本仕立てにする。支柱が必要。
●酸性土壌を嫌い、日当たりの良い場所を好む。連作障害に弱いので、4,5年は同じ場所に植えない。


2010/4/18
今年は変わった色の野菜を植えてみようというコンセプトの下、しましま模様の実がなるという「カプリス」という茄子を植えてみた。
ナスは結構場所を取るし、連作障害が4,5年と長いので、地植えではなく鉢植えで育てることにする。

e0134713_17453447.jpg

2010/5/25
鉢の空地が勿体なく、先月、つい小さな「マイクロトマト」の苗を植えたら、とんでもない事になってしまった。
たった1ヶ月で何倍にも膨らんだマイクロトマトの森に飲み込まれ、一体ナスはどこに行ってしまったんだ…。
ナス、ピンチ!



2010/6/12
マイクロトマトの薮の中で日照が少ないせいか、やたら葉っぱが大きくなっているナス。
本日、けっこう大輪な花(マイクロトマトと比べちゃうから?)を一つ咲かせた。
ナス、頑張れ!

e0134713_22553732.jpg

2010/7/18
マイクロトマトに埋もれて存在を忘れられていたナスが、大きく茎を伸ばして来た!
……と思ったら、伸びて来た茎はなんだか元々の苗と違う雰囲気。
どうやら接木苗の台木から伸びて来たものらしい。

おそらく根元から切ってしまわないと苗に悪影響なんだろうとは思う。
が、マイクロトマトに押されてカプリス君の収穫は難しそうな気配もあるし、元気な台木をこのまま伸ばしてみて、結果を見てみたい気もする。決断を迷い中。

e0134713_032846.jpg
こちらが怪しい茎。
赤黒くトゲトゲで太い。
バラ、じゃないよね……!?

e0134713_031550.jpg
一方、こちらはカプリス君の茎。
和毛が生えて、優しい雰囲気。


e0134713_033671.jpg
こちらが怪しい花。
非常に小さくて地味だが、沢山咲いている。

e0134713_034042.jpg
こちらがカプリス君の花。
大輪で綺麗。


2010/7/27
台木に結実してしまった。
カプリスは結実してないのに……。

形はトマト、硬さはカボチャ、しかしてその正体は!?…「赤ナス」というものらしい。
残念ながら食用ではないが、真っ赤に色付き飾り物になるとのこと。

e0134713_155003.jpg

2010/9/19
カプリスと赤ナスの両方を収穫。
カプリスは2つで400g強。ずっしり重い。

e0134713_23453064.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-07-19 00:39 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 07月 17日
ベルガモット(松明花、モナルダ)
e0134713_19213999.jpg

ベルガモットの育て方:
●花期は7, 8月。
●花・葉に殺菌効果と芳香があり、ハーブティーとして利用できる。
●草丈80〜100cm。結構場所をとる。
●日当りの良い肥沃な土を好む。
●暑さ寒さにはとても強い。
●冬には枯れるが、また翌年芽吹く。
●春と秋に挿し芽で増やせる。秋に株分けしても良い。


暑くなってきた。
ボンボンとかがり火のような派手な花が咲き始めた。松明花だ。

花屋さんでは、ベルガモットという名前で苗がよく売られている。
私はそれを見て「ベルガモットって、アールグレイの良い匂いのもとじゃない?」と思って購入したのだった。
で、その後よく調べたら、アールグレイの香り付けに使われるのは、この花ではなくて柑橘系のベルガモットオレンジの方だった。ちょっとがっかりした。

でも、この花もベルガモットオレンジに似た香りがする(というか、それが呼名の由来)。
なので、花や葉を紅茶やワイン、クッキーに入れるなどして食用にも利用できるそうだ。

でもまあ、花がかなり綺麗なので、これは観賞用でも良いかなと思う。
[PR]

by macchi73 | 2010-07-17 23:35 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 07月 14日
コチドリ
e0134713_8162244.jpg

「今日の昼、面白い鳥が来てたよ」と、夫。駐車場にいたのを撮影したとのこと。
あれ、これって海によくいるチドリでは……。

Yachoo!で調べると、コチドリだった。やはり、水辺の鳥。
この辺の水辺といえば、年中干上がってて、大雨の時だけ水が無くもないかなー?っていう住宅街の水路しかないけどな?

4〜7月は抱卵の時期らしい。瓦礫や小石の上で抱卵する。
駐車場も、礫地ではある。

e0134713_8214756.jpge0134713_8213535.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-07-14 08:15 | 【生物】野鳥 | Comments(0)
2010年 07月 11日
トウモロコシ収穫
e0134713_8281952.jpg
トウモロコシにカメムシが集まっている。
もう収穫して良いのかな? 収穫のタイミングが分からない。

ウェブなどを見ると、ヒゲが茶色くなったら収穫しても良いとあるが、まだ少し小さい気もするし…。
試しに本日一本だけ収穫してみた。

e0134713_8285099.jpgお、思ったより綺麗に実が膨らんでいる。

茹でて食べたら甘い!
しかし写真でも分かるが、一部だけ少し茶色い実がある。もしかして、カメムシに吸われた?

まだ幾つも実はあるが、あともうちょっとだけ大きくしてから食べてみよう。

e0134713_829469.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-07-11 08:36 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 07月 08日
トマトのお酒
e0134713_7502616.jpg

沢山収穫したものの、一つ一つ食べるのはちょっと面倒くさいマイクロトマトの利用法として。

トマトのお酒の作り方:
●漬け込むトマトは、青いものを多く使う。多分、トマト特有の青臭さをお酒に移すため。
●傷の無いトマトを良く洗い、水を切り、丸のままビンに入れ、ホワイトリカーなどのアルコール度数の高いお酒を注ぐ。
●3ヶ月ほど置いてから飲む。
●作り終わってから知ったが、トマトのヘタごと漬け込む方が良いらしい(香りが強く出るからってことかな)。


ブラッディ・メアリ風になることを期待して、レモンとウォッカで漬け込んでみた。
完成したら、タバスコをちょっと加えて飲んだら良さそう。

e0134713_751660.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-07-08 20:06 | 庭料理 | Comments(0)
2010年 07月 07日
七夕
e0134713_754991.jpg


庭のマイクロトマトを収穫した後にヘタを取っていたら、小さな星が散らばる天の川のようになった。
お、タイムリー。

e0134713_7373025.jpg

残念ながら天気の悪い今年の七夕だけど、せめて我が家のマイクロ天の川でくらいは逢瀬を楽しめるように、橋渡しをする。

e0134713_738174.jpge0134713_7384688.jpge0134713_7385927.jpg

しかしこのマイクロトマト、どうしよっかなあ。
とても小さい実、何か良い使い方は無いものか。

e0134713_813997.jpg
金銀モールやリボンなどを持ち出し、若干クリスマスと混同している娘。
笹以外は飾りつけなくて良いよ……。

[PR]

by macchi73 | 2010-07-07 22:16 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2010年 07月 06日
イチジクの幼果
e0134713_853964.jpg

今年も収穫無しと思っていたら、葉っぱの陰に小さな実を幾つか発見。
これは楽しみだ。週末、必ずカミキリ除けのボンド(じゃないけど)を幹に塗ろうっと!
[PR]

by macchi73 | 2010-07-06 08:07 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)