<   2010年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
ママコノシリヌグイ?
e0134713_2136120.jpg

雑草を抜こうと藪に手を突っ込んだら、チクッと痛い。
トゲトゲの草に手をひっかけた。

鋭いトゲのある茎・ほぼ正三角形の葉・茎を抱くようについた丸い托葉。
あ、これはイシミカワだな…と思ったが、裏庭でよく見かけるイシミカワとは雰囲気が違う。
いつものイシミカワは三角形の辺が滑らかだが、こちらはなんだか波打っている。

イシミカワにも幾つか種類があるのかな?と図鑑をめくると、もしかしたら、これはイシミカワではなくママコノシリヌグイかもしれない。

どちらもタデ科の植物でよく似ているが、これからピンクの花が咲き始めたら、ママコノシリヌグイ。
イシミカワの場合は、花は目立たないが、秋には小さくてピカピカした藍色のブドウのような実ができる。

裏庭にいつも生えて来るイシミカワと比べてみられたら良かったんだけど。
先日亀庭を作ったため、今、裏庭のツル雑草は一掃された後なのであった…。残念。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-31 21:46 | 【自然】雑草、野草 | Comments(2)
2010年 05月 30日
茴香の餃子
e0134713_2131994.jpg

中国人の友人が、実家からのお土産だと言って中国野菜の種を持ってきてくれた。
ウイシャンと言って中国では餃子の餡に使う野菜だよ、日本では見かけない野菜だけどすごく美味しいから育てて餃子作ろうよ、と言う。

よーし、じゃあこれから種まきして、夏には日本では食べられない本格中華餃子作ろうぜ!と盛り上がったところで夫が一言。

「これ、フェンネルシードじゃない?」

……フェンネルなら、裏庭で巨大化している。
見せたところ、こんな大きなウイシャン見た事ない!と驚く友人。
早速、収穫してウイシャン餃子(ウイシャンは茴香だった。ウイキョウか)を作った。

挽肉に、刻んだフェンネルを「これでもか!」というほど入れる。
刻みショウガ・塩・醤油でかなり濃い目に味付けし、分厚い餃子皮に包んで大きな鍋で茹でたら出来上がり。
何もつけないで、そのまま食べる。
なんと、すごく美味しい!

e0134713_21124959.jpg
巨大化してしまって、ちょっと邪魔者扱いされていたフェンネルだが、野菜として使えるとは知らなかった。

パン生地で包んで蒸しても美味しいというので、これからはジャンジャン食べるぞー!!


と、その時。
浮かれる人間たちを、春とは思えぬ寒さの庭隅から見つめる泥だらけの暗い目が2つ……

e0134713_2116549.jpg
いいな、いいな…
人間っていいな…
おいしいご飯にホカホカお風呂……
あったかい布団で眠るんだろ…な……

e0134713_2120523.jpg
そう恨みがましい顔するなよ、と
プールにお湯を足して刺身をお裾分けしたら、嬉しそうにパクついていた。

なんだかいつまでも寒い今年の春だけど、早く暖かくなると良いねえ

[PR]

by macchi73 | 2010-05-30 21:30 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2010年 05月 29日
アケビの実
e0134713_20444131.jpg

アケビを植え付けて数年。
やっと初めての結実があり、そして順調に太ってきている。

やはり今年、五葉アケビと三葉アケビの両方の花が咲いたのが結実によく働いたようだ。
三葉アケビの実は紫色だから、これは五葉アケビの実だ。
五葉アケビは雌花が多くて、三葉アケビは雄花ばっかりだったからなー。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 20:48 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 05月 29日
ムラサキツユクサ
e0134713_20381935.jpg

庭隅に咲いていた。
葉を見てツユクサだとは分かったが、見慣れた青いツユクサとは違う。
ツユクサより花が大きく、蕾が房状についている。

調べると、ムラサキツユクサと言って、明治頃に園芸種として入ってきたものが野生化したものらしい。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 20:43 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2010年 05月 29日
カエデの実
e0134713_20312859.jpg庭の楓にプロペラみたいな形の実ができている。

これは翼果と呼ばれ、種が熟した暁には、本当にプロペラの役目をして風にのってクルクル飛んでいくらしい。

こんなに沢山の実が、一斉にくるくる飛んで行くところを考えるとなんだか可笑しい。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 20:37 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2010年 05月 29日
2010年・バレリーナ
今年は東通路に生えているバレリーナの花がなかなか綺麗。
ずいぶん条件の悪い場所に植えてしまったけど、それでも何年もかけてちょっとずつ大きくなってくれたもんだよなあ。

e0134713_1741266.jpg

背景に見える白いツルバラは、つるアイスバーグ。
こちらも悪条件に強く、花を沢山つけてくれている。

ところで画面の変な場所が無意味にソフトフォーカスになっているのは何故だ?
とカメラを見たら、末っ子の虹色に光る油手形がクッキリと…。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 17:33 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2010年 05月 29日
クランベリーの花
e0134713_16484015.jpg

自生地環境を参考にして去年の秋に移植したクランベリーが、今までに無い勢いで花を沢山咲かせている。
植え替えが効いたのか、それとも4年目で株が充実してきたからなのか。
この調子で実も沢山つけてくれると嬉しいな。

2010/7/1
気付いたら、小さな実になっている。
この調子で、落果しないで大きくなってくれよー。

e0134713_2021746.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 16:53 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 05月 29日
柿の花
e0134713_1617610.jpg

4年前に切株から伸びてきた柿の木に、ついに花が咲いた!
心なしか、もう付け根が膨らんでいるような……。
まさか今年は結実なるか!?
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 16:22 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 05月 28日
ヒゲジロハサミムシ
「いやー、変な虫がいる!」との娘の悲鳴に嬉々として駆けつけると、リビングの絨毯の上にいたのはハサミムシ。

e0134713_22443587.jpg

触覚の先の方に白い節があり、足の付け根が黒いので、たぶんヒゲジロハサミムシというヤツ。
林の倒木や枯葉の層に棲むというから、庭の剪定屑置場あたりから紛れ込んだのかな。

見た目は怖いが、母虫は幼虫を世話して育てるそうだ。
で、幼虫が充分育った暁には、母虫は幼虫の餌になる。

ウェブを検索していたら、卵を磨いたり幼虫をハグしてる(ように見える)母虫の様子があって、ちょっとホロリ。
海野和男のデジタル昆虫記
ヒゲジロハサミムシ(西公園 2009/08/10撮影)
[PR]

by macchi73 | 2010-05-28 23:08 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2010年 05月 25日
亀庭の弱点発覚
昼間、夫から職場にメール。
アオが水場からシェルターの上に登って手足を伸ばして甲羅干ししたりしているらしい。
すっかり寛いだようで、良かった。

e0134713_20494142.jpg


e0134713_2054959.jpge0134713_20542122.jpg

が、ここで早くも亀庭の失敗点らしきものが発覚。
金網の穴から頭が出てしまう、だらーんと…。

e0134713_219658.jpg

勿論、甲羅が出る訳では無いので、脱走されることは無いのだが。
金網登り中に、首をひっかけて首吊り状態になったりする可能性が無きにしもあらずではないか?

そして、さらにもう一つの迫り来る危険。
金網の外から、何かが覗いている……。

e0134713_2125748.jpg
見つめられても、全然気にしないで体を伸ばしているアオ

e0134713_2142215.jpg
メチャクチャ興味津々って目で見つめられてるんですが…


これ、首を金網から出してる時に襲いかかられたら、危ないんではないかな?
金網の目は、もっと小さいものにしておくべきだったかもしれない……。

今週は夫に注意深く見ておいてもらって、場合によっては修正の必要があるかもだ。
[PR]

by macchi73 | 2010-05-25 21:22 | 【その他】日記 | Comments(4)