「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 28日
ニゲラ(黒種草)
ニゲラの育て方:
●花期は4〜6月。
●種まきは9月頃。耐寒性は高いが、夏の高温多湿に弱く、夏前には種をつけて枯れる。
●嫌光性種子なので、種の上にはしっかり土をかける。移植を嫌うので直播きすること。
●花はドライフラワーに種はスパイスとして利用できる。
→ 種が食用にできるのはニゲラ・サティバという品種のみで、日本で一般に流通しているニゲラ(ニゲラ・ダマスケナ)は食用不可らしい。残念。
●一度種まきすると、翌年からは零れ種で自然に生えてくる。


2008/9
フェイジョアの株元がガラッと空き地なので、ハーブコーナーで売られていたニゲラという花の種を蒔いてみた。

2009/05/22
薄青色の花が咲いた。細い葉の感じと相まって、なんだか涼しそうな様子。

e0134713_2382017.jpg

2009/6/3
気付いたら変な形になっている。風船みたいだ。

e0134713_2391548.jpg

2009/6/28
読んだところによると、この中に入っている種に芳香とピリッとした刺激があり、ケーキなどにトッピングしたり胡椒の替わりに使えるらしい。なんか見た目、凶悪そうな形だけど・・・。

e0134713_23141868.jpg

e0134713_23275419.jpg
開いてみたら、ゴマみたいな種はまだ熟し切っていないようで少し緑がかっている。潰してみたら甘い匂いがした。

この甘ったるい香りはいつか嗅いだ・・・そうだ、小学生の頃の香水ケシゴムの香りだ!

試しに種をちょっと齧ってみたが、なんとも言えない微妙な後味がいつまでも残る。
「これがペッパーの替わりになるか?まだ真っ黒じゃないからダメなのか?」なんて訝しんでウェブで更に詳しく調べたところ、どうも食用になるのはまた違った品種(ニゲラ・サティバ)っぽい。

それどころか、サイトによってはニゲラ・ダマスケナの種には毒があるから摂取不可との記述も。うへえ。食べちゃった。1,2粒だけだから平気だとは思うけど。ショック。
香りは甘くていかにも食用になりそうなんだけどなあ。

2010/5
気付いたら、今年も菜園に青い花がちらほら。零れ種でよく咲くようだ。
ハーブと言いつつ食べられないのはガッカリだったけど、観賞用にも悪く無いかも。

e0134713_2024745.jpg
e0134713_16434347.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-06-28 23:57 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2009年 06月 28日
モンシロチョウ
e0134713_23263936.jpg

めちゃくちゃお馴染みの虫なので、これまでカメラを向けることも無かったが・・・。

先月「スジグロシロチョウ」を調べてから、大雑把にモンシロチョウと思っていたチョウの中にも幾つか種類があることを知り、ちょっとだけ注意して見るようになった。

でも多分これは、ごく普通に言われるモンシロチョウ。
アップでみると体は体毛でフワフワなんだな。知らなかった。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-28 23:38 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 06月 28日
ゴマダラカミキリ
e0134713_2205064.jpg

2009/6/21
川原の葉っぱの上にいたのを夫が捕獲。
どこでもよく見かける、一番おなじみのカミキリムシ。
「ほら、チーチー鳴いてるでしょ」と夫がいうので耳を近づけてみたら、本当にチーチー言っていた。小さくてか細い、すぐったい声だ。

しかし顎は強力そうで、可愛い声で鳴きながらも、自分を捕らえた太い指をガジガジ噛もうとしている。

2009/6/28
本日は庭で発見。
姿形はピカピカしてマシンっぽくて格好良いのでけっこう好みなんだけど、果樹にダメージが大きい害虫だから、自分の庭で見つけると複雑な心境だ・・・。

e0134713_2383229.jpg


e0134713_23102272.jpg
ジタバタするのを捕まえて、隣の学校へと解き放った。
帰って来るなよー!

2009/7

e0134713_1223959.jpg

「いいえ、私は戻ってきます」とばかりに、こないだ捕まえた場所のすぐ隣で食事をしていた。

出かける直前で忙しかったので放っておいたが、1時間後、帰宅したらまだ同じ場所で食事していた。
いかにもウットリしたように、枝を抱えて体を左右にゆっくり揺らしながらガジガジやっている。
その様子があまりにも気持ち良さそうなので、今回は放置。

翌日見たら、枝はポッキリ折れていた。凄いなあ。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-28 23:13 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 06月 28日
オニユリ(鬼百合)
鬼百合の育て方:
●花期は7〜8月。
●植え場所については、「日陰だと徒長するので日当りに」という記述と「高温多湿に弱いので夏は日陰に」という記述の両方を見かける。実験的に、日向と日陰に分けて植えてみた。
●葉の付け根についたムカゴが落ちて繁殖する。ムカゴは数年で食用サイズの百合根になるらしい。
●食用として育てる場合には、花を咲かせない。蕾がついたら取り除く。


2009/4/14
激安で百合球根を一箱購入。オニユリだという。
食用として売っている百合根と比べると明らかに小さいが、でも、オニユリって食べられるのでは?
最近、野草を色々食べさせてもらって美味しかったせいか、「食べられるかも・・・食べられるかも・・・」と気になってしまい、なかなか土に植えられない。

2009/4/16
webで調べてみたが、オニユリはやはり食用可のようだ。
もしまかり間違って、何か他の百合の球根でも、苦くてまずいだけで毒ではないらしい。
「よし!」と思い立って、幾つか調理してみることにする。はは。食い意地。

e0134713_21473126.jpg
後ろのスプーンと比較すると分るが、食用として売られている根に比べてかなり小さい。
芽と根が盛大に出ているので取り除いた。

e0134713_2148339.jpg
ばらして綺麗に洗い、酢水でちょいと湯がく。
味見したら、ホクホクと素晴らしい食感!まさに百合根。
だが、後味が苦い。

・・・結局、苦みが取れるまで、二回茹でこぼした。
苦みはとれたが、食感は最初の時の方が良かったなあ。
甘い出汁に漬けて、しばらく冷ましつつ味を染み込ませておく。

e0134713_21515898.jpg
ユリネが大好物の息子が「美味しい!弁当にも入れて」と、続けてパクパクつまみ食いしようとする。が、「食用でないかも・・・お腹壊すかも・・・」とチキンな母(私)は、「子どもはダメ!まずは大人が食べます」と、半分くらい自分で食べてしまう。

翌朝、特にお腹を壊す訳でもなく元気だったので、子供たちのお弁当にも百合根を入れた。
食べてみて気付いたのは、芽の近くほど灰汁が強く、芽から遠い外側の鱗片ほど甘いようだ。
と言うことは、芽をあまり出させないようにして球根を太らせて収穫すれば良いのかな?

とりあえず、色々試してみることにして、裏庭の日向と日陰の二箇所に分けて、残りの球根を植え付けてみた。また増えたら収穫してみて、それでも苦みが強いようだったら花の鑑賞専用にしよう。
めでたし、めでたし。

2009/6/25
裏庭の日だまりでオレンジ色の花が咲いているのを見つけて、植えたことを思い出す。
そうそう、百合根農家の方のサイトによれば、食用にするなら花は咲かせちゃいけなかったんだっけ・・・。

e0134713_22571570.jpg

せっかく咲いたものを摘み取るのは勿体無いので、この株は花の観賞用として咲かせることにする。
山中で見かけると毒々しくて怖い感じに思っていたが、庭で見ると案外線が細くて可愛い花だ。
蕾も沢山付いているから、今後が楽しみ。

e0134713_22575515.jpg
日陰に植えた方はまだ花は咲いていないが、茎にはムカゴがついている。
日向の株のように花を咲かせてしまわないうちに蕾を摘み取るかどうか・・・悩み中。
どうすっかなー。

しかしこれらのムカゴが全部芽吹くとしたら、すぐに庭が鬼百合に占領されそうだ。
どのくらいの発芽率なんだろう。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-28 23:02 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2009年 06月 22日
ユリ(イエローウィン)
e0134713_2303923.jpg
育て方は百合(オリエンタル)に準ずる。
我家の百合の中で、毎年一番最初に咲く品種。

いつもは5月末から6月の頭には咲いているのに、今年は全然咲かないなあ・・・なんて思っていたら、今朝咲いているのを発見。
早速窓を開け放したら、部屋の中に爽やかな良い香りが広がった。

ところで、何故か今年は百合全般が妙に背が高い。
このイエローウィンも、説明書きによれば120cmくらいのはずなのに、2mは軽く超している。
コンクリ塀よりずっと高いので、家の外からも楽しめるのは良い感じかも。


e0134713_2313255.jpg
(← 部屋でも香りは楽しめるが、窓から見ると花はそっぽを向いている。)


2009/6/25
裏庭で、3m近く伸びてしまった株。
徒長してるってことなのかな?それにしては茎ががっしり太いけど。
もはや家中のどの場所からも、花の付け根部分しか鑑賞できない・・・。

e0134713_2353726.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-06-22 23:16 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2009年 06月 22日
ハチク(淡竹)
e0134713_2224428.jpg

週末、筍狩りに初挑戦。
筍といえば孟宗竹というイメージがあったが、これはハチクという竹だそうだ。イネ科マダケ属。

竹って、イネ科だったのか。
確かに節があるところはイネ科っぽいが、イネといえば草のイメージがあったので驚き。
まあでも、木でも無いもんな・・・。
「破竹」なのかと思っていたが、正しくは「淡竹」と書くようだ。

e0134713_22351138.jpg
ハチクの筍にはアクが殆ど無い。そのまま炊き込みご飯とお吸い物にしたら美味しかった。

ご近所にもお裾分けしたところ、皮をつけたまま焼き、皮を剥いて食べるのも美味しいと教えてもらった。
今回は全部剥いちゃったけど、いつか試してみよう。

[PR]

by macchi73 | 2009-06-22 22:24 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 06月 22日
カノコガ
e0134713_21472228.jpg

週末、筍狩りに行ったら薮の中で迷った。
末っ子を背負って、足元も良く見えない道無き道ですっ転んだりしながら歩く。
倒木の下を這いつくばってくぐった時、地上20cmくらいのところで交尾中の派手な虫を発見した。

この派手な虫の名は鹿子蛾(チョウ目ヒトリガ科カノコガ)。
お腹が太い方がメス。

ほほー。綺麗な模様だな。
白い模様は、鱗粉がついていないらしく、明るく透けて見える。

しばらく観察して、また薮の中を這って進んでいたら、ポカっと開けた空き地で、まさにサバイバルゲームを行わんとしている迷彩服の集団に遭遇した。

無言でこちらを向く彼ら。半端な笑顔で黙って薮の中に引き返す私たち。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-22 21:54 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 06月 21日
セロリのような茎とモジャモジャの葉→ハルシャギク
2009/5/17
草抜きをしていたら、コムラサキの株元から、モジャモジャした葉の、図体の大きな草が伸びているのを発見。
茎は筋っぽくて水分が多く、ちょっとセロリ系だ。
記憶をたどるが、こういう草を植えた覚えも種まきした覚えもないな・・・。

邪魔な場所だし引き抜こうと思った瞬間、今年、雑草と間違ってラズベリーを引き抜いてしまった苦い記憶が蘇る。

探してみたら同じ様な草が数カ所に生えているので、雑草だとは思うが、それにしては本数が少ない気もする。
しばらく様子見することとする。

e0134713_1212296.jpge0134713_12124538.jpg

2009/6/21
花が咲いた。花の感じからするに、ルドベキアの一種かな。
ルドベキアってよく色んな種類が生えてくるが、種が飛び易いんだろうか。

e0134713_22525499.jpg

ご指摘により、ハルシャギクと判明。

検索したら、ハルシャギクに校庭がのっとられた野根中学校という学校の記事が出て来て笑った…(けど怖い)。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-21 12:33 | 名前が分らない動植物:観察中 | Comments(2)
2009年 06月 21日
アサギマダラチョウ
e0134713_0491561.jpg

秩父武甲山にて撮影。
この写真の個体はメス(産卵中だし)。
オスのアサギマダラの後翅下部には黒い斑点がある。

渡り鳥のように海を渡る蝶として有名。
毒草(ガガイモ類)を幼虫時の食草にしているため体内に毒を持ち、そのため鳥に狙われることが無い。

写真で卵を産みつけている葉は、多分イケマかな?
ガガイモ科で有毒の蔓植物だ。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-21 01:09 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 06月 21日
ヘビトンボ
e0134713_02317100.jpg

秩父に登山に行った夫が、夜も遅くなっての帰宅。
晩ご飯一緒に食べるって言ってたのによう!とやや非難の目で見たら、「ごめんごめん、お土産あるからさ」というので喜んだところ、「変な虫の写真撮ってきてあげたよ」と言う。あんま嬉しくない。

・・・変な虫だ。
透き通った翅に黄色で星を散らした模様はファンシー。
しかし体型は首が太くて案外ガッチリしてる。
骨太の娘がフワフワのチュチュを着ている風情。ある意味可愛い。
翅や全体の印象からすると、こないだ見たカゲロウの仲間か。

調べてみると、やはりアミメカゲロウ目だった。ヘビトンボ科ヘビトンボ。
骨太な印象に違わず、大顎で噛む力が強いことを蛇になぞらえてヘビトンボと呼ばれるらしい。
[PR]

by macchi73 | 2009-06-21 00:42 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)