「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 27日
ロケット(ルッコラ)
ロケットの育て方:
●花期は5〜7月。花後に種をつけたら、翌年の種まき用にする。
●種を付けてしまうと薹が立って美味しくなくなるので、葉の収穫をしている間は花芽はつみ取る。
●種まきは4〜9月。直播きする。収穫までは約1ヶ月。時期をずらして蒔くと、次々と葉を出すので、10cmくらいになった葉から摘みとって食べる。
●日当りを好むが、食用目的なら半日陰くらいの方が葉が柔らかくて美味しい。
●施肥は収穫期間中、週に一度液肥を。


2009/3/25
子供たちが学校の後輩からロケットの苗を沢山もらって来た。
全部メッセージ入りのミニ鉢に入っていて可愛い。

ロケットって何だっけ?と調べたら、ルッコラのことか。ルッコラ美味しいよなー。
苗が育つには小鉢は小さ過ぎる気がするので、まとめて大鉢に植替えることにした。
可愛い小鉢は、今後の種まき床に利用しよう。

e0134713_22475285.jpg

2009/05/23
いつの間にか、夫の手によって大鉢から放たれて庭中に繁っている。
食べやすくてなかなか美味しいんだけど、こう繁り過ぎるとかえってあまり食べなくなるんだよなあ。なんでだろ。
放置していたら、どんどん花を咲かせている。

e0134713_19134556.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 22:29 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 27日
セントジョーンズワート
セントジョーンズワートの育て方:
●花期は6〜8月。
●日当りの良いやや砂質の場所を好む。が、暑さ寒さに強く耐陰性もあるので、場所はあまり気にしなくて良いようだ。
●春と秋に株分けで増やせる。
●鎮静効果、ストレス回復に効果があるので、就寝前のお茶などに利用すると良い。


2009/3/27
プレゼントでもらった苗を植え付ける。
別名は弟切草。懐かしいゲームを思い出すなー。
フローティングチャートを描いて、ピンクのしおりまで行ったもんだ。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 22:21 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 27日
レモンバーム
レモンバームの育て方:
●花期は6月。
●やや湿った肥沃な、風通しの良い半日陰を好む。梅雨時期は刈り込んで蒸れを防ぐ。
●肥料切れに弱いので、春に施肥。
●10月に株分け。厳冬期は短く刈り込んでマルチングしておく。
●葉を収穫して、ドリンクや入浴剤に利用する。


2009/3/27
プレゼントでもらった苗を、桑の木の根元に植え付けた。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 22:07 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 27日
スイートマジョラム
スイートマジョラムの育て方:
●花期は5〜6月。
●花を咲かせれば8月に種を収穫できる。開花前に地上5cmに刈り込めば秋にもう一度収穫できる。
●日当り良く、水はけの良い場所を好む。多湿を嫌うので、梅雨時期は刈り込む。
●春と秋に株分けできる。
●花と葉はお茶に、茎と葉は肉料理などに利用できる。消化促進、鎮静効果あり。


2009/3/27
プレゼントで貰った苗を植付け。
自分では使ったことがないハーブだが、ヨーロッパではオレガノと同じような感じでよく使われるらしい。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 21:53 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 27日
サントリナ
サントリナの育て方:
●花期は6〜9月。黄色い丸い花を咲かせる。
●加湿と寒さに弱い。軒下などで育てると良いかも。
●春か秋に挿木で増やせる。
●ドライフラワーにすると防虫剤として利用できる。食用は不可。
●挿木か、春と秋に種まきでも増やせる。


2009/3/27
プレゼントでもらった苗を、物置前の軒下に植え付けた。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 21:37 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2009年 03月 27日
コモンタイム
コモンタイムの育て方:
●花期は春と秋。
●高温多湿が苦手。かなり乾燥気味に育てるようにし、梅雨時期には刈り込む。
●多肥だと香りが弱くなるので、基本的に施肥はしない。
●木質化した枝を挿木して増やす。


2009/3/27
プレゼントでもらった苗を植付け。
庭にはクリーピングタイムが繁りまくっており、よく料理にも使われているが、コモンタイムはクリーピングタイムよりもっと料理向きらしい。楽しみだ。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 21:28 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 27日
ジャーマン カモミール
ジャーマンカモミールの育て方:
●日当りと水はけの良い場所を好む。
ローマンカモミールとジャーマンカモミールがある。それぞれ特徴は以下の通り。
ローマンカモミールは:
 ・多年草。
 ・リンゴのような香りが全体にある。
 ・抗炎症作用があり入浴剤やスキンケアに使える。
 ・草丈が低く這うように広がり踏圧に強い。と言うより、踏まないと徒長してニョロニョロになるのでグラウンドカバー向き。
●ジャーマンカモミールは:
 ・一年草。
 ・花は甘い香りだが、草には香りがない。
 ・お茶に利用できる。
 ・草丈1m近くなり、直立する。アブラムシが付き易い。


2009/3/27
プレゼントで苗をもらったので、庭で順調に広がっているローマンカモミールの隣に植え付けてみた。
まだ小さい苗なので見た目もローマンとそっくりだが、育つにつれ直立して来て見分けがつくようになるだろう。お茶にするのが楽しみだ。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-27 21:11 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 03月 22日
リンゴと柑橘のジャム(的なもの)
知人から庭でとれた柑橘類(名前聞くの忘れた)のお裾分けをいただいた。
「生では酸っぱくて食べられないから、ジャムにすると良いよ」と教えられたので、マーマレードのレシピなど検索してみる。
ふんふん、柑橘類にはペクチンが少ないから種からペクチンを抽出して加えないと固まらないのか。
なんだか難しそうだなー、どうしよう。

と、そこで思い出したのが「リンゴはペクチン含有量が多い」という話。
リンゴのジャムを作る時にはレモン汁を足すらしいから、レモンの替わりに、この酸っぱい柑橘類を使うと良いんじゃないかな。
ちょうど友人のお父さんから、家庭菜園のリンゴをまた沢山いただいたところだし。

と言う事で、大雑把にwebでジャムレシピなど参照しながら、適当に「リンゴ・マーマレード」なるものを試作してみることにする。
組み合わせることで美味しくなるのか?美味しくなくなるのか?
それは出来上がってからのお楽しみ。

e0134713_2342164.jpg(1) 柑橘の皮を剥いて千切りにし、生でかじって苦みが無くなるまで水洗いする。

マーマレードレシピでは、2,3回で苦みがとれるような記述だったが、4回洗ってもまだ苦い…。ま、砂糖を加えるから良いか(良いのか?)。


e0134713_231047100.jpg(2)柑橘の中身は絞ってジュースにする。
e0134713_2363543.jpgジュースをちょっと味見。こりゃ酸っぱい!!


e0134713_2351650.jpg(3)水をよく切った(1)の皮を、(2)で絞ったジュースに1時間ほど漬けておく。種は取り出してヒタヒタの水につけておく。

あれ、ジュースが少なくて全体が浸からない…。仕方無いので手でギュウギュウ押し揉んでみる。


e0134713_23114328.jpg(4)リンゴは皮を剥いて小さく切り、(3)と合わせ、アクを取りながら中火で柔らかくなるまで煮る。(砂糖を加えてからもまだ煮るので、煮過ぎないように注意!)

なんか全然水気が無いんだけど…。思いつきで、水をコップ半分くらい足してみる。


e0134713_23122132.jpg(5)取り出しておいた柑橘の種をヒタヒタの水で煮詰め、とろみのあるペクチンを作る。

煮立てると、見るからにトロリとした透明の液になる。面白い。


e0134713_23125124.jpg(6)(5)のペクチンと砂糖と蜂蜜を(4)に加えて、ゆっくりと沸騰させる。煮くずれないように注意。

うわー、煮汁が沢山出て来た!最初に水を足したのはNo Goodだ!


e0134713_23133283.jpg(7)リンゴの形がしっかり残っていて、かつ透き通り始めたところで完成。煮沸消毒した容器に詰めて出来上がり。
e0134713_23135678.jpg
一匙味見したら、市販のジャムよりかなり酸味が効いていて美味しい。
ただ、液状部分が多い気がするので、冷えたらちゃんと固まってくれるのかが心配だ。



********

翌朝。
夫が焼いてくれた自家製食パンに合わせて食べる。
なんというか、ジャムっていうよりコンポートっぽいかな?
まあ、ハッキリ言うと、ジャムじゃないな、これは。ちょいと煮たフルーツ、って感じ。
酸味、苦み、汁気がバランス良く、味は美味しい。

e0134713_23542237.jpge0134713_2354982.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-03-22 20:19 | 庭料理 | Comments(0)
2009年 03月 21日
アネモネ ブレンダ
アネモネブレンダの育て方:
●花期は3〜4月。
●育て方はアネモネに準ずるが、原種系で背丈が低い(10cm程度)。
●木漏れ日があたるくらいの半日陰が好きらしい。


2007/11/8
図書館で借りたイギリスの写真集で、この花が森の下草になって広がっている景色を見て憧れ、球根を購入。

庭に植えているアネモネ類は、毎年世話もせずによく咲いてくれるので、今回も例によって吸水処理もしないで直に埋めてしまった。
この種類はやや日陰が好きらしいので、柳イチゴ・ベゴニア・クリスマスローズの大苗が繁る東通路の入り口に植えてみた。

2009/3/21
可愛い花が、木陰で4,5輪咲いている。
「これ何だっけ」と記憶を辿ったら、アネモネブレンダ!すっかり忘れてたよー!
銅色がかってで切れ込みのある葉が地面を這う姿がアメリカフウロになんとなく似ていたので、これまでは繁った部分をザクザク刈っていた・・・。

e0134713_2312522.jpg

2009/04/04
刈るのを止めたら(涙)、あちらでもこちらでも咲き始めた。

e0134713_18305394.jpge0134713_1831633.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-03-21 11:12 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2009年 03月 20日
今日の開花
e0134713_2033891.jpg
今朝、息子が「雪が降ったよー!」なんて笑って縁側で呼ぶので「馬鹿なこと言って。雨でしょ」と見に行ったら、ユスラウメの花が咲いていた。
株元にはムスカリの花も咲き始めている。
この時期、毎日新しい花が咲くので面白い。

e0134713_20305516.jpge0134713_20315563.jpge0134713_20285389.jpge0134713_20303114.jpge0134713_20365482.jpge0134713_20382864.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-03-20 20:33 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)