<   2008年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 30日
タイベリー
タイベリーの育て方:
●育て方はブラックベリーに準ずる。
●ラズベリーとブラックベリーの交配種。ラズベリーの美味しさと、ブラックベリーの育て易さを併せ持つらしい。


2008/10
去年植えたブラックベリーは今年は結実しなかった。
ちょっとがっかりしてベリー類の記事検索などしていたら、ブラックベリーはそんなに美味しくないとの話が多く、更にしょんぼり。
ま、まだ収穫したことないから、本当は美味しいかもしれないけどね。

色々検索すると、味の評判は、「タイベリー」「ボイセンベリー」などの交配種が良さ気だな・・・なんて思っていたら、タイベリー苗を見つけたので、早速植え付けてみた。
ブラックベリーとは違い、蔓にトゲがある。結構痛い。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-30 22:34 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2008年 10月 27日
オンブバッタ
e0134713_20161611.jpg

末娘が「お母さんと赤ちゃんいたよー」と言っていた。
本当は、体が大きい方がメス。小さくてオンブされてる方がオス。

しかしオンブされている時には「オンブバッタだ!」と分るが、バラバラでいる時に見分ける方法ってあるんだろうか。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-27 20:15 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2008年 10月 24日
球根ベゴニア
球根ベゴニアの育て方:
●花期は4〜6月、10月。春に花が終わったら、茎を切り戻すと秋にもう一度咲く。
●暑さにも寒さにも弱い。10℃以下、30℃以上で弱り、35℃を超えると死んでしまう。
●陽光は好きだが直射日光と湿度に弱いので、風通しの良い明るい日陰に植え、葉や花に水がかからないように管理する。
●晩秋に地上部が枯れたら、掘り出して完全に乾いた場所に埋めて保存する。
●球根の植え付けは4月頃。発芽点(ちょっと見えにくい)を上に、土を薄くかけるような感じで浅植えする。


2008/10/22
物凄く豪華な花だが、葉茎は痛んで軟化している株が投げ売りされていたので買ってしまった。
帰宅して育て方を検索したら、育て方がとても難しい・・・。
でも、地植えだと結構イケたりすると書いてあるサイトもあったので、日陰で風通しよく雨がかかりにくそうな場所(繁ったアケビの這うアーチの下)を探して植え付けてみた。

一つの茎に大きな雌花と小さな雄花がセットになって咲くが、豪華な雌花を目立たせるために花屋さんでは雄花は掻き取ってしまうようだ。なので、今のところは寡婦が二人状態。来年は雄花も見られるか。

e0134713_8151571.jpg

2008/11/01
雄花が咲いた。
雌花と比べて小さく、黄色い雄しべがよく見える。

e0134713_19105052.jpg
e0134713_19111243.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-24 08:16 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2008年 10月 21日
ウメバチソウ(梅鉢草)
梅鉢草の育て方:
●花期は9〜10月。
●植付け、植替えは春。
●半着性の植物なので、イネ科の植物と一緒に植えると良い。
●日当りの良い湿った湿地に自生するので、冬以外には毎日水遣りをたっぷり。


2008/10
半着性。
それは何だろうと思って調べたら、土壌に直接は根付きにくく、他の植物の上に根を張る性質のことだった。他の植物から栄養をとる訳ではない点が、キノコなどの寄生植物とは違うようだ。

鉢植えの方が育ち易いと書かれていたので、庭の端に生えていた風知草と寄植えにしてみる。乾燥を防ぐために地表には裏庭からとって来たコケを張り、ブラックベリーの木漏れ日が当たる場所に置いておくことにした。

梅のような花で、葉は茎を抱くような丸い形。可愛い。


[PR]

by macchi73 | 2008-10-21 21:48 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2008年 10月 20日
紫の花 → アノダ・クリスタータ
2008/10
金木犀の東の陰に咲いた紫の花。
花弁は五つで薄く、真ん中にうっすらと絞りが入っている。
葉は、長い三角形でちょっとヒルガオに似た感じ。

何の花だろうなあ・・・と観察していたら、茶道を習っている息子が「茶花の宗旦木槿(ソウタンムクゲ)に似てる。調べてみたら」と言う。ムクゲからアオイ科の花を調べていったら、見つけた!「アノダ・クリスタータ」という花だった。種が面白い形にできるらしい。どんな形なんだろ。

e0134713_1956896.jpg

種ができた(写真中の花の上下)。
星形のガクの中に放射線状に種ができている。面白いと言えば面白いかな。
もっと変な形を期待していたので、ちょっと拍子抜け。

e0134713_22434317.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-20 20:10 | 観察中:名前が分らない動植物 | Comments(0)
2008年 10月 20日
キコガサタケ
(黄小傘茸:オキナタケ科コガサタケ属)



2007年の台風前後に芝生によく出現していたキノコ。
芝生に生えるキノコとしては、フェアリーリング病で芝生を枯らす、ホコリタケ・コムラサキシメジ・シバフタケと言うのが有名だが、これはキコガサタケというキノコっぽい。

白くて華奢で柔らかく、少し傘が深くてベルのような形。
芝張り一年目の梅雨時に発生しやすく、芝生を枯らす原因にはならないようだ。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-20 19:38 | 【自然】きのこ、菌類 | Comments(0)
2008年 10月 19日
アルプス乙女の焼きりんご
アルプス乙女で焼きリンゴをする時はキャラメルを使うと美味しいという本を読んだ。
キャラメルだけで良いなんて凄く楽。試してみることにする。

(1)アルプス乙女の上1/3を切り取って蓋にし、芯を除く。

普通の焼きリンゴだと、芯をくり抜く工程が一番大変なんだけど、アルプス乙女だと楽ちん!
スプーンで3回掻き出す程度。

e0134713_22355441.jpg
(2)中にキャラメルを詰め、リキュールをたらす。

でもやっぱりキャラメルだけじゃ寂しい気がしたので、シナモンとバターもちょっと入れてみた。また、キャラメルがいけるなら、似たような(?)チビマシュマロもいけるかもと思い、試してみることにした。
リキュールは自慢の自家製梅ブランデー。酸味があって、焼きリンゴにとても良く合う。
e0134713_22381830.jpg
(3)耐熱皿に並べて、ヘタ部分で蓋をする。

息子に中身を詰めてもらったら「キャラメルのみ」「キャラメルとマシュマロ」「マシュマロのみ」と、色んなパターンが揃った。それぞれどんな風になるか楽しみだ。
e0134713_22424827.jpg
(4)200度弱のオーブンで40分程焼いて出来上がり。
バニラアイスを添えていただいた。
e0134713_2246343.jpg

お、美味しい!
アルプス乙女って初めて食べたけど、酸味の感じが焼きリンゴにぴったり。
普段の焼きリンゴ(紅玉使用)に勝るとも劣らない美味しさかもしれない。この小ささがまた良いんだな。今度、小さいお客さんたちが来た時には沢山焼いて出そうっと。

マシュマロもキャラメルもどちらも美味しかったが、マシュマロは溶けて流れてしまうので、やっぱりキャラメルを使うのが良い感じかな。
[PR]

by macchi73 | 2008-10-19 23:05 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2008年 10月 19日
スカエボラ(ブルーファンフラワー)
スカエボラの育て方:
●花期は5〜11月。花が扇に似ているので、fan flower とも呼ばれる。
●冬は軒下、夏は木陰など、暑さ寒さを和らげてやる必要があるようだ。
●環境が合えば、這うように広がり花付きが良い。


2008/8
夏枯れでヨレヨレの庭に少し色を添えたく思い、小さなポット苗を一つ植えてみた。
近頃よく色んな花屋さんで見かける新しい花だ。流行ものらしい。

2008/10
気付いたら木陰で広がっていた。
地面を覆うように面白い形の花を沢山つけて、なかなか綺麗。

e0134713_126545.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-19 01:36 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(2)
2008年 10月 19日
秋のホタルブクロ
ホタルブクロが、末娘のベンチの陰でひっそり咲いていた。夏の花のはずだけど、ここ数日暖かかったから狂い咲いたかな。

今日気付いたが、ホタルブクロの葉は、茎の上の方では先の尖った木の葉っぽい形なのに、根元の方ではハート形なんだな。根元の方だけ見てると、別の植物みたいだ。
冬の間に根元の葉(根出葉と呼ぶようだ)だけ残ってるのを見て、草刈りしてしまわないように気をつけねば。

e0134713_145098.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-19 01:05 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2008年 10月 19日
ヒイラギモクセイ? ヒイラギ? ギンモクセイ?
良い匂いがする…と思って生垣を見たら、門の隣の一群にだけ白い花が咲いている。金木犀にそっくりな花だが色は白。甘い香りも似ているが、金木犀より穏やかな感じ。

ヒイラギも花が咲くんだなーなんて思って調べたら、ヒイラギとギンモクセイの雑種のヒイラギモクセイなんてものもあるらしい。ウチのはどれだろう・・・。

ウェブで画像を見てみると、ギンモクセイの花と似ているが、ギンモクセイの葉のふちはトゲトゲしていないようなので、違うっぽい。
色々な画像を比較したところ、ヒイラギの花は雄しべが長く飛び出て花弁も反り返り気味、ヒイラギモクセイは金木犀の白花版って感じなので、我が家の生垣はヒイラギモクセイかな。

e0134713_0131986.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-10-19 00:22 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(2)