カテゴリ:【生物】魚・貝など( 26 )

2017年 05月 26日
夜も歩けば
e0134713_05950100.jpg

夜、屋根にひっかかったものを取ろうとして塀によじ登って振り返ったら、庭の山法師の枝に星のような白い花がたくさん咲いてた。うわ。庭で一番の巨木である金木犀に飲み込まれてて、地面からだと全然見えなかったよ。びっくり。屋根をまたいで流れる枝に点々と白い花、天の川みたいで綺麗だ。庭からは見えないのが勿体無い。あ、そういえば山法師の白い花びらみたいな部分は葉が変化したもので、本当の花は真ん中の丸い部分なんだった。久々に花を見て、脳内に蘇る豆知識。

それから明日の朝食のために遅くまでやってるパン屋さん目指して夜散歩に出た。途中、暗い街角で釣り人に遭遇。釣ったばかりの釣果をお裾分けしてくれた。うはーラッキー。おかずができた。ずっしり重いビニール袋を持って、浮かれて夜の街をウォーキング。

帰宅して袋をあけると、丸っこくて可愛い顔の魚、黒々した平たい出っ歯の魚、それから細身の魚たち。うわー、でっかい!!大皿からもはみ出してしまう。魚は詳しくないので適当だが(名前きいたが忘れてしまった)、海釣り図鑑を見ると、丸っこいのがメジナ、出っ歯がイシダイ、細身はボラかなあ。
e0134713_0594867.jpg

メジナと思われる魚はフィッシュアンドチップスで食べた。ついこの間もタラで作ったばかりだが、メジナ(仮)もあっさりした柔らかい白身で美味しい。

それから次の日、イシダイっぽい魚は丸ごと一匹の甘酢あんかけに。皮が厚くてモチモチしてて面白い食感だな。イシダイ(仮)って、私は身よりも皮が好きかもしれない。

そしてまだ冷蔵庫にはボラ(仮)がある。これはどうやって食べようか。

e0134713_0594695.jpg
(ちなみに料理は全て夫の手による……)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


なんとなく、絵本『よるくま』で、お母さん熊が夜に天の川で魚を釣って帰るシーンを思い出して楽しくなっちゃった。星の魚。



「おかあさん おかあさん どこいってたの?」
ごめん ごめん。おかあさん おさかなつって おしごとしてたの。
ほら ごらん こんなにつれた。あしたの あさ たべようねえ。
この絵本、子どもたちも大好きだった。半分夢の中の雰囲気がよく出た絵。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-26 23:55 | 【生物】魚・貝など | Comments(2)
2016年 09月 19日
でたらめルアー
e0134713_2395112.jpg

子供と綺麗な魚の話したり、同僚のホビー話きいたりしてたら、いきなりルアーに興味が出てきて、試しに作り始めている今日この頃。

動画やウェブ記事に作り方を習い、「木を魚の形に削って」「重さ測って浮力計算して」「針金と重りを入れて」「アルミホイルに色んな鱗模様を押して貼って」「彩色して」「コーティングして」「リップつけて」……って、毎晩、ちょくちょく作業を進めるのが、なんだか無心になれて楽しい!
e0134713_23948100.jpg

でも、よく考えたら釣りってそんなにしたことないんだよな。釣りしない人間がルアーを作って使い物になるもんなのか?

それで釣りキチの友達に、いまルアー作ってんだ、どうだろ?と写真を送ったら「売れなさそう」との返事で、多少ガックリ。もっとリアルに作る方がイケてるらしい。釣具屋さんを視察に行った際には、けっこう変な形で派手派手なルアーがいっぱい並んでたんで、ある程度キラキラして極彩色なのが魚にアピールすんのかな?なんて思ってた。んじゃ次は、チョー・リアルに作ろう!と決心する。

でもまずは、多少バリエーションつけて10個くらい完成させてみて、釣りに使ってみたい。釣り行きたい。
e0134713_239487.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


我が家の童にも、「ルアーを彫ることを習うよりも、なぜ釣りの勉強をなさらないのです?」なんて問われて、ドキッとしちゃって、宮本武蔵気分(嘘)。


「お仏像を彫ることを習うよりも、その暇に、なぜ、剣の勉強をなさらないのです?」という童の問いに、剣者が彫刻をするのは剣のこころを琢くためだと答える武蔵、剣豪ぽくてイカす!

勉強が面倒くさくて漫画読んじゃう行為とは、そっくりだけど、一線を画す!

ってことは、ルアーを彫るのも、釣りの心を磨くためになる可能性はある……!ルアー釣り、未だ一回もしたことないけど。


[PR]

by macchi73 | 2016-09-19 23:55 | 【生物】魚・貝など | Comments(2)
2016年 08月 30日
ナンヨウツバメウオ@子どもとダイビング
e0134713_1125056.jpg

小学生の娘と一緒に、夏の終わりのダイビングをした。

ダイビングでは大きな魚や銀色にキラキラ光る魚の大群などを目の前で見られて楽しく、娘もきっと喜ぶだろうと思ったが、娘の感想は「うーん、楽しいけど、シュノーケリングの方が好きだなー」だった。あらま。どうもダイビングの際に装備を着脱する時間が億劫で好きではないらしい。

ダイビングを上がった後、「ピノはもっとシュノーケリングがしたい!」というので、二人で一緒にその辺を泳ぐ。確かに、シュノーケリングでも色とりどりの小魚は沢山見られるし、身軽にくるくる動けるから子どもには楽しいかもね。
e0134713_1124810.jpg

水面ですいすい魚を見ながら沖の方に出たら、足下のずっと下の方でダイビングをしてる人たちが見えるのも、なんとなく面白い。海って広さだけでなく深さもあって、棲んでるものや泳いでる魚の大きさも違うんだねー、深いとこには大きい魚、浅いとこには小さい魚だ、今日は両方見たね、とか話す。
e0134713_1124664.jpg

午後遅くなってきたら、これから来る台風の影響で波のゆれが大きくなって来たようで私はちょっと酔っちゃった感じ。「えー、私は全然平気!」と元気な娘を尻目に、「いやあ、もう帰ろう、夕方になっちゃうよ」と、青い顔でフラフラ移動。

岸へと戻る水面に、枯葉やゴミがけっこう浮いて漂ってるなと思ったら、その中に赤くて平たい魚がいた。枯葉に擬態してるのか?

魚に詳しそうなダイバーの方に聞いたら、これはナンヨウツバメウオの幼魚で、本当はもっとずっと南の海で暮らしている魚らしい。これも台風の影響で、こっちまで流されてきちゃったのかな?水面でぐったりしてるので、私と同じく大きな波に酔って(魚なのに?)弱っちゃってるのかと思ったら、もともとそういう動きの魚だということだ。
e0134713_1124527.jpg

ダイバーの方々が、台風の影響で、もう今日明日は潜れないね、とか話している。

海から上がったら、少し体が震えた。うわー、これは夏も終わりか?なんだか寒い……もう秋だ……と呟いたら、お母さんが水で冷えてるだけでしょーあったかいもの飲んでご飯食べなさーい!と子どもに言われる。なんだ、そっか。

かなり遅いランチ食べて、温泉で温まって回復。
それから宿にチェックインして、すぐに意識を失って、夕食まで1時間ほど泥のように眠る(その隣で、娘は宿に備えつけの子供推理本2冊読んで、フフ、お母さんイビキかいてたよ……とか余裕の表情)。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ボンベやウェイトの装着には、イヤそう〜な顔をしていた娘だが、ダイビングで借りたウェットスーツは「フィットしてるしプカプカ浮くし!」と、とっても気に入っていた。いつもは、持ち運べる浮き輪タイプのシュノーケリングベストをつけている。



泳ぎがあまり得意じゃない夫と子どもがいつも海で使っているジャケット。

小学生中学年くらいからは、大人と兼用のこのサイズでいける。

浮力が大きすぎて潜りができないのが欠点といえば欠点だけど、空気の出し入れが凄くうまい仕組みになっていて素早くできるし、たたむととても小さくなるので重宝してる。


[PR]

by macchi73 | 2016-08-30 07:00 | 【生物】魚・貝など | Comments(0)
2016年 08月 29日
カエルウオ@大淀小淀
e0134713_0511398.jpg

夏休みも終わりが見えて来たのに、今年は一回も海に行ってない。
慌てて休みをとって(?)近場の良さそうなところを探して、小学生の娘と二人旅することになった。

でも大きな台風も来そうな気配もあるし、自分が泳ぐのに熱中している間に小学生が流されたりしたら嫌なので、とにかく波がなくて安全なとこはないか……と探したら、伊豆の大淀小淀というところが良さそうな感じ。大きな潮溜まりが天然のプール状になっていて、波がなくて安全っぽい(もちろん、台風が来ちゃったらダメだろうけど)。

それで行ってみた。
東京から伊豆高原駅までは2時間くらい。駅を降りるとお店が色々集まったモールになっているので、お腹が空いていれば腹ごしらえも可能。

駅ビルのトイレで水着をワンピースの下に着込み、「やまも口」を出て目の前のスーパーでスポーツドリンクとお菓子と水の2Lボトルを買って、「つり橋」という看板に従って歩く。
e0134713_0511175.jpg

大淀小淀までは川沿いの道を15分くらい歩く。
観光散策ルートっぽく、道案内も出ていて景色も良く、木陰で涼しい道のりで楽しい。
e0134713_051913.jpg

途中には橋や小さな滝もある。そして最後は、海に流れ込む大きな滝が見られる。
e0134713_051847.jpg

滝の左の道には何かしらの景観地があるような看板が出ていて面白そうな気配があるが、ここは右に曲がって森の中に入って行く。するとしばらくして、左手の木立の合間から、眼下に綺麗な海が見える。
e0134713_051692.jpg

林の中の少し開けた場所に出ると、観光マップ看板と、大淀小淀への下り階段がある。
かなり急で滑りそうな階段を気をつけて下ると、二つの自然のプールが見える。
e0134713_051453.jpg

この辺の岩場は、近くの大室山からの溶岩が海で冷やされてできた柱状節理(大小さまざまな亀甲模様)になっている。平たい柱型の岩が多いので、適当な場所に陣取ったら、ワンピースを脱いで水中メガネをつけて、いざ海へ!
e0134713_051182.jpg

向かって左側の大きな方が大淀で、右側の小さな方が小淀。
小淀でも子どもには十分な広さと深さで、魚もいっぱいいた。大淀は大人でも全然足がつかない深さで(3mくらい?)、ぱっと見より広くて楽しめた。
e0134713_0505763.jpg

ここで軽く魚を見てから、歩いてすぐの吊り橋や八幡野海岸にも観光に行こうかなと思ってたんだけど、小学生がシュノーケリングに熱中してしまって、「いいよー、もっとここで泳ごうよ」と移動しないので、結局半日くらいシュノーケリングだけで過ごしてしまった。ま、いっか……。

小淀にはちょっと大柄なハゼみたいな魚(柄は何種類かいるようだ)がやたらいっぱい泳いでいるんだけど、近づくとすぐに壁面の穴に隠れてしまう。
壁面に沢山あいている穴に、ヒュッ!とお尻から後ろ向きに入って、頭を出してこっちを見てたりする動作が可笑しくて、変な魚だなー!と娘と追っかけ回す。カエルウオという魚らしい。
e0134713_0505349.jpg

他にも、尻尾がチェッカフラッグみたいになっているギンユゴイという魚の群れや、割と大きなオレンジ色がかった魚など、何種類かの魚が見られた。
e0134713_0505136.jpg

十分楽しんだら、スーパーで買ってきた2Lペットボトルの水で頭と顔と手足を洗い流し、体をよく乾かして、またワンピース羽織って戻る。大淀小淀は海水浴場ではないので、シャワーなどの設備はない。

水から上がった帰り道は、体が重くて眠くてだるくて、宿に着いたらすぐに眠ってしまった……。
夜には露天風呂と海の幸を楽しんで、また眠る。
e0134713_0505054.jpg

天気もまだ良さそうだし、明日はもっと深いとこ行ってみようか。
もっと面白い魚がいっぱい見られるかもよ!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

子ども連れの快適な道中は、軽い荷物から。


子どもと二人っきりでしょっちゅう水に浸かっている道中のため、貴重品(財布と携帯しかないけど)は防水ウエストポーチに入れて、ハイキング中もスイミング中も腰につけておいた。

あとの無くしても問題ない荷物(着替えとか)はリュック一つに全部まとめて、ずっと駅やら岸やらに置きっぱなし。身軽。



一応、携帯だけは念のため二重に防水しとく。ポーチから出しておけば写真撮影も可(携帯では殆ど撮影はしなかったけど)。

[PR]

by macchi73 | 2016-08-29 15:02 | 【生物】魚・貝など | Comments(4)
2016年 08月 20日
木須川の洞門
e0134713_384137.jpg

レジャーに行こうと思って遠出した先が特別イベント日で入場できず(←いつものドジ)、山里をただぶらぶらと、お茶したり虫採りしたりしながら歩く。そしたら、辺鄙な場所で格好良い洞窟のようなものを見つけた。

看板によると、木須側の洞門とよばれる昔の隧道で、明治44年~大正2年に川の氾濫を防ぐため住民が4424円を集めて貫通させたものらしい。
e0134713_383926.jpg
看板を読んで、「えっ、4424円?昔だとそれが高いの?」と不思議そうにする娘。

明治44年といえば、明治の終わり頃。
夏目漱石、森鴎外、永井荷風とかの小説に出てくるような時代かな。洋装も珍しくはなかったろうけど、まだまだヨレっとした着物が普段着の感じかと想像する。坊ちゃんの月給が40円で、待遇として悪くないみたいな書かれ方だったから、1円=1万円くらいのイメージだろうか。そしたら4424円は、今でいう4500万円くらい?(←チョー適当計算)
住民でそんな大金を集めて、何年もかけて死者まで出して、ずいぶん苦労して掘ったんだなあ。
e0134713_383715.jpg
e0134713_383531.jpg
e0134713_383320.jpg

看板の隣を抜けて小径を進むと、そのまま洞門の方へ降りられるようになっていた。
水は透明で冷たく、小魚や蟹がいるのが見える。
e0134713_383134.jpg

トンネルの奥の方へと進むと、水流で岩が削れて、深い淵のようになっている場所もあった。
どこを見てもけっこう小さな魚影がチラチラとたくさん見えるので、飽きずに面白く眺めていたら、淵の岩陰に成魚サイズも1,2匹いるのを発見。いきなり子供達が興奮する。

で、試しに虫取り網を水中に差し込んでみるが、水圧を受けて網が非常にゆっくりヘロヘロ動くだけで、魚は素早く、当然ながら全く獲れず。

結局、最初と同じく、おのおのお好みの水辺にじっと佇んで気配を殺し、ぎりぎりまで近くに来る魚を眺めては、時々「来て、来て、見てごらん、こっちにいるよ!けっこう大きい!」など、静かに呼び交わすだけとなる。全員が、自分の見つけた魚影が一番大物だと思って呼び合う様はいとおかし。早起きしたのにイベント入れなかった、とっても暇な休日にはふさわしい過ごし方だねえ……。
e0134713_382998.jpg
e0134713_382658.jpg

洞窟の中は冷たい風があってひんやりしていて、意外なことに蚊も全くいなかった。岩を削って流れる水流が早くて、ボウフラの棲みかには適さないからか。

その代わり、羽黒蜻蛉と糸蜻蛉がフワフワ飛び回っていた。とても静か。

特に何があるって訳でもなかったが、洞内でぼんやり涼みながら川沿いにふらつく子供たちを眺めたりして、結構楽しい場所だった。
e0134713_382714.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-08-20 07:00 | 【生物】魚・貝など | Comments(4)
2016年 07月 28日
川エビのボトルアクアリウム
e0134713_023157.jpg

子供とサイクリング中に雨が酷くなってしまったので、橋の下でしばらく雨宿りした。
雨宿り中、トンボとり用に持っていた捕虫網で川底を漁ったら、川エビがたくさん取れた。

ガラス瓶に川の水と水草とエビを入れ、家に持って帰る。
川エビは水槽のお掃除屋になるので、メダカと金魚のいる庭の睡蓮鉢に放すと良いかな。
e0134713_0225827.jpg

帰宅して、ネットで飼育方法を調べたところ、川エビはボトルアクアリウム向きの生物で、このまま瓶の中で飼うことも可能という記事が多く見つかった。それでとりあえずテーブルの上にそのまま置いておいたら、上の子が「うわ、懐かしいな。ヤマトヌマエビ?」と寄ってきて、覗き込んでいる。なんで知ってるの?と聞いたら、だって前の家の水槽で飼ってたじゃんと言う。

へえ!エビを飼ってたのはもう10年ほど前、上の子たちが保育園から小学校低学年くらいの5、6年間のことだったと思うけど、よく覚えてるもんだなあ!そういえば、よく水槽の前にかじりついて見てたもんな。

そっかー、むかし住んでた家とか、小さかった頃のこととか、子供って覚えてるもんなんだ……と思ったら、なんだか胸が温かくなった。
当時は私も夕方には子供たちを迎えに行っては一緒に夕飯の買い物したり家事したりの毎日で、両立は大変ながらも一番賑やかで楽しかった時期だった気がする。その後、私は仕事ばっかりの生活になっちゃって、どうしても悔やんでいる部分はあり。上の子たちには、できれば一緒に楽しく過ごした当時のことを覚えてて欲しいもんだと、いつも思っているんだ。
e0134713_0225627.jpg

そんな感じで、いきなり過去に引き戻されてホロっとしてしまったこともあって、エビのボトルはしばらくこのままテーブルに置いておくことにした。透明なガラスの中、透明なエビがピコピコと動いていて綺麗だ。

よくよく見ると抱卵しているっぽい個体もいるので、このままだと増えちゃってボトルじゃ狭いかもしれないが……。しばらく様子見て、多すぎるようだったら庭の睡蓮鉢に移そう。
e0134713_0225424.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-07-28 07:30 | 【生物】魚・貝など | Comments(4)
2015年 08月 08日
ピカピカの貝殻の作り方
e0134713_2435062.jpg

酷暑の続くこの折、ずっと気になっていることがある。
それは、納屋の裏に置かれた、恐ろしくも怪しげなビニール袋……。

4月に夫が海で袋いっぱいの貝をとってきて、「お土産屋さんやってる知り合いに聞いたんだけど、ピカピカの貝殻を作りたいなら、中身を腐らせてから洗えば良いんだって」と得意そうに語り、それから4ヶ月も庭隅に放置しているものである。

どう考えても既に十分腐ってると思われる、アレをなんとかしてくれないか……と頼み続けてはや数ヶ月。やっと夫が動いた!と思ったら、

庭が磯臭に包まれた。
e0134713_244829.jpg

むむ。なんか一瞬チラッと見えた「ごはんですよ」みたいな恐ろしげな液体が洗い流された後には、意外とそんなに嫌でもない海辺の雰囲気の漂う庭に……これは新手の庭先リゾート演出か?(嘘)
e0134713_244221.jpg

禍々しい腐汁(とか言っちゃう)を綺麗に洗って乾かした貝殻は、たしかにガラスでコーティングされたように滑らかでピカピカだった。ふだん海辺で拾うマットな質感の表面とは全然違う。

その後、なんとも鷹揚に「これあげるから、何かに使うと良いよ」と、妻子にピカピカ貝を賜った様子から考察するに、たぶん夫は、宝貝が貝貨として使われてた時代の人かもしれない。

そんな訳で、娘と一緒にピカピカ貝の使い途を考え中。どうしよっかなー。
e0134713_2445980.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-08-08 23:55 | 【生物】魚・貝など | Comments(7)
2015年 05月 24日
金魚の稚魚
e0134713_2453.jpg

先月、近所の小学生たちが金魚すくいでとってきてくれた金魚の水槽整備に、やっと着手。

金魚と言っても、すごく小さい稚魚。
これでも少し大きくなったが、遠目だとメダカのようにしか見えない。
全部黒いヤツばかりなのは、まだ子供だからかな?今後の体色に注目。
e0134713_24884.jpg

水を張った木陰の水槽に金魚を放つ。
水だけだと殺風景すぎるので、麦飯石の底砂を敷いて布袋草を一つ浮かべてみた。

よく陶器の睡蓮鉢なんかを屋外に置いてメダカや金魚を飼ってる人っているような気がするが(イメージだけかな?)、あれって雨水は平気なんだろうか。もしも雨で水があふれてしまった時は一緒に金魚も流れてしまうものなのか?それとも増水時は自力で底に潜ってくれるものなのか?前にタフ船で池を作ってメダカを飼ってた時(今は亀池)は、雨は問題なかったけど、あれは水量があったからかな……。まだ勝手がよくわからないので、とりあえず、軒下か屋内に移しておくのが安全か。

できれば自然に愛着と餌とが湧くように、いつも小学生たちが遊んでいる庭のどこかに置いておきたいんだけど。
e0134713_241082.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

魚つながり。out of sea になったら困るけど。


"Like a fish out of sea" (The Trampolines)


[PR]

by macchi73 | 2015-05-24 10:05 | 【生物】魚・貝など | Comments(5)
2014年 08月 13日
浅瀬の魚たち(子どもとシュノーケリング)
e0134713_0552781.jpg

潮溜まりでのハンティングにも飽き、子どもを誘って少しだけ水深のある場所に泳ぎに出てみる。
子どもの背が届く程度の浅瀬でも、けっこう色々な小魚が見られた。
e0134713_0575117.jpg


オヤビッチャ: 親美姫

黄色に黒の縦縞の小柄な魚。
どこでも群れで泳いでいるのをよく見かけた。
e0134713_333874.jpg


ロクセンスズメダイ: 六線雀鯛

黄色の輝きがあるオヤビッチャの群れに混じって、たまに青白く光る個体が混じっている。

同じような黒の縦縞なので単にオヤビッチャの中の個体差かと思って見てたけど、青っぽく光る方はロクセンスズメダイという違う種類の魚らしい。
e0134713_1261363.jpg


カゴカキダイ: 駕籠舁鯛

こちらは黄色に黒の横縞。
潮溜まりでも浅瀬でも少し深さがある場所でも、どこでも群れで泳ぎ、岩に生えた藻をつついていた。

人を怖がらない性質らしく、岩の上に手を広げてジッとしていると、手をつついてくる。
軍手がほつれてユラユラしている糸を、餌と間違えたのかな?
e0134713_133131.jpg


ホンベラ: 本倍良、本遍羅

こちらもどこにでもいる魚。
派手な柄のある方がオスで、薄い赤一色の方がメスらしい。

ただ、似たような派手な柄でも、色鮮やかなタイプと少し色褪せたようなタイプがいたから、もしかしたらベラの中で色々と別種があるのかもしれない。
e0134713_1163279.jpg
e0134713_1162360.jpg


ソラスズメダイ: 空雀鯛

真っ青な小魚。
どこにでも群れを作って泳いでいたから、全然珍しくないんだろうけど、物凄く綺麗に光る青い色で、見てるとやっぱり興奮する。

同じ青でも、水色がかっていたり、濃い青だったりとバリエーションがあったから、もしかしたらこちらも何種類かの似た魚がいるのかもしれない。
e0134713_1244053.jpg
e0134713_123247.jpg


イシダイ: 石鯛

ロクセンスズメダイと同じような白地に黒の縦縞だけど、体に青い輝きが無い。
そして、なんとなく大味なデザイン。
e0134713_133149.jpg
e0134713_133463.jpg


ニザダイ: 仁座鯛

黒い体に白い尾鰭のシックな柄。
色んな魚の群れに混じって何度も見かけたんだけど、写真を撮ろうとすると逃げる。警戒心強いのか。

図鑑に載ってなかったけど、たぶんニザダイの稚魚じゃないかなーと思う。
e0134713_1333489.jpg


チョウチョウウオ: 蝶々魚

名前の割に地味かな。
でも、サンゴ礁につきものの魚として有名で、見たとたん「あ、この魚知ってる!」と思った。
e0134713_243939.jpg


タナバタウオ: 七夕魚

黒いボディで、背ビレ胸ビレには蛍光色っぽい青いラインが入り、尾ビレと顔はオレンジ色の格好良い魚。顔のオレンジ色は婚姻色なので、普段は黒い顔をしているようだ。夏頃に交尾・産卵し、岩下に産みつけた卵の番をする習性がある。

よく見たいと思って長いこと追いかけて泳いでみたが、とても警戒心の強い魚らしく、岩陰から岩陰へと移動するのでなかなか全身は見られなかった。
e0134713_15004.jpg


イトフエフキ: 糸笛吹

これといった特徴もあまり無いので、本当にイトフエフキという魚かは自信が無い。
ただ、体が結構大きいので、カラフルな小魚ばかりが多い浅瀬で見つけた時には、「やった!大きめの魚ミッケ!!」と、ちょっとだけときめいてしまった。
e0134713_2291133.jpg


タカノハダイ: 鷹羽鯛

写真だと地味に写っちゃってるけど、少し斜めに入った縞模様と尾鰭の水玉が特徴的で、実際見るとなかなか綺麗な魚だった。体も大きいし。
e0134713_2321678.jpg


銀色の魚たち

銀色の魚の群れは、色んな種類を見かけた。
が、銀色は水中で目立たないのと、結構なスピードで浅瀬と沖を行ったり来たりして泳いでいる群れが多かったので、写真はうまく撮れなかった。

丸くて尾鰭が二股に分かれてる魚とか、川にいる鯉みたいな姿でずっと海底の砂をパクパクしてる魚とか、色々いたんだけどなあ。
e0134713_3115949.jpg

e0134713_341556.jpg


そんな感じで。
他にも赤とか水玉の魚とか、写真を撮らなかった魚もいっぱいいたんだけど、名前はわからず。
虫や植物の名前を知ってる程度に、魚も名前を知っていたら楽しいだろうなーと思ったシュノーケリングでした。
[PR]

by macchi73 | 2014-08-13 22:00 | 【生物】魚・貝など | Comments(3)
2014年 08月 12日
ハコフグ(箱河豚)
e0134713_422222.jpg

娘が見つけて、「あ、フグだ!」と喜んで追いかけていた。
ウツボとかフグとかイカとか、図鑑を調べるまでもなく名前を知ってる魚を見つけると、知らない土地で知り合いを見かけたようで、なんだか凄く嬉しいよね。
e0134713_422441.jpg

泳ぎはヘロヘロしていて遅いハコフグだが、体表から水溶性の毒を出しているので襲われにくいらしい。

よーし、その今にも追いつかれそうなヘロヘロ泳ぎで、うちの末っ子をタイドプールから海へとおびき出してくれ!! (←子ども相手の潮だまり遊びから、もう泳ぎに行きたい母の心の叫び)
[PR]

by macchi73 | 2014-08-12 23:55 | 【生物】魚・貝など | Comments(2)