「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:薔薇一覧( 1 )

2009年 01月 31日
バラの剪定、誘引(我が家のバラ一覧)
バラの育て方:
●我が家では無農薬でほぼ放任。世話は年に一度だけ、1月にまとめて行っている(施肥・剪定・誘引)。
●剪定・誘引は品種によって異なる。
 ・修景バラ、原種バラ:剪定はしてもしなくてもOK。どこで切ってもOK。
 ・木立性:細枝・枯枝は根元から除き、あとは2/3程度を残すように剪定する。元気な外芽の上で切ること。
 ・つる性:年内に出たシュートは束ねておく。冬に古い枝を間引いてから、束ねておいたシュートを誘引。
 ・半つる性:半分くらいに切り詰めれば木立バラ風になる。先端を切り戻す程度にして、ツルバラ風にしても良い。
●枝は水平になるように育てる(上方に花芽を伸ばして、沢山咲かせるため)。
●本当は冬以外にも剪定をした方が良いらしい。
 ・四季咲きバラに関しては、5月頃にシュートの先端を5cm程切って徒長を止める。
 ・つるバラ以外は、夏にも枝先の切り戻しと不要な枝の剪定を行う。
●開花期には花殻をこまめに摘む。花殻は5枚葉の上から除くこと。


e0134713_2056251.jpg
2009/01/31
今年も、年に一度のバラの世話の日がやって来た。
断ち切り鋏(もと裁縫用・・・)でパチパチ切る。あちこちを紐でクルクル留める。株元にグルリと肥料を埋める。
そんな感じで半日がかり。

手入れが大変だと言われるバラだが、株自体は頑丈で枯れることってまず無い気がする。
むしろ、放任してるとどんどん伸びて手に負えない。
棘が痛いのが嫌なので「庭にバラは増やすまい」と常々思うんだけど、たまに豪華な花が無性に欲しくなる・・・。
ちょっとやそっとじゃ枯れない分、庭のバラは少しずつ増える一方だ。

バラは庭では目立つ存在だが、やはり世話していないだけあって、バラ園のようなピカピカの美しさは無い。
手入れしなくても枯れはしないけれど、手入れしないとあんなに綺麗には咲かないってことなんだろうな。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以下、我が家のバラ一覧。

ロサ・カニナ(原種バラ)
野生種。花よりはローズヒップで有名。
茎は太く、棘は鋭く大きい。
勢いよく伸びて巨大な株になったが、花は小さくていまいち地味な感じ。
台木によく使われる品種だと知ったので、接ぎ木を試してみることにした。


白木香
プレゼントで当たった苗。
株はぐんぐん伸びるのに花が咲かず、長いこと花色不明だったが去年やっと白い花を咲かせた。
刺が無いツルツルの茎が嬉しい。


e0134713_20272033.jpgアンジェラ(半つる性)
2006年に実家からミニバラとしてもらった苗。
が、去年には大人の身長くらいまで伸びてしまった。
花と茎の様子から、アンジェラではないかと疑っている。花付きが良い。
支柱もなにも立てておらず茎が絡まり合って大変な有様なので、思い切って地面から30cm程に刈り込んでみた。
今年からはミニバラではなくアンジェラとして育てる。


e0134713_20295446.jpgバレリーナ(修景バラ)
茎がとても細く(2mmくらい)よく絡まる。
どんどん伸びると言うので、とても小さい黒ビニールポット苗を2年ほど前に購入。
が、日陰に適当に植えたせいか、虫害のせいか、ヨレヨレの茎が地面を這うように少し伸びただけだ・・・。
今回、整地のついでに、もう少し日が当たる東側の壁面に誘引してみる。


ミニバラ
人から貰ったりして、庭のあちこちに何株か生えている。
背が小さくて他の植物に埋もれがちなのと、淡い色の株ばかりなので大抵忘れられているんだが、花の少ない時期なんかに「お!あんなとこにバラが」なんて気付く。剪定も忘れがち。
今回は、散らばっていた3株を集めてミニバラゾーンを作ってみた。これで剪定も忘れない。


ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(つるバラ)
2008年春に苗を植付け。蔓を10m近く伸ばす強健種らしい。
植えた年から早くも花を咲かせたが、茎の伸びは予想していた程ではなかった。
窓辺に沿わせるように誘引しておく。
細い茎に数多く生えている棘は、湾曲していて鋭く、色んな場所にひっかかる。痛い・・・。
棘の嫌さでは庭で一番。


ブライダルピンク(フロリバンダ)
2008年春に苗を植付け。その春から咲き出した。
同時期に植えた苗たちは未だ花を殆どつけないのに、この株だけは何度も繰り返し咲いている。
いかにもバラと言った感じの整った形の花は、直径10cmほどで瑞々しいピンク。花もちも良い。我が家のバラの中では一番端正な印象。
まだ葉も落ちておらず花も少し咲いているが、2/3ほどに刈り込んでおく。


ピエール・ド・ロンサール(つるバラ)
2008年春に苗を植付け。2009年4月に初めて開花。
ツルバラとは書かれていたが、茎はかなりしっかり自立した感じで、伸び方もゆっくりだ。
軒下の柱の下の方に、螺旋状に誘引しておいた。



つるアイスバーグ(つるバラ)
2008年春に苗を植付け。
日陰でも育つと読み、日当りが悪い東の壁面に誘引してみた。
2009年春に開花。花数が多い!


スヴニール・ドゥ・ドクトゥール・ジャメン
(オールドローズ)

本日植え付け。
白っぽい花ばかりの庭にアクセントをと思い、深紅の花を選んでみた。棘があまりなくて扱い易いというのが決め手。

2009/5に開花。黒味を帯びた赤で豪華!強く香る。


ゼフィリーヌ・ドルーアン(クライミング?)
本日植え付け。日陰にも強く全くトゲが無いので、娘のベンチの後ろに植えた。

2009/5に開花。花弁はショッキングピンクで爽やかな香り。


***その後、増やしたバラ****

つるスターリングシルバー(クライミング?)
2010/1に植付け。その年の春に咲いた。
灰・桃・紫が混じったようなユニークな色で、柑橘類のような爽やかな香りが強い。


群星(クライミング?)
2010/1に植付け。その年の春に咲いた。
花付きがとても良い。株立ちになって広がるので、広い場所が必要。


ジャストジョーイ(HT)
2012/3に娘が選んだ苗を鉢植えにしたら、その年の春に咲いた。
我が家では珍しい黄系のバラ。花数はそんなに多くないが、一輪一輪が巨大!フルーツのような芳香がある。

[PR]

by macchi73 | 2009-01-31 18:08 | 薔薇一覧 | Comments(0)