カテゴリ:【その他】日記( 166 )

2017年 08月 15日
夏休みオーストラリア旅行: ウォレス線を体感しよう!
e0134713_20342870.jpg
夏休み、オーストラリア家族旅行メモ。
【旅の目的】
日本とは全然違うであろう、南半球かつウォレス線、ウェーバー線以東の自然を体感したい!
(ウェーバー線は生物分布境界線の一つで、その線から東はオーストラリア区、西は東洋区)


【それぞれの目標】
1) 可愛いモフモフの有袋類を見たい。あわよくば触りたい!(by ピノコ小6)
2) 南半球でしか見られない星を見たい(by 夫)
3) ほぼ9割が固有種だというオーストラリア独自の動物相を体感したい。ただし休みはぐうたらしたいので、ホントその辺の雑草とか虫の観察だけでOK(by 私)

【達成度】
★★★★
→全員の希望が叶ったので◎!カモノハシが見られなかったのだけちょっと残念。

1) 少し郊外に行けば家畜や野生の有袋類がその辺でうろついているのを普通に見られる状況に、子ども大はしゃぎ。毎日何度でも隙あらば外をうろつき、動物に接近を試みていた。
e0134713_20385237.jpg宿付近でよく見かける個体たちには勝手に名前をつけて日々親交を深め、数日後には膝に乗って日向ぼっこする仲になっていた。もしかしたら自分たちが観光資源という自覚があるのかもしれない。

2) 夜や早朝に無人かつ無灯の草原に繰り出すと、物凄い星空!!
星座レクチャーで夫の株が上がりまくり。娘に尊敬されまくり。一方、カメラの設定ミスで星空タイムラプス撮影を失敗したり、闇夜の一人行動で娘を心配させたりで、私の株は下がりまくり。北の空に昇る太陽や月を見て、赤道の反対側に立っていることを実感。

3) 街中で普通に見られる生き物たちのメンツが見慣れたものと全然違うので、「これがウェーバー線の威力か!!」と実感。その辺をぶらぶら歩いて虫や鳥を見るのが凄く楽しかった。公園や駐車場やお店の前でしゃがみこんで生き物を撮影してると、それってすごい普通種だよと地元の人に教えられたりする。バット、ナット・コモン・フォー・ミー、フロム・東洋区!
e0134713_2034127.jpg


▼ 旅程などの記録はこちらをクリック ▼ 
[PR]

by macchi73 | 2017-08-15 23:55 | 【その他】日記 | Comments(1)
2017年 07月 16日
夏休み前の庭整備
e0134713_0104961.jpg
明日からしばらく出張などで不在なので、出かける前にエイヤっと草刈りをした。
庭の爬虫類たちを殺さないよう慎重に、でも徹底的に、バーッと刈る刈るボーイで地面を均一に刈り込んで行く。こうして芝生風に風通し良くしておけば、お母さん不在の間も快適に過ごせるだろう?
e0134713_21220998.jpg
それから、「……自分、しばらく留守にしちゃいますけど寂しいっすか?」と鼻の下をこすりながらシャイな感じで大学生たちに聞いてみたら、ううん全然大丈夫、気をつけて、とニッコリされた。くそう、寧ろ嬉しそうとは。昔は数日程度の別れでも、寂しいよって、ペタペタくっついて来てたものなのによう。
e0134713_0104511.jpg
ま、実際は上の子たちは双子のせいか、二人揃ってればご機嫌に過ごしていたので半分リップサービスだったんだろうなとは思うが。そのリップサービスすらしてくれなくなった今日この頃って訳か。ちぇ。末っ子だけが、「一ヶ月超えたら寂しくなると思う」と微妙な気遣いを見せてくれる。が、その寂しがりラインも微妙だな……。

荷物の準備しながら、お母さんは、実はちょっと寂しい。でもま、だいたい出がけの時が一番の寂しさピークだけどな(←負けず嫌い)。ごはん食べろよ、宿題しろよ、お風呂入れよ、歯あ磨けよ。 行ってくるよ。
e0134713_0104459.jpg
サイクリング中に見かけたカモの親子。こちらはまだお母さん慕われ中っぽいや。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


夜。夕食の買い物ついでに透明なビニール製のテーブルクロスを買って帰宅したら、ごおごお言う突風とともに、昔近所に住んでた友達&子どもたちが遊びに来てた。で、おニューのテーブルクロスを広げた上で、一緒に小麦料理。友達は中国北方育ちで小麦粉を魔法のように操るので、その技を見てはうっとりする。前はいつもこうやって一緒にご飯食べてたよねえ、と久々の懐かしい味をいただく。

このところ、チビの時によく遊びに来てた子供たちが急に顔を見せることが続いていて面白い。連絡先知らないから昔の記憶を辿って来てみたよーと言う子供もいて、方向感覚なのか記憶力なのか、凄いなと笑ってしまったり。小さい時はみんなコロコロ集まって一つの群れみたいに見えてたもんなのに、今はみんなそれぞれ暮らす国々も場所もバラバラで遠く遠く離れて、進路も家庭状況もめちゃくちゃバリエーションがあり、嗜好も価値観も性格も大きさも喋り方も全然違っててびっくりする(たぶん、小さい時だって、そうだったのかもしれないが)。それでも会えば幼馴染の気安さが漂い、お互い積もる近況やら思い出話やら、全然違っても楽しそうに過ごすもんだなと面白く思う。

そういう時、なんて言ったらいいかわからないけど、風だけじゃなく、時間がごおごお流れてるようなこの世界を感じるんだよな。時間のエントロピーの風に吹かれて、物事は何でも散り散りに拡散して行く。その中で昔偶然会って・今も会える人って凄く良い。今選んで知るチョー素晴らしい人たちより、昔っから知る偶然の人たちの方が懐かしい(って、当たり前か)。時間と共に価値が増す。時間ってそれだけで価値だと思う。
e0134713_116511.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-07-16 23:55 | 【その他】日記 | Comments(4)
2017年 05月 28日
注文の多い子供服
e0134713_23364663.jpg

週末は運動会だった。
子どもたちが活躍している。手を振ると、パッと笑って小さいゼスチャーを返す。見たいプログラムの合間は人のいない日陰で昼寝。子どもたちの歓声や音楽が流れてきて、すっごい気持ち良い。幸せって、暑い日に涼しい木陰で昼寝することだなあ。

運動会も終わって下校時、友達が娘に声をかけて通り過ぎていく。手をふる娘。ヒップホップ風(よく知らないので違うかも?)の友達を指して、ああいうダボダボの服って可愛いよね、私も着てみたいなーと言う。へえ、ちょっと意外。

運動と日焼けついでに、帰宅後はそのまま庭の地面を一掃する。
あらー久しぶりだわねー、とガーデニング仲間のご近所さんもやってきて、今年の夏の作物は何植えるの?そんなのダメよ、冬瓜にしなさいよ、などとしばし議論。熱中して夕方までやったら、ずいぶんスッキリした庭になった。風通しも良くなって満足!よーし、これで夏になったら木陰で昼寝だ。幸せだ。
e0134713_23364537.jpg

それから家に入って裁縫の準備。
多分、いつもの型紙でも適当に大きく作れば、さっきのヒップホップ風(?)になるんじゃないかと思うんだ。簡単だし、生地もあるからチャチャッと作っちゃおう。

で、子どもにリクエストを聞いたら、「ちょっと待って!ちょっと待って!このマークつけたりできる?」と二階から急いでゲーム攻略本のようなものを持ってきた。ゲーム世界に登場する架空のブランドタグをつけたいらしい。「刺繍でこのマーク作って、お店みたいにつけてくれる?」いいよ、了解。「それで前が開いてないパーカーにして」わかった、了解。「ここがダボっとして、こういう感じ」了解、「いつものお母さん特製のポッケのとこのネームタグもつけてね」了解……。

そして完成。

いかがでしょう。
e0134713_23364365.jpg

すごくイイよ!柔らかくって着心地イイ!!とお褒めに預かった。気に入ったようで何より。

「かなりオーバーサイズに作ったから、大人でも着れると思うよ」と、大学生の長女が試着したら、それもイイ感じ。私も試してみたが、普通に快適。あれー、これお母さんの方が似合うかもね、やっぱり自分用にしようかなーなんてポーズをとったら、「ダメ!お母さんにはピンク似合わないよう!!違う色でお揃い作りなよう!」と、多少失礼な感じの提案をされた。


いつもと違う工夫は、大きい前ポッケと、裾には少しタイトに絞ったリブをつけたとこ。腰でとめてトレーナー風にもできるし、ストンと落としてワンピース風にもできるんだ。布は、薄くて柔らかく、よく伸びる接結ガーゼニットで。
e0134713_23364260.jpg

この型紙、流用して色々作ってるけど、10年以上前に上の子たちのお揃いの部屋着を作ったのが確か最初だったかな。あれも大きめに作ったのがジャストサイズになるまで、ずいぶん長いこと着てたっけ。
……上の子たちの運動会シーンも、なんとなく思い出されたりして。
e0134713_23363981.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-05-28 23:55 | 【その他】日記 | Comments(5)
2017年 05月 27日
手作りエコラップ
e0134713_194588.jpg
私が好きじゃない家事の第一位ってアイロンがけ。
子どもたちは割と自分らでマメにかけてるが、たまーにどうしても私がやらなくっちゃいけない時もある。めんどくさー。

で、仕方なくアイロン台とアイロンを引っ張り出したついでに、前にafricajさんの「グルグルつばめ食堂」で知った蜜蝋ラップというものを作ってみた。作り方は、薄手の自然素材の布に蜜蝋チップを点々とのせて、クッキングシートで挟んでアイロンをかけるだけ。布全体に溶けた蜜蝋が染み込んだら完成。出来上がった蜜蝋ラップは、手でギュッとすると自由自在な形にできて、気密性もあるようだ。

試しに、必要もないのに、朝食の残りのパンを包んでみたりして。
この感触、初めてだけどどこかで知ってる……なんか昔の玩具とかでこんな感触のモノなかったっけ……でも思い出せない……ぐねぐね形を変えるの、気持ちイイ。
e0134713_194379.jpg
africajさんの元記事にもあるように、布と布をつまんでギュッとするとくっついて固まるので、即席の器をつくったりもできる。面白い。山菜採りとかピクニックに持って行ったら、収穫容器や食器に使えて便利かもしれない。

ペッラペラのスケスケ、シワシワの薄いハンカチも、蜜蝋ラップにしたらしっかりと固い感触に。この感触……ほんと、何だっけ……。
e0134713_194122.jpg
調べてみたら、市販品もあるようだ。家にあるような布切れよりも柄が非常にオシャレだ。しかし高価だな。

そう思うと、こっちはあまりオシャレじゃないけど、耐久面・衛生面・コスパという点では優れものかもしれない。シリコン製。



e0134713_193991.jpg作ったラップ、さっそく活躍!

夫が夜に入れてくれたドリンクを翌朝の寝起きにも飲むことが多いので、たぶん毎晩つかうことになるだろう。

耐久性はどうかな。これからのお楽しみ。

→→ 初使用の翌日、夫が一口飲んで、「あれ、なんか美味しい。この布のせいかな?」と……。ホントに!?だとしたら凄い。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-27 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)
2017年 04月 11日
雨天決行花見
e0134713_18411073.png
夫と娘とお花見サイクリングに出かけた。
天気が悪くて最初ぶーたれていた娘だが、途中で年の近い子達と合流したらすぐに上機嫌に。大人とのサイクリングは面倒臭い修行で、子ども同士だと楽しい遊びらしい。

しかし雨はどんどん強まり、合羽を着てもノーガードな顔面への冷たい雨で溺れそうになる。
始めは「ぶはー!なんでこんな日にサイクリングー!!」と不快感を示していた子ども達だが、濡れるに従ってどうでもよくなったようで、いっそ雨よもっと降れ!もっとびしょびしょにしろ!!びしょぬれフォーメーショーン!!!とハイになって笑う。

よく知らない子同士が仲良くなる過程を見るのって、楽しくて好きだ。最初軽い接触、ぎこちないのがニコッとして、それから馴染んでつるんでジャーゴンを得て。大人にはよく分からない合言葉でくすくす笑う。ちょっと動物の原初のコミュニケーションを感じて、なんか可笑しい。

雨天曇天の下で満開の桜、彩度が下がって、煙る霞のようで綺麗。
頭上も路面も花びらで覆われ、視界全体がすっぽり桜に包まれて、白いトンネルの中を滑走してるみたい。
e0134713_18410647.jpg
皇居、芝公園、明治神宮、神田川沿いあたり流して、ランチして帰る。
帰路は晴れて光が差し、雨上がりの路面がきらきら光って桜の彩度が見る見るあがって行く。やっぱ青空に桜が格別かな。帰ってお風呂!帰ってお風呂!って合言葉を唱えながら進む。

なんだかんだで50kmくらい走って、帰宅は昼下がり。お風呂入って温まって、それでもまだ半日休みがある。嬉しい。
e0134713_18410312.png
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

私の味方ゴアテクス。頼もしい奴。
雨でも雪でもサラサラ暖か、むしろ悪天候たのしい。(←顔面以外は……)


[PR]

by macchi73 | 2017-04-11 23:55 | 【その他】日記 | Comments(0)
2017年 04月 08日
見栄張りお母さん日記
e0134713_2334722.png

休前日の夜にゴロゴロしてたら、今晩ともだち泊まるね、と急に長男から知らされる。「断る!」と拒否しようとしたが、事情があってもう向かってるという。

なんですとー!と飛び上がって、他の家族に緊急速報メールを流して招集。知らない人が来るらしい!片付けヘルプ!!

で、集まったメンツに向かい、君は最南部から北上せよ、私は東端から北西へ進む、貴方は水辺を、お前は2階を片付けなさい、などと分担して、ローラー作戦で惨状を一掃する。

できるだけゆっくり帰ってきてね、と上の娘からも助け舟のメール。りょうかい、と息子。

毎日ちゃんと暮らしてる人々には想像できないと思うが(普段遊んでいる友人たちにも「え、散らかってるとか気にすんの?いつもじゃん」とか言われそうだが)、きちんとしてないワーキングマザーの家って酷い有様の時ってままある。というか、3月4月は特に惨状。というか、もはや酷い有様が常態かもしれない。となると、ワーキングマザーの部分は関係なく、単にきちんとしてない私個人の問題なのか?って気もするが。最近、眠くて眠くて仕方がないんだ。家事がどんどん溜まるんだ。

掃除のために窓を開け放っていたら、湿った夜の風。「雨ふるの?」と娘。この週末は雨らしいよ、と答えたら、ヤッター!!とガッツポーズをしている。雨の空気って好き、雨の空気吸いながら、家の中でゴロゴロするんだー!明日は休みでバクネだあ!!と、すごく嬉しそう。とんでもないインドア小学生だな。アンニュイな内容の割に、しゃべりが元気でちょっと変だ。ちなみにバクネって爆睡のことか?

それでガタガタやってイイ感じになって、お風呂入ってみんな寝る支度してる頃に息子帰宅。余裕かまして挨拶。お友達もいらっしゃい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

翌日。
コタツを片付けたリビングにまたコタツ布団を広げて、怠け者体勢バッチリの娘を発見。
お母さんと一緒に観ようと思ってたしゃべくりセブンのビデオあるよ、進撃の巨人の新刊読もうよ、トランプしようよ、懐かしゲーしようよ、と楽しそう。怠け者のくせに早起きか。

それで芯から一日、ゴロゴロする。
昨夜バタバタしたおかげで週末は家事に追われずのんびり過ごせる。これもまた良し。

ってか、普段からもっとちゃんと家事しよう……。
e0134713_233456.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *



妙に好きな古いゲーム、『パイロットウィングス』。
昔のしょぼいCGだが、なぜか風景や空気をリアルに感じるので、たまにやりたくなる。
今のCGに慣れた上の子にも末っ子にも好評なので名作なのかもしれない。ま、家族でリビングに布団しいてお菓子食べてのゲームナイトが楽しいだけかもしれないが。

e0134713_2334352.png

[PR]

by macchi73 | 2017-04-08 23:55 | 【その他】日記 | Comments(2)
2017年 04月 06日
春の衣替え
e0134713_21475231.jpg

月に2回、子の習い事のお迎えに行く。
夜の街で、必ず一箇所だけ寄り道して帰るのが娘との約束。

本当はもう送迎なんてしなくても大丈夫そうだし、繁忙期は仕事が終わらなくて慌てることも多いんだけど。娘が一杯やりながら(←ソフトドリンク)、プハー!この時間が至福だねえ!この一杯のために習い事しているよー!という様子がサラリーマンみたいでおかしいので、小学校のうちは続けようかなと思ったり。

今日も夜桜が見えるお店で一杯やりつつ、この頃身長の伸び著しい娘に、週末には春服でも買いに行こうかと話したら、えー買うより作って欲しいんだけど!と叫ばれる。家にある材料でいいよ、そしたら節約だし!ピノがデザイン描くね!あ、もう思いついた、もう思いついたから!!と、あまりの意欲に、「いやあ、作るより買う方がずっと安いよ……工賃が一番高いんだぜ……」と怯む。

けど、うわーワクワクしてきたー!と目をピカピカさせて話し続ける娘の様子に、なにかホロリともさせられたりして。もうそろそろ気づいて良い年だと思うが、お母さん、別に手芸は得意じゃないんだぜ……通信簿は家庭科2だったぜ……どうみても縫い目はガタガタ、絶対に自慢の出来じゃないだろう……?

で、気づいたら、「よし、作りましょう!いえ、むしろ作らせてください!社長!」と固い握手を交わす夜。また近々徹夜の予感。ま、これも小学生のうちはだな。
e0134713_2111822.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

身長が伸びてもOKな子供服本。希少。


[PR]

by macchi73 | 2017-04-06 23:55 | 【その他】日記 | Comments(4)
2017年 03月 14日
日々育っていく隠れ家日記
e0134713_23171291.jpg

隠れ家を作った翌日。
庭から娘の鼻歌が聴こえる。朝から一人でなにかカタカタやってる。

楽しそうなところを邪魔するのも悪い気がして、不在の隙にそっと見たら、テーブルクロスを綺麗に作って可愛い生花で隠れ家を飾っていた。さらに、木の板に自分や友人たちの名前と絵を描き、リボンで屋根と入口に取り付けている。みんなのおうちの表札らしい。

ううう。子供の細々した工夫を見ると、なにか笑いがこみ上げてきて止まらない。

これから友達がやってくるみたい。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

e0134713_23171090.jpg

さらに翌日。
朝、出勤しようと庭に出たら、隠れ家が2軒に増殖してた。うわっ。

これは力作。友達みんなでやったんだな。またまた笑いがこみ上げる。小学生たち、面白すぎる。

夫にも教えたら、いつの間に、とびっくりしてた。

e0134713_2317776.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * *

そうしてまた翌日。出勤前にちょっと期待して庭を見て回る。

しとしと雨の庭に、ままごとの料理やフラワーアレンジメントの後が点々と散らばって濡れて光っている。子供たちの遊びの気配が感じられる。無人の隠れ家を覗いてみたら、たぶん濡れるのを嫌って、布類はちゃんと取り外して雨のあたらないベンチ型収納棚の中にしまいこまれていた。この生活感、本当に誰かの住処みたいだ。

しかしタープ代わりだった毛布が外されて軒先の枠組みがむき出しになってみると、飛び出た棒の先端が少し危ない気もする(心配性)。急いで部屋に戻って、穴のあきかけたノルディック柄の靴下を一組持ち出し、棒の先にクッションとして履かせておく。これで安心。しかもちょっと可愛いかも。子供たち、気づくかな。なんかにやにやする。

毎日毎日、笑わせてくれる。行ってきます。

e0134713_2317666.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * *

頭の中のBGMもNostalgic du coolなんか流れたりして。隠れ家遊びって、なんだかノスタルジック。


[PR]

by macchi73 | 2017-03-14 23:55 | 【その他】日記 | Comments(5)
2017年 02月 14日
チョコレートマカロン
e0134713_1174529.jpg

今年のバレンタインデーには、初めてマカロンを作った。

……って、私じゃなくて、末っ子がだけど。

e0134713_1174316.jpg

「作り方おしえてね」と言われたけど、私もマカロンなんて作ったこともなければ、食べたことも殆どないので、「泡立てってこれくらい?オーブン、これでいい?」とか聞かれても、説明書の通りに作るようにしか言えず。娘と同じだけの知識しかない。

それで結局、鉄板に触れてた面が薄っすらときつね色に色づいた、軽くてフンワリしたあま〜いメレンゲクッキー的な何かができた。

味見させてもらって、あはは、ちょっと香ばしいかもね甘すぎかもね、と笑ったら、娘が「うう……」と唸って頭を抱え、お母さんの評価がアブナイ……お裁縫は得意だけどお料理はそうでもないねって思われるかも……とうなだれる。

なんでだよー!お母さん関係ないだろう、ピノの料理だろう!と、笑ってしまったが、うううーみんなはそうは思わないかもよーと唸る娘。それは脅しか。よくわからないがおかしい。

が、その後、甘々のマカロンにかなりビター目なチョコクリームを作ってサンドしたら、最終的にはなかなかバランス良く美味しいお菓子になったようだ。与り知らぬところで名誉毀損される危機を回避できて、私も嬉しい。

家族みんなに「おいしいじゃん!」と言われて一安心した顔の娘。それから「マカロンって食べたことなかったなー」とか聞いて、微妙な表情。なんと家族の誰もちゃんとしたマカロンを知らないのであった。
e0134713_1174051.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-02-14 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)
2017年 01月 02日
寝正月日記
e0134713_1711551.jpg

年末年始、家族はみんな夫の実家に帰省。私は体調不良で独り東京で寝て過ごす。一人で食べた肉に当たった疑惑。

夜中に便座を抱えて嘔吐の年越し、しょぼい。断熱材の無い我が家、ガランとだだっ広いタイル貼りのバスルームは底冷えが凄い。ひとり震えること地震の如し。体を丸めて唸りつつ、神頼みを無限リピートしてたら、いろんな宗教がお祈りや念仏を勧める理由が分かった気がした。

動き回る気力もないので、水道水に砂糖と塩を投入したものを枕元に置いて摂取して過ごす。経口補水液のつもり。ハンドメイドだがほっこりしない。ちょっと虫の餌っぽい。

こういう時に家族がいればなあとフラフラしながら少しだけ思う。その一方で、家族からの電話やメッセージ連投がしんどすぎて、電話を遠くに隔離したりもする。

三日目、固形物も摂取しようと林檎を薄切りして食べたら気力回復。もしかしたら途中からはただの空腹による不具合だったかもしれない。

コーヒーを淹れようとしたがフィルターが見つからず、キッチンペーパーを適当に折ってフィルター替わりにしたら、どういう訳かタバコの吸殻液みたいな味になってしまった(飲んだことないが)。とんでもなく不味い。オエッとなって廃棄。いつも家族がいれてくれる美味しいコーヒーを思い出す。

それから携帯に送られてきている写真とメッセージを見て、とても天気の良い正月だったと知る。あーあ、釣り行きたかったなあ。

四日目、みんなが帰ってくる前に、キレのない動きで家の清掃と洗濯を少々。抱きつきすぎて友情を感じ始めた便器を特にピカピカに磨く。トライ滅菌。

門扉が開く音がして、家族が帰る。うわー、お母さんが何か薄くなってる!本当だスカスカだ!とか抱きつかれて面白がられる。無音で無臭で冷たくガラーンとしていた家が、いきなり明るく賑やかで美味しい匂いになっていく。食物と飲物が、自分が動かなくても出現する。この数日の静謐が消えてくのを名残惜しく思いつつ、やっぱり人がいるのも良いかもな。

そんなこんなで、家族のありがたさを思い知った年末年始でした。
やりたかったことは何もできなかったが、減量だけは目覚ましい成果。

今年もよろしく。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

出発前に息子がセットして行ってくれた音楽リストのリピート再生で、耳にこびりついてしまった曲。変に好きになっちゃったような、もう聞きたくないような。

曲調から80年代の何かっぽく、YMOとか角川映画なんかを思い出してたら、全然今の曲だった。


 amazon.co.jpで調べる
[PR]

by macchi73 | 2017-01-02 17:00 | 【その他】日記 | Comments(12)