2009年 02月 21日
フェンネル スイート
フェンネルの育て方:
●花期は6〜8月。
●葉、茎、種の全てに芳香があり、食用に使える。
●急激に大きくなるので、徒長して倒れないよう日当り良い場所で育てる。
●乾燥気味を好む。
●こぼれ種で増える。直根性なので植替えを嫌う。


フェンネルの風味が大好きだけど、料理に使いたい時に探すと売ってなかったりする。ちょこっとしか入ってないのに高いし。
ということで、庭に植えることにした。

夏には背丈2mくらいになり、葉が茂って幅も出るらしい。
裏庭の空き地と西の庭の空き地に植え付けた。

植え付けていたら、夫がやってきて「あ、ニンジン植えたの?」と聞かれた。ニンジン?
そう言えばほんのちょっと似てるかも。よく分からないけどイメージが。

e0134713_2115914.jpg

2009/6
花が咲いた。
だいぶ大きくなったので、時々摘んでは自家製ピクルスに使ったりしている。

e0134713_0451891.jpg


2010/4/29
いつの間にやら大株過ぎ!
これはもっと積極的に料理に使っていかないとダメだなあ。
しかしフェンネルを大量に使う料理って無さそうだよなー。→ とか思ってたら、あった。フェンネル餃子

e0134713_20221229.jpg

2010/6/20
ぐんぐん伸びて、もう2m。花が咲いている。
よく、食用ハーブは花を咲かせないように(花が咲くとトウがたつから)と言うが、こんなに咲いてしまってはもう手遅れだろうか…。
でもまあ、結構利用したし、あとはタネをとって来年また小さく育てるのでも良いかもしれないな。

e0134713_22262949.jpg

2011/3
秋口に一度、最後の収穫としてザックリ刈り込んだが、その後もちょくちょく萌芽し、常緑で冬を越した。寒さにも強いんだな……。
暖かくなったら、また一回り株が大きくなったようだ。
[PR]

by macchi73 | 2009-02-21 22:11 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)


<< クレマチス(マダムジュリアコレボン)      ヤロウ(鋸草) >>