2008年 03月 08日
ミヤギノハギ(宮城野萩)
萩の育て方:
●花期は8〜10月
●日照にはうるさくないらしい。
●施肥は冬に堆肥を根元に与えるだけで、あとは与えない。
●冬に葉が枯れたら、地表5cmで刈り込んでしまう。他の時期にはできるだけ切らない。
●2月頃、株分けできる。
●6月頃、挿木できる。


2008/3
近所の中華料理店からもらった壷に、宮城野萩を植え付ける。
今はまだ地上部は無くて、根っこから枯れた茎が5cm程出ている状態。

2008/4
新しい芽が出て来た。
うーん、東に枝垂れて欲しいんだけど、西に向かって伸びている様子。
e0134713_2333259.jpg
2008/5
良い感じに枝を伸ばしつつある。
左に見える銀色の葉はカレープラント。
e0134713_0344849.jpg
2008/9/20
花が咲き出した。
e0134713_2411377.jpg
2008/10/4
どんどん咲いているが、イメージしていたようには枝垂れないで、空に向かって放射状に枝を伸ばしている感じ。うーん。初年度は少し刈り込みを軽くして、来年度、もう少し枝が長くなれば豪華に枝垂れるのかなあ。
e0134713_950324.jpg

2009/9/8
良い感じに枝を伸ばしていたので、もう少し広い場所に移そうと壷を持ち上げたら、ぶつけて割ってしまった。
仕方無いので、壷から取り出して地植えにする。
ただ、壷から出して植えるとなるとかなりの日陰の場所しかないや・・・。
2009/9/20
移植してから元気がなく、葉が縮れたようになっている。
うーん、今年はダメかも。せっかく元気に育ってたのに悪い事したなあ。

2010/9/26
いつの間にか、また元気に繁って大株になっていたので、かなり大胆に短く選定してみた。
[PR]

by macchi73 | 2008-03-08 23:31 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)


<< 香りの良い葉→セイヨウノコギリソウ      フクシア >>