2017年 08月 07日
オーストラリアの蟻・1(グリーン・アント)
e0134713_152459.jpg
空港を出るなり、「お母さん!いいもの見つけた!ちょっとおいで!」と娘に腕を引っ張られて、透き通った緑色の蟻を見せられた。綺麗!

この蟻は、現地ではgreen tree ant とか単に green ant と呼ばれて親しまれ、ちょっと煩がられてもいるようだった。とにかくどこにでもいて、今回のオーストラリア旅行で一番よく見かけた生き物だったかも。

和名だとツムギアリ。名前の由来は、樹上に葉っぱを糸で綴った巣を作るから。
e0134713_1524335.jpg
よくお尻を振り上げたポーズをとっていて、娘と一緒に覗き込んでは、ダンスみたいで可愛いねーとか言っていたんだけど……。なんか、足元にお仲間の死体っぽいのが結構転がってないか?
e0134713_1524183.jpg
e0134713_1524143.jpg
別のアリのお尻の噛み付いて、汁を吸っているヤツもいる。もしかして襲ってたりしてるのか?それとも、たまたま死んでしまった仲間の栄養分も無駄にすまいとしてるだけ?
e0134713_1523788.jpg
e0134713_152352.jpg
ズームアウト。

うーん……やっぱり襲ってるみたいに見えるかな……。
e0134713_1523312.jpg
e0134713_1523121.jpg
出会い頭には触覚でササっとお互いに撫で合ったりしてるから、多分、そうやって匂いを嗅いでみて、巣が違うと小競り合いしたりするのではないかと思う。ちなみに、体が大きいのと小さいのが混じっている時があるが、体の大小は、仲間か敵かの判定には関係ないようだった。
e0134713_1523098.jpg
また、カイガラムシが付いている枝の上に集まっているのもよく見かけた。この辺の習性は、日本でもオーストラリアでも同じっぽい。アリはカイガラムシの甘露が大好き。
e0134713_152263.jpg
旅行前に蟻の本を読んで、ツムギアリを見てみたいなーと思っていたとこだったから、しょっぱなからラッキーだった。嬉しい。持つべきものは、目の良い子供(虫好きの)。

そういえば、以前ツムギアリに特に興味がなかった時に東南アジア辺りでも見かけたりはしていたんだけど、その時は「ツムギアリって金色だ」と思って眺めていたのだった。体が緑色なのは、オーストラリアのツムギアリだけの特徴っぽい。

e0134713_152255.jpgケアンズ滞在中の宿のご近所のパブ、GREEN ANT CANTINA。お店のモチーフがグリーンアント(だが可愛くない)。

緑色の腹部には、ビタミンたっぷりの酸味のある液が入っていて、アボリジニがレモン代わりに食べると聞いた。

そういえば、東南アジアに行った時にもツムギアリをレモンティーに使うとかなんとか言われていたし、試しにちょっと試してみたら、本当に酸っぱかった。レモンのようなフルーティーな香り高い酸味でなく、ビタミンC剤のような酸味。特に美味しくはない。




[PR]

by macchi73 | 2017-08-07 20:50 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
Commented by mu at 2017-08-08 01:14 x
何とも絵本映えしそうなカワイキレイな蟻ですねぇ。
大群で足とかに登ってこられたら『ヒィ〜〜〜』ってなりそうですが…。
Commented by macchi73 at 2017-08-10 00:16
> muさん
綺麗ですよねえ。
本当にどこにでもいたんですが、飽きずにずっと見てました。

しかし性質はカワイイというより割と獰猛な感じで、人のことも噛む(そして痛い)らしく、ちょっと害虫扱いのとこもあるようです。


<< オーストラリアの蟻・2(聖堂シ...      河川の岩の上に点々と見られるゼ... >>