2017年 07月 06日
海老の群れ
e0134713_20454117.jpg

草木がぐんぐん伸びる。夏って成長の季節だ。針子という名前が相応しかった仔メダカたちも、いつの間にか随分大きくなっている。何匹いるんだろう。数えようと近寄ると、浮草の下にスイッと隠れる。

それで鉢に覆いかぶさるようにして、葉っぱの下、水中をよくよく覗き込んだら、鉢のぐるりの壁面に苔が生えて、まるで一面の草原のようになっていた。
e0134713_20454098.jpg

苔の上には、丸々太った大きな淡水エビが点々と。さらによく見ると、沢山の仔エビたちの姿も見える。へえ!去年川で採ってきたのが定着したんだな。

群れの様子が面白かったので、写真を撮ろうとして水を揺らしたら、一斉にピョンピョン、スイーッとあちこちに散ってしまった。しかししばらくするとまた寄り集まって、黙々と手を動かしながら苔についた微細な何かを食べている。

なんとなく、水中の苔の上の大小のエビたちが、原っぱで草を食む親馬、仔馬の群れのように見えた。

水中に広がる垂直草原。覗き込む人の顔は、地平の太陽みたいに見えたりすんのかな(絵的に怖いか?)。
e0134713_20453816.jpg

水中でそよそよ繁茂している苔の草原は爽やかにも見えるが、地上の繁茂には爽やかさのかけらもない。まるでミニチュアの熱帯雨林の趣。

週末、草刈りしないとなあ。雨降りで涼しくなってくれると良いんだけど。
e0134713_20453643.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-07-06 21:00 | 【生物】魚・貝など | Comments(9)
Commented by africaj at 2017-07-07 06:58
久々の更新で、飛んできましたw
エビ、定着したの凄い!
私はボウフラが怖くて庭に水物置けないのですが、こうして上手に楽しむにはコツがあるのですか?
苔も綺麗。

子供の絵本に、よく月や太陽が話しかけるものありますが、あれって本当は巨大な別世界から覗いてるのか?
なんて思った今日の文章。
レイ・ブラッドべリにもありましたね、そんなのw
Commented by エビですか at 2017-07-07 15:35 x
庭でエビも育てられるのですね。

チャレンジしてみようかしら?餌は何でしょうか?
Commented by うり豆 at 2017-07-07 15:35 x
おお~ラ・プラタの大草原ですか~、
愉快な夏のスノードームみたい♪
水平線上の大きな顔太陽!はソラリスですかね、

露繁き緑のなかの紅い実はサネカズラ?
兎顔の女の童が提灯を提げて見え隠れする、「草迷宮」の様で好いですねぇ。
Commented by LB15 at 2017-07-08 13:20 x
まさにロビンソンの庭ですね(笑)
赤いのはミニトマトかな。

エビの透明感が綺麗…
昔、近所の川のコンクリートに苔が生えていて覗くと小さなドジョウがたくさん張り付いていました。
子供の頃の自分が狂喜して網を振ったのはいい思い出です。
Commented by macchi73 at 2017-07-08 21:12
> africajさん
はい。このところすっかりブログを忘れてました……。

で、過去の投稿を見てみたら、例年2月は無投稿、4月半ばから活発化して、5月の一ヶ月だけ異常に投稿がマメで日々更新になり、7月8月は放置という習性が明らかで、年単位のバイオリズムのようなものがあるんだと可笑しく思いました(後から遡って投稿したりはしてますが)。
夏が一番、自分的には活発で楽しい季節なんですけどねえ。

メダカ鉢、すんごい放置なので、おこがましくてコツとか語れないですが……。
夏は多分、水棲の幼虫を食べて太ってると思います。ボウフラが湧きそうなのに全然いないとこを見ると、メダカが食べまくってるんだろうと。
置き場所がバラの枝と果樹の枝の下なのも、もしかしたらアブラムシや小虫が水面によく落ちて、餌になってて良いのかもです。

ブラッドベリ、どの話かな。
そういえば子供って太陽とか月に顔を描きますね。リアルに考えるとちょっと怖い。


> エビですかさん
気づいたらこんなに増えてたので、育ててると言えるかどうか……餌もあげたことがなくて。実は存在もすっかり忘れてたので、お恥ずかしいです。
でもこの増え方を見るに、たぶん増殖する藻や苔が餌になってるのかな?
Commented by macchi73 at 2017-07-08 22:41
> うり豆さん
パンパのことかな?
社会で出てきたラプラタ川って、ラ・プラタなんですね。知らなかった。

私はこの記事を書きながら、何となくミルプラトーを思い出したりしてました。単に高原と草原の連想か。あと、視点の移動とか。ソラリスって惑星ソラリスのことですか?そういえば観たことないんで今度みてみよう。

大きな顔といえば、私は諸星大二朗の栞と紙魚子シリーズ(大大大好き!!)の、「奥さん」をイメージしちゃいます。奥さんは魔術師に召喚されて異世界から呼び込まれた巨顔の美女なんですが、顔以外の体のパーツはイマイチどうなってるかよくわからない描き方なんですよね……。元ネタは、ラヴクラフトのクトゥルフ神話です。

赤い実はトマトとラズベリー、ブラックベリーです。
そういえば夫はあまり本を読まないんですが、泉鏡花はちょっと好きみたいでそれが何となく嬉しくて、リビングの本棚には私も鏡花を置いたりしています。


> LBさん
ほんと、緑の暴力って感じですよ!左下の赤はミニトマト、正解です。

エビ、肉眼で見ると、無色透明の中に青やオレンジっぽい色がチラチラ見えたりで綺麗なんですが、写真に撮るのは難しく。ちょい残念。

小さなドジョウ、可愛いでしょうね!
前に住んでいた家では、水槽でオトシンクルスをずっと飼ってて好きだったんですが、魚っぽくないああいうの、愛嬌があって見てて楽しいですね。
Commented by コーイチ at 2017-07-08 23:32 x
こんばんは。
メダカ水槽、どうなったか気になっていたのですが、水も綺麗に維持できているじゃないですか。
エビが透き通って元気なのは水が綺麗な証拠です。
仔エビ可愛いですよね。

水槽もメンテナンスしないと水草が茂ってグチャグチャになっちゃうんですよね。

あと、遅ればせながら昇進おめでとうございます。
それにしても、暑いですね。
毎年の事ながらバテバテです。
Commented by mu at 2017-07-09 01:33 x
淡水海老の写真、滲んだ水彩画のようでとても奇麗な写真ですね。

うちも雨だれの受けとして大きめのプラバケツを置き、蚊の対策用にメダカや金魚を投入した事があったんですけど、いずれも上手く定着する事無く、気付けば水草だけが繁茂する蚊の培養所になってしまっています…。

しかし、macchi73さんちもなかなかの密林状態。(この状態の写真に私は安心感を覚えてしまいます…)
私は今日、重い重い腰を上げて伐採作業に従事しました。が、半分も終わらないまま倒れる前に切り上げたところです。やり出すと一心不乱に集中出来るんですけど、ふと我にかえった時に一気に肉体的疲労に気が付いてしまい、続きは明日に持ち越しです。(作業後のシャワーが至福!)
ホント、とろけそうに暑いですねー。
Commented by macchi73 at 2017-07-09 08:26
> コーイチさん
ありがとうございます。暑いですね。
私は暑い時の日陰が大好きなんですが、それでもちょっとうんざりする暑さの時がありますね……。皮膚が塞がれたような暑苦しさ、湿気のせいなのかな。
自宅だと割と過ごしやすいので、街のビルをキンキンに冷やす冷房の排気熱や、コンクリートや全面ガラスの建物のせいもあるのかな?と思ったり。

そっか、エビで水質がわかるんですね。
いい感じに維持できていてよかったです(って、維持作業をなにもしてないので偶然の産物ですが……)。
仔エビはピコピコしてて可愛いです!


> muさん
密林ですよー。もじゃもじゃですよー。
しかも、パッと見は「うわっ!荒れてる!なんとかしないと!」って思うのに(ご近所さん、通行人の方々もそう感じてるはず)、草刈りしないとなー、でも暑いなー、とグダグダ重い腰で眺めているうちに、「あれっ?これはこれで一種の美があるんじゃない?絶妙じゃない?もう一声、自然に近づいてみる?」とか、判断が狂って来るという……。こわい。

草刈りお疲れ様です。
早朝、夕方、雨の日なんかだと、少しやりやすいんですけどね。うちも昨日はちょっと刈り込みました。お互い、頑張りましょう。


<< 夏の冷たい餅デザート      冷たい百合の香り(シオネール) >>