2017年 02月 14日
チョコレートマカロン
e0134713_1174529.jpg

今年のバレンタインデーには、初めてマカロンを作った。

……って、私じゃなくて、末っ子がだけど。

e0134713_1174316.jpg

「作り方おしえてね」と言われたけど、私もマカロンなんて作ったこともなければ、食べたことも殆どないので、「泡立てってこれくらい?オーブン、これでいい?」とか聞かれても、説明書の通りに作るようにしか言えず。娘と同じだけの知識しかない。

それで結局、鉄板に触れてた面が薄っすらときつね色に色づいた、軽くてフンワリしたあま〜いメレンゲクッキー的な何かができた。

味見させてもらって、あはは、ちょっと香ばしいかもね甘すぎかもね、と笑ったら、娘が「うう……」と唸って頭を抱え、お母さんの評価がアブナイ……お裁縫は得意だけどお料理はそうでもないねって思われるかも……とうなだれる。

なんでだよー!お母さん関係ないだろう、ピノの料理だろう!と、笑ってしまったが、うううーみんなはそうは思わないかもよーと唸る娘。それは脅しか。よくわからないがおかしい。

が、その後、甘々のマカロンにかなりビター目なチョコクリームを作ってサンドしたら、最終的にはなかなかバランス良く美味しいお菓子になったようだ。与り知らぬところで名誉毀損される危機を回避できて、私も嬉しい。

家族みんなに「おいしいじゃん!」と言われて一安心した顔の娘。それから「マカロンって食べたことなかったなー」とか聞いて、微妙な表情。なんと家族の誰もちゃんとしたマカロンを知らないのであった。
e0134713_1174051.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-02-14 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)
Commented by mu at 2017-02-17 02:23 x
娘さん、マカロンなんて手作り出来るのですか、凄い。
私も、友だちに一つ二つ貰って食べたくらいで、どんな感じだったか今イチ印象に残っていないお菓子のひとつですが…。
それにしても、最後の写真は凄い色ですね。
何か、食べてはいけないような・・・スライムを思い出すような。

冬の庭は寂しく、庭に出ても、決まらない樹形の白梅の下で深呼吸して終わる、って感じです。
Commented by 薪の炎 at 2017-02-18 15:43 x
暫くはブログ更新はされないだろうなと勝手に判断してしまい、ブログチェックを怠っていたら、続けていくつかの記事がUPされていましたね。バレンタインデーがらみの手作りスイーツの記事と梅の花や仕事がらみで出かけていることへの感想等の記事でしょうか。私にとってスイーツについてはもらえることも、自分で作ったりすることもどちらも限りなく0%に近い事柄かもしれません。梅の花についてはうちの庭の梅は昨年たくさんの枝が伸びたのですが葉芽ばかりで花芽がとても少なく、育て方の研究が全然足りないと思い知らされました。さらに梅の花の香りは私の場合よほど花に鼻を近づけないと感じられないので、もしかすると臭覚に少し問題があるのかもしれません。さて、仕事がらみで外に出かけることが最近多かったとのこと。出かけた先で設備、建物、資料を見る、試験をする、話を聞く等をされ、でもそれは仕事の本質とは関係ないとおっしゃっていますがまるでクイズみたいですね。でも外に出られるっていいですよね。いろいろな経験ができたり見聞が広められたり。私も現役のころは仕事の関係で国内海外問わずずいぶんあちこち出かけました。旅好き、鉄道好きにとっていい仕事をさせてもらったと今でも思っています。ただ旅日記的なものは全く書かなかったので今書き記そうと思ったら、やや印象的な事柄をうろ覚えのまま頭から引っ張り出さざるを得ませんね。それではまた。
Commented by macchi73 at 2017-02-19 18:12
muさん>
マカロン、印象に残らないっていうの、そんな感じですね。
私も食べたことなくはないんだろうけど、「これがマカロンか!」っていうイメージがまだありません。たぶん、すごく美味しいのを一度食べれば違うんだろうなー。

冬の庭は緑が落ちてしまって寂しいですが、その分、日差しがすみずみまで落ちて、明るくて綺麗かも。
明るくて冷たくて乾いてる。陰影が濃くて蒸し暑い夏と、全然逆の綺麗さですね。


薪の炎さん>
庭でぽつぽつ咲いてる梅・椿・福寿草、冬の柑橘類の黄色さとか、綺麗だなーと思って、仕事の出がけにちょっと写真は撮ったりしてるんですよね。
で、せっかく撮ったから、季節のうちに写真アップはしたいなと思ったりして。それに合わせて書きたい内容は特にないのに……。

そのせいで、記事の内容はちょっと適当、スカスカかもです。
それでクイズみたいになってたかも。すみません。
仕事で出かけてるんですが、その内容とは別のとこで、移動や風景や出先の雰囲気みたいなものを面白がってるって感じです。もちろん出先でゲットする情報の方も面白くない訳じゃないんですが。
この世界って、手で触れない情報やデータみたいなものと、皮膚で感じられる物質的なものと、二重構造だなってよく思います。前者が社会で、後者が自然ですかね。
前者のおかげで暮らせてますが、後者の方が生命って感じします。
仕事や他人のためには前者を使うけど、ずーっと後になって「こういうことがあったな」って自分一人で思い出したりするのは、後者の経験なのかなと思ったり。

だから(?)、ずっと昔に出かけた旅日記、何十年もたってから、輪郭もぼやけて抽象的になったものを引っ張り出して書かれても、夢現つ入り混じり、旅情のエッセンスだけ抽出されてかえって面白そうな気がしますよ。
沢木耕太郎の『深夜特急』とかも、克明なようでいて、けっこうそれ系だと思うんですよね。
もしブログとかやられたら教えてください。読みに行きます。


<< 冬の野鳥と鳥媒花      夏みかんのオランジェット >>