2016年 07月 28日
川エビのボトルアクアリウム
e0134713_023157.jpg

子供とサイクリング中に雨が酷くなってしまったので、橋の下でしばらく雨宿りした。
雨宿り中、トンボとり用に持っていた捕虫網で川底を漁ったら、川エビがたくさん取れた。

ガラス瓶に川の水と水草とエビを入れ、家に持って帰る。
川エビは水槽のお掃除屋になるので、メダカと金魚のいる庭の睡蓮鉢に放すと良いかな。
e0134713_0225827.jpg

帰宅して、ネットで飼育方法を調べたところ、川エビはボトルアクアリウム向きの生物で、このまま瓶の中で飼うことも可能という記事が多く見つかった。それでとりあえずテーブルの上にそのまま置いておいたら、上の子が「うわ、懐かしいな。ヤマトヌマエビ?」と寄ってきて、覗き込んでいる。なんで知ってるの?と聞いたら、だって前の家の水槽で飼ってたじゃんと言う。

へえ!エビを飼ってたのはもう10年ほど前、上の子たちが保育園から小学校低学年くらいの5、6年間のことだったと思うけど、よく覚えてるもんだなあ!そういえば、よく水槽の前にかじりついて見てたもんな。

そっかー、むかし住んでた家とか、小さかった頃のこととか、子供って覚えてるもんなんだ……と思ったら、なんだか胸が温かくなった。
当時は私も夕方には子供たちを迎えに行っては一緒に夕飯の買い物したり家事したりの毎日で、両立は大変ながらも一番賑やかで楽しかった時期だった気がする。その後、私は仕事ばっかりの生活になっちゃって、どうしても悔やんでいる部分はあり。上の子たちには、できれば一緒に楽しく過ごした当時のことを覚えてて欲しいもんだと、いつも思っているんだ。
e0134713_0225627.jpg

そんな感じで、いきなり過去に引き戻されてホロっとしてしまったこともあって、エビのボトルはしばらくこのままテーブルに置いておくことにした。透明なガラスの中、透明なエビがピコピコと動いていて綺麗だ。

よくよく見ると抱卵しているっぽい個体もいるので、このままだと増えちゃってボトルじゃ狭いかもしれないが……。しばらく様子見て、多すぎるようだったら庭の睡蓮鉢に移そう。
e0134713_0225424.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-07-28 07:30 | 【生物】魚・貝など | Comments(4)
Commented by 栃木の河童 at 2016-07-30 06:13 x
いつも楽しくホッコリする記事をありがとうございます。 さてエビちゃんですが、最近日本中で外来種のカワリヌマエビが増えていて、私のすむ栃木県でも平地のエビはカワリヌマエヒになりつつあります。 是非お子さん達と調べて見て下さい。
Commented by 薪の炎 at 2016-07-31 10:39 x
川エビって飼育価値、観賞価値ありますよね。ヌマエビ類って底に定位しているだけでなく、飼育水槽の中層もけっこう泳ぎ回りますからね。小さいころのお子さんがかじりついて見ていたとのこと、よくわかります。私も数年前網で野生メダカを捕獲中にいくらかの川エビも網に入ったので飼育してみたところ一時大繁殖しました。でも今は絶えてしまいました。私が捕まえたのは後で調べたらどうもヌカエビだったようです。今回の記事を見てもう一度飼育してみたくなりました。ところでエビと藻とミジンコをセットにして小さな地球というふれこみで密閉ビンに詰めたものが結構な値段で販売されているようです。ただ基本的には給餌しなくてもしばらく生きているだけで繁殖しながらの長期の生存は推定ですけど無理じゃないのかな。また川エビの素揚げとして居酒屋等で供されるのはスジエビが多いみたいですね(やはり推定です)。ただスジエビは水槽での繁殖は難しいようで、やはり一時抱卵した親を飼育してみましたが稚エビにはできませんでした。さらに川エビは分類が難しく、一部を除きちょっと見だけではなかなか種類を特定できません。例えばヌマエビの場合、ミナミヌマエビやヤマトヌマエビ、さらには投稿読者様指摘のカワリヌマエビ等々、もうわけわかんなーいといった感じですよね。とにかく植物にせよ生き物にせよ分類については学者によっても意見が分かれるみたいですし、でもやはりきっちり分類しないと食べ物になったとき中毒事故を起こす危険性もあるわけで..........すみません、話を広げすぎました。それではまた。
Commented by 薪の炎 at 2016-07-31 17:47 x
連投失礼いたします。前回のコメント中、小さな地球という言葉とそのセット内容は私の不確かな記憶で書いてしまいました。すみません。調べなおしたら小さな地球というキャッチフレーズではなかったし、セット内容は沈水性水草、土壌、カワニナ、ミジンコをビンに詰めたものでした。ただ他にアクアリウムセットもあってこちらのほうは抽水性水草、土壌、ヌマエビ、メダカ、マルタニシ、カワニナ、ミジンコ等に飼育容器がついたものでこちらは密閉はしていないし、このアクアリウムの生命サイクルではメダカのエサまではまかなえないので補助的に給餌の必要があるようです。誤解を生むといけないので商品名は伏せます。とにかく今後コメント内容には細心の注意を払いたいと思います。失礼しました。
Commented by macchi73 at 2016-08-07 18:43
栃木の河童さん、薪の炎さん>
川エビの種類、色々サイトを見たんですが、判定が難しいですねー。小さいし透明だしなかなかジッとしないし……。
別の種類を並べて見られればわかりそうな気もするので、今度、機会があれば全然別の地域の川でも捕まえてみて、うちのエビとどう違うか見てみようと思います。

あと、商品名はいろいろですが、ボトルアクアリウム、色々売ってますねー。
よく見かけるベタっていう魚の一匹飼いのが綺麗だなーって思うんですが、やっぱり一匹ってどうなんだろう?退屈で嫌じゃないのかな?って考えたりもします。魚の気持ちはわからないので、命の危険のない贅沢な個室与えられて嬉しい可能性もありますが。


<< 庭のベリーのフルーツパン      夏休みの子供とゲーム >>