2016年 06月 09日
杏のジャム
e0134713_020372.jpg

朝、アンズ食べたいなーと話していたら、夜、夫が裏庭から収穫してきてくれていた。

で、アンズでジャムを作った。
種を外した果肉を軽く潰して砂糖にまぶし、キルシュをひと振りして、アクをとりながら煮込むだけ。

甘いものがそんなに好きではないので、ジャムを自作して「うわーっ!凄い美味しい!!」って思うことって実はあんまりないんだけど、アンズジャムだけは別格だ。ワイルドな強い酸味と香りのせいか、いつも感動してしまう。

アンズといえば、種を割ってとり出せるのが杏仁。
種が非常に硬くて割るのは一仕事なんだけど、夫に頼んでやってもらったら、とっても良い香り。それで、今年は思いつきでジャムに混ぜて最後に一緒に煮込んでみた。杏仁風味がつくかな?と期待したんだけど、残念ながらそれほどの効果はなく……。

せっかくの杏仁、無駄遣いですまない。

e0134713_0203626.jpg

でも、やっぱり杏ジャムはすっごく美味しい。
アンズ、うっまーい!アンズ、うっまーい!ぜっぴーん!!と、朝ごはんでうるさく叫んでいたら、その日の晩ご飯には、アンズジャムで焼いたお肉がサーブされた。満足。

e0134713_0203579.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

朝、出勤しようとしたら、庭で見たことがない蝶を見た。
モンシロチョウよりふた回りほど大きくて、薄ベージュで、褐色の網目模様が全体に入っている。

「えっ!イシガケチョウ!!?いや、まさか、でも何の蝶だ!?」と慌てたが、出勤前で時間がない。バタバタと玄関にかけこみ、おーい、庭のベージュの蝶が珍しいかも!ベージュ地に網目模様の蝶だよ、キャッチ&リリースたのむよ!帰ってきたら写真見せてよー!たのんだよー!と、夫に叫んで出かける。

帰宅したら、「写真みてごらん」と得意気に微笑む夫がいた。うわ、ホントにやってくれたのか、サンキュ!と、すごい期待してカメラに飛びついた。

「……え、ホシミスジの写真しかないけど?」

e0134713_0203346.jpg

いきなり声のトーンがだだ下がるのを抑えられない。ガッカリしてしまう。夫が、えっ?違うの?珍しくない?と慌てている。そうだ、夫は虫には興味がないんだった。私が夫の好きなドラマの内容を覚えられないのと同じで、夫も私が好きな虫を覚えられないのは仕方がないか。

ま、見たかったのはコレじゃないけど、これも凄い普通種って訳ではないよ(シジミチョウとかよりは……)、飛び方に特徴あって面白い蝶だよねと言ったら、「おお、良かった」と言った。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

部屋にギュウギュウ詰めの(?)お役人と会ったりしていて、夜が更ける。
なんて長い会議なんだ……資料を読み上げる声が読経のようだ……お腹が空いた……もう21時過ぎた……と、メールチェックなんかしてたら、家から一言メール。21。

それで家に帰ったら、大好物の夫手作りご馳走が並んでた。今日は21回目の結婚記念日なのだった。


テーマソングはゲンズブールのスワソンヌフ
6/9だから。

しかし動画のシチュエーションが全く分からない....。



昔、友達からの遊びの誘いに、面倒臭いから帰って寝るよ……なんて言いまくってた無気力人間である私に、夫はだいたい、「でも美味しいもの作ったからおいでよ」って言ってたもんだったよなーと思い出す。macchiは結婚したら何もしなくて良いよ、そのままゴロゴロしてれば全部世話してあげるよって言ってたくせに、結局私の方があくせく働いてんじゃんよー!詐欺だ!と不満を持ってしまうことも多い日々だが、よく考えると、夫がしてくれてることは二十数年前から別に変わってないのか……と、感慨深いような、愕然とするような。そのうちまた、怠け者になって、世話してもらお。遠い将来に。

e0134713_0203260.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-06-09 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
Commented by たまやっこ at 2016-06-10 08:39 x
21回目の結婚記念日おめでとうございます!

うちも同じぐらいなはずー(数えても忘れる~笑)
数字でみると長く感じますが、実際あっというまですよね。



Commented by agiri at 2016-06-10 17:13 x
杏ジャムおいしそうですねー!
いろんな植物があるお庭、素敵ですね♪

いただいた種は、夏の暑さで乾燥しないように
湿らせた土に埋めて、冷蔵庫保存しています!
1~2ヶ月冷蔵庫に入れてから植えると芽がでてくるみないなので、秋に半分ほど植えてみようと思います♪
残りの半分は春に植える予定です!
秋に植えたものが冬の寒さにやられてしまった場合の保険です!
また秋に植えて芽がでたらご報告しますね^^
ありがとうございました!!
Commented by macchi73 at 2016-06-12 22:39
たまやっこさん>
ありがとうございます!
ホント、長いようであっという間ですね。

でも、先のことを考えると、まだまだ色々ありそうだな、長そうだなーって、気が遠くなる心地もします。

果たしてこのまま無事に共白髪となれるのか!?
カミのみぞ知る、ですね。

agiriさん>
アンズは生では酸っぱい果実ですが、ジャムには最高です。

ユスラウメ、そんなに手厚く世話されているんですね。
どうか上手く芽が出ますよう……。お祈りします!
Commented by 薪の炎 at 2016-06-13 02:07 x
アンズもう色づいたんですか。早いですね。友人の家からまだ青いアンズをもらったけれど、梅のようには香りがしないので、おいしいアンズ酒はできないだろうなと思いつつもそのまま漬け込んでしまいました。どうなるんだろう。二年前に熟したアンズを漬け込んだアンズ酒は我ながら絶品にできたのですが。さてつい最近が御結婚記念日だったとのこと、おめでとうございます。プロフィール等によれば、macchiさんご夫妻は一般的な夫と妻の役割が逆転しているようですね。プロフィール文によると、傷ついたりすることもあるとのことですが、基本的にお二人ともそれでよしと思っていればずっとうまくいくんじゃないですか。結婚生活の経験がない私が言っても説得力がないかもしれませんが。普段の生活でそれぞれの好みが違っていても、たまにはコンサートに一緒に行ったり、ピアノをだんな様も弾いたりと、ひととき共有する時間がとれれば生活の幅が全然違い、なんか新鮮になれる気がします。それを実践されているようなので記事から変化のある楽しそうな家庭生活が伝わってきます。ところでこれまでの記事からお子様は三人いらっしゃるご様子、家族ネタではだんな様と一番下の子が多く登場します。ご長男やご長女はどんな立ち位置なんでしょう。差し支えなければもう少し登場してもいいような。余計なことを言ったとしたならばお許しください。このコメントを書いているうちに次の新しい記事が投稿されたようですね。とにかくほっぽらかしブログが多い中、macchiさんのこうも長く続ける姿勢、ただただ脱帽です。それではまた。
Commented by macchi73 at 2016-06-14 01:36
薪の炎さん>
上の子たちはもうほぼ成人なんで、私の日記には収まりきらないかなー。

小さい時は、末っ子以上に一緒に過ごしてたんですけどね。今はそれぞれ別の世界で動いていて、たまに一緒になるってポジションです。そして正直、私は大人になった我が子たちの世界にはそんなに興味が無いのを感じてます。とか言うと、俺の活動を評価しろ!タイプの息子なんかは、気分を害して文句言ってますが……。性格も、興味分野もだいぶ違うからなー。

ま、生まれた時からずっと一緒に見てた愛着ある相手なので、彼らの新たな世界に興味はなくても、そこで楽しくやってるかどうかは、ちょっとは気にしてんですけどね。でも、どの子も見目麗しく性質良く能力も問題無いと思ってるので(嘘、親馬鹿フィルタです)、あんまり心配ポイントもないし、もう良いかなとも……。そこは多少、本当の無関心ではないと分かって欲しいかな。

ブログは、末っ子が生まれてこの庭に引っ越してきた時から、園芸と育児の記録としてつけ始め、ご指摘の通り、けっこう続いてるのは自分でも驚きです。上の子たちの観察日記(?)は日誌やアルバムなどでの記録だったけど、ブログは更新が楽チンなので頻度は高いのかも。プラス、ブログつけてると、趣味の音楽と書籍がポイントで賄えるという実利の面もあったりして……(←不純な動機?)。

末っ子も、今は親子で共有している時間が多いけど、もうすぐ私とは別の世界が主になるでしょう。この庭も終の棲家ではないので、そう遠くない未来にお別れだと思ってます。このブログはそれらの時間の備忘ですね。次の引っ越しまでは続けようかなと思ってます。


<< 紫陽花とプール(夏の訪れ)      自ら歩きまわって穴を掘る植物の種子 >>