「ほっ」と。キャンペーン
2016年 04月 09日
アミガサタケのレシピ、庭に生えてる風
e0134713_21375676.jpg

いきなりアミガサタケ長者になって、笑いが止まらない。

今までは僅かなアミガサタケをポテトなどで嵩増しして食べていたが、今回は贅沢にキノコ本来の味を楽しむシンプルなレシピを試してみる。……なんてね。今日は夫がいないので、凝った料理ができないだけだったりしないでもないでもない。

お父さんたちが帰ってくるまでに凄いメニュー作って驚かせよう!と、助手のピノコもノリノリだ。よーし、じゃあ今日は、見た目にもキノコキノコしい食卓を狙いましょう!
e0134713_21375532.jpg

まずは、下ごしらえ。キノコを流水で洗ってから、水につけておく。汚れは沈み、隠れている虫は上に出てくる。今日は2匹のダンゴムシと1匹のハサミムシがレスキューされ、庭にリリースされた。


【アミガサタケのソテー】
まずはアミガサタケそのものの味を楽しむために、そのまんまを食べられる一品。紫花菜(←庭に生えてる)と一緒にバターでソテーするだけ。

キノコの旨味をダイレクトに感じておいしいが、バターを奮発しすぎてちょっとくどくなってしまった……結果、ムラサキハナナのちょっとした苦味が引き立つ結果に(主役はどっちだ!?)。
e0134713_21375122.jpg


【ボイルド・アミガサタケ】
茹でると弾力が出るという記述を見つけたので試してみる。
丸ごと茹でて、豆腐にトッピングし、オリーブオイルとハーブ塩(←庭に生えてる)をかけるだけ。

味よりも、ブリッとした食感を楽しむ感じか。さっぱりしてる。
e0134713_21375297.jpg


【アミガサタケのクリーム煮】
アミガサタケは乳製品との相性が良いと言われているので、クリームソースも作ってみる。
鶏もも肉をフライパンで焼き、その油でアミガサタケを炒め、ブランデーでフランベしてから生クリームを加えて煮て塩胡椒。フェンネルの巨木の若葉(←庭に生えてる)を添えていただいた。

これが一番好評だった。チョーウマイ!
キノコを噛んでもジュワッと旨味が口の中に広がるし、クリームソースにもキノコの出汁がでていて凄くおいしい。家族にも好評!!アミガサタケ美味い!!!
e0134713_21374823.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-04-09 21:20 | 庭料理 | Comments(3)
Commented by o-marica at 2016-04-10 08:48
あ〜、アミガサタケ長者♪になってみたい。
金沢にいた時、庭に生えてきて(2,3度)ソテーを楽しんだのですが、それ以来出会ってません。
ついこの間、アミガサタケを見ないよねぇとの会話があったばかしなのでヒットしました。
でもへんなもので、これだけたっぷり見せていただいたらすっかり目も感触も舌も大満足。
でもでも、クリーム煮にはそそられました。
Commented at 2016-04-10 21:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by macchi73 at 2016-04-11 23:58
マリカさん>
なんか、今回は次々とアミガサタケイベントが起こって、私もびっくりでした。今年のこの辺の気候なんかが、ちょうどアミガサタケに合ってたのかな?
割と人里の中の公園とかに普通に生えるキノコとも聞くので、一箇所で見かけると、その近場でどんどん見かけるのかもですね。

クリーム煮は美味しかったですよ〜!翌朝、卓上に出たままだった冷えて固まったキノコを摘み食いしてすら(行儀悪い)、ジュワッと出汁が出て「うま!」と思いました。

鍵コメントさん>
分かる!花吹雪、すごく綺麗な時ありますね!
この時期、そういうのを見ると、空気が水玉模様だなーって感動します!

私たちは普段は重力に縛られてて、空中にいっぱい物が浮いてることって見ないので、花吹雪とか枯葉散る様子とか、珍しくって、テンション上がるんだと思ってます。

鉄道、私は全然詳しくないですが、風情ありますよね。
桜と菜の花と電車なんて、素敵です。


<< 花筏(はないかだ)      アミガサタケの種類?(網傘茸、... >>