「ほっ」と。キャンペーン
2016年 01月 18日
真冬の園芸(結果は春待ち)
e0134713_844356.jpg

朝起きたら、カーテンの向こうが妙に白っぽい光。雪だ!
うわあ、庭、大丈夫か!?と、パジャマで慌てて外に出た。

と言うのは、年末に久々の庭仕事をしたら何か弾みがついてしまい、今月はちょくちょく無謀な庭仕事をしてしまっているからだ。巨大化した株や球根を小さく分けて植え直したり、ネットや近所の花屋さんで売られている面白そうな苗を購入しては庭のあちこちに植え付けたりもしてしまった。

e0134713_8465831.jpg昨日までの庭。

新しい苗、植え付けまくり。

冬とは思えない、とっても穏やかな暖かい庭だったのに……。呆然。


しかし冷静に考えると今はもう1月も後半なんだった。1年のうちで最も寒さが厳しい、真冬、厳冬期と言われる時期だ。この時期にいじって良い植物って、冬に休眠する根の太い樹木系のモノ(バラとか)くらいで、春に咲く準備をしている球根や苗はあまり動かしてはいけないものではなかったか?

なのに「まあ今年は暖冬だし(そう呼べる時期はもう過ぎた気もするが)」とか「庭で大増殖している草花だからきっと丈夫だろう」とか「いま花屋さんで売られてるってことは、植えても良いってことだろう?園芸書にはそう書かれていないけれど」とか、根拠もない楽観でガンガン作業してしまっていた。

もちろん根を凍らせたり傷つけないように出来る限りの注意は払って作業はしていたつもりだが、こういうのを未必の殺意というのかも。死なせるつもりはなかった、だけどもし結果的にそうなっても仕方ないと思っていた……。

一面の真っ白な世界に、植え替えホヤホヤの植物たちは耐えられるのか!?植物たちの生存率や如何に?

真冬の植替え・植込みが園芸的に許されるものなのか否か。その結果が分かるのは、春になってから。

それにしても、今日は偶然にも用事があって休みを取っていて良かったなあ……とか思って、部屋に戻る。そして台所で朝食の残りのパンの耳と砂糖と油を捏ね合わせて、即席バードケーキを作って庭木に吊るす。鳥たちもいきなりの雪で体を冷やしているだろう。それから、ベッドに戻ってもうちょっとだけゴロ寝。雪の日のぐうたら、たまらない。(まあ、すぐでかけるけど)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

備忘までに、今月いじってしまった植物は次の通り。
なんで春まで待てなかったんだ……と後悔しつつ。デッド・オア・アライヴ, 果報を寝て待つ!(春まで)

【庭で増殖したものを、土の整備をしてから株分けして植え替えた】
・タイム、ミント、オレガノ、ワイルドストロベリー、セージ
・ヒューケラ、ヤブラン、カレックス
・オオツルボ
・ブラックベリー、ボイセンベリー、ラズベリー
・芍薬(思っていたより根が巨大化してて、間違って二つに割って掘り返してしまった……ガーン!)

【球根・苗などを購入して植え付けた】
・ゲウム
・ゲラリウム・シューティングブルー
・球根ゲラリウム・ジョンソンズブルー
・ギリア・レプタンサ
・銅葉アルメリア(時期外れのため安売りの苗)
・エリシマム(大きい株を植え付けたが、大株は根付きにくいので種まき推奨という植物だった……)
・クラウンベッチ(雑草が酷いゾーンに、グラウンドカバーを期待して)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


Dead or Aliveつながりで。

ボーカルのピート・バーンズが、各種事情でゲテモノ芸能人みたいになっていてビックリしたのも最近のような気がするけど、もう随分前か。

むかし流行っていた時は写真しか知らなかったので綺麗な顔のお兄さんかと思っていたが、いま動画をみてみると、当時から結構可笑しさを醸し出してて、笑った。すごい動きだ!末っ子の踊りに似てる。


[PR]

by macchi73 | 2016-01-18 08:00 | 書籍・CD | Comments(6)
Commented by satoru at 2016-01-18 17:36 x
 いきなり寒くなりましたね。それにしても、間が悪い…(笑)。
 でも、植物も分からないもので、園芸書通りに大切に大切に育てていたのに枯れたり、邪魔になって枯れて欲しくて(←植えておいて酷い…)適当に育てているのに元気モリモリってことも結構あるので、多分そんなに心配いらないのではないでしょうか?
Commented by 薪の炎 at 2016-01-19 21:49 x
この冬初めての本格的な積雪でしたね。確かに多くの園芸書では厳寒期の植え替えはNGとしています。けれども、あくまで私見ですがほとんど問題ないと思います。実は私も数種のオキザリスを掘り返してしまいました。けっこう球根が大きくなっていました。またオダマキも場所移動しました。たぶん大丈夫だと思っています。それにしてもmacchiさんちの庭で生育している植物の種類の多さははんぱないですね。ブログタイトルは世話要らずの庭となってますがとにかくいろいろな植物を移植してますよね。備忘のためのリスト見てもため息がでてしまいます。私は草花はあえて植えてませんが、いくつかの果樹の間にはいただきもののオキザリス、オダマキ、ワイルドストロベリーなどでうまっているだけです。また駐車スペースのタイヤが通らない地面にはタンポポを群生(?)させてます。野菜関係はコンテナ使用で細々です。ちなみに私は樹木の実生が好きでいくつかある鉢植えの多くは雑木や果樹の実生で育てたもので、春になると植え替えで大変になります。さてmacchiさんの今回の移植や植え替えがうまくいけば春には楽ができるのでは(笑)。それではまた。
Commented by macchi73 at 2016-01-22 23:38
satoruさん、薪の炎さん、
やっぱり大丈夫かな?そんな気がしてきました。
というのも、雪が降って・雪が溶けてみたら、意外にどの植物もピチピチしてました。寧ろ雪解け水をいっぱい飲んで、元気そうにすら見えるかも!
なんだかんだ言って、雪は降っても、そんなに極寒じゃないですしね。

そう、この冬の庭仕事がうまくいけば、春と夏はかなり面白いかもしれないと、ワクワクです。今回は、夏のイギリス旅行でみた庭とかを念頭に、今までと全然違う雰囲気を狙ってみたんですよ。ふふふ。うまくいくかなー。楽しみです。
Commented by mu at 2016-01-23 15:13 x
デッド・オア・アライヴ!懐かしい!昔、テレビで歌う姿を見た時はボーカルもさることながら、横の二人の男性(ダンサー?)が、何か色々ともの凄かったのを覚えています。(格好とか動きとか…)今ではピート・バーンズがもの凄い事になってしまっていますね。

小学校4年生の頃、担任産休の臨時で来た男の先生の家に友だちと遊びに行った事があるんですけど、マンションの鉄の扉にボーイ・ジョージの大きなポスターが貼ってあって、何か衝撃的でした。その時の私はカルチャー・クラブを知らなかったので。
今思えば、あの先生も当時の私から見たら随分大人だと思ってたけど、きっと若者だったんだろうな〜。(先生は結婚していましたが、【男の大人=おじさん】の家にオカマのポスターが貼ってあると言う衝撃!)折角遊びに行ったのに、その事しか覚えていません……。

華やかな洋楽が流行っていた時代でしたね〜。
Commented by コーイチ at 2016-01-23 23:41 x
こんばんは。
「Dead or Alive」本当に懐かしい!完全に忘れていました。四半世紀ぶりに聞きました。
僕も肩パットの入ったジャケット着ていたなぁ~。
Commented by macchi73 at 2016-01-26 00:43
muさん、コーイチさん、
Dead or Alive, 懐かしくって、私も何回かYoutube見返してしまいました……この湧き上がる笑いは何だろう。凄い好きかと言われれば、聴いてて恥ずかしすぎてちょっとそうは素直に言えないんですが、でも悪くないよなーと思っちゃったり。前思春期に見たことアル感ですね。

80年代って、まだ子供だったので時代のピカピカした体験は時分では経験無いですが、お兄さんお姉さんたちはなんか派手でしたね。肩パッドもスゴかった。股上も深かった。化粧もカラフルだった。
そういう時期に若い時分を過ごした世代と、以降の世代と、そりゃあカラー違ってくるよなあと感じます……。ちょっと羨ましいかも。


<< 冬庭の鳥      バラの冬剪定など >>