2015年 05月 13日
緑色凝灰岩?@日本海
e0134713_19414581.jpg
日本海で拾った、見れば見るほど、鮮やかな緑色の石。

板状に割れて、欠けた面は透明感のあるガラス質にツルリと光る。
これ、もしかして良いものじゃない?宝石系じゃない?とソワソワする娘たち。

日本海の形成・拡大と密接な関連があるという火山由来のグリーンタフ(緑色凝灰岩)ってやつかな?

白神山地ハイキングに行こうと思い、五能線沿いルートを辿って青森県の西海岸沿いを南下中、深浦駅付近に、おもしろそうな岩場を見つけたので休憩する。
降りてみたら、入口には「大岩」というバス停があって、岩のトンネルの中を登って巨岩の頂上まで行けるような作りになっていたので、夏場の行楽地なのかもしれない。
e0134713_19414367.jpg

浅瀬の水は透明で温かく、浅瀬にはハゼや小さなフグ、イソギンチャクなどがいて楽しい。

ゴロゴロ転がっている石が、なんだか緑色のものが多くて綺麗。遠目で見た海の色に似てる。

みんなでズボンを捲り上げ、海にザブザブ入って、貝やウニと一緒に拾ってみたりする。
ちょっと休憩するつもりが、予想外に楽しくて、かなり長い時間を過ごしてしまった。
e0134713_1941397.png

それからピューっと白神山地まで南下して、午前中は森林浴。
で、お昼過ぎにまた海岸線を北上したら、さっきの大岩の手前に千畳敷海岸というところがあった。

こちらは観光地らしく、私たち以外の人影もちらほら。
お食事どころなんかもあって、遅い昼食に海の幸が美味しかった。

サザエのつぼ焼きは、貝から引き出す時に途中で切れると悔しい。
でも、あんまり綺麗にツルンととれても、色と形が生々しくてギョッとするということが判明。
e0134713_19405728.png

千畳敷海岸とは、寛政4年の地震で海底が隆起したと伝えられる、ずーっと平らな岩が広がる奇観。
見渡す限り明白緑色の岩場が広がっているが、Wikipediaによれば、これは緑色凝灰岩というもので、海底火山活動による火山岩らしい。
それで朝に拾った石も全部緑色だったのかな。

夜には海に面した温泉宿に泊まった。窓の外がずーっと海で、いい気分。
e0134713_19405423.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

石の他にも、良いものいっぱい拾った。
家に帰ったら、標本を作ろう。
e0134713_19404564.jpg

標本作りの参考書にしようと思っているのは、こちら。


『海と森の標本函』(結城 伸子)


なんか標本とか錬金術(←ちょっとターゲット違う?)って格好良いよなあ!という訳のわからない憧れ心が、めちゃくちゃ刺激される……。

これからの子供との自然観察が、もっと楽しくなること間違いなし!


[PR]

by macchi73 | 2015-05-13 23:55 | 【その他】日記 | Comments(2)
Commented by satoru at 2015-05-14 21:18 x
私もサザエの最後ズルンッと出てくる緑色の渦状の見た目が完全にアウトです。貝殻に入ってると香りとかおいしそうなんですけどね…ちょっと違いますが、ヤドカリのヤドが無いバージョンも、見た目がアウトです…
Commented by macchi73 at 2015-05-14 22:57
satoruさん>
そうそう、ヤドカリもギョッとしますね。
殻があるときは可愛く見えるのに……。

東北でよく食べるツブ貝なんかは、最後までズルッと出てきても美味しそうに見えるんですが(全体が茶色だから)、今回のサザエは鮮やかなグリーンで、食べるのがちょっとためらわれました……。美味しかったですが。


<< ユスラウメの旅      ベンセ湿原の植物(5月) >>