2014年 10月 13日
ひみつの花園
e0134713_19354240.jpg

庭が随分荒れてるなあ……放置しっぱなしだなあ……と思ってずっと眺めているのに、全然からだが動かない。
いつもだったら秋の種まきや球根植えをしたくてワクワク・ウズウズしてる時期なのに。
全く心がときめかない。おかしい。考えてみたら、今年は庭仕事の回数が異常に少ないのだった。

これではイカンと危機感を感じて、三連休の最後の夕方にムリヤリ心を奮い立たせて、庭仕事に出た。夫も誘って、二人で草を刈る。

そしたらすぐに雨がポツポツ降って来た。
これじゃあ風邪引くから中に入ろうよ、macchiも早くおいでよ……と引き上げる夫。
あー、うん、もう少ししたら行く……とか生返事しつつ、引き上げられない私。
お。いつもの調子が出て来たかも。

そこらじゅう蔓草が絡まり草茫々になってしまった薮に鎌を入れると、草陰には意外に色んな花が咲いていて、「ほー」と息が出る。バッタやミミズが驚いている。今年はやたらカナヘビの子どもたちが多い。葉っぱの裏に止まっていたモンキチョウが飛び立って、小雨の中をヒラヒラ飛ぶ。

遠く上空で、チョチョチョチョチョ!と沢山の鳥の声がしたので顔を上げたら、凄い数の鳥の群れが灰色の空を移動していた。そういえば、明日は台風なんだった。

なんか荒れ地の美しさってあるよなーと、泥んこの中に座って草の間から見える景色を眺めてたら静かに楽しくなってきた。

段々雨が激しくなって、ずぶ濡れのドロドロになったところで、「お風呂入れたからおいでよう!」と呼ぶ子どもの声がした。もう真っ暗だし、目に雨が流れ込んで来て全然景色が見えなくなったので、家に入った。

それで温かいお風呂に直行して、夫の入れたコーヒーを飲んで、ぬくぬくした。さっぱりした。
私は一人で黙々と作業するのが好きなんだよなって思った。それと、ここ数年は色々あってもうクタクタだったんだなって分かった。

でも、更地になった地面に向かえば、また来週からは庭仕事や他のことにもやる気が出て来る気がする。庭仕事って、私の良いスターターだ。
e0134713_19354482.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

家族でゴロゴロしながらDVDを見た。
庭仕事つながりで、秘密の花園。内容は、庭には全く関係ない。

『ひみつの花園』(矢口史靖)

昔、矢口監督の初作品『裸足のピクニック』を見て笑いつつも、ちょっとヒヤッとして、ダメ生活を改めようとか思ったのが懐かしい……。おかげでちゃんとした大人になった気がするが(嘘)、今回『ひみつの花園』を見たら、意外とダメ路線のまま通してもそれなりに楽しかったかなとか思ったり。

矢口作品らしく、話がどんどん変な方向に転がっていくストーリー。
17年前の映画だけに画面がちょっと古くさいが、今の小学生も高校生も「何コレー」ってケラケラ笑ってた。

私はやっぱり最初に観たからか、ブラックな『裸足のピクニック』が一番好きだけど、子供と観るならこの『ひみつの花園』か『スイングガールズ』以降が、ちょっと変な感じを残しつつも爽やかで良いかな(というか、それ以前の矢口映画は子どもとはちょっと一緒に観られない)。


[PR]

by macchi73 | 2014-10-13 21:34 | 【その他】日記 | Comments(0)


<< スヴニール・ドゥ・ルイ・アマー...      小さな蛹 >>