「ほっ」と。キャンペーン
2014年 08月 27日
草木染め:ビワの葉
e0134713_1262235.jpg

裏のお宅に今年のカプリスをお裾分けして、替わりに門扉脇に茂っている枇杷の葉を貰った。
茄子が染め材料に変わって嬉しいなあ!(←草木染めに夢中)
e0134713_1261950.jpg
そしたら、ビックリ!
赤い花でも出せなかった、綺麗な赤い色が出た。なんでだ!!
e0134713_126176.jpg
↑ビワの葉染め:(左)灰汁で煮出して銅媒染(中)鉄媒染(右)ミョウバン媒染

赤みを出すのに、銅媒染が役立ったのか?それとも灰汁が役立ったのか?
対照実験をしてみた結果、ビワの葉で赤みを出すのは灰汁が原因だと分かった。
水で煮出すと黄色い汁が、灰汁で煮出すと赤くなる。媒染液はミョウバンでも銅媒染でも、どちらでも発色はそんなに変わらないみたい。

でも、ウェブで調べたら、普通に煮出すと赤く/灰汁で煮出すと緑になると書かれている……(→草木染めガイド)。うーん。それって今回の結果と真逆だなー。何でだろう??

あ、もしかしたら、我が家の灰汁自体が赤みがあるって可能性は無いか?
ビワで赤く染まった訳ではなくて、灰汁が赤く発色しただけだったりして……と疑い、灰汁だけで染めも試してみたが、それでは特に発色はしなかった。むむむ。

で、何となく、ミョウバン染めした布を灰汁でグツグツ煮てみたら、なんとみるみるピンク色に変色した!
そっかー。じゃあやっぱり「枇杷の染液+灰汁」という組み合わせが、綺麗な赤色を出す組み合わせなんだ。

e0134713_1261558.jpg上の黄色い布が、水で煮出してミョウバン媒染したもの。

下のピンク色は、同じ黄色だった布を灰汁で煮込んだもの。

煮ているうちに、黄色い部分がどんどんピンク色に変わっていく様子は劇的!!


あっ、じゃあ、もしかして。
前に染めて失敗だった、ペチュニアの布を灰汁で煮込んでも同じ変化が出たりしないかな!?
なんてワクワクしながら布を灰汁の中に投げ込んだら……

全然違う結果になった。

し、渋い……。まさに煮染めたような色になってしまった。
なんとなく、田舎の倉の奥にしまいこまれた絵巻物を思わせる。

e0134713_1261315.jpg上の微かに赤みのあるグレーは、ペチュニアで染めた布。

下の古すぎる水墨画みたいな色は、同じくペチュニア染めを灰汁で後から煮込んだもの。

実際に目で見ると、どちらも、もう少し赤みを感じさせる色なんだけど。微妙すぎて写真には現れないみたい。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


以上で分かったこと:
灰汁でアルカリ化させると青に/酢で酸化させると赤に発色するのは、色素全般に通用するルールではなく、単にアントシアニンに対してそうってだけっぽい。まあ、そりゃそうか。

大抵の花や野菜の鮮やかな青や赤はアントシアニンのせいだと思うけど、植物の色素って、それだけじゃないんだな。枇杷の葉の色素って何だか分からないが(ポリフェノールかな?)、それはアルカリ化で赤くなるってことなのかもしれない。
e0134713_133368.jpg
それにしても、見た目は普通の葉っぱなのに、染め方でこんなに色味を出せるビワって凄い。
左から、灰汁で煮出して銅媒染(赤)/水で煮出してミョウバン媒染(黄)/ミョウバン媒染後に灰汁で煮る(ベビーピンク)/灰媒染(ローズピンク)/鉄媒染(黒)

[PR]

by macchi73 | 2014-08-27 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(2)
Commented by mom at 2016-06-12 21:11 x
はじめまして、最近草木染めをしていて
参考にさせていただいています。
枇杷の葉染め、媒染液で赤く染まるなんてワクワクしてしまいますね。

質問があり、コメントさせていただきました。
灰汁は白い灰で手作りされたものですか?
田中直などの専門店にも石灰はあっても灰汁はなくて、作り方もわからず、でも枇杷で灰汁媒染ぜひ試してみたいなあと思っています
ご教授いただけると嬉しいです^ - ^
Commented by macchi73 at 2016-06-12 22:48
momさん>
草木染め、色々試すの楽しいですよね!
私も素人で、詳しいことを分かっている訳ではないのですが、灰汁は、ちょうど手元にあった園芸用の「草木杯」をバケツに入れて水を注ぎ、数日置いた上澄みを使いました。

使ったものの画像は、http://bait4crawl.exblog.jp/22306744/ にありますので、良ければ参考にしてください。

色々試してみてわかったのは、草木を煮出した染液って、PHで色味がかなり変わるんですよね。
だから、酢で酸性にしてみたり、灰汁でアルカリ性にしてみたりして、好きな色にするんだと思います。

なので、多分、アルカリ性の液ができれば、どんなやり方でも良いのかも……。石灰でも、同じ方法でアルカリ液は作れそうに思います。


<< 草木染め:キンモクセイ(金木犀)      草木染め:赤を出すのは難しい >>