「ほっ」と。キャンペーン
2014年 07月 20日
構造色
e0134713_20245412.jpg

出張でこっちに来た麻雀友達に会った時にタマムシの話をしたら、翌日、いいものあるよと構造色シミュレーションの論文を送ってくれた。
なんと。この中に、玉虫色の発現の秘密が盛り込まれている……!?
しかしそちらの素養が全然ない私であれば、図解を見て何となく分かった感じはしつつも、並んだ数式を見ても「なるほど!」とは全く実感できないのであった。ふ。

でもせっかくだから構造色についてちょっと知ってみようと思う。

構造色とは、実際に色がついていないのに光の干渉により色が見える現象。
タマムシの場合は、多層膜構造色という仕組みで、体表に屈折率の違う薄い膜が何層も重なってるせいで光の干渉が起こって複雑な色味を出してるらしい。見る角度によって光の入射角が変わるので、出現する色も変わって見えるという仕組み。
ふんふん。複数の波が重なって違う波形ができるのは水面なんかもそうだから、きっとそのイメージだな(と、何でも卑近なイメージで捉える文系)。

ちなみに家にあるオオルリアゲハ標本の青い羽も構造色らしいが、こっちは多層膜ではなく、鱗粉に入った規則正しい溝のせい。溝の間隔が青色光の波長のちょうど半分のため、光の中の青だけを反射する構造になっているという。
e0134713_111116.jpg

実際どんな感じなんだろ?と、試しに翅を顕微鏡で見てみたが、溝の間隔は200nm(ナノメートル)。nmってのは、0.000001mm。当然、うちのチビ顕微鏡では全く見えない。

けど、質感としてなんとなく存在は感じるような気はするかな?
なんとなくね……。(←想像力を働かせ中)
e0134713_1105946.png


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

鱗粉つながりで。


  Things Come Apart (The Charlottes)

病院のベッドで貰った論文を読みつつ、イヤホンで音楽聞いてた。

ふと、この曲いいな、誰だっけなと思ってプレーヤーの画面を見たら、ちょうど蝶の鱗粉ジャケットが表示されてて「おお!(↑)」と思う。

で、曲名を見たら “We’re Going Wrong” と表示されてて「あー(↓)」と思う。


[PR]

by macchi73 | 2014-07-20 18:47 | 書籍・CD | Comments(0)


<< ヤセッチョ再会      入院日記 >>