「ほっ」と。キャンペーン
2014年 06月 14日
ベビー野菜のグラッセ
e0134713_2371988.jpg

3月末に種まきした野菜が、段々と食べ頃になってきた。
娘に育て方を教えたら、大きく育てる株を選別しつつ、水やりしたり盛り土したり、なかなかマメに世話していて感心だ。

今日も熱心に間引き作業をしていると思ったら、友達に電話して「あのね、庭に小さい野菜あるから一緒に料理しない?」とか誘っていた。農作業と炊事のお誘いか……。小学生にしてはシブイ遊び方だ。
e0134713_2371719.jpg

それで遊びに来た友達と一緒に、三種のミニ野菜(ベビーキャロット・ベニーオニオン・ベビーリーフ)を収穫して、これで料理したいと言う。で、せっかくのミニな姿を丸ごと楽しめるよう、グラッセの作り方を教えた。

【根菜のグラッセの作り方】
(1) 野菜を水でサッと下茹でする。
(2) 水を切り、白ワイン・水・砂糖で柔らかくなるまで煮る。
(3) 茹で汁を捨て、バターを投入して炒める。
(4) 最後に少し塩で味を整え、スイートフェンネル(またはパセリ)を刻んで振りかけて完成!


料理中。
煮えるまで少し時間がかかるよ、その間はリビングで遊んでたら?と言っても、「いいの、包丁楽しいの」とずっと台所で色んな草を刻んだりしてる。食べない部分(人参やタマネギの葉)までみじん切りしている。
そっか、これはおままごとなんだな。
e0134713_2371455.jpg

最後、綺麗に盛りつけしたら、オオウ!と歓声。
ぱくぱく食べて「ウワー、甘い!」「この野菜甘みがあるね〜」とかグルメっぽいコメントまで出して嬉しそう。

はは。敢えて言わないけど。
それ、砂糖の味だから。
e0134713_2371136.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-06-14 23:55 | 庭料理 | Comments(4)
Commented by amelia42 at 2014-06-16 08:13
ぴのこちゃん、ますます個性を発揮している感がします。
いやはや、砂糖のお味でもワインに合いそう♪
お友達も渋い趣味?してますねー 笑
Commented by macchi73 at 2014-06-16 22:42
ふふ。個性の発揮って言っても、「地味方面に」って感じですね。
地味は地味を呼ぶ。友だちも、もしかしたら類友かもしれません。

学校の個人面談でも、発想やスピーチが地味に面白いですよね〜大人しくてマイペースだけどなんか可笑しいですよね〜とか先生に言われてました。
親としては、そうかー、光り輝くタイプじゃないのか……私には眩しく才気煥発に見えるのに(←嘘)……と思いました。はは。

まあ、地味でのらくらしてても(親から見ても確かにそれ系)、ちゃんと子ども一人一人の個性を発見して教えてくれる先生方に感謝です。
Commented by ゑわ at 2014-06-19 12:49 x
はじめまして。花木の育て方を検索していて、こちらをみつけました。庭仕事の知識を得られるだけでなく、読書家のmacchiさんは文章も面白く、楽しく拝見させていだいております。ピノコちゃんのままごと、シブイ…。うちの近所の、昼ドラみたいな設定のままごとに比べて、なんと微笑ましい事かと!
Commented by macchi73 at 2014-06-20 00:30
ゑわさん、はじめまして。
ホント、女の子たちの昼ドラ的台詞、どっから覚えるんでしょうねえ。
うちでは前に5, 6歳の女の子たちが集まったときに、「恋したいなー」とか話してて、笑っちゃいました。どの子も、まだまだ全然そういう感じじゃないのに……。
でも逆に可愛いですよね、そういうのも。


<< ゲンジボタル(源氏蛍)      夏のパンツ作り >>