「ほっ」と。キャンペーン
2014年 01月 05日
庭のレモンとローズヒップのケーキ
e0134713_1511914.jpg

冬休み最終日で動揺している。
この日が来ることは前から分かっていたはずなのに。心の準備ができていない。
天気が悪くて出かける感じの日でもないし。家の中をウロウロしてしまう。

で、「落ち着け、落ち着け……」と唱えながら、とりあえず、庭の収穫物でケーキを焼いて心を鎮めた。
去年の秋に収穫して、サワーに漬け込んでいたレモンとローズヒップを入れたバターケーキだ。
ローズヒップってそのままだと固いけど、焼くとちょうど良い食感になるね。漬け込んだレモンはジャムっぽくて◎。
お菓子のお伴には、お正月に叔母さんからいただいた抹茶を子供たちが立てた。おいしーい。
e0134713_1511570.png
いや、でも、こんな食ってばかりの休みではダメだ!!
もっと何か、何か意味のあることをしないと……。
また家の中を無意味にウロウロする。時間がどんどん過ぎて行く。体重ばかりが増えて行く。もうお昼過ぎ。

追いつめられて、今年の抱負など立ててみる。
一、早起きして必ず毎朝子どもたちに温かい飲み物を入れること。
二、庭仕事は、東の通路庭(細い&どこからも見えない)を綺麗にすること。
三、明日できる仕事は今日しないで積んどく胆力を身につけること。


一は、本当は「バランスの良い朝食と弁当を作る」にしようかと思ったが、挫折が目に見えているのでレベルダウンしてみた。わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。手抜き朝食でもいい、せめて温かい飲み物を入れて欲しい。そういうことで。
二も小さな面積で、まずは小さな達成感を目指す。器、小さいぜ。
三も然り。レベルアップ目標というより、ダウン目標か?

でもそうやって手抜きしてでも時間を作って、その替わり、新しい方法のトライ&エラーを行ってみよう。気分転換して、少し違う風に暮らしてみよう。

明日から仕事始め。今年も(今年は?)頑張ろう。
e0134713_1512633.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この冬休みは、だいぶ前に友だちから勧められていた漫画を読んだ。
うちの庭でも良くみる小鳥たちや、見たことのない鳥たちの観察に笑った。
だらだらした作者に親近感。楽しそうに暮らしてんなあ。



[PR]

by macchi73 | 2014-01-05 15:37 | 書籍・CD | Comments(8)
Commented by flow at 2014-01-06 19:26 x
綺麗なお菓子ですなあ(#^.^#)
レモンの木は樹高どれ位ですか?
うちのは大きくなりすぎて切っちゃったら 枯れてしまって・・
またリスボンを植えたいなと思っております
ユスラウメ酒があるから 私も梅を取り出して 宝石を散らしたみたいなお菓子焼いてみよっかな〜
その前に種が・・・ああ(^_^;)
Commented by macchi73 at 2014-01-06 22:35
うちのレモンの樹高は私より少し大きいんで、2m弱くらいかな。
あまり樹勢が強くなく、じわじわ伸びるって感じです。
品種は「グランドレモン」っていうマイヤーレモンの一種で、酸味が穏やかで皮が薄くて果肉が多いです。調べたら、ちょっとオレンジに近い品種のようです。

そうそう、ユスラウメの種は面倒くさいんですよねー。
小さい鋏でパチンパチンと二つに切れば取り出しやすいかも。
ちょっと手間はかかりますが、多分、小さめのカップケーキとかに入れるくらいならすぐだし、可愛い&美味しいと思います!
Commented by chibita0916 at 2014-01-07 20:57 x
今年も拝見させていただいております。
北海道にいらしていたんですね!
写真では木が真っ直ぐ。
私の生まれ育った地域は風衝樹形でこの世の果てのような景色が広がっています。
でも防風林に入ると座禅草が群生していたり、キツネにウサギに、タヌキ、クロテン、モモンガ、エゾシカ、シマリス、エゾリス、沢山の野鳥がいます。
オジロワシなんて冬は毎日見られます。
北海道でっかいどー。
是非また来てくださいませ。
Commented by macchi73 at 2014-01-08 18:22
チビタさん、
えー、凄い!どの辺なんでしょう。この世の果てみたいな景色、見てみたいなー。
北海道はまた違う季節にも行ってみようかなって思ってます。今度は家族みんなと一緒に。

段々と都市は均一化してて、旅行してもあまり地球の大きさとか感じなくなって来ていますが、そうは言っても気象や地形には最後まで土地ごとのユニークさが残りますよね。ジャングル、砂漠、湿地、雪国、山岳とか……。

できるだけ自分たちの知ってる風景とは違う色んな景色を体験することで、子どもたちにも地球が大きいってことを実感して欲しいなー、バリエーションを保存する方向に未来は進んで欲しいなーって思います。
Commented by chibita0916 at 2014-01-09 00:24 x
私の出身は宗谷地方です。
年中風が強くて、ほんとーーに何もない所ですが自然だけは盛りだくさんです。
サロベツ原野では平地で高山植物がみられますよ。

土地ごとのバリエーション、確かに感じますね。
同じ道内でも、札幌に移って初めて見る虫がいたり。
ダンゴムシは生まれ育った地域には居なかったな。
本州に初めて行った時は、木にみかんがなっているのを見て感動しました。テレビみたい!って(笑)。ザ、田舎者なので。
macchiさんのお庭みたいに果樹沢山に憧れます。ザクロとか、フィジュア?何?素敵!みたいな。
小さな島国でも地域ごとに全然違って、いろいろ知りたいな、見たいなーと思いますね。

ちなみにピノコちゃん、長女の小さい頃に似ていてウルウル…。
千葉では、庭のカナヘビが大好きでよく捕まえて遊んでいました。
中学生の今でも動物&動物ウンチク大好きっ子です
Commented by macchi73 at 2014-01-11 13:11
宗谷! 最北端!!それは面白そう!
なんか、家族が今度は一緒に夏に旅行しようって言ってるんで、自転車積んで、北海道ぐるーって回るのも面白そうかなーって気分になって来ました。ヒグマが若干怖いけど……(←前に本を読んでトラウマ)。

そう!私も北方出身なので、東京の蚊にはびっくりしましたよー。
初めて刺された時は、蚊だとは思わなくて、「なんか変な白と黒の縞模様の虫に刺されたら物凄く腫れてしまって……」とか言ってました。蚊じゃない?とか言われても、蚊じゃなくて大きい羽虫です、とか堂々と断言してました。

ふふ。中学生でも虫好きなんですね。うちもそうなるかなー。
上の二人は小学校中学年くらいから虫離れ(?)したので、ここ1,2年が勝負ですかねえ。
Commented by chibita0916 at 2014-01-11 23:59 x
熊嵐ですね…実話だから怖い…。

道北においでの際はどうぞオロロンラインを走って(自転車で)みてください。
苫前では大きな熊の像が仁王立ちしてます。
下り上り両者への配慮か、すれ違ったら頭の後ろにも顔があってビクッとします(笑)。

ではでは、ローカルネタを何度も失礼致しました。
Commented by macchi73 at 2014-01-12 00:29
トママエ・ベアーの像、検索して笑いました。
ほんとだ! アシュラマンみたいなことになってる!

オロロンってウミガラスのことなんですね。知らなかった。
一瞬、筋肉少女帯の歌が頭の中で流れてしまいました……。

三連休の夜に旅行を思い描いて、なんか楽しい気分になりました。
情報ありがとうございます。良い休日を。


<< 春の七草      冬の硬質菌観察(サガリハリタケ... >>