2013年 11月 10日
晩秋の果実サワー(ローズヒップ、レモン、紅玉、フェイジョア、サルナシ)
e0134713_20305990.jpg

昨日収穫したローズヒップを同量の酢に漬け込んで、ローズヒップサワーにした。

大きなローズヒップは割って、中身の種を取り除いて漬け込む。
小さなローズヒップは、ヘタだけ取り除いて丸ごと漬けた。
一晩置いたら既に色が出て淡いオレンジ色のサワーになっている。これで2週間くらいしたら飲み頃らしい。

うーん、でもこれだと量がちょっと少ないな。
で、庭から収穫したレモンと、実家から届いた紅玉を加えて、瓶いっぱいまで増量した。
これでビタミンCたっぷりの赤いサワーができるはず。

ついでに、庭で収穫したフェイジョアとサルナシもサワーにする。
こちらはカットせずに丸ごと漬け込んだので、1ヶ月くらいしたら飲み頃かな。
並べてみて気づいたが、フェイジョアとサルナシって大きさが違うだけで見た目はそっくりだ。
どちらもトロピカルな味わいなので、南国風のサワーになるだろう。

果実酢の定番レシピは、果実:酢:氷砂糖=1:1:1だけど、今回は氷砂糖はかなり少なめにした。
サワーがテーブルにあると、家族みんなが結構毎日ごくごく飲んじゃうので、糖分摂り過ぎになっちゃうかな?と思い……。
甘くしたかったら、飲む時にハチミツなどを足すことにしよう。

ローズヒップ、フェイジョア、サルナシ、レモンの収穫を終えてしまうと、今年の庭の果実はもうおしまいだ。次は来年の初夏のベリー類まで、しばらく休憩期間となる。
頑張ってくれた果樹たちには、冬の間に堆肥や肥料を与えて今年の収穫に感謝しないとだ。
e0134713_2031677.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-11-10 20:36 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
Commented by amelia42 at 2013-11-11 08:19
macchiさんのところでも、バラの実がたわわですねー。
いろんな使い道あるけれど、とりあえずサワーは必須ですね 笑
フェイジョア、うちはあまり実がならなくて、今年も8個。寂しい。
これで何しよう。

バラの実も、お酒に向くものジャムに向くものとあるようですね。
ワタシはリースに使うだけで、まだ食用にはしたことないんです。
結果、愉しみですね。
Commented by もりくま at 2013-11-11 21:29 x
果実酢って、なんでもいいのかしら?シークワーサーとカボスをもらったので、それで作ってみようかな。
レモンは、切らずにそのままですか?
Commented by macchi73 at 2013-11-11 22:20
ameliaさん、バラの実、たわわでした!
これって花殻摘みをしてないからかなって思ったんですが、amelia家のような綺麗な庭でもそうですか?
実は、今年はもちろん凄い手抜きの庭だったんですが、それは例年のことなので、なんで今年だけこんなに大きなローズヒップが多いんだろう……って気もしたんですよね。もしかしたら、今年はローズヒップの当たり年なのかな?株が弱ってて、子孫を残そうとしてるんだったら嫌だなあ。

そうだ、そろそろリースの季節ですね。
今日は物凄い寒かったですね〜。もう冬だなって思いました……。一年って早い。

もりくまさん、
果実酢は、なんでも作れますが、香りが強い果物の方が美味しいです。
シークワーサとカボスなんて、最適だと思います。柑橘類のサワーは美味しいですよ!
レモンは、皮は綺麗に向いて、白いとこもできるだけ取って、1cmくらいの輪切りにしてます。
レシピはこちらです → http://bait4crawl.exblog.jp/12854834/


<< 鳥の巣(メジロ?)      バラの実の収穫(ローズヒップ) >>