2012年 08月 27日
セミの抜け殻の見分け方
e0134713_17104343.jpg

刈る刈るボーイと夫に草刈りしてもらった。今夏の2回目の草刈り。
綺麗に刈り揃えられた雑草は緑の絨毯のようだ。窓のそとの緑を見て和む。
もうグラウンドカバーなんてのは、雑草でも何でもOKなんじゃないか?なんて思う。

e0134713_17115096.jpg

草刈り跡から、セミの抜け殻を見つけた。
大きいのと小さいの、明らかに違う種類のセミっぽい。

で、娘と一緒に抜け殻によるセミの見分け方を調べてみた。
セミの抜け殻の見分け方ポイントは5つ。

1. 大きさ
2. 色艶
3. えりの線
4. おへその出っ張り(本当のおへそではないが……)
5. 腹部の縞
6. 頭部(毛深さ・形)
e0134713_17122412.jpg

(1) まず、大きさについて。
この辺(東京・住宅地)で見られるセミだったら、だいたい次のように見分けられる。
・大(3cm〜)なら、クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ。
・中(2.5cm前後)なら、ヒグラシ、ツクツクボウシ。
・小(2cm前後)なら、ニイニイゼミ。

(2) 次に、色艶について。
・大型の3種(クマ・アブラ・ミンミン)の抜け殻はどれも艶がある。クマゼミは薄茶色、アブラゼミ・ミンミンゼミは赤茶色。
・中型種では、ヒグラシは艶があり、ツクツクボウシは艶消しのマットな質感。
・小型のニイニイゼミは、地表近くで羽化するためか、常に泥まみれになっている。

(3)えりの線は、クマゼミとアブラゼミ・ミンミンゼミを見分けるポイント。
・黒いラインになっていれば、アブラかミンミンゼミ。
・色がついていなければクマゼミ。

(4)腹部にデベソのようなでっぱりがあれば、それはクマゼミ(他のセミには無い)。

(5)お腹の縞は、大型種を見分けるポイント。
・単純な濃淡2色であればアブラゼミかミンミンゼミ。
・3色の縞(焦茶・白・薄茶)になっていれば、クマゼミ。

(6)頭部の見分けかたは次の通り。
・大型種では、アブラゼミは毛深く平たいおでこ、ミンミンゼミは毛が少なく丸いおでこ。
・中型種では、ヒグラシなら平たいおでこ、ツクツクボウシなら丸いおでこ。

* * * * * * * * * * * * * *

以上の特徴を以てして今回見つけた抜け殻を見てみると、大きい方は3.5cmで、デベソはついていないから、アブラかミンミンゼミだ。頭部が平たくて毛深いので、多分アブラゼミの方だな。

小さい方は2.6cmだから、ヒグラシかツクツクボウシ。
艶のない質感と、丸く出っ張ったおでこの形から、ツクツクボウシの方っぽい。

e0134713_1942997.jpg
「お母さんがセミの抜け殻で一番好きなところは、目が透明なところだな」と言ったら、末っ子が「オームみたいだよね。外してみたい」と言った。

オーム知ってんのか!

ナウシカが公開されたのって自分が小学生の頃だったよなーなんて思って、なんだか遠い気分になる。


* * * * * * * * * * * * * *

追記。

子供とセミの抜け殻探しにはまり、ニイニイゼミとミンミンゼミも見つけた。
左から、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ。
e0134713_19555370.jpg

【ニイニイゼミ】

e0134713_19565487.jpg
体が丸っこくて小さい。
何故か、必ず泥だらけなので見分けやすい。

ニイニイゼミが泥だらけの理由はよく分かっていない。
「湿った土を好むため」「地表近くで羽化するため」「体表に毛が多いため泥がつきやすい」などがよく挙げられている。
泥だらけでいると、乾燥を防いだり、保護色になったりというメリットもあるので、わざと泥だらけなのではという説もある。

【ミンミンゼミとアブラゼミの見分け方】

ミンミンゼミとアブラゼミは、とても似ているので見分けにくい。

比較すると、ミンミンゼミの方が薄く、色はアブラゼミの方が濃い。

また、頭部を比較すると、オデコが丸く出ている方がミンミンゼミ。

触覚も少し違っていて、ミンミンゼミの方は段々と節が細かく先細りになっているが、アブラゼミの触覚は太さが平行で、節が長い感じ。

左がミンミンゼミで、右がアブラゼミ(だと思うんだけど……ちょっと自信ない)。

e0134713_2061523.jpg

あとは、市街地で一番見つかりやすいのはアブラゼミだから、住宅地で見つけたら大抵アブラゼミの方だと思う。ミンミンゼミは、割と自然が豊富な場所でないといないようだ。
[PR]

by macchi73 | 2012-08-27 20:16 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
Commented by mu at 2012-08-24 01:01 x
うちの庭でも蝉の穴〜羽化〜抜け殻〜死骸といった一連の動きが見れますが、庭で聞ける蝉の声はアブラゼミ・クマゼミ・ニイニイゼミ・ミンミンゼミくらいで、ヒグラシやツクツクボウシは庭ではないどこかから、ほんのり聞こえてくる程度です。車で山っぽい所を走ってるとチッチゼミの鳴き声も聞こえてきます。

数年前に夫が蝉の鳴き声にハマり、車で2時間弱の神社迄ヒメハルゼミの鳴き声を聞きに行くのが毎年恒例になっていますが、2時間掛けてわざわざ聞きに行く価値のある鳴き声ですよ。
集団で周期的に『シーン…』と『盛大に!』を繰り返すのですが、一匹が鳴き始めてからじわじわと集団の鳴き声になり、気付けば耳鳴りのような音の洪水に覆われる感覚は何とも言えず興奮します!

蝉の抜け殻の頭辺りに付いている、白い糸のような物が神経を想像させて妙に恐ろしい気持ちになります。
Commented by macchi at 2012-08-25 11:56 x
蝉の声って、よく聞くといろんな鳴き方があって面白いですよね。
旦那さんと蝉の声鑑賞ドライブ、良いな〜!
圧倒的な蝉の声、音の洪水、想像できます。山の中とか凄いですよね。
ヒメハルゼミって、すぐに鳴き声が浮かびませんが、きいてみたいです。

セミではないですが、夫実家付近は、カエルの声が凄い!
子供たちは小さい頃、その圧倒的な音がカエルの声だと分からず、「田舎の夜はうるさいよね」「え、田舎の夜って静かでしょ?」「凄い音だよ」「(なんか音したっけ?)」って、親子で会話が通じなかったことがありました。大人は、正体の分かってる音は「音」って認識しないで聞いてるんだな〜と思いました。
田舎のカエルの大音声の中で満天の星を見るのは結構楽しいです。こないだのお盆帰省では、ペルセウス流星群を見てちょっと感動しました。

そうそう!蝉の抜け殻の白い糸、気になりますよね!絶対に背中からピョロンと出てる……。
子供と抜け殻内部を確認したんですが、あれ、全て気門に繋がってるようです。
外殻だけでなく、内部の皮膚も脱皮するんですね。
Commented by pammichi at 2012-09-04 20:37
お久しぶりです
とうとう夏休みも終わりましたね
うちの近所では、話題のレストランにママさんたちが繰り出す季節です 夏休み、大変ですからねぇ

セミの抜け殻の考察 めちゃくちゃ楽しく見せていただきました
今年はもう遅いけど、来年は私も並べて見比べてみます
いつも、私のツボをつくお話 ありがとうございます(*^o^*)
Commented by macchi at 2012-09-07 20:46 x
お久しぶりです!
夏休み、終わっちゃいましたね〜。なんだか寂しいです。
いっぱい休んだはずなのに、なんだか却ってダルいような……。

セミの抜け殻、色々調べたら面白かったですよ。
来年は羽化を観察しよう!と決心しました。
7月くらいが狙い目らしいので、忘れないようにしたいとこです。


<< アオスジアゲハ(青条揚羽)      蝉の抜け殻の白い糸 >>