2012年 06月 04日
薔薇のグミ
e0134713_1922542.jpg

グミの作り方:
(1) バラのお酒を2倍に希釈し、火にかけてアルコール分を念入りに飛ばす(子どもが食べるから)。
  ※ ジュースを使うなら、そのまま(2)ヘ進む。
(2) (1)大さじ4に対し、ゼライス一2袋 (10g)を投入する。
(3) (2)を型に流し入れる。通常のゼリーと違ってゼラチンが高濃度なので、流し入れている間に固まり出す。
(4) 冷蔵庫で冷やして型から取り出す。


朝、末っ子と一緒に約束のお菓子作りをする。
この間バラのゼリーを作ったら上の子たちに大好評だったので、今度はバラのグミを作ってみた。
ゼラチンが高濃度なだけで、作り方はゼリーと同じだけど。グミ、初めて作るので楽しみだ。
「小人のお菓子も作りたい!」と娘が言うので、デコレーションチョコ用の極小モールドを使って型取りしてみた。
予想に反して15分くらいで出来てしまって手持ち無沙汰になり、庭のドクダミで化粧水なんかも仕込んでみる。
(普通の化粧水も使っていないくせに、自家製したら使うのか?とは思いつつ)

午前中、私は約束があってお出かけ。
私以外の家族はちょっと遠くの喫茶店まで自転車でブランチへ行ってしまった。
末っ子は自転車に乗れるようになったばかりで、とにかく自転車で出かけたくてしかたないようだ。

午後、出先から工作クラブに娘をお迎えに行ったら、また「自転車乗ってどこか行きたい!」という。
連れ立って、近所の陶芸工房に行ってみる。
まだ体に対して自転車が大きい娘。後ろから漕ぎ姿を見ていると、サドルに対してお尻が小さくて可笑しく、笑いがこみ上げて止らない。
私は一人笑いする変な人みたいだ……。

工房は、鬱蒼とした木陰の格好良い建物で入るのにドキドキしたが、猫はいるし陶芸は面白いしで、すっごく熱中してしまった。
娘は小人用の食器セット、私は庭仕事用の香取線香立てを作った。焼き上がるのが楽しみだ。

夕方、薄暗くなってから帰宅したら、上の子たちも帰って来ていた。
冷蔵庫からローズグミを出して食べる。口の中に、冷たくて爽やかな庭の香りが広がる。
バラの香りって、バラジャムの時もそうだったけど、熱を加えても揮発せず。美味しい。

今日は色々作って面白かった。

e0134713_1922950.jpgゼライスを2袋使うところ、1袋しか残って無かった!

準備不足、無念。仕方無いので今回は1袋で作った。

ゼラチン不足のせいでちょっとペタペタする感触。表面に粉糖をまぶしたら、サラッとちょうど良くなった。


[PR]

by macchi73 | 2012-06-04 06:21 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
Commented by Amelia42 at 2012-06-05 15:22
macchiさん、多分macchiさんにとっては、それは日常でたわいのないひと時だったかもしれませんが、グミを作って・・近所の陶芸工房へ娘さんと出かけてみる・・・なんて、ワタシからみたら、(いえ、他の人も同様なハズ) 普通にない日常です。
家族の、特に娘さんとの距離が近いmacchiさんです。もっと近い距離に旦那様もいらっしゃるかもしれませんが、感覚とか感性とか・・ きっとmacchiさんのほうが・・・

アンブリッジと同じくグラミスキャッスルも確か没薬の香りだったはず。
実は・・・ ちょっと苦手かも^^;
ティー香のレディヒリンドン。この薔薇の香りをぜひ一度嗅いでみて欲しいので、機会があればぜひ♪
Commented by macchi at 2012-06-05 23:39 x
そうだった!
薔薇にはティー香っていう系統もありましたね。
レディヒリンドン、嗅いでみたいです。香りの系統、コンプリートしたい。
なんて、また蒐集癖が。やばい。

陶芸は、実はもう3ヶ月くらい行きたいって言われてて、「まーそのうち時間があって、工房も空いてて、ちょうど良い感じの流れになったらね〜」なんて流してて、やっと行ったってな感じです……。
我ながら、遅!ってな感じですが、週に5,6日出勤して、月に1,2回は子ども誰かの学校イベントがあって、週末は家事もしないと……とかなると、事前に予約を入れる勇気(?)が無く。やっと流れが来てくれて良かった。

スケジュール上は、午前に一つ・午後に一つ・夜に一つ、ってな感じで予定を入れても良いはずなんですけどね。
一日に予定が2つ以上入ってると、なんか気怠く億劫になるので、凄く楽しく感じられることは、いつも予定に入ってない不意打ちのイベントばかりです。この無計画な性質、なんとかしたいんですが……。
Commented by deku_no_bo at 2012-06-07 19:44
このレシピも頂きです!
Commented by macchi73 at 2012-06-09 01:48
ハイ!レシピお勧めです。
今回はお酒に甘味が強かったので、砂糖は全然足しませんでしたが。
市販のジュースを使う場合は、砂糖を加えて作る方が良いみたいです。


<< チュウレンジバチ(若齢幼虫と老...      没薬の香り(アンブリッジローズ) >>