2012年 01月 26日
種まきたい病
雪の残る夜に、庭の写真集を見る。
花好きなおばあさんが十勝平野に作ったという広大な花畑。凄いなー。


『紫竹おばあちゃんの幸福の庭』


「庭園」というより、まさにこれは「お花畑」!
こういうのが庭主の趣味なんだなーというのが伝わってきた。

私の趣味としては、Bunny Guinness の Family Gardensくらい仕掛けがある庭の方が好みだけど、こちらの写真集は、花好きな人が好きなようにやってる感じが楽しい。

表紙を含め、何枚か「こんな庭だと良いなー」ってな写真があった。


今年のうちの庭は、グラス中心のスッキリめの植栽にしたところだったけど、やっぱり花がいっぱいの風景ってのも幸せそうだよなあ。
ううーん。植えたい。植えたくなった。花を。カラフルなやつを。辺りいっぱいに。
お花畑で楽しそうに遊ぶ子どもたちの幻が見える……。

溜め込んだ花の種を手にして、意味もなくウロウロしてしまう。
どうすんのか?またあれもこれも生えて来て、モッサモサのジャングルにしちゃうのか?
すぐにあっちこっちに揺れて、ポリシーってもんがないのか?
草中心のクールな庭はどうした!二兎を追う者は一兎をも得ず!

でもなー、庭なんて趣味だからなー。思いつきで楽しくやって「たはー!やっちゃったー!」ってなったって別に良いじゃん、なんても思う。

足下に散らばる種袋。
アイスランドポピー、ヒナゲシ、矢車菊、おじぎそう、ネモフィラ等々。絶望的にカラフルだ。
しかも「うーん、手持ちの種は秋蒔きが多いけど、今年は寒いらしいから、もしかしてコレぜんぶ春蒔きでもイケルのでは?」とか考えちゃって、もう、種蒔きたい病にかかったとしか思えない。

ちょっと他人の意見も参考にしようと、隣の末っ子に聞いてみる。

 「花いっぱいの庭が好き?それとも花いっぱいじゃない庭が好き?」
 「うーん、お花いっぱいの方!」


……って、ダメな設問の見本じゃん!誘導尋問!

ちょっと頭を冷やしてよく考えよう。
まだ3月までには三十日はある。

* * * * * * * *

紫竹ガーデンのホームページってのもあった。
ちなみに北海道にはBunny Guinnessの作った庭園(銀河庭園)もある。
北海道、きっと夏に涼しくてカラッとしてるのが良いんだろうな。
こんど庭めぐりに行ってみたいかも。

バニー・ギネスの色んな庭はこちらで見られる。
日本で(しかもこの狭い東京の庭で)やるのは難しいかな?と思うけど、子供が喜びそうなギミックが色々あって、探検するのが面白そうだよなーと思う。
[PR]

by macchi73 | 2012-01-26 00:19 | 書籍など | Comments(2)
Commented by twice0420 at 2012-02-11 22:04
こんばんは。はじめまして^^
私も種を蒔きたい病なんです^^ もうすぐ春ですね。忙しいのでどれくらい蒔けるかしら・・と思っています。(たくさんの種は用意されているのですが~)
Commented by macchi73 at 2012-02-12 14:28
はじめまして!
冬って手持ち無沙汰で、種を用意しちゃいますねー。
で、3月ともなると蒔きたくて蒔きたくて。
発芽温度は20℃くらいからのものが多いと思うんですが、いつもフライング気味になっちゃいます。

私は我慢し切れず、この寒い中、納屋にあった古いケシの種を蒔いてしまいましたよ。
発芽すれば儲けものっていう気分で、ただただ、種まきたい病を鎮めるためだけにって感じです。
でも、もしかしたらもしかしたら、冬でも日向だから何かの偶然で発芽するかも!?なんて心の隅で期待しつつ……。

晩春あたりに、ポピーの花が見られるや否や!?
種まきって、楽しいですよね〜。


<< 春 in 大寒波      雪の庭 >>