2011年 11月 12日
クリスマスプディング仕込み
先週作ったフルーツの洋酒漬けができたので、クリスマスプディングを仕込む。

作り方は、「魔法使いの森」にあったものを参考にした。
クリスマス・プディング(I)

要は適当に「生パン粉+卵+脂+砂糖+薄力粉+ナッツ+ドライフルーツ+スパイス」を混ぜて、好みの味に仕上げれば良いっぽい。今回は下記の配合にしておく。

e0134713_18564097.jpg【クリスマスプディングの材料】
・食パン4枚
・卵4個
・バター60g
・砂糖大さじ3
・薄力粉大さじ1
・ナッツ85g(クルミ 60g+アーモンドプードル25g)
・自家製漬け込みフルーツ300g
・スパイス大さじ1


以下に手順をメモしておく。
今年のクリスマスに完成品を食べてみてから気付くことがあれば、来年は改良レシピを作ってみよう。

* * * * * * * * *

【クリスマスプディングの作り方】
(1) まずはスパイスの準備。

e0134713_185838.jpg
家にある、甘い香りのものを適当にチョイスした。

左上から、フェンネルシード、ナツメグ、キャラウェイシード、カルダモン、シナモン。


魔女の薬作りだよ〜!と言いながら、乳鉢でスパイスを混ぜる娘。
良い匂い〜と、魔女自らフラフラになっている。

e0134713_18591588.jpg

(2) 生パン粉に、スパイスと洋種漬けフルーツを混ぜる。

e0134713_18595999.jpg
一週間前に漬け込んでおいたフルーツはこんな感じ。

e0134713_1901860.jpg
生パン粉(というより、ただの粗くちぎったパンだが……)と混ぜると、お酒の香り。


(3) 溶かしバターと砂糖とナッツを加えて混ぜ、さらに卵を加えて混ぜる。

ちょっとネチャネチャするが、あとで粉を混ぜるので気にしない。

e0134713_1911439.jpge0134713_1911166.jpg

(4) 粉類(薄力粉、アーモンドプードル)を加え、よく練り混ぜる。

白いパンのかけらが見えなくなるよう、しつこく混ぜた。
最初にもっとパンを細かくしておけば良かった!

e0134713_1921833.jpge0134713_1922279.jpg

(5) 器に(4)のプディング種を入れ、蒸す。

器には、バターを塗ってから小麦粉をまぶしておく。そうしておくと生地がくっつかずに取り出し易いらしい。

蒸す温度や時間がちょっと分からなかったが、かなり長時間蒸すと描いてあるサイトが多かったので、180℃で4時間蒸すことにする。

e0134713_193891.jpge0134713_1931299.jpg

あとはひたすら待つだけ。4時間って長いな……。

e0134713_1934511.jpg待ち時間中、チビの友達が遊びに来た。

怖い話して〜とねだられたので、とっておきの怖い話をしたら「macchiってイヤ!怖い!」と嫌われた。がーん。

遊んでいたら、オーブンのことをすっかり忘れてしまい、途中、二度ほど水を切らしてしまった。がーん。


蒸し上がったプディングは、なんかけっこう膨らんで、器の縁からはみだすところだった。
あんまりギリギリ一杯まで詰め込まない方が良いかもしれない。

あとは、清潔なガーゼに包んで風通しの良い日陰に一ヶ月ほど吊し、そのままクリスマスを待つばかり!!

……って、腐ったりカビたりしないのかな……。

ちょっと不安なので、吊すのは一つだけにして、もう一つは冷蔵庫にてジップロック保存しておくことにする。
来月、美味しく食べられますように。
e0134713_1911182.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-11-12 19:16 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
Commented by sky at 2011-11-12 20:10 x
そのレシピ、日本人に合わせてあるらしく、美味しそうですね。本場もんは、suetと俗に呼ばれる、動物の脂っこいスープのようなものも使います。飽食の現代、クリスマスプディングは、イギリス人でさえ「不味い」というような代物で、クリスマスだからしょうがなく食べる、という感じです。七面鳥のディナーのあと、各自ほんの小さい塊だけをお皿に乗せてもらって、美味しいカスタードクリームをドバドバかけて食べるので、何とか我慢できるという程度です。

なお、プディングを切り分ける直前のパフォーマンスもお忘れなく。テーブルに持っていく直前に少量のアルコールをかけ、部屋の明かりを消してプディングに火を付けます。アルコールが燃えると火も自然に消えます。ちなみに、クリスマスの使用までの1-2ヶ月間、腐らないのは、リキュールなどのアルコール漬けにするからです。
Commented by macchi73 at 2011-11-12 20:57
ふんふん、なるほど、アルコール漬けのおかげで腐らないんですね。……と書いて、ドキッとしました。
フルーツは一ヶ月以上漬け込むというレシピを、一週間に短縮して作ってしまった!!
そこ、大事なとこだったんですね。

これってどうなんでしょう……やっぱ、まずいかな……。今、冷や汗をかいています。

来月、炎のパフォーマンスの生地が載らなかったら、「ああ、腐ったんだな」と思ってください。
それか、美味しそうな匂いがしている今のうちにもう食べちゃおうかな……。
Commented by sky at 2011-11-12 21:54 x
Christmas pudding recipe でググってトップに出たこの↓サイトによると、フルーツを事前に漬け込むことを要求しないで、大さじ4杯のブランデーを材料のひとつとして混ぜ込むようになっていますね。(なにしろ、韓国のキムチのように、家庭ごとに独自のレシピでやれば良いものですから。)また、蒸しあがったプディングを冷やしてラッピングする前にかけるブランデーの量も少量でよいみたいです。いずれにせよ、クリスマスプディングは真っ黒いもの、という印象があります。

忘れてならないのは、食べる日に2時間ほど蒸してから。(ちなみに、出来上がったものをすぐ食べると、生地が固まっていないので、崩れるようです。でも、美味しいならかまわないと思いますが。)

ttp://britishfood.about.com/od/christmas/r/xmaspud.htm
Commented by Amelia42 at 2011-11-13 06:26
元レシピ、見てきました。結構、個性的なものなんですね^^
あっ 牛脂は省いたんですね。これが入るとどんなになるんだろう?
このまま吊り下げておいたら・・ 少しでも水分があるとカビそう・・・な気がします。
今後を楽しみにしています♪
Commented by macchi at 2011-11-14 06:58 x
skyさん、Ameliaさん、

おはようございます。
教えていただいたレシピなどを色々見て、結構大丈夫なもんかな?という気になっています。
今食べても何だか分からないものになりそうなので、とりあえず、クリスマスまで寝かせてみます。
ちゃんと食べられても、ダメでも、結果はご報告しますね。


<< ザトウムシ(座頭虫)      千日小坊(センニチコボウ、アル... >>