2011年 10月 08日
ホニャララの秋
e0134713_19392698.jpg

気候が良くなってきた。
読書の秋・芸術の秋・食欲の秋とか色々言うけれど、ガーデナーにとっては、もちろん球根植えの秋!
なんて意気込みはありつつも、庭仕事の時間が未だとれないでいる。
中年サラリーマンにとっては仕事の秋。
(しかし、どうして四季の中で秋だけがこんな風にキャッチフレーズつきで呼ばれるんだろう。不思議。)

毎日バタバタしているので、たまにちょっと時間ができても、家族と過ごさなくてはなーと思うとなかなか自分だけの趣味には時間を使いにくい……。
で、ソワソワと球根のことを考えたりしながらも、子どもと工作なんかに勤しむ夜。
「お母さん、本物の庭よりも、おりがみの庭の方が一緒にできるから楽しいよ」なんて言われて複雑な気分になる。
そうだよなー。こうやって一緒に過ごす時間の方が大事だよなー。

e0134713_19395081.jpg
でも折り紙はかなり面白くて熱中してしまった。
試しにバラを作ってみたら、そんなに難しくないのに本物みたい!

「なんだか甘い匂いまでする気がする」と末っ子が顔を近づけて、鼻をクンクンさせている。

それ、庭の金木犀の匂いだね。


それから家族で過ごす夜のために、スピーカやモニターをセットして映画を見れるようにもしてみる。模様替え。
今はワンクリックで好きな映画が観れちゃうんだもんな。便利すぎ。
子供には名画を奨める。

e0134713_21431023.jpg
そして夜中に夫と一緒に『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ゾンビランド』を観て笑っていたら、翌朝、子供に「お母さんってゾンビ好きなの!?」と尋ねられる。

ちょっと恥ずかしい……。
青春時代にちょっと流行ってたんだよね、ゾンビが。と言い訳する。


細切れの時間しかとれなくてせわしないけど、一緒に工作したり、本を読んだり、映画を観たり。
何かを真剣にやってる子どもの横顔をこっそり観るのって、なんかウヒヒヒヒって感じがする。感想を聞くのが楽しい。

……でもやっぱり、庭やら何やら、ガーッと一人ぼっちで集中してやっちゃいたいなあ。
どこかで一日二日、スケジュールが空っぽの、まとまった休日があれば!

* * * * * * * * * *


おりがみガーデニング (新・おりがみランド)

実物そっくりな植物が色々つくれる。
葉の形なども、ちゃんとそれぞれの植物の特徴通りになっているので「なかなかやるな!」と感心した。

これまで折鶴くらいしか知らなかったが、本格折り紙って結構楽しいかもしれない。

* * * * * * * * * *


塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

幼稚園から中学生まで、全員に評判がよくて2,3回観てしまった。グラフィックが綺麗!
ラプンツェルの生真面目さと跳ねっ返りさ加減が絶妙で、めちゃくちゃ可愛い。可愛過ぎる。

偽母の魔女、怖いけど自分に似てる部分がかなりあり、子供と観るのはちょっと居心地悪かったりもしつつ。でもこんなすくすく育ったってことは、そこまで最悪のお母さんでは無かった気もするんだけどな。完膚なきまでの勧善懲悪は、やっぱディズニー世界か。

* * * * * * * * * *


ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫 や 16-3)

ムーミンの脇役たちの短編集。面白い。
末っ子に読み聞かせていたら、上の中学生が寄ってきて、末っ子よりも熱心に読み始めた。
アニメより面白い、みんなが無愛想なのがなんか良い、他シリーズも読みたいと言う。
曖昧な雰囲気の話が多いから、小さい子より少し大きい子の方が面白いのかもしれない。

登場人物の性格がシンプルにまとめられていなくて複雑なままで、どっかの誰かに似てたりする。よく思い出せないけど、こういうことは周りにもあった、とぼんやり思い出す感じ。
私は「しずかなのが好きなヘムレンさん」という話で鼻の奥がツンとした。好きな事・やりたい事と、やってて落ち着く行動って単純にイコールじゃないんだよな。分かる。

* * * * * * * * * *


スコーレNo.4

感じが良い話だったので、進路を考え中の上の娘に勧めてみた。Who am I ? のストーリー。
特に華々しい活躍はないけど、誰でも体験していそうなエピソードの積み重ねで綴られる成長憚が爽やか。

現実でも、自分の適性に気付くのって細かくて小さい仕事や出来事を通してなので、こういう感覚を持つところまで行けたらすごく幸せだと思う。虚ろなドリームじゃない、表面と中身が一致する幸せって感じ。
どんな仕事も自分のやり方で頑張って欲しい、頑張ろうと思う。

[PR]

by macchi73 | 2011-10-08 20:15 | 面白かった本など | Comments(3)
Commented by drawdraw at 2011-10-09 19:46
バラの折り紙!素晴らしいですね!

>でも折り紙はかなり面白くて熱中してしまった。
試しにバラを作ってみたら、そんなに難しくないのに本物みたい!

簡単なんですか?でもとても完成度高いですよ!いやほんとほんと!

ガーデナーには一番いい季節がやってきましたよね
私もようやく重い腰を上げて、雑草と戦いました
以前言っていたカラーリーフなんかも取り入れた庭を計画中です。土がずいぶんひどいことになっているので、まずは土づくりからだから植物を入れるのはまだ先になりそうですが・・。
せっかくなので球根類は子供に植えさせようかな~とか考えてます。

しかし・・タイトルの「ホニャララの・・」
なんだかお笑い漫画道場を連想して笑ってしまいました(笑
(相変わらず分かりにくいリアクションで申し訳ないです)
Commented by macchi73 at 2011-10-09 22:36
それがバラ、本当に簡単なんですよ。
テープ状にした紙を45度に折って、折って……って繰り返していって、最後に中心をつまんでクルクル〜ってねじると、こうなっちゃうんです。
クルクルクル〜って時が楽しくて、今日は末っ子と白バラを作っちゃいました。
今日、突然遊びに来たチビッコたちにも「何これすごい!リボンかけて花束にしようよ〜」なんて好評で、嬉しかったです。

>なんだかお笑い漫画道場を連想して笑ってしまいました(笑

連想と言えば、私は以前、drawdrawさんのブログタイトルを見て園子温の映画タイトル(愛のむきだし)を連想してしまい、コメントに書いちゃいそうになったことがあります。
後で、ケラの曲の方か!と気付いて、爽やかなブログに場違いなコメントしなくて良かった〜と胸を撫で下ろしました(これも勘違いだったらすみません……)。
Commented by drawdraw at 2011-10-11 00:19
またまたすみません。

全然コメントかまわないですよ^^

そうですケラです。
結構この曲好きで。
こんなにせつなくなるメロディってないなーーと。
曲もアップしてみよと思ったこともありましたが
ただでさえ訪問者の少ないブログですからやめました。
・・・・はは。

庭ブログではじめたんですが、タイトルだけでもピリっと効かせたかったというか、自分らしさというか。(何だそりゃ?)
誰もわかんないようなタイトルつけましたが
内心気づいてもらえる人がいて嬉しかったり・・ぐふふ。

園子温はあまり詳しくないですが
しかし、園子温もケラも相当濃いぃ~には違いないですよね!



<< 十三夜      ジェノベーゼソース >>