2010年 11月 16日
紅玉のジュレ
e0134713_2135923.jpg

●りんごのジュレ&コンポートの作り方●
リンゴのジュレとコンポートを一緒に作っちゃおうぜ!と手抜きなことを試してみた。
(1) 材料は以下の通り。
 ・小玉紅玉4個
 ・砂糖お好み(今回は250g)
 ・レモン汁少々(大さじ1)
 ・水(リンゴがヒタヒタになるくらい)
(2) リンゴを8等分に切り、皮を剥く。
(3) 鍋に水、リンゴ、皮、芯(種含む)を全て投入し、中火にかける。
(4) 沸騰しそうになったら、鍋に蓋をして弱火にし、20分煮る。
(5) 煮えたら、ガーゼをひいたザルで濾す。
  → ガーゼに残った部分から実を取り出し、一晩シロップにつけてコンポート完成。
(6) 濾した煮汁に砂糖とレモン汁を加えて15分煮詰める。
(7) 消毒したビンに詰めて、一晩冷ます。
  → りんごのジュレのできあがり!


残業続きで、たった一人の深夜ご飯の日々。寂しい也。
先日たくさん貰った紅玉が、幾つか残っているのが気にかかる。
そろそろ全部食べちゃわないとなーと思い、もそもそと、暗い台所の片隅で、りんごのジュレとコンポートを作ってみることにする。

e0134713_2154630.jpg
ジュレとコンポートの両方を作るため、皮も実も芯も一緒に煮てしまう。
ジュレを固めるためのペクチンは、種の周りに多いらしい。

e0134713_2164369.jpg
煮立ったら、20分ほど蓋をして弱火にかける。
その間に、隣ではビンの煮沸消毒をしておく。

e0134713_217569.jpge0134713_2184060.jpg結構柔らかく煮えちゃった。良い匂い。
果肉が入るとジュレが透明にならないので、潰さないようそっと濾す。

e0134713_2194454.jpg
濾したばかりの時は、濁った煮汁。
が、レモン汁(が無かったので今回は柚子汁)と砂糖を加えて煮詰めると、だんだん透明になる。

e0134713_21113231.jpgザルに残った実は取り出し、シロップををかけて一晩置いておく。
シロップは、ガーゼの中身をギュッと絞り、自家製梅ブランデーと三温糖を加え熱したもの。
薄ピンクで、なかなか綺麗だ。

……が、味はアレかなー。イマイチぼんやりしてる。オススメできない。
ジュレ用の果汁に旨味が逃げ出した!?

e0134713_21121081.jpg濾し汁は、15分ほど煮詰めたらビンに詰める。
まだサラサラだけど、ちゃんと固まるかな。明日の朝が楽しみだ。


そして朝。
ウキウキして、子供たちに「おはよう!良いものアルヨー!」なんて声をかけて冷蔵庫を開けたところ……

ジュレは固まってなかった。

微かにトロミはあるものの……多分、最初の水(800cc)ってのが多過ぎたんだな。
仕方が無いので、鍋にかけて再度水分を飛ばした。

翌朝。
今度は綺麗に固まった。
水を飛ばしたので、量は半分近くに減っている。
うーん、ピンクゴールドだったジュレが、紅くなってしまった。

e0134713_21193240.jpg

さあ、どうだ!と思ったら、

今度は固過ぎた。

器を傾けてもプルン!と弾んでる。ちょっと煮詰め過ぎたみたいだなー。
もう少しトロッと柔らかくても良かったなあ。難しい。

味も、ちょっと濃すぎ甘過ぎかも。
そのまま食べるというよりは、紅茶に入れると丁度良い感じに甘酸っぱい。

でも真っ赤で透明な質感が綺麗なので、子供には好評。
クリームチーズと一緒にパンに乗せて食べている。
次に作る時は、水500cc、砂糖はずっと少なくて良さそうだな。

e0134713_21213652.jpge0134713_21215148.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-11-16 21:01 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
Commented by sky at 2010-11-24 00:23 x
遅まきながら、リンゴゼリーのレシピを貼ります。
じつは、「アメリカカイドウ」の実が落ち始めたとき、ゼリーを予定していたのですが、食いしん坊の私は、落ちた実を拾うたびに齧っては捨て(渋かったのです)、結局貯めることが出来ませんでした。まあ、全部集めても量が大したことにはならなかったとは思いますが。そこで、来年の春に花を楽しんだ後は、斜め向かいの公園に植えよう!と思い、数週間前から予定のスポットに落葉やら生ゴミやらを鋤き込んで、土壌改良しています。公園の土は、赤い粘土土なので、根っこが呼吸困難になりそうなのです。でも、8年前に植えた山モモは、めげずに育って毎年沢山実を付けています。誰も取って利用してくれないのは、都会の人は知らないからかしらん?私的には美味しいと思うのですが、強烈な甘さと酸っぱさなので、一度に3個が限界です。
あっ、屋根の上をハクビシンがまた運動会。そう、練馬区なのにハクビシンが毎晩やって来ます。6月の桃に始まり、プルーン、鉢の土に混ぜ込んだ有機配合肥料など、食べていきます。ペットは最後まで飼いましょう!

ttp://www.flemings.com.au/recipes.asp
Commented by macchi73 at 2010-11-24 20:09
こんばんは。お久しぶりです。
skyさんの収穫はどうだったかなーと気になってました。

山モモは、私の通勤路にも街路樹で植えているところがあります。
季節になると道路に落ちて腐るがままになっていて、欲しいなーなんて思うんですけど、街路樹から収穫するのもまずいだろうしなーなんて怖じ気付き、「勿体ない……」と眺めるばかりです。
腐るだけよりは欲しい人が収穫した方が良いと思うんですが、不条理でも遵法精神というか何というか、叩き込まれているんでしょうね……

ゼリーのレシピありがとうございます。
一晩かけて果汁を落とすのがレシピの胆っぽいですね。
今年はメイポールは一つも収穫できなかったけど、来年はきっと作ってみます。
(というか、作れるほど収穫できるよう祈るばかりです)


<< 畑わさび(畑山葵)      ヒメフウロソウ(姫風露草) >>