2010年 06月 28日
夏の夜の匂い
e0134713_22445647.jpg

裏庭の窓辺にスイートフェンネルの花が咲いて、寝室が甘くて爽やかな香りでいっぱいだ。
空気が匂いの塊みたいで、夏の蒸し暑さが寧ろ気持ち良くなる。

仕事部屋の窓辺には黄色の百合が咲いている。
百合の芳香は強烈なので、窓越しぐらいがふんわり甘くてちょうど良いや。

e0134713_22454855.jpg

夜の方が花の香りが濃厚なのは何故だろう。
蝶や蜂を誘うためなら、昼に強く香った方が良い気がするんだけど。
夜行性の虫を呼んでいるのか?
それとも、花は昼も夜も同じように香っているのに、夜は視覚が効かない分、嗅覚に対する刺激に敏感になってるだけか。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-28 22:55 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(5)
Commented by sky at 2010-06-29 12:02 x
うちは、プリンスプロミスの球根が毎年増えて、今年も大量に開花しました。公道に花がはみ出して咲くので、通る人達の注目の的です。この後は、ショッキング、マンボとコンカドールが控えています。夜の香りが強いのは、空気の動きが少ないからでは?昼間は太陽熱で地表が暖まると、風邪がなくとも空気が上方へ移動するので、その分拡散するような気がします。

1枚目の写真の奥にあるイチジクの品種は何ですか?うちは鉢植えで3種類ありますが、ビオレッタは異常なほどの豊産性かつ美味しくて重宝しています。夏果がもう直ぐ熟しそうですが、秋果がすでに沢山肥大化しています。
Commented by sky at 2010-06-29 15:48 x
あ~、私のカキコは、毎回どこかで漢字の間違いがあります。察してください。
Commented by macchi73 at 2010-06-29 21:29 x
skyさん、花の香りについてちょっと調べてたら、昼は色彩で昼行性の虫を呼び、夜は香りで夜行性の虫を呼んでいるという説もあるようです。

イチジクはゼブラスイートという秋果専用種です。
2009年の1月に苗を植えたのですが、まだ結実したことがありません……。
写真では背が高く見えますが、すごく大きな鉢に植えているので、木自体はまだあまり大きくありません。
実がつかない原因は、まだ木が成熟していないのか、それとも日光不足や害虫(カミキリに一度やられました)なのか、判断保留中といったところです。

skyさんのビオレッタ、良さそうですね。豊産性、羨ましいなー。
植えて何年目から実がつきました?
Commented by sky at 2010-06-29 21:53 x
ビオレッタ苗は、サカタから買ったのがン年前の秋で、実が成ったのは翌翌年の秋でした。ひこばえが出たので苗を更新して、今たくさん実のついている木に育ちましたが、9号菊鉢で3年くらい植えっぱなしです。2mちょっとの高さで、枝も適当に分岐しているので、鉢ものにしては成熟した状態だと思います。味は、バナーネと殆ど同じですが、バナーネは鉢ではあの特徴的な長い実にはならず、ドーフィン程度の大きさと形です。鉢では実つきも悪いし。

もう一品種のノアールシュクレは、日本では実力出ないようで、味は薄いです。年によっては2期成りになりますが(これはフランスのサイトでも、そう書いてありました)、夏果は特に味が薄いのなんのって。でも、25cmの割り箸苗が1月に届いて、春・夏の間に急激に成長し、その年の秋には4個収穫できました。

従って、ビオレッタはあらゆる点で最高のイチジク、と私の中では位置付けています。
Commented by macchi73 at 2010-06-29 23:17 x
そっかー、やっぱり2年くらいかかるのは仕方がないのかな。
今の時期で秋実の兆しが見えないということは、今年の秋も望み薄ということでしょうし…
去年は主幹をカミキリムシにやられたので、今年は防虫して、来年の結実を待つ事にします。

実はスイートゼブラがなかなか育たないので、気候が合わないのかな?蓬莱柿を植え足そうかな?なんて思ってたんですが。
なんだかビオレッタも試したくなっちゃいました。
まあでも、あと1,2年は様子見でじっと我慢することにします。
果樹は、木が充実してからは物凄く楽しいんですけど、それまでは気を揉みますねー。


<< ミニトマト 食べ比べ + トマ...      お試し収穫 >>