「ほっ」と。キャンペーン
2010年 06月 20日
タイムシロップ、レモンサワー
先日のミント・コーディアルが子供たちに大変好評だったので、他にも夏のドリンクを幾つか作ってみた。

e0134713_2214932.jpg

レモンサワーの作り方:
●皮を剥いて厚めの輪切りにしたレモンと氷砂糖を瓶の中に代わる代わる入れて重ねて行く。最後に酢を注いで、密封して保存。
●レモン:氷砂糖:酢=1:1:2くらいか。
●皮の表面の黄色いところは千切りにして入れても良いが、内側の白い部分は入れないこと。苦くなるらしい。
●4日目から飲めるようになる。梅サワーなどと違って、完成が早いのが嬉しい。


e0134713_2232071.jpg
酢とレモンって、酸味で被り過ぎじゃない?と思ったが、4日目に飲んでみたら、レモンの味の方が勝って、すっかりレモンジュースの味わいだった。

ソーダで割ると、お手軽レモンスカッシュだ。


タイムシロップの作り方:
●「タイム + ショウガ + 柚子果汁 + ブラウンシュガー」を煮詰めて作るシロップ。
●喉の薬になるという。ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさんのレシピらしい。


e0134713_21405180.jpg

柚子が無かったので、酸味としてはレモンとハイビスカスを加えてみた。
が、ハイビスカスの真紅のインパクトが強過ぎて、これだとタイム風味のハイビスカスティーって趣きだろうか…。

氷水などで割って飲んでも美味しいが、息子は牛乳で割ってトロリとさせて飲むのが気に入っているようだ。
ミントとはまた違った爽快感で、確かに喉に良さそう。

e0134713_2155684.jpge0134713_21551836.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-06-20 23:25 | 庭料理 | Comments(0)


<< アオダイショウ(青大将)      ブラックベリー摘み >>