2018年 01月 14日
天地返し、冬の巣(蟻、地蜘蛛)
地表の草が枯れ果てて地面が真っ平らになったので、庭土の天地返しをした。シャベルで深く地面を掘り返して、地中を地表に・地表を地中に、ひっくり返して入れ替える。

地中でぬくぬく育っていた虫たちが地表の寒風に晒される。どれどれ珍しい虫はいないかな?と覗き込むが、いてもほとんどがコガネムシの幼虫だ。もぞもぞとゆっくりした動きで地下に帰ろうとしているようだが、すぐにジョウビタキが寄ってきてそのうちの一部を美味しくいただく。毎年毎年、判で押したようにな連携プレー。ジョウビタキって、天地返しを見張ってんのかな?

球根も大量に発掘される。こちらも地中で瑞々しい白い根や芽を伸ばしていたのに、シャベルで無惨に割られてしまったものも多数。とりあえず一箇所にまとめておいて、整地が終わってからあちこちに適当に埋め戻す。こうやって、昔は種ごと色ごとにきちんとデザインされて植えられていた花々が、どんどん無作為な混植の様相を呈する庭になっていく。拡散現象の一つのサンプルと言えるんではないか。

カミキリにやられてしまった朽木の根を土中から掘り上げたら、蟻の巣になっていた。巣の中の一部はキラキラした透明のものに覆われている。樹液のようにも見えるけど、木はもう枯れきっているようだし、これって何だろう?蟻に関係あるものなのかな?蟻の迷惑も顧みずにジロジロと眺める。
e0134713_18421954.jpg
e0134713_18422284.jpg
e0134713_18422365.jpg
e0134713_18422949.jpg
このように庭の住民の暮らしを蹂躙する乱暴な天地返しだが、アンタッチャブルなエリアもある。カナヘビ、ガマガエル、ジグモなど、何年も庭に定住して暮らす生物の巣のある場所だ。これらについては、もう専有権なんかも発生している恐れもあるので、敷地内同居メンバーとして、そっと避けて通る。

この中で一番寿命が短そうなのはジグモだが、今年もしっかりした立派な巣がいつものバラの根元にあるのを確認した。成体になるまで3年くらい、成体になってからは4年くらい生きるらしいが、2年前に大きな成体の姿を見かけたから長くてもあと2年くらいでお別れなのかな。いつかある年、巣がないのに気づいて、あーそっか、とか思う様子が想像されてしまった。ちょっと寂しいかもな。
e0134713_18423194.jpg
ちなみに今日の庭仕事の相棒は末っ子だった。これも毎年のこと。近所の花屋さんに付き合って肥料の袋を運ぶのを手伝ってくれたり猫と遊んだり、道路の枯葉を掃き集めてご近所さんに労われたり、剪定屑をまとめたり猫と遊んだり、球根を埋め戻す私に温かいお茶を運んで来てくれたり、まめまめしい。夜には「お風呂沸かしたからもうお母さんも中に入りなよう!」と少し呆れた調子で呼んでくれるのもいつものこと。本当に楽しい庭の相棒だ。でも来春はもう中学生だし、これも今年くらいでおしまいかな。こちらに関しても、いつかある年、ああそうかと昔のことを思い出すんだろう。でもその時は、ちょっと嬉しいのかもな。



[PR]

# by macchi73 | 2018-01-14 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2017年 12月 25日
炬燵夫は電脳戦の夢を見るか
e0134713_19243131.jpg
最近仕事の移動中に自宅付近を通ることがあって、たまに自転車やお茶一杯のためにぶらっと寄ってみたりする。

昼の家では、夫がコタツにすっぽり埋まって顔だけ出して寝息をたてている。

外気が好きなんだな、窓は大きく開けてあってレースのカーテンがふんわり揺れてる。頭寒足熱ってとこか。

開きっぱなしのパソコンからは将棋の実況中継のようなものが流れている。TVもつけっぱなしだったりして、色んな音が混ざって嫌にならないのか?と思うけど、起きてる人がいない室内は、雑多な音が流れていても妙にひっそりしている感じもする。

いつも大事そうに傍にあるスマートフォンはたぶん将棋の友かなと思う。最近は将棋アプリをやりこむと実際に将棋連盟から段をもらったりもできるようで、家に免状が届いたりもする。ゲームで育てた野菜が届くサービスもあるというし、現実とネットとをつないだ商売はこれからもっと増えるんだろう。

時に気持ち良さそうに・時に寝苦しそうにしている夫をしばらく眺めて、すぐまた家を出る。寝顔でも撮ってやろうかと思ったりもするが、床に転がったボサボサ髪と無精髭のおじさんじゃ何かの現場写真みたいになりそうなので止める。

TVを消して部屋を出る前、床に広がる影、白く発光するカーテンや窓辺の葉を透過する緑や黄色の光の斑が綺麗すぎて、しばらく立ち止まって見てしまう。

家を出るとき振り向いて、もう一回だけ庭を眺めたら、門扉脇の白菊が寒さで赤みを増しているのに気づいて冬を感じた。

明るい住宅地を歩きながら、これらのどの家の中にも一つ一つ違う小さな空間があって、中には人や動物がいたりいなかったり、動き回ったりじっとしたりしているんだなと思う。
e0134713_19242911.jpg
* * * * * * * * * * * * * * *

教会のクリスマスイベントでウォーロックのベツレヘム・ダウンの合唱を聴きながら、また色々な時代や場所の家々が内包してきただろう小空間を思い浮かべたりする。ベツレヘムの厩に幼子。我が家の炬燵に夫。誰も知らない場所でひとりぼっちの人。

たとえ密室の中でも、誰にも知られなくても、起こった出来事・存在した物には、この世界を構成する重さみたいなものが宿っていると思う。もしクリスチャンだったら、「すべて神様がご存知」って思うのかも。

神様が作ったかもしれない、偶然の産物かもしれないこの世界には、光るカーテンやら野に咲く花やら、小さく綺麗な一瞬がいっぱいあって、そういうものがみんなの目にとまりますよう。良いクリスマスと新年になりますよう。


[PR]

# by macchi73 | 2017-12-25 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)
2017年 12月 24日
クリスマスの薔薇
e0134713_20343068.jpg

早起きして外に出る。冬の朝って、彩度が低くて独特な美しさがある。「冬はつとめて」と娘。それで一緒に喫茶店のモーニングに行く。

庭では晩秋からずっとブルームーンが咲き続けていて、近付くと青バラに特有の爽やかな冷たい香りがする。一斉に咲き誇る感じではないが、一つが散りかければまた一つ蕾が開いて、庭に長いこと色を添えてくれているありがたいバラだ。青みがかったようなグレーっぽいような微妙な色は、冬の朝にぴったりだと思う。
e0134713_2034271.jpg

末っ子に、youtubeで見つけたバラの編み方を教えて欲しいと頼まれた。「早くて分からないんだよ」という。確かに。娘や私のような初心者だと、いきなり動画についていくってのは難しいな。

それで全体を把握するために編図を探してみる。なるほど、はしごみたいな土台を作って、各格子部分に一枚の花弁を築いていく訳か。基本的な構造さえ分かれば、あとは先の動画を真似して反復動作を続ければOKなはず。娘に実演しながら伝授する。「なんかこの繰り返し、リズミカルで楽しい」娘の手の中でバラがどんどん出来上がっていく。
e0134713_20342534.jpg

そしてクリスマス。
末っ子から家族へのプレゼントは、手編みのアクセサリーだった。予想はしていたが、すごく良い!そして、長女から私へのプレゼントは花の入ったリップクリームだった。冬なのに花づくし。
e0134713_20342169.jpg
e0134713_20341779.jpg

ちなみに私は、家族からリクエストのあったプレゼントを購入しつつ、それぞれに立体刺繍の小物をつけて贈ろうと準備していたのであった。しかしウキウキ編物をしている末っ子の動向を見て、被りそうなので今回は止めといた。卒業式くらいに合わせて贈ろうと思う。

『立体刺繡で織りなす、美しい花々とアクセサリー』(アトリエFil)
[PR]

# by macchi73 | 2017-12-24 23:55 | 【その他】日記 | Comments(2)