2017年 06月 25日
冷たい百合の香り(シオネール)
e0134713_0545553.jpg

庭からイエローウィンの匂いが漂って来た。家の中までほんのり百合の香り。球根をいくつか植えたのは10年も前のことなのに、それからずっと、増えたり減ったりまた増えたり、去年の場所から消えたり忽然と別の場所に現れたりしたりしながら、必ず毎年夏になれば庭のどこかで咲いている。球根が分球して、庭のあちこちに散ってるんだな。

今年も咲いたね、匂いで分かるねと話していたら、「切って来ようか」と夫が庭から一枝摘んで来た。とたんに部屋の中が百合の香りに占領される。

そういえば、百合の香りって強烈過ぎて苦手な人が多いとどこかで読んだ。でも、庭の百合の中で一番最初に咲くこの黄色い百合の香りは、もう少し後に咲く白やピンクの百合みたいにクラクラする香りとは少し感じが違う気がする。
e0134713_0545237.jpg

それで調べてみたら、面白い記事を見つけた。
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
 → 成人男女に対するユリの香りの嗜好調査(大久保直美)

この記事によると、強い香りを持つオリエンタル系の百合の中で、イエローウィンだけが香り成分の構成が全然違う。官能的で甘く濃厚な香り成分とされるイソオイゲノールがほとんど含まれず、代わりに清涼感のあるユーカリプトール(別名シオネール)が多い構成になっているようだ。

ちなみにイソオイゲノールとは、バナナやイランイランの香りらしい。甘ったるく多幸感を呼ぶ。一方、シオネールはヨモギやローズマリーに含まれるスースーする香り。去痰や清涼剤に使われ、生ゴミや靴箱の消臭にも良いらしい。

なるほど、それでは……と、靴箱と子どもたちの部活動道具が置かれている玄関の一角に花瓶を移動。まあ、それらが臭いって訳では決してないけど。明るい黄色の百合の爽やかな香りに満たされた玄関って良い感じ。
e0134713_0545037.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-06-25 23:55 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(7)
2017年 06月 18日
即席梅ジュース
e0134713_1351398.jpg

毎年、雨後に急にぽっかりと出現して人を驚かせる、レインリリーが今年も咲いてた。

正式にはゼフィランサスっていう名前があるんだけど、どうも雨との結びつきが強すぎて、レインリリーという通称の方しか覚えられない。

それから、地面に落ちた完熟梅が物凄く良い香りをさせているので洗って少し齧ってみたら……あ、美味しい、、、けど、すっぱい!!うわっ、けっこう酸っぱい!!!……歯がシブシブした。

見た目はあんずにそっくりなオレンジ色で強烈に甘い芳香を放っているけど、やっぱり梅の実は、生食するには酸味が強いみたいだ。

そこで鍋に水と砂糖と完熟梅を入れ、果実が煮溶けるまで加熱してからコーヒーフィルターで漉したら、美味しい琥珀色の梅ジュースになった。梅の味は濃いので、かなり大量の水で煮ちゃってOK。

「梅酒ってこんな味なのかなー」とうっとりしている末っ子。うん、似てるね、と夫。食事に出かけた時、いつも一人だけ食前酒など飲めなくてプリプリしてる娘だが、ふーん、これが梅酒……と満足気。違うけどね。

e0134713_135127.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-06-18 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2017年 06月 17日
ヤモリ&ホタル&コドモ
e0134713_125596.jpg

結婚記念日に、家族とちょっと遠出して食事。

気づけば二十余年目の記念日。上の子たちなんか、もう私たちが結婚した時の年とそう変わらない。うへえ。このコドモコドモした様子で結婚なんて冗談か!と思うが、実際、私たちもそんな風に見えたのかもなあ。大人たちが逆上していたのも、今になればちょっと分かるか。

記念日のついでに、昇進祝いもしてもらう。って言っても、部の面々の経験も教育も専門知識も自分より明らかに高かったりで、多少微妙な空気が場を支配しております。分かります、分かります。が、そこを気にせず鈍くふるまう冷や汗、コドモコドモらには分かるまい。サラリーマン道とは気にしないことと見つけたり。

でもどうせならみんながもっと楽しく働けるような環境は作ってみたいかもと思ったり。ただし楽しく働くっていう定義も人それぞれだからな……そこは思い込まずに慎重に。私と全然違う、夫とか見てもそう思う。

正直、今の専門分野に凄い熱意と興味があるか?と言うと、自分はそうとも言えないかもなと思うので、ここらでちょっと毛色を変えて、人が良い感じで働くための工夫も仕事と思えば、それはそれでまた仕事に新しい興味と楽しみを発見できる可能性はあるかもなと期待する。

あーあ。楽しく働きたいもんだ。自分も。それからみんなも。もうすぐ社会人になる子どもたちも。
e0134713_125346.jpg

窓の外にはホタル。窓を開けて欄干に身を乗り出し、小さな声でうわーうわーと喜ぶ子どもら。ふ。やっぱ、まだまだコドモコドモしいな。私たちみんな、遊びをせんとや生まれけん。

そして窓辺の行灯には怪しい影。怪しいけれど見慣れてもいるその形。

−−あ、ヤモリだ、
−−ホタル食べようって待ってるのかな?

いや、ホタル一匹につきトカゲ一匹くらいは殺せる強い毒があるらしいので、それはナシっぽい。ホタルの赤と黒の警戒色はダテじゃない。でも行灯とは、暖もとれるし、飛んで灯に入る夏の虫たちを待つには格好の餌場だな。ヤモリ賢い。
e0134713_1251100.jpg

[PR]

# by macchi73 | 2017-06-17 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(5)